Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 黒コーデ
  4. 黒黒コーデ23選【春】オールブラックコーデに使いたい差し色まで|レディース着こなし

FASHION

2018.04.18

黒黒コーデ23選【春】オールブラックコーデに使いたい差し色まで|レディース着こなし

黒黒コーデ。今回はレディース向けの全身黒コーデをご紹介。オフィスでも使えるコーデからカジュアルコーデまで、さらに差し色をつかったコーデも幅広くピックアップ! お気に入りの黒黒コーデを見つけてみて。

【目次】
おすすめ黒黒コーデ
黒黒コーデでの差し色は?

おすすめ黒黒コーデ

【1】黒ブルゾン×黒ワイドパンツ

黒ブルゾン×黒ワイドパンツ

黒カットソーに黒ワイドパンツ、黒レザージャケットでマニッシュな全身黒コーデ。パンプスや華奢な小物で女性らしさを追加するのがポイント。
夕方には仲良しのモデルとディナーへ。グランピングの話で盛り上がる♪

【2】黒ジャケット×黒ワンピース

黒ジャケット×黒ワンピース

全身黒コーデでも地味に見えないよう、すそにデザインが効いたワンピースをセレクト。かっちりスタイルも、ジャケットを脱いだらアフター7のお出かけにもキマる。
【3/6のコーデ】社外で打ち合わせの日のジャケットスタイル

【3】黒ニット×黒デニムパンツ

黒ニット×黒デニムパンツ

今年らしいハイライズの黒デニムを主役に、全身黒のデニムコーデ。ゆとりあるデニムの休日スタイルには、小さめのバックとシルバーパンプスで女性らしい華やぎを。
春に向けて デニムの更新とヘアチェンジ!|オッジェンヌ宮本萌のリアル買いブログ

【4】黒シャツワンピ×黒スキニーパンツ

黒シャツワンピ×黒スキニーパンツ

透け感のある黒のシャツワンピをアウター代わりに、シュッとしたIラインスタイルを。カゴバッグで抜け感を出して、スタイリッシュにまとめるのが◎。
【明日のコーデ】アウターの中は春に移行中! 軽めの小物で抜け感をつくるのが成功のカギ♪

【5】黒ワンピース×黒スキニーパンツ

黒ワンピース×黒スキニーパンツ

ワンピースにスキニーパンツを重ねて甘さをセーブして、ほんのりモードで女のコっぽい全身黒コーデ。肩掛けカーディガンでこなれ感を演出。
【女のコっぽい黒コーデ】話題のジムへはワンピにスキニーパンツを重ねて【2017 10/23のコーディネート】

【6】黒ブルゾン×黒タイトスカート

黒ブルゾン×黒タイトスカート

長め丈のタイトスカートにショート丈ブルゾンで視線を上にもってくれば、スタイルアップな全身黒コーデ。ノーカラーでドルマンスリーブのブルゾンを選んで、大人かっこいいスタイリングに。
【明日のコーデ】彼と時間を合わせてランチデート。待ち合わせでドキっとさせたい♡

【7】黒ニット×黒タイトスカート

黒ニット×黒タイトスカート

黒のニットアップに黒のベルトを合わせてウエストをマークして、すっきりとさせた全身黒コーデ。ボリューム小物でアクセントをつけて、パーティー仕様に。
【明日のコーデ】レセプションパーティに急遽お呼ばれ。黒のニットアップ持っててよかった♡

【8】黒ノースリーブシャツ×黒タイトスカート

黒ノースリーブシャツ×黒タイトスカート

ブラウスのシルク素材ならではの墨黒色と、スカートのツヤ感ブラックで、さりげなくニュアンスが異なる黒コーデ。共布ベルトのアクセントが効いたきれいめスタイルに。
三尋木奈保流【女っぷりタイトスカート】を3段活用ステップで着回し!

【9】黒ニット×黒キャミワンピース×黒パンツ

黒ニット×黒キャミワンピース×黒パンツ

キャミワンピにパンツと太めのベルトを合わせて、いつものワンピを新鮮な装いに。全身黒でまとめて、大人シックなスタイリングの完成。
【オフィスに缶詰の日のコーデ】リラックスできるキャミワンピースが味方【2017 10/6のコーデ】

【10】黒ブルゾン×黒ワンピース

黒ブルゾン×黒ワンピース

シンプルな黒ワンピースに黒のレザーブルゾンを合わせてハンサム・ブラックに。ブルーのショルダーバッグの斜めがけでカジュアルさをプラスして、清楚になりすぎない全身黒コーデのできあがり。
モデルのお誕生日に花束、ケーキ、バルーンを手配するのも編集者の仕事

【11】黒ジャケット×黒ワンピース

黒ジャケット×黒ワンピース

ロングワンピースにジャケットを全身黒で、クールで知性を感じさせる着こなしに。赤いリップや小物使いでさりげなくインパクトを加えて華やかさを演出。
【今日のコーデ】ブラックドレスを知的&華やかに昇華させて

【12】黒ノースリニット×黒タイトスカート

黒ノースリニット×黒タイトスカート

シンプルな丸首ニットとタイトスカートの全身黒の組み合わせも、スカートを地厚ジャージー素材であか抜けた印象に。とろみ素材のジャケットと辛口小物で、きちんと感はキープしながら今どきの洒落感もあるスタイリング。
素敵なシンプルって「堅すぎない」ことなんです! エディター三尋木奈保が指南

【13】黒ブラウス×黒パンツ

黒ブラウス×黒パンツ

黒のブラウスとパンツのセットアップで上品かつ華やかなコーデ。大ぶりのアクセサリーとミニバッグでアクセントをつけたらパーティー仕様に。
夜はドレスアップして、編集部員一同でファッションブランドの新作発表パーティへ

【14】黒花柄ワンピース×黒パンツ

黒花柄ワンピース×黒パンツ

黒の花柄ワンピースと黒パンツ、黒スニーカーのシックだけどカジュアルで女っぽい全身黒コーデ。ワンピースはボタンを後ろ側に着るとよりクラシカルな印象に。
【2泊3日旅コーデ】初日は花柄ワンピ×スニーカーで軽快に【2017 10/7のコーディネート】

【15】黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

全身黒コーデでも着映えたいときは、ビスチェを重ねてレイヤードで奥行きを出すのがコツ。モードなビスチェも、そでコンシャスなふんわりブラウスと合わせれば華やかな印象に。
【3/27のコーデ】ダークカラーでも着映えたいときは、レイヤードで奥行きを出す!

【16】黒タンクトップ×黒ドットパンツ

黒タンクトップ×黒ドットパンツ

てろんとやわらかなドット柄パンツとボーイッシュなタンクを黒でクールに落とし込んだスタイリング。ギャップあるアイテムのミックスで〝かわいげ〟と〝ドライ〟を両立。
デート、フェスetc.【スタイリスト金子 綾】が提案する〝かわいげドライ〟実践編/パンツの場合

【17】黒ノースリニット×黒スカート

黒ノースリニット×黒スカート

ハイネックノースリーブニットとフレアスカートの全身黒のクラシカルなスタイリング。ポイントとしてのドット柄パンプスと赤のリップで往年のフランス女優風に。
【ZARA】ドット靴で秋の黒、はじめました|小林文の賢いプチプラ買い

黒黒コーデでの差し色は?

【1】黒セットアップ×ブルーパンプス

黒セットアップ×ブルーパンプス

きちんと感が欲しい日は黒のセットアップで全身黒コーデ。タック入り×後ろゴムのパンツで、動きやすさと上品さを両立させる仕事服に。淡いブルーのパンプスで春らしさをプラス。
【3/5のコーデ】裏方に徹する日は、動きやすさ&きちんと感を両立させる仕事服

【2】黒ワンピース×黒ジャケット×ピンクニット

黒ワンピース×黒ジャケット×ピンクニット

黒ジャケットの中には黒のワンピースにピンクニットを重ねて、春らしいスタイルに。小物も黒で統一して、差し色の華やかさをアピール。
アフター7は、注目のガストロノミーレストランへ

【3】黒キャミ×黒デニムパンツ×グレージャケット

黒キャミ×黒デニムパンツ×グレージャケット

キャミソールとスキニーパンツのクールなスタイリングに、グレーのジャケットを合わせて女っぷりのいいパンツスタイルに。辛口モードなコーデには、クラシカルなジャケットを肩がけすると堅さがぐっとやわらぐ。
【明日のコーデ】グレンチェックのジャケットで女っぷりのいいパンツスタイルに

【4】黒ニット×黒ワイドパンツ×白シャツ

黒ニット×黒ワイドパンツ×白シャツ

黒ニット×黒パンツのスタイリングも、襟とすそから白シャツをのぞかせてみたら軽やかな印象に。パンツは重くなりすぎないようにすこし短めにするのが◎。
撮影用のドリンクや小道具の買い出しで荷物がすごい量に…(泣)

【5】黒カットソー×黒デニムパンツ×ベージュロングカーディガン

黒カットソー×黒デニムパンツ×ベージュロングカーディガン

全身黒で統一したパンツスタイルには、ベージュのカーディガンを合わせて軽やかさをプラス。網タイツ風のショートソックスとアンクルストラップシューズでフェミニンに仕上げるのがポイント。
スタイリスト渡辺智佳さんのプチプラアイテムコーデ【ZARAのアンクルストラップシューズ編】

【6】黒ノースリカットソー×黒パンツ×オレンジサコッシュ

黒ノースリカットソー×黒パンツ×オレンジサコッシュ

つかず離れずなゆったりシルエットで楽チンさを追求した休日のリラックスファッション。シンプルな全身黒コーデにはサコッシュのオレンジで鮮やかなアクセントをプラス。
ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.05.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号の記事に誤りがありました。98ページ右上のブランド表記"ENFÖRD"は、正しくは"ENFÖLD"です。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Oggiの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。

Feature