「ハロウィン」で簡単に作れる仮装は? 大人から子どもまで使えるアイデアを紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「ハロウィン」で簡単に作れる仮装は? 大人から子どもまで使えるアイデアを紹介

WORK

2021.09.23

「ハロウィン」で簡単に作れる仮装は? 大人から子どもまで使えるアイデアを紹介

「ハロウィン」といえば「仮装」ですが、今年の「ハロウィン」の「仮装」のテーマは決まっていますか? イベントは楽しみたいけど、衣装を用意するのが億劫という人も多いですよね。簡単に用意できるもので、どういった衣装があるのでしょうか。ここでは、大人から子どもまで使えるアイデアを紹介していきます。

【目次】
「ハロウィン」の仮装、簡単にできるもの「赤ちゃん向け」
「ハロウィン」の仮装、簡単にできるもの「低年齢の子ども向け」
「ハロウィン」の仮装、簡単でおすすめのアレンジ「高校生向け」
「ハロウィン」の仮装、おすすめのコスチューム「大人向け」
「ハロウィン」は出会いの場?
そもそも「ハロウィン」には、なぜ仮装をするの?
現在のアイルランドの「ハロウィン」は?
最後に

「ハロウィン」といえば、仮装ですね! 楽しみたい気持ちはあるのだけれど、衣装を作るなんて絶対無理…! という人も多いはず。本記事では、簡単な衣装をたくさん紹介します!

「ハロウィン」の仮装、簡単にできるもの「赤ちゃん向け」

(c)Shutterstock.com

赤ちゃんの仮装はとっても簡単。なぜって、何をしてもかわいらしいからです。おすすめなのはカボチャの着ぐるみ。雑貨屋さんや通販などで簡単に手に入りますし、着せれば、それで完成です!

「ハロウィン」の仮装、簡単にできるもの「低年齢の子ども向け」

では、小学生の子どもたちはどうでしょう。小学生なら手作りしたり、100均を上手に活用したりしてもいいですね!

1:100均で買う!

ダイソーなら、ワンコインで仮装グッズが手に入ります。ポリスやナース、魔女といった、子どもたちに人気のコスチュームが、いろいろ揃っていますよ。

また、セリアでは、「ハロウィン」に欠かせない特殊メイクシールが豊富。腕に貼るだけで、痛々しい傷口ができるシールがたくさん揃っているので、それらを貼るだけで妖怪っぽくなりますね。

2:マスクにひと工夫

もう、すっかり日常生活のマストアイテムとなったマスクを、仮想に利用してもいいですね。マスクに怖い口の絵や、血がしたたり落ちている口元などを描けば、それだけでかなり「ハロウィン」っぽくなると思います。

3:鬼滅の刃コスチューム

今年、小学生にも大人気を博した『鬼滅の刃』のコスチュームは喜ばれそうです。緑と黒の市松模様の布を買ってきて羽織を作れば、もう『炭治郎』の出来上がりです!

「ハロウィン」の仮装、簡単でおすすめのアレンジ「高校生向け」

(c)Shutterstock.com

高校生くらいになると、通販でリーズナブルなコスチュームを購入してもいいですね。

1:初心者には魔女

魔女のトンガリ帽子をかぶって、ほうきを持てば、誰でも魔女に変身できます。いちばん簡単といってもいいのが、『魔女の宅急便』のキキ。黒いワンピースを着て、赤い大きなリボンをつければ、一目でキキとわかりますね。

2:おすすめは囚人

ボーダーシャツと、黒のタイトフィットなパンツさえあれば完成するのが囚人。100均などで、変装用メガネを買ってきて、つければ完成です。全身をボーダーにしてもいいですし、ミニスカートやタイトスカートと合わせて、カワイイ囚人を演出しても楽しいですね。

3:人気が高いのはディズニーキャラクター

高校生には、『アリス』や『シンデレラ』など、ディズニーのキャラクターが人気。これらは、ネットで揃えることができます。お小遣いの範囲で上手に仕入れて、自分流のアレンジを楽しんでみましょう。

「ハロウィン」の仮装、おすすめのコスチューム「大人向け」

(c)Shutterstock.com

さて、大人の仮装はどんなものが人気なのでしょうか。20代女性に尋ねると、次のようなものが人気が高いことがわかりました。

1:メイド

ディズニーキャラクターや魔女などは、20代女性にも好評ですが、さらにメイドも人気があります。大人になると、より女性らしさを前面に押し出したコスチュームを、大胆に着こなす人も増えてくるのですね。メイドの場合には、普段身につけないレースや、超ミニスカートなどを思い切って身につけましょう。

2:ポリス

こちらもメイド同様、エロかっこいい、エロかわいいという路線がいいのではないでしょうか。ボディラインにぴったりフィットしたタイプの制服を着て、かっこよく決めてください。制服さえ着れば、誰でもすぐできるのがいいところです!

3:ナース

ポリスと同じで、やはり制服を着るタイプの仮装はビギナーにおすすめ。女性の仮装は、年齢が上がるごとにセクシーになっていく傾向がありますので、ナースも年齢に合わせて、網タイツを履いたり、肩を出してみたり、この時にしかできないおしゃれを楽しみましょう!

「ハロウィン」は出会いの場?

あるアンケートによれば、「ハロウィン」は出会いがありそうなイベントの第2位にランキングしています。実際、「仮装をしていて知らない人に声をかけられたことがあるか?」と尋ねても、6割近くが「ある」と答えています。

仮装をしていると非日常が楽しめるので、声をかける側もかけられる側も、気安くできる雰囲気があるのかもしれません。特に、制服系をセクシーに仕上げていると、声がかかる可能性大。「ハロウィン」でモテたい! と思う人は、ぜひポリスやナースなど、制服をコスチュームにする仮装を極めてみてくださいね!

そもそも「ハロウィン」には、なぜ仮装をするの?

(c)Shutterstock.com

とにかく仮装を楽しむのもいいのですが、一応、なぜ仮装をするのかを知っておくといいかもしれません。

「ハロウィン」は、もともとアイルランドに移り住んでいた、ケルト民族の秋のお祭り「サウィン」がルーツだといわれています。「サウィン」は秋の収穫を祝うとともに、秋と冬の境目の儀式でもあります。

ケルト民族は、11月1日から暗い冬が始まると考えており、その前日である10月31日には、あの世とこの世が通じやすくなっていると伝えられていました。そのため、死神や悪霊・妖怪などが、あの世からこの世にやってきたときに、それらに襲われないようにするために仮装をしていたのです。

ケルト民族は、その後カトリック教に吸収されてしまいましたが、カトリック教徒は、自分たちの暮らしにケルト文化を取り入れました。「ハロウィン」もその一つです。「サウィン」がカトリック教徒に広がることで、徐々に現在の「ハロウィン」に近づいていったと考えられています。

現在のアイルランドの「ハロウィン」は?

アイルランドは「ハロウィン」発祥の地ではありますが、現在は、欧米同様の「ハロウィン」が盛大に行われています。特に有名なのが、北アイルランドのデリーという街の「ハロウィン」。夜、暗い中、ライトなどを駆使した派手な仮装や、大きな作り物のパレードなどもあるそうで、例年、多くの人で賑わうそうです。

また、アイルランドでは「ハロウィン」といえば、家族で食事を楽しみます。食事にはたくさんのスイーツも登場するのですが、やはり定番はカボチャのスイーツ。手づくりのパンプキンパイを焼く家庭も多いそうですよ。この辺りは日本と同じですね!

他にも、アイルランドの「ハロウィン」で印象的なスイーツといえば、「バーンブラック」という伝統的なパウンドケーキ。ケーキの中に、豆や棒・布・小銭・指輪などを生地に混ぜて焼き、何が当たるかで運勢を占うというもの。

ちなみに、豆は「来年、結婚することはないでしょう」、布は「貧乏になるかも」、指輪は「近々結婚かも」という意味があるそうです。楽しそうですね!

最後に

(c)Shutterstock.com

今年の「ハロウィン」の仮装のテーマはイメージできましたか? 初心者は簡単でわかりやすいものがいいですね! アイルランドの伝統菓子「バーンブラック」も、ぜひ試してみてくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature