Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スカート
  4. スカートコーデ
  5. 徐々に季節をシフト【春夏のスカートコーデ24選】定番カラーの着こなしはらくちんを意識

FASHION

2022.06.04

徐々に季節をシフト【春夏のスカートコーデ24選】定番カラーの着こなしはらくちんを意識

暑くなってくる春夏シーズンに頼りたくなる、風通しのよいスカートコーデ。涼しいだけでなく、はくだけでサマになるから、シンプルな組み合わせに今どきのテイストを加えて着こなしをアップデートしましょう! 今回はベーシックカラーの白・ネイビー・カーキ・黒・グレーから、上品さとこなれ感を両立するスカートコーデを紹介します。

【目次】
この春夏はスカートコーデをかっこよく!
【春夏スカート】軽やかアウターやトップスで季節をスイッチ
【白スカート】愛嬌のある白で今っぽスタイルに
【ネイビースカート】攻めたデザインも使いやすい
【カーキスカート】辛口なニュアンスをトッピング
【黒スカート】色が重たいので素材感で軽やかに
【グレースカート】クールな華やかさで着映える
最後に

この春夏はスカートコーデをかっこよく!

春から夏にかけて、着こなしは軽やかにシンプルに、楽なほうへと転びがち。とはいえ、きちんと感は変わらずにキープしておきたいですよね。今回は定番カラーを軸に、今どきのスカートコーデを提案します。

〈POINT〉
・シルエットでキレのよさや動きを演出
・ニュアンスや立体感のある素材
・辛口テイスト寄りの色やデザイン

【春夏スカート】軽やかアウターやトップスで季節をスイッチ

「いち早く春を取り入れたい」そう思った日から意外と長く活躍する春物スカート。気温のアップダウンが多い季節だから、アウターや軽やかトップスで気温調整しつつ、いろいろな表情を楽しんで。

ここでは徐々にシフトする春夏の季節にぴったりなスカートコーデを紹介します。

ブラウンスカート×スタンドカラーの白ベスト

ブラウンスカート×スタンドカラー白ベスト

フェイクレザーのギャザースカートを、ノースリーブのブルゾンや白グルカでブラッシュアップ。モード感高めな雰囲気が、いつものスカートコーデを辛口に。

きれいめ服に馴染む「白グルカ」がちょうどいい!

黒レーススカート×白ロゴTシャツ×ブルーブルゾン

黒レーススカート×白ロゴTシャツ×ブルーブルゾン

レース使いとタイトシルエットがエレガントな黒スカート。ブルゾンやロゴTを合わせたカジュアルコーデには、辛口な黒小物が好バランス。

カジュアルコーデにはグルカサンダルでトレンドをひとさじ♡

イエローフレアスカート×グレーシアーニット

イエローフレアスカート×グレーシアーニット

不規則にフリルがドラマティックな動きを生むフレアスカート。長袖ニットを合わせるなら、透け感のあるタイプを選んで涼やかに。黒のフラットサンダルで引き締めれば甘辛のバランスに着地。

「上品フェミニン派」大胆なシルエットとキャッチーな小物で着こなしを更新!

イエローフレアスカート×ベージュジレ×ベージュニット

イエローフレアスカート×ベージュジレ×ベージュニット

華やかなイエロースカートは、ジレでIラインのメリハリをつけて攻略。すっきり見せてスタイルアップに効果的なうえ、ベージュ×イエローのまろやか配色で、こなれた通勤スタイルに。

「ジレ」は、ミドル丈が使いやすい! ジャケット感覚ではおってコーデをアップデート

ゼブラ柄スカート×グレーシャツ

ゼブラ柄スカート×グレーシャツ

一点投入するだけで旬感が高まるやさしい色味のアニマル柄スカート。上品な華やかさをもたらすボリューム袖シャツと合わせて今っぽい印象に。

映えるゼブラ柄スカート×きれい色パンプスで今っぽく!

キャメルティアードスカート×ショート丈ベージュジャケット×ベージュリブニット

キャメルティアードスカート×ショート丈ベージュジャケット×ベージュリブニット

シアーな生地の正統派ティアードスカート。ショート丈のワーク風ブルゾン×リブニットを重ねたニュアンスカラー配色で、きれいめかつフェミニンな印象に。

シンプルコーデが一気に映える「ティアードスカート」着こなしのコツ♪

【白スカート】愛嬌のある白で今っぽスタイルに

爽やかな白スカートは、春夏の着こなしに加えるだけで大人の着こなしがワンランクアップ。何色と合わせても存在感をしっかり残してくれるから、コーデ自体はシンプルに。スカートのデザインや小物でちょっぴり冒険してみるのもおすすめです。

ドット柄の白スカート×ブラウンTシャツ

ドット柄白スカート×ブラウンTシャツ

マーメイドラインのドット柄スカートがしなやかだから、合わせるトップスは地厚なオーバーサイズなTシャツを指名。上半身の輪郭を際立たせることでメリハリをつけて。

ドット柄スカートは、「広がりすぎないシルエット」が大人かわいいの決め手!

白ティアードスカート×ダンガリーシャツ×グレージャケット

白ティアードスカート×ダンガリーシャツ×グレージャケット

ヴィンテージな気分の白ティアードスカートは、ハンサムなジャケットが好相性。あえてカジュアルなブルーが映えるダンガリーシャツを合わせれば、新しいムードの甘辛ミックススタイルに。

ブルーが映える「ダンガリーシャツ」はキレイめ派の春コーデにぴったり!

白プリーツスカート×スカイグレーブルゾン

白プリーツスカート×スカイグレーブルゾン

ほんのり雲がかかった空みたいなブルゾンを主役に、清楚感のある白プリーツスカート合わせたニュアンス配色コーデ。クリアな白やキレのあるメタリックなシルバーで都会的なムードに。

ニュアンスカラーブルゾンでワンランク上のおしゃれを目指す

白レースのロングスカート×グレースウェット

白レースのロングスカート×グレースウェット

クラスアップ感漂うレースのロングスカートは、ニットライクなスウェットを合わせて個性的な女らしさをアピール。足元はきれい色のフラット靴で、カジュアルなラクさには流されず鮮度の高い着こなしに。

足元に個性をひとさじ♡ 今っぽいレーススカートスタイル

白スカート×淡パープルシャツ×ベージュジャケット

白スカート×淡パープルシャツ×ベージュジャケット

タイトスカートやジャケットなどのストイックな仕事服は、白×きれい色をなじませた配色で大人のトラッドコーデに。ハイウエストの白スカートになじむ、淡パープルのシャツを合わせるだけで新鮮な印象に。

春の血色リップ【ベリーピンク】をSELECT|春服のトレンドにぴったりなんです♪

【ネイビースカート】攻めたデザインも使いやすい

辛口なダークカラー、知的な雰囲気… ネイビースカートは、大人のかっこよさを構成する要素をいいとこどりした、バランス感に優れたアイテム。個性的なデザインのスカートも大人っぽくおしゃれにきまるので、思い切ってエッジを効かせたシルエットにもトライしてみて。

ネイビーティアードスカート×Gジャン×ロゴTシャツ

ネイビーティアードスカート×Gジャン×ロゴTシャツ

ティアードスカートのかわいげを、ボーイッシュなGジャン×ロゴTでカジュアルダウン。全体をネイビー~白の爽やかなカラーでまとめているから、こなれたニュアンスをまとった大人の装いに。

「ティアードスカートを大人かわいく」なら、素足+サンダルで抜け感を出すのが鉄則!

ネイビーのフリンジスカート×ネイビーロゴT×ブルーグレーブルゾン

ネイビーのフリンジスカート×ネイビーロゴT×ブルーグレーブルゾン

動くたびに裾が揺れるネイビーのフリンジスカートは、スポーティアウターでほどよくカジュアルダウン。アンニュイなブルーグレーの色味で、まろやかなコントラストでまとめれば、より一層こなれた雰囲気に。

きれいめ派のスポーティアウター8選!

サスペンダー付きネイビースカート×ボーダーカットソー

サスペンダー付きネイビースカート×ボーダーカットソー

きれいめな雰囲気のタック入りスカートは、トレンドのサスペンダー付きで新鮮に。カジュアルなボーダーもネイビーワントーンにすることで大人っぽくまとまるので、小物も落ち着いた茶色で統一。

サスペンダー付きボトムで脱・定番!! の休日カジュアル

【カーキスカート】辛口なニュアンスをトッピング

甘い着こなしになりがちなスカートコーデに、キリッとしたハンサム感を加えてくれるカーキ。緑や黄色が強いカーキ、シャビーな淡い色みなど、色味の幅が広いのも魅力。ドライなニュアンスカラーは一点投入するだけで旬度が高まるので、大人のこなれ感を意識したいときに頼れます。

カーキベージュのティアードスカート×ネイビーニット×ネイビーストール

カーキベージュティアードスカート×ネイビーニット×ネイビーストール

ニュアンスのあるカーキベージュのティアードスカートは、コントラストを効かせた配色で大人っぽく。ニット×ストールのネイビーで引き締めれば、甘さをそぎ落としてピリッと涼しげな印象に。

カーキティアードスカート×白リネンシャツ

カーキティアードスカート×白リネンシャツ

ドライなカーキに躍動感を感じさせるランダムな切り替えギャザースカート。オーバーサイズのリネンシャツをリラクシーにはおって抜け感を出せば、大人の休日コーデが完成。

30歳からの「大人かわいい」は、【ティアードスカート】がないと始まらない!

カーキタイトスカート×白T×黒ロングジャケット

カーキタイトスカート×白T×黒ロングジャケット

長め丈のカーキタイトスカートに、ワイドシルエットのダブルジャケットを合わせた好バランスコーデ。こなれ感とシルエットのメリハリを意識して、スタイリッシュな着こなしに。

タイトスカートにはジャケットをバサッと羽織ってメリハリを

【黒スカート】色が重たいので素材感で軽やかに

かっこいいスカートスタイルをつくるときの大本命・黒スカート。装いが引き締まってバランスよくまとまるから、甘さ控えめに色っぽく見せてくれます。ここでは、春夏らしく涼しげな素材を取り入れたメリハリコーデを紹介します。

黒フレアスカート×グレーロゴTシャツ

黒フレアスカート×グレーロゴTシャツ

しなやかに揺れる裾が美しい黒フレアスカート。ロゴTや斜め掛けのパーカーなどのカジュアルアイテムと合わせても、カラーレスな配色なら上品な佇まいをキープ。

カジュアルに着こなす黒フレアスカートが新鮮!

ドット柄の黒スカート×黒タンクトップ

ドット柄の黒スカート×黒タンクトップ

レトロなドット柄スカートは、シンプルに黒ノースリーブを合わせてミニマムな大人コーデが完成。ミニマムにまとめることで、さらりと揺れるスカートがより洗練された印象に。

やっぱり大好き♡「ドット柄スカート」を大人かわいく着るコツとは?

黒タイトスカート×ベロアTシャツ×ブラウンニット

黒タイトスカート×ベロアTシャツ×ブラウンニット

ベーシックな黒スカートは、表情のある素材を重ねてシンプルコーデをブラッシュアップ。ベロア素材のTシャツ、ニットの編み地や凹凸感のあるバッグで、軽いサテン素材のスカートに奥行きが生まれる。

シンプル黒スカートを奥行きのあるコーデに仕上げるコツは…

黒フレアスカート×ロゴT×白トレンチコート

黒フレアスカート×ロゴT×白トレンチコート

ストイックな黒スカートを軸にしたモノトーンコーデは、白の分量を多めにして爽やかな着こなしに。小さめロゴの白Tやアウターとともに春夏ムードに誘うトングサンダルで、コーデ全体をバランスアップ。

抜け感のある足元で、涼感漂うモノトーンコーデ

【グレースカート】クールな華やかさで着映える

シックで涼感のあるグレースカート。トラッドからカジュアルまでシーンを選ばず、着こなしをエレガントにかっこよくまとめてくれるのは、ニュアンシーなグレーのなせる技。シンプルでもリッチに見せたいときこそ、色の力に頼って大人っぽく着こなしましょう!

ライトグレーのタイトスカート×ピーコックグリーンニット

ライトグレータイトスカート×ピーコックグリーンニット

前スリット入りのグレータイトスカートは、ピーコックグリーンでチアフルに着こなしたい。きちんと感のあるIラインスカートのシャープさが、キャッチーな色のラフさをほどよく軽減。

爽やかにかっこよく!「2022春のグリーンコーデ」5選

グレーフレアスカート×ロゴT×ベージュブルゾン

グレーフレアスカート×ロゴT×ベージュブルゾン

ハリ感のあるグレースカートにブルゾンを合わせた、旬のスポーティ×フェミニンの組み合わせ。色やテイストで明快なコントラストを効かせて、遠目からでも映えする着こなしがおしゃれ。

スポーティ×フェミニンでつくる愛されコーデ♡

グレーナローフレアスカート×黒ニット×黒シャツ

グレーナローフレアスカート×黒ニット×黒シャツ

長め丈のスカート、ノースリーブ、シアーシャツのダークトーンコーデは、変形トングサンダルで旬感を先どり。サテン生地のグレースカートと黒トップスの女らしい着こなしには、強めの足元が新鮮。

長め丈スカートをモードに履きこなして

最後に

春夏のスカートスタイルは、らくちんさも涼しさも両立しながらきれいめキープというマインドで楽しむのがポイント。また、手持ちのワードローブを今っぽく生かすヒントがたくさんありましたね。

シルエットや色でかっこよさを出すのが上手くなってきたから、トレンドの柄で旬を取り入れるのもおすすめ! 新鮮に着映えるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.12

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature