全身黒の夏コーデ22選【レディース|2019】黒ワンピース、黒スカート、黒パンツのおすすめスタイルファッション | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. 黒コーデ
  5. 全身黒の夏コーデ22選【レディース|2019】黒ワンピース、黒スカート、黒パンツのおすすめスタイルファッション

FASHION

2018.05.19

全身黒の夏コーデ22選【レディース|2019】黒ワンピース、黒スカート、黒パンツのおすすめスタイルファッション

全身黒コーデ夏。おすすめの夏の全身黒のファッションコーディネートをご紹介。黒トップスと黒ボトムを合わせた全身黒のファッションコーデや差し色アイテムの提案も。

【目次】
全身黒の夏コーデ
全身黒コーデの差し色には?

全身黒の夏コーデ

【1】黒カーディガン×黒タンクトップ×黒タイトスカート

【1】黒カーディガン×黒タンクトップ×黒タイトスカート

Vネックカーディガン、リブタンク、ミモレ丈タイトのスタイリッシュなオール黒コーデ。しっとり深みのある黒の発色と、抜け感をつくる肌見せでモードに仕上げて。
全身【14,870円でコーディネート】黒一色でモード仕上げ|2万円以下コスパ最強のセットを発表!

【2】黒ワンピース×黒カーディガン

【2】黒ワンピース×黒カーディガン

ミニマルなロング丈のノースリーブワンピースに、カーディガン、バッグをレイヤードした黒コーデ。モダンなワンピースもカジュアルなアイテムを合わせてヘルシーなコーディネートに。
おすすめ白スニーカー&コーデ|スタイリスト高橋リタさんが伝授!

【3】黒カットソー×黒スカート

【3】黒カットソー×黒スカート

ガーリーな小花柄のフレアスカートを黒トップスでつなげたパリジェンヌ風コーデ。黒アイテム&あえてのギンガムパンプスという柄ミックスの黒コーデで、シックかつエスプリの効いた大人びた装いに。
【インスタグラマー|ジャンヌ・ダマス】の「A」シルエット|高見えテクニックをスタイルアイコンに学ぶ!

【4】黒ノースリーブニット×黒タイトスカート

黒ノースリーブニット×黒タイトスカート

シンプルな丸首ニットの黒ノースリーブと、タイトスカートの全身黒の組み合わせ。スカートを地厚ジャージー素材のものにすれば、即あか抜けた印象に。とろみ素材のジャケットと辛口小物の投入で、きちんと感はキープしながら今どきの洒落感もあるコーデ。
素敵なシンプルって「堅すぎない」ことなんです! エディター三尋木奈保が指南

【5】黒ジャケット×黒ワンピース

黒ジャケット×黒ワンピース

全身黒コーデでも地味に見えないよう、すそにデザインが効いたワンピースをセレクト。かっちりスタイルも、ジャケットを脱げば夏のアフター7のお出かけにもキマる。
【3/6のコーデ】社外で打ち合わせの日のジャケットスタイル

【6】黒ワンピース×黒スキニーパンツ

黒ワンピース×黒スキニーパンツ

透け感のある黒のシャツワンピをアウター代わりにして、シュッとしたIラインスタイルを作る夏コーデ。かごバッグで抜け感を出して、スタイリッシュにまとめるのが◎。
【明日のコーデ】アウターの中は春に移行中! 軽めの小物で抜け感をつくるのが成功のカギ♪

【7】黒ノースリーブカットソー×黒パンツ×オレンジサコッシュ

黒ノースリーブカットソー×黒パンツ×オレンジサコッシュ

つかず離れずなゆったりシルエットで楽チンさを追求した、休日のリラックス夏コーデ。シンプルな全身黒コーデにはサコッシュのオレンジで鮮やかなアクセントをプラス。
ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!

【8】黒タンクトップ×黒パンツ

黒タンクトップ×黒パンツ

てろんとやわらかなドット柄パンツと、ボーイッシュなタンクを黒でクールに落とし込んだ夏のコーデ。ギャップあるアイテムのミックスで〝かわいげ〟と〝ドライ〟を両立。
デート、フェスetc.【スタイリスト金子 綾】が提案する〝かわいげドライ〟実践編/パンツの場合

【9】黒ニット×黒タイトスカート

黒ニット×黒タイトスカート

黒のニットアップに黒のベルトを合わせてウエストをマークして、すっきりとさせた全身黒の夏コーデ。ボリューム小物でアクセントをつければパーティ仕様にも。
【明日のコーデ】レセプションパーティに急遽お呼ばれ。黒のニットアップ持っててよかった♡

【10】黒ブラウス×黒パンツ

黒ブラウス×黒パンツ

黒のブラウスとパンツのセットアップで上品かつ華やかな夏のコーデ。大ぶりのアクセサリーとミニバッグでアクセントをつけたら、いざパーティへ!

夜はドレスアップして、編集部員一同でファッションブランドの新作発表パーティへ

【11】黒ノースリーブシャツ×黒タイトスカート

黒ノースリーブシャツ×黒タイトスカート

ブラウスのシルク素材ならではの墨黒色と、スカートのツヤ感ブラックで、さりげなくニュアンスが異なる黒の夏コーデ。共布ベルトのアクセントが効いたきれいめスタイルに。
三尋木奈保流【女っぷりタイトスカート】を3段活用ステップで着回し!

【12】黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

全身黒コーデでも着映えたいときは、ビスチェを重ねてレイヤードで奥行きを出すのがコツ。モードなビスチェも、そでコンシャスなふんわりブラウスと合わせれば華やかな印象に。
【3/27のコーデ】ダークカラーでも着映えたいときは、レイヤードで奥行きを出す!

【13】黒ワンピース×黒バッグ

黒ワンピース×黒バッグ

どんなにフェミニンなドレス系ワンピースも、甘さ控えめに仕上げるのが〝最後に持ってく女〟の新ルール。黒レースの大胆な脚の透け感もセクシーすぎない雰囲気で仕上がる夏の黒コーデ。
【明日のコーデ】彼とパーティへ。周りと一線を画すのは、甘く見せない総レースワンピース!

全身黒コーデの差し色には?

【1】黒ロングワンピース×ミントストライプ柄シャツ

【1】黒ロングワンピース×ミントストライプ柄シャツ

ロング丈の黒ノースリーブワンピースは、シャツを上からはおってメリハリコーデに。シャツの裾は前結びで留めて抜け感をプラスして。旬のミント×白のストライプで爽やかな印象に。
【明日のコーデ】レディなノースリーブワンピに日焼け防止のシャツをはおって♪

【2】黒カシュクールワンピース×グリーンカーディガン

【2】黒カシュクールワンピース×グリーンカーディガン

夏らしいワンピース×黒小物のドレスアップコーデ。ヒトデ柄のカシュクールワンピースに、鮮やかなグリーンカーディガンを肩掛けしてレディな装いに。
【6/9のコーデ】夏らしいワンピース×黒小物でレディな仕上がりに♪

【3】黒ワンピース×水色カーディガン

黒ワンピース×水色カーディガン

清潔感のある水色を差し色にして顔周りを明るく見せるのがポイント。重くなりがちな黒のドレス系ワンピースでも足元をピンクベージュのパンプスでキメてほんのり甘さをプラス。
【8/21のコーデ】彼の職場飲みに誘われて恵比寿へ

【4】黒ワンピース×ベージュベルト

黒ワンピース×ベージュベルト

レセプションパーティにお呼ばれした日は、知性を感じさせるドレス風のブラックワンピースで登場。ベージュベルトを差し色に、赤いリップや小物使いでさりげなくインパクトを追加。
【今日のコーデ】ブラックドレスを知的&華やかに昇華させて

【5】黒ワンピース×カラフルスカーフ

黒ワンピース×カラフルスカーフ

パーティドレスにもOKな黒ワンピース。小ぶりなスカーフを、差し色に首にきゅっと巻きつけて、お好みの位置で固結びを2回するだけの簡単アレンジの完成。
【HOW TO】ヴィンテージ風スカーフのおしゃれな巻き方5選!

【6】黒ワンピース×シルバーバッグ

黒ワンピース×シルバーバッグ

時代をリードする女性に憧れるのなら、ストンとまっすぐなボックスタイトの黒ワンピース。ネックラインやアームホールが直線的でミニマルなデザインだから、女性の凜とした美しさを際立たせてくれます。
シンプルだからこそ個性が出る【マディソンブルー】究極の黒ワンピース

【7】黒パンツ×黒Tシャツ×白スニーカー

黒パンツ×黒Tシャツ×白スニーカー

全身黒でクールにまとめたカジュアルスタイルには、効きがいいストライプストラップバッグをお供にしてみる。足元は白のスニーカーにすることで軽やかに。
【4/29のコーデ】ストラップバッグをお供に休日ワークアウト♪

【8】黒ブラウス×黒パンツ×青パンプス

黒ブラウス×黒パンツ×青パンプス

ドット柄とカラー小物のミックスも、黒ベースなら小粋な洒落感に仕上がる。らくちんな黒パンツ×フラットシューズの気楽なデートスタイルで、飾らない笑顔と大人の余裕をアピール。
【4/19のコーデ】気楽なデートスタイルで大人の余裕をアピール♡

【9】黒ワンピース×茶ターバン

黒ワンピース×茶ターバン

全身黒のコーデには、茶色のターバン&ビッグピアスのジェニックコンビを。シンプルなオールブラックコーデが一気にモード見えします! かごバッグ&コンバースをプラスして若干ナチュラルな雰囲気もプラスして。
【4/14のコーデ】休日はソロ活動Day! 黒コーデをトレンド小物で盛り上げて


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature