リフレッシュしたい時どうする?【100人の女性に聞いた】外出する? 自宅で過ごす? おすすめリフレッシュ方法 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. メンタルヘルス
  5. リフレッシュしたい時どうする?【100人の女性に聞いた】外出する? 自宅で過ごす? おすすめリフレッシュ方法

BEAUTY

2023.02.01

リフレッシュしたい時どうする?【100人の女性に聞いた】外出する? 自宅で過ごす? おすすめリフレッシュ方法

毎日、仕事や育児で忙しくしていると「たまにはリフレッシュしたい!」と思いますよね。ただ、そう思っても何をしたらいいのかわからない… と感じている方も少なくないのではないでしょうか。そこで、本記事では全国の女性100名に伺ったリフレッシュの方法について紹介します。

【100人に聞いた】自分なりの「リフレッシュ方法」がありますか?

自分なりの「リフレッシュ方法」がありますか?/円グラフ

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

「自分なりのリフレッシュ方法がある?」のアンケートでは、69.7%の方が「はい」30.3%の方が「いいえ」と、7割弱の方がリフレッシュ方法があると回答しました。

多くの方が自分なりのリフレッシュ方法があると回答しましたが、リフレッシュがしたくなるのはどのようなときなのでしょうか。アンケートの回答を紹介します。

リフレッシュしたくなるのはどんなとき?

リフレッシュしたくなるとき
(c)Adobe Stock

ストレスを発散したいとき

イライラやモヤモヤとした気持ちを抱えているときにリフレッシュしたい、と感じるという意見が多く寄せられました。気の持ちようだけでは気分が晴れないときは、楽しい気分になったり前向きになれる行動をするのが一番。

「イライラがたまって」(30代・兵庫県)
「どうにもならないことにイライラしたり、モヤモヤしてしまう時に気をそらすため」(30代・大阪府)
「ストレスが爆発しそうなとき」(20代・福井県)
「行き詰まったり疲れが溜まったとき」(30代・石川県)
「バイトや勉強のストレス」(20代・神奈川県)
「辛いことがあったとき」(30代・高知県)

仕事でストレスや疲れを感じたとき

仕事は自分ひとりで進められることは少なく、様々な人と関わることが避けられません。業務上のトラブルのみならず、人間関係でもストレスを感じたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

「仕事でうまく行かない」(30代・東京都)
「会社で理不尽な怒られ方をした」(30代・兵庫県)
「仕事のストレスが溜まっている」(20代・千葉県)

育児疲れを感じたとき

子育ては、思った通りにいかないことが多々あります。それに加えて、仕事や家事との両立もあると体力的にも精神的にも疲れきってしまいますよね。

「育児で自分の時間が作れず身も心も疲れた。育児と仕事で忙しくまともな睡眠時間が取れない」(30代・神奈川県)
「育児に疲れた」(30代・北海道)
「子どもにイライラしたとき。家事に追われて疲れてしまった」(30代・東京都)
「子育てや家事に疲れる」(30代・東京都)

気分転換がしたいとき

作業の区切りのタイミングや気持ちを切り替えたいと思ったとき、リフレッシュをしているという意見もありました。頑張り続けることは難しいので、メリハリをつけることも必要です。

「やる気がでないとき全般」(20代・福井県)
「一息つきたい」(30代・秋田県)
「長時間何かに集中したあと」(20代・東京都)

精神的・肉体的に疲れたときや気分が晴れないときなど、ネガティブな状態のときにリフレッシュがしたいと感じている方が多いということがわかりました。

次の質問で、外出編とおうち編それぞれに分けて、おすすめのリフレッシュ方法を紹介します。

【外出編】自分なりの「リフレッシュ方法」

海で手を広げる女性
(c)Adobe Stock

身体を動かす

身体を動かして汗を流すとすっきりした気持ちになるもの。道具が必要な運動だけでなく、近所を散歩するだけでもリフレッシュできますよ。

「バドミントンなど運動をする。(30代・東京都)
「山に登りに行く」(30代・京都府)
「主に運動」(30代・栃木県)
「ダンス。歌う」(30代・石川県)

ショッピングに行く

新作や好きな物をみたりするだけでもワクワクした気持ちになりますよね。頑張った自分へのご褒美もたまには必要です。

「とにかく好きなものを買い物して発散」(30代・奈良県)
「好きな店で買い物をする」(20代・神奈川県)
「ひとりでランチをしたり買い物をする」(30代・東京都)

景色を見る

空を見たり景色を見ることでリフレッシュをしているという方も。なにか作業をしている最中や仕事の休憩中など、いつでもできるリフレッシュ方法のひとつです。

「とにかく自分の好きなことをやる。空を見る」(30代・愛知県)
「外を見る」(30代・秋田県)

ドライブする

車やバイクがある方は、ドライブを楽しんでいるという意見もありました。普段見ている景色とは違う場所に行ってみることでちょっとした旅行気分が味わえそうですよね。

「バイクに乗って一人で気ままに走る」(30代・兵庫県)
「ドライブしてスイーツを食べに行く」(30代・北海道)

ライブに行く

好きなアーティストのライブに行ったりライブ映像を見てリフレッシュしているという方も。推し活が一般的な今、推しから元気をもらっている方も少なくありません。

「ライブに行く」(30代・東京都)
「好きなアーティストのライブに行く。DVDや映像を見る」(20代・神奈川県)
「好きなアイドルを見る」(20代・富山県)

カラオケに行く

大きな声を出すとすっきりした気持ちになります。好きな歌を好きなだけ歌うことで気分も高まります。

「カラオケ、動画視聴」(20代・埼玉県)
「カラオケで好きなアーティストの曲を歌う」(20代・福井県)

お茶をする

休憩時や仕事後などにお茶をするのも一息つく方法としておすすめ。お茶のおともにお菓子も楽しんでみては。

「喫茶店に行っておいしいコーヒーを飲む。スーパーやコンビニのイートインで茶を飲んだりパンなどをつまむ」(30代・東京都)

芸術鑑賞をする

アーティストたちがエネルギーをかけてつくりあげた作品は、人に感動を与えます。芸術は難しそうな印象を受ける方もいるかもしれませんが、実は身近で誰でも気軽に楽しめるものです。

「芸術品鑑賞、舞台鑑賞、映画鑑賞、好きなアーティスト関連のコンテンツを楽しむ」(20代・東京都)

▼あわせて読みたい!

仕事中のリフレッシュにも! おすすめ頭皮ケア♡〈Oggi専属読者モデル赤荻…

【おうち編】自分なりの「リフレッシュ方法」

お風呂に入る女性
(c)Adobe Stock

食を楽しむ

疲れたときは、美味しいものや食べたいものを食べて体に元気をつけましょう。お酒はほどほどに飲むとリラックス効果が期待できます。

「爆食い」(20代・兵庫県)
「美味しいおつまみを食べながらの晩酌」(30代・埼玉県)
「缶チューハイと焼き鳥を食べる。寝る前に必ずヨガストレッチやピラティスをすること」(30代・神奈川県)
「甘い物を食べる。特にアイスクリーム」(30代・東京都)
「リビングでゴロゴロしながら好きなアイスを食べる」(30代・神奈川県)

お風呂に入る

お風呂ではアロマを楽しむという意見もありました。身体が温まってよく眠れるので疲れが取れやすくなります。また、インバスやアウトバスケアもリラックスできておすすめです。

「アロマのお風呂に入る」(30代・大阪府)
「お風呂にゆっくり入る」(30代・兵庫県)

ゲームをする

手軽にできるスマートフォンのゲームも人気。無料で楽しめるタイトルも多数リリースされているので、調べてみてはいかがでしょうか。

「スマホアプリのゲームをする」(30代・埼玉県)
「好きなゲーム『ポケモンGO』をして、ゲームをしながら歩いて体を動かす」(20代・神奈川県)

ドラマや映画を観る

YouTubeやNetflix、AmazonPrimeなど、様々な動画配信サービスがあり作品数も充実していますよね。最近では、動画を観ることが増えたという方も多いのではないでしょうか。

「ディズニー関連の作品を観る」(30代・愛知県)
「ベッドで動画を見る」(30代・埼玉県)
「中国ドラマを見る」(20代・兵庫県)

推し活に励む

ライブなど外での活動を追うだけでなく、自宅で好きなアーティストの楽曲を聴いたり作品を見たりして過ごすのも推し活のひとつです。

「推しを眺める」(30代・大阪府)
「寝る前に、好きなキャラクターの声を聴く」(30代・新潟県)
「好きなアーティストの音楽を聴く」(30代・愛知県)

本や漫画を読む

本や漫画を読むことは自分のペースでできるのもいいですよね。お茶のおともに読書を楽しんでいる方もいました。

「漫画を読む。甘いコーヒーを飲む」(30代・東京都)
「読書と休息」(30代・長野県)

▼あわせて読みたい!

リフレッシュできて美肌へも近づける!? 酵素浴でぽかぽか幸せ気分♡〈Oggi…

最後に

リフレッシュしたいけれど、何をしたらいいのかわからない… と感じる方は、まずは自分の好きなことを考えてみてください。無理してやることを詰めすぎないで、程よくリフレッシュをはさむことで、明日も頑張れるエネルギーを得られるはず。

TOP画像/(c)Adobe Stock


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.04.20

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

Oggi5月号46ページに掲載しているアルアバイルのライトベージュのジャケットの値段に誤りがありました。正しくは¥49,500になります。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。