Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 免疫細胞の約6割は腸にいる!? 免疫力を高めるため3つの方法を実践すべし!〈薬剤師 坂田武士〉

BEAUTY

2022.05.22

免疫細胞の約6割は腸にいる!? 免疫力を高めるため3つの方法を実践すべし!〈薬剤師 坂田武士〉

コロナ禍で気になる免疫力をUPさせて、ウイルスから身を守りたいですよね。『4日間で脂肪だけをキレイに落とす本』の著者である薬剤師の坂田武士先生が、自己免疫力を高める3つの方法をお届けします。

予防医学マイスター 坂田武士

免疫力をアップしてウイルスから心身を守る

数年前より新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるい、多くの人が不安な日々を過ごしています。インターネットが普及した現代社会では、情報が目まぐるしく飛び交い間違った情報収集で混乱を招いていてしまう情報弱者も生まれてしまっています。

今後、様々なウイルスと共存していく中で私たちはどのような対策をすれば良いのでしょうか。今回は、自己免疫力アップを3つの観点からお伝えします。

自己免疫力UPのための3つの方法

「免疫」とは、体内で発生したがん細胞撃退やウイルスや細菌などの異物から体を守るための自己防衛システムです。免疫の仕組みは、幾つもの免疫細胞が協調しあって働いているので、正しく理解し正しく実践して自己免疫力を高めましょう。

1. 腸内環境を整える

(c)Shutterstock.com

免疫細胞の約6割は腸にいると言われています。

腸内の免疫細胞を活性化させるには、腸内の善玉菌(ヨーグルトなどの乳酸菌、発酵食品)を増やし、善玉菌のえさ(水溶性食物繊維、オリゴ糖など)になる食物(野菜や果物、海藻類)を摂ることです。

毎日の食生活に意識して摂取しましょう。

2. 体温を上げる

(c)Shutterstock.com

免疫力が正常に保たれるの体温は、36.5℃程度と言われています。免疫力は体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると免疫細胞が活性化し、一時的には最大5〜6倍アップするとも言われています。

定期的な運動や毎日の入浴を心がけ、冷たいドリンクを飲みすぎず栄養バランスの整った食事をしましょう。

3. 白血球の活性化

(c)Shutterstock.com

白血球は血液やリンパ液中にあって、ウイルスや細菌の活動を阻み、それらを死滅させるよう働いています。

普通ビタミンCは白血球中にたくさん貯蔵されています。ところが、風邪やウイルスなどの感染症にかかると、白血球中のビタミンCは急速に減少するのです。そして病気が治ると、徐々に元の量に戻ります。

多くの研究から、ビタミンC不足の状態では免疫能力が低下し風邪やウイルス感染にかかりやすいことがわかっています。また一般に風邪をひきやすい人は、白血球中のビタミンC濃度が低いという結果も出ています。

不足分の補給というよりもっと積極的にビタミンCを摂ることで、風邪の予防に効果があった、あるいは症状を軽減したり回復を早めたりすることができたという報告もあります。

ウイルス対策のみならず、一生を若々しく過ごすために自己免疫力を高める習慣を身につけていきましょう。

『4日間で脂肪だけをキレイに落とす本』発売中!

▲『4日間で脂肪だけをキレイに落とす本』(著者:坂田武士、出版:学研プラス)

TOP画像/(c)Shutterstock.com

坂田武士先生の記事をもっと!

予防医学マイスター 坂田武士

薬剤師。予防医学士。スポーツファーマシスト。「サムライフ」「日本予防医学マイスター協会」代表。昭和大学薬学部薬学科を卒業後、薬剤師免許を取得。

大手製薬会社勤務や、特別養護老人ホームの施設長などを経て、予防医学やエイジングケアの重要性を感じ、2006年に独立。2009年に「サムライフ」を設立し、薬をすすめない薬剤師として、これまでに1万人以上のオーダーメイドカウンセリングを行う。

著書に『4日間で脂肪だけをキレイに落とす本』(学研プラス)がある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature