Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. 黒コーデ
  5. 黒黒コーデ28選【2020春】全身黒でも重たく見えない技ありコーデ♡ 着こなしを春らしくする差し色は?

FASHION

2020.04.02

黒黒コーデ28選【2020春】全身黒でも重たく見えない技ありコーデ♡ 着こなしを春らしくする差し色は?

こなれ感のある着回し力で人気の黒黒コーデ。今回は春らしいすっきり見えする、レディース向けの全身黒コーデをご紹介します。オフィスでも使えるコーデからリラックス感のあるカジュアルコーデ、さらに差し色をつかったコーデも幅広くピックアップ! お気に入りの黒黒コーデを見つけてみて。

【目次】
おしゃれ度アップ♡ 異なるニュアンスを重ねた黒黒コーデ
黒黒コーデにこなれ感をプラスする差し色は?

おしゃれ度アップ♡ 異なるニュアンスを重ねた黒黒コーデ

【1】黒ニットワンピース×黒レザーパンツ

黒ニットワンピース×黒レザーパンツ

ハードな黒レザーパンツをやさしいニットワンピで中和した黒黒コーデ。裾にファスナーが付いたパンツで肌を適度に見せると、オールブラックでも重たくならない。アニマル柄の靴も相性◎。

【ニットワンピース×ボトム】のレイヤードが新鮮♪

【2】黒ボーダーニット×黒ニットスカート

女っぽリブニットスカート×ボーダーのパリ風コーデ。×ドット柄バッグのカジュアル度高めなかけ算は、全体を黒で引き締めればすんなりなじむ。

【女っぽタイトスカート】をテイスト別に着回し♡ 一枚あれば旬スタイルが叶います!

【3】黒水玉ブラウス×黒デニム

ふんわりした袖の水玉ブラウス×ストレートデニムのシンプルカジュアルな黒コーデ。足元の黒フラットシューズはビジュー付きを選んで、こなれ感&華やぎ感を手に入れて。

レペットからコンバースまで厳選【フラットシューズ】|今一番おしゃれなのは「1cmヒール」

【4】黒カーディガン×黒タンクトップ×黒タイトスカート

潔く色をそぎ落とした、カーディガン、タンクトップ、ミモレ丈タイトのストイックなオール黒コーデ。高見えする漆黒アイテムを選ぶのと、抜け感をつくる肌見せが大事なポイント。モードに攻めてかっこよく◎。

全身【14,870円でコーディネート】黒一色でモード仕上げ|2万円以下コスパ最強のセットを発表!

【5】黒ノーカラージャケット×ボーダートップス×黒パンツ

黒ノーカラー×黒タックパンツのシックなカジュアルコーデ。シャツ感覚ではおれる長め丈の黒ジャケットは、ゆるめパンツと合わせて気張らないムードに。ボーダーやチェック柄など、黒の素材で緩急をつけて。

ノーカラー×タックパンツでこなれ感「ジャケパン」

【6】黒キャミソール×黒ワイドパンツ

ブラックのミニマルなパンツルックコーデは、ツヤ感のあるキャミソールをパンツにインしてスタイルアップ。ワイドパンツのふんわりしたシルエットでメリハリの効いたオールインワンのような装いに。

【ルーフトップラウンジ】でカクテルを。レザーのスマホケースをクラッチがわりに♡

【7】黒ジャケット×黒ワンピース

全身黒コーデでも地味に見えないよう、すそにデザインが効いたワンピースをセレクト。かっちりスタイルも、ジャケットを脱いだらアフター7のお出かけにもキマる。

社外で打ち合わせの日のジャケットスタイル

【8】黒ニット×黒デニムパンツ

今年らしいハイライズの黒デニムを主役に、全身黒のデニムコーデ。ゆとりあるデニムの休日スタイルには、小さめのバックとシルバーパンプスで女性らしい華やぎを。

春に向けて デニムの更新とヘアチェンジ!|オッジェンヌ宮本萌のリアル買いブログ

【9】黒シャツワンピ×黒スキニーパンツ

透け感のある黒のシャツワンピをアウター代わりに、シュッとしたIラインスタイルを。カゴバッグで抜け感を出して、スタイリッシュにまとめるのが◎。

アウターの中は春に移行中! 軽めの小物で抜け感をつくるのが成功のカギ♪

【10】黒ワンピース×黒スキニーパンツ

ワンピースにスキニーパンツを重ねて甘さをセーブして、ほんのりモードで女のコっぽい全身黒コーデ。肩掛けカーディガンでこなれ感を演出。

【女のコっぽい黒コーデ】話題のジムへはワンピにスキニーパンツを重ねて

【11】黒ブルゾン×黒タイトスカート

長め丈のタイトスカートにショート丈ブルゾンで視線を上にもってくれば、スタイルアップな全身黒コーデ。ノーカラーでドルマンスリーブのブルゾンを選んで、大人かっこいいスタイリングに。

彼と時間を合わせてランチデート。待ち合わせでドキっとさせたい♡

【12】黒ニット×黒タイトスカート

黒のニットアップに黒のベルトを合わせてウエストをマークして、すっきりとさせた全身黒コーデ。ボリューム小物でアクセントをつけて、パーティー仕様に。

レセプションパーティに急遽お呼ばれ。黒のニットアップ持っててよかった♡

【13】黒ノースリーブシャツ×黒タイトスカート

ブラウスのシルク素材ならではの墨黒色と、スカートのツヤ感ブラックで、さりげなくニュアンスが異なる黒コーデ。共布ベルトのアクセントが効いたきれいめスタイルに。

三尋木奈保流【女っぷりタイトスカート】を3段活用ステップで着回し!

【14】黒ニット×黒キャミワンピース×黒パンツ

キャミワンピにパンツと太めのベルトを合わせて、いつものワンピを新鮮な装いに。全身黒でまとめて、大人シックなスタイリングの完成。

【オフィスに缶詰の日のコーデ】リラックスできるキャミワンピースが味方

【15】黒ジャケット×黒ワンピース

ロングワンピースにジャケットを全身黒で、クールで知性を感じさせる着こなしに。赤いリップや小物使いでさりげなくインパクトを加えて華やかさを演出。

ブラックドレスを知的&華やかに昇華させて

【16】黒ノースリニット×黒タイトスカート

シンプルな丸首ニットとタイトスカートの全身黒の組み合わせも、スカートを地厚ジャージー素材であか抜けた印象に。とろみ素材のジャケットと辛口小物で、きちんと感はキープしながら今どきの洒落感もあるスタイリング。

素敵なシンプルって「堅すぎない」ことなんです! エディター三尋木奈保が指南

【17】黒花柄ワンピース×黒パンツ

黒の花柄ワンピースと黒パンツ、黒スニーカーのシックだけどカジュアルで女っぽい全身黒コーデ。ワンピースはボタンを後ろ側に着るとよりクラシカルな印象に。

【2泊3日旅コーデ】初日は花柄ワンピ×スニーカーで軽快に

【18】黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

全身黒コーデでも着映えたいときは、ビスチェを重ねてレイヤードで奥行きを出すのがコツ。モードなビスチェも、そでコンシャスなふんわりブラウスと合わせれば華やかな印象に。

ダークカラーでも着映えたいときは、レイヤードで奥行きを出す!

【19】黒タンクトップ×黒ドットパンツ

てろんとやわらかなドット柄パンツとボーイッシュなタンクを黒でクールに落とし込んだスタイリング。ギャップあるアイテムのミックスで〝かわいげ〟と〝ドライ〟を両立。

デート、フェスetc.【スタイリスト金子 綾】が提案する〝かわいげドライ〟実践編/パンツの場合

【20】黒ノースリニット×黒スカート

ハイネックノースリーブニットとフレアスカートの全身黒のクラシカルなスタイリング。ポイントとしてのドット柄パンプスと赤のリップで往年のフランス女優風に。

【ZARA】ドット靴で黒、はじめました|小林文の賢いプチプラ買い

黒黒コーデにこなれ感をプラスする差し色は?

【1】黒パーカー×黒パンツ×ライトグリーンのフラット靴

黒パーカー×黒パンツ×ライトグリーンのフラット靴

黒ナイロンパーカーを使ったアスレジャーコーデは、美人なクロップドパンツで引き締めて、品よくこなれた佇まいに。ポインテッドトウのフラット靴で、女っぽさをキープして。

人気スタイリスト金子 綾が愛する…【Theoryのクロップドパンツ】着こなし3選!

【2】黒カーディガン×黒トップス×カーキパンツ

ボーイッシュなカーゴパンツも、クルーネックカーディガン×カットソーで黒を重ねれば、大人にふさわしい上品な装いに。シルバーのバングルやストラップサンダルで、ほどよく女らしさをちりばめて。

4つの黒アンサンブルニットで着回しコーデ【プロが指南】最愛ニットはシリーズ買い♡

【3】黒ニット×黒パンツ×オフ白キャップ

モノトーンスタイルを地味に終わらせない、少量の「白」を効かせた黒黒コーデ。オフ白のキャップやスニーカーをはじめ、ニットの襟ぐりとすそからちらりとのぞかせた白で清涼感を。

【マストアイテム】ATON|エイトンのノースリーブTシャツで着回し6コーデ

【4】黒ニット×黒デニム×オレンジスカーフ

黒タートル×黒デニムのオールブラックコーデは、頭にスカーフを巻いて今っぽくクラシカル&レディなムードに。バーサンダルとゴールドラメソックスなど、トレンド小物をプラスしてドレスアップして。

ブラックデニムと小物でモードに|高橋リタが伝授!【黒タートルでドレスアップ】

【5】黒セットアップ×ブルーパンプス

黒セットアップ×ブルーパンプス

きちんと感が欲しい日は黒のセットアップで全身黒コーデ。タック入り×後ろゴムのパンツで、動きやすさと上品さを両立させる仕事服に。淡いブルーのパンプスで春らしさをプラス。

裏方に徹する日は、動きやすさ&きちんと感を両立させる仕事服

【6】黒キャミ×黒デニムパンツ×グレージャケット

キャミソールとスキニーパンツのクールなスタイリングに、グレーのジャケットを合わせて女っぷりのいいパンツスタイルに。辛口モードなコーデには、クラシカルなジャケットを肩がけすると堅さがぐっとやわらぐ。

グレンチェックのジャケットで女っぷりのいいパンツスタイルに

【7】黒カットソー×黒デニムパンツ×ベージュロングカーディガン

全身黒で統一したパンツスタイルには、ベージュのカーディガンを合わせて軽やかさをプラス。網タイツ風のショートソックスとアンクルストラップシューズでフェミニンに仕上げるのがポイント。

スタイリスト渡辺智佳さんのプチプラアイテムコーデ【ZARAのアンクルストラップシューズ編】

【8】黒ノースリカットソー×黒パンツ×オレンジサコッシュ

つかず離れずなゆったりシルエットで楽チンさを追求した休日のリラックスファッション。シンプルな全身黒コーデにはサコッシュのオレンジで鮮やかなアクセントをプラス。

ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.10

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature