Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. おすすめのラインのアイコンって? 設定したいおしゃれ画像やアイコンからわかる心理

WORK

2022.04.01

おすすめのラインのアイコンって? 設定したいおしゃれ画像やアイコンからわかる心理

そろそろアイコン変えようかな? と思っている方、いざ変えようと思っても何がいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ラインのアイコンにおすすめな画像をピックアップ! できれば避けたいNG画像やラインのアイコンからわかる心理・性格についても解説するので、アイコン選びの参考にしてみて♪

【目次】
ラインのアイコンとは?
どんなラインアイコンがおすすめ?
できれば避けたいラインアイコンって?
ラインのアイコンでわかる心理や性格もチェック

ラインのアイコンとは?

ユーザー個人のプロフィール画像

ラインのアイコンとは、ユーザー個人のプロフィール画像のこと。トーク画像や友達リストに表示される画像なので、ラインにおける「自分の顔」といえるでしょう。

簡単に変更ができる

ラインアイコンの変更はとても簡単です。方法は以下の2通り。

1. ラインの【ホーム画面】からプロフィールをタップし、画像変更する方法。
2. ラインの【設定画面】からプロフィールをタップし、画像変更する方法。

設定するときには、拡大・縮小、色味の調整などを行うことが可能です。

どんなラインアイコンがおすすめ?

笑顔の写真

笑顔の写真は、男性にも女性にも評判は悪くないもの。

満面の笑みや微笑んでいる写真もいいですが、歯が少し見えるくらいの自然に笑っている写真は、より好感度がアップします。

フォトジェニックな写真

旅先で撮ったフォトジェニックな写真もおすすめです。

自撮り写真のようなナルシスト感は出ませんし「ここどこのスポット?」など話題のキッカケにもなります。

後ろ姿や横顔

あえて顔を出さない後ろ姿や横顔の写真も多くの人に好評です。

顔はのせたくない… という女性でも設定しやすい上、背景によってはいくらでもおしゃれな印象にできるので、こういった画像に設定している女性は多いようです。

LINEのアイコン何にしよう? あの人は何? 設定写真に隠れる深層心理を大解剖

趣味に関連するもの

スポーツや音楽、カメラなど、自分の趣味に関連するものをアイコンにするのもおすすめです。

実際に楽しんでいる写真なら「今度一緒に行こ!」など、同じ趣味の友人と会話が盛り上がるキッカケにもなりそう!

できれば避けたいラインアイコンって?

加工ありの自撮り画像

加工ありの自撮り画像

ダイヤモンドシライシが20~30代の男女500人に「LINEアイコンの印象」についてアンケートを行ったところ、もっとも印象が悪いアイコンは「加工ありの自撮り写真(26.4%)」と判明。

加工はもはや当たり前、という女性も多いかもしれませんが、違和感のあるやりすぎ加工写真は避けた方がいいかもしれません。

露出の多い写真

露出の多い写真

「LINEのアイコンを自分の写真にする場合、あなたがNGだと思うもの」という質問に対しては「露出度の高い写真(47.0%)」が一番票を集めました。

「この画像不快…」と思われる可能性があるものをアイコンにするのも、十分気を付けた方がいいかもしれません。

アプリで盛れたその写真、NG!? 男性がドン引きするLINEのアイコン

結婚してから何年も経つ結婚式写真

結婚してから何年も経つ結婚式の写真

結婚式の写真が「自分史上最高にきれい!」と思っている人も多いかもしれませんが、長期間にわたってアイコンにすると冷めた目で見られることも…。

「ずーっと結婚式の花嫁姿をアイコンにしている女友達に、密かにいらっとしています。実物がもはや当時の面影がないほど生活感だらけになっている女友達に対してほど、冷めた目で見てしまいます(毒)」(33歳・女性/医療)

○○アピールにげんなり… 見るたびモヤモヤする女友達のSNSアイコン3

ラインのアイコンでわかる心理や性格もチェック

デフォルト状態の人

デフォルト状態の人

あなたの周りにも、ラインのアイコンを無機質な初期設定のままにしている人はいませんか? ライターである吉田奈美さんによると、そんな人に考えられる心理は以下の2つだそう。

1. あえて自己顕示欲のない自分というものを顕示している
2. 本当に他人の目が気にならず自己顕示欲がまったくない

「デフォルト状態にしている=自己顕示欲MAXタイプ、もしくは自己顕示欲マイナスタイプの二択だと考えられます。

【1】の場合、顕示欲がありすぎて、だからこそ他人の目が気になりすぎる、だからこそ<自分はそういったものに興味がない>アピールをしたがるのです。その結果がデフォルト状態。

【2】の場合、顕示欲がなさすぎて、アイコンで何かをアピールしよう、そこに自分の感性や思いを閉じ込めようという発想自体沸かないんです。とことん無関心なんですね。その結果が同じくデフォルト状態。

同じデフォルト状態でも、その過程には大きな違いがあるんです。いずれにしてもこう言えます。どちらにしても<面倒くさい人>(笑)!」(吉田さん)

30代40代のLINEアイコン分析!「ちょい若いときの自分」アイコンの人の性格は?

女友達との2ショット

女友達との2ショット
(c)Shutterstock.com

女友達との2ショットは、女性特有の心理がもたらした結果のアイコンなのだそう。「なぜ自分のアイコンなのに自分一人で映らないのか」、これはある3つの効果を狙っていると吉田さんはいいます。

女友達との2ショット
(c)Shutterstock.com

効果1. リア充を演出

「これはハワイの海をバックに、とかブランド物の時計を映り込ませてといった手法と同じですが、より<いいえ、私はそんなつもりありませんけど、これってリア充なんですかね?>という“すっとぼけ感”、“きょとん感”が深いです。

このように<LINEのアイコンに一緒に登場しちゃうほど仲のいい友達が私にはいる>、という演出をする人は、<おひとり様万歳>的なちょっとこじらせ気味の人とは真逆の、ある種すがすがしいまでのバカっぽさ、素直さ、可愛げが感じられますので、異性や年配女性から好感を持たれるでしょう。

しかしある程度の年齢以上(アラサー以上)でこの手の演出を恥ずかしいと思わない女性は、幼稚、かつ客観性の欠如を感じ、ちょっとお友達にはしたくないと思ってしまいますね」(吉田さん)

効果2. 美貌を強調

「これは<自分より明らかに容姿が劣った友人>を横に並べることで、より自分の美しさを目の錯覚で増幅させる効果を期待しています。

さらには自分の顔のコンディションは最高潮、なのに友人は半目だろうと顔がてっかてかだろうとおかまいなし、なんていうひどい写真もまれに見受けられますよね。

もはや友人は踏み台でしかありません。その友人のなんと滑稽で哀れなことか! 自分の容姿に自信のないみなさんは、この悪魔のような女友達に利用されないよう、十分警戒しましょうね」(吉田さん)

効果3. 美貌の友人がいることを主張

「誰の目から見てもものすごーい美人と2ショットで映っている写真をアイコンにしている女性がいませんか? 明らかに本人のほうが劣っているのが丸わかりなのに、まったく気にしてないというかむしろそれが目的ともいうか。

周囲に『私の友達って美人ばっかなんだよね』などと、よくわからない自慢話をする女性ってわりといますよね。このパターンのこじらせ方をしている人は、意外に多いんじゃないでしょうか。そんな人がやりがちなアイコンがこちらです。

彼女たちは美人を神格化しているのです。美人=神のようなもの。そんな神から私は慕われている、という自分が好きなのです。

この根っからの信者体質の女性は、自己犠牲精神にあふれている人が多く、そこに生きがいを感じるので、恋愛傾向としては<ダメンズ好き>が多いことが予想されます。私ってなぜかダメンズばかり引き寄せる、という女性がいたとしたら、その人は<美女好き>でもありませんか? 美女への偏向的な崇めをやめれば、結果としてダメンズ好きも治るかもしれませんよ」(吉田さん)

【LINE】女友達との2ショットアイコンに潜む“セコイ”自己演出法とは?

恋人との2ショット

恋人との2ショット
(c)Shutterstock.com

10代ならまだしも、社会に出ている大人が自分以外の誰か、しかも異性と一緒に映っている写真を当たり前のようにLINEアイコンにしている人。実はこういった人は、以下の2パターンに分けられるよう。

1. 〝とことん無頓着〟タイプ
2. 〝とことん粘着質〟タイプ

【1】と【2】の見分け方はとても簡単で、ざっくりおおざっぱで人に興味があまりなさそうな人であれば前者、最初から興味をもって質問をしてきたり、自分はこういう人間であると説明してきたりするような人だったら後者なのだそう。

恋人との2ショット
(c)Shutterstock.com

「1. 無頓着タイプはいきなり距離を詰めてきたかと思えば、急に立ち去って行ったりすることがよくあります。

そうですね、知り合ってすぐに意気投合して朝まで盛り上がって飲んだにもかかわらず、翌日会ったらそんなことがなかったかのようにリセットされたりします。

一緒にいると振り回されてしまうことが多く、それが一般の感覚からすると非常に疲れることも。

2. 粘着質タイプは自己開示のタイミングが性急です。

自己開示をするまでは多少躊躇し、じっくりと相手を観察しますが、“こいつはいける”と思った瞬間、自分の過去の恋愛遍歴や複雑な家庭環境、ヘビーな性癖の話など知り合って間もない関係性でもとことんオープンにしないと気が済みません。

そして相手にもそれを望みます。当然一緒にいるとペースが乱され、疲れます。

恋人と一緒のアイコンの人たちは、ベースの性格に大きな違いがあれど、どちらも“一緒にいてものすごく疲れる”人々」(吉田さん)

社会人でSNSプロフィールに「恋人との2ショット」を使う人の性格とは?

自撮り写真の男性

自撮り写真の男性

見た人のほとんどが「アイタタタタ」と感じてしまう自撮り写真。それをアイコンにし続ける理由は、吉田さん曰く「とんでもなく鈍感だから」なのだとか。

「ベースにナルシストさがあるのは言うまでもありませんが、そんなの多かれ少なかれどんな人も持っているものです。しかし普通の人は、自己陶酔画像をアイコンにしたりはしません。なぜなら【他人がどんなふうにそのアイコンを見るのか予想できてしまうから】。

そんな予想もせず、ただただ自分のナルシストさを隠そうともせずにアイコンにまでしてしまう彼らは、とんでもなく鈍感、言い換えればとんでもなく素直でまっすぐな性格の持ち主だともいえます。

きっと彼らは他人の自撮りナルシスト画像を見たところで、おそらくはなんとも思わないのでしょう。自分の痛さに気づかないだけでなく、他人の痛さもスルーできる天然のやさしさがあるのです。

要は不感症なのです。よく言い換えれば裏表のない性格なのです」(吉田さん)

自撮り写真の男性
(c)Shutterstock.com

彼らはおそらく「セックスが下手」であると吉田さんは続けます。理由は以下の5つ。

1. ナルシストなので自分本位になりがちである
2. ナルシストになれる程度にそこそこ見た目がいいので、相手からダメ出しされることが少ない
3. ロマンティストなのでテクニックよりも雰囲気を重視する傾向にある
4. 鈍感なので相手の演技を見破ることができない
5. そもそもあまり他人には興味がない

「もちろんナルシストアイコンの人でもセックス上手はいるかもしれませんが、確率的には下手が優勢であると私は思います。

実際に若いころはナルシストアイコンの男子も、年を取るにつれ何かに気づくのか、徐々にナルシストアイコンは減っていく傾向にあります。セックスの熟練度とアイコンの痛さには何かしらの相互関係があると私は思うのです。

だからアラサー以上でナルシストアイコンの男性はいろんな意味で注目の存在! もちろん悪い面だけでなく、素直で優しい性格の持ち主である可能性が高いので、人間の裏表ある醜い一面に疲れた女性にとっては絶好のパートナーになりえるでしょう」(吉田さん)

【LINE】セックスが下手な人は○○○○なアイコンにしがち!?

ビールジョッキ片手の女性

ビールジョッキ片手の女性
(c)Shutterstock.com

ビールジョッキ片手の自分をアイコンにしている女性は「自意識過剰」であると吉田さんはいいます。

お酒は好き、ざっくばらんなリア充アピールが自分もしたいけれど、リア充アピールには思われたくない…。そんな人が行きつく先が「巨大なビールジョッキ」なのだそう。このような女性には以下の5つの特徴があるようです。

・まずは自意識過剰である
・自分を律しすぎる
・想像力、並びに妄想力が豊か
・お酒の席が好き
・女性であることを意識するがあまりのオヤジアピール

ビールジョッキ片手の女性
(c)Shutterstock.com

そして吉田さん曰く、このような女性は「ものすごくエロい」のだそう。それもあっけらかんとしたエロさではなく、じわじわとしたエロなんだとか。

「私の経験則だと、エロい人は男女問わず想像力豊か。この過剰な想像力の行き着く先はエロスに他なりません。また普段は真面目な性格で他人からの評価が気になるタイプゆえに、お酒の席では羽目を外しがち…。

さてさて、こんな分析をしてみましたが、全国のビールジョッキ女子に怒られるかもしれませんね。あくまでもタワゴトですので、納得する方だけご賛同くださいませ」(吉田さん)

内心めちゃエロい女性は、ジョッキ片手の写真がLINEアイコン【LINEアイコン研究所】

ネットで拾った面白画像の男性

ネットの面白画像の男性
(c)Shutterstock.com

ネットの面白画像をアイコンにする理由はとても単純明快。ずばり「面白いやつだと思われたい」のだそう。しかもお手軽に。

男性にとって「面白い」と思われることは「イケメン」や「優しい」といわれるよりもプライオリティが高く、生きる上でとても強力な武器にもなり得ると吉田さんはいいます。

「自分は面白いものを見分けるセンスがある」つまり「自分自身も面白い人間である」という自己プロデュースを〝アイコン〟という狭いスペースの中で行っているのだとか。

ネットの面白画像の男性
(c)Shutterstock.com

「本来ならば面白い人というイメージを周囲に与えるためには、たくさんの時間や労力、またセンスが必要です。しかしながらアイコンを拾い物の面白画像に設定すれば、わずかな時間と少しの手間だけでその称号がいともたやすく手に入るのです。

そんな男性はどんな男性か分析すると…。非常に合理的、かつ要領がよくずる賢い。それでいて目的のためには手段を選ばず遂行する実行力がある。

このような特徴を併せ持つ男性がもしもビジネスシーンにいたら…。間違いなくそんな男性は出世します。

行き過ぎた強引さで敵を作ったり、また実力以上の自分をアピールすることで結果的に仕事のミスを誘発したりすることはありますが、それでも要領よく切り抜けることができるずる賢さがあるから無敵なんです。

また恋愛シーンで考えてみても、自分の実力以上の女性を手に入れることができているはずです」(吉田さん)

出世する男の【LINEアイコン】はネットの面白画像を使っている?


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.20

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature