あなたは当てはまる?「神経質」な人の3つの特徴! 言葉の定義や直し方もご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. あなたは当てはまる?「神経質」な人の3つの特徴! 言葉の定義や直し方もご紹介

WORK

2021.02.15

あなたは当てはまる?「神経質」な人の3つの特徴! 言葉の定義や直し方もご紹介

「神経質」という言葉を聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか? いい意味で使われることもあれば、ネガティブな意味で使われることもありますよね。本記事では、「神経質」という言葉の定義からその性格の特徴、直し方まで詳しく解説していきます。

【目次】
「神経質」とはどんな性格?
「神経質」な人の特徴とは?
「神経質」を直す方法とは?
「神経質」な人との接し方とは?
「神経質」の類語や言い換え
「神経質」の英語表現とは?
最後に

「神経質」とはどんな性格?

「神経質」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか? 繊細、完璧主義で口うるさい、イライラしている、人それぞれのイメージがあるはずです。なんとなく悪い印象を持っている人もいるかもしれません。そこで今回は「神経質」を取り上げ、言葉の定義から直し方まで詳しくご紹介していきます。

(c)Shutterstock.com

◆「神経質」の定義

「神経質」とは、「細かいことにまで気にするような気質」のことです。また「刺激や変化に対して神経が過敏である」状態を指す言葉でもあります。神経質は性格の一側面です。そのため、神経質であることを良し悪しでは測れません。もちろん病気ではありません。あくまで性格的に細かいことが気になる、先々のリスクまで考えるなどの傾向を意味する言葉です。

「神経質」な人の特徴とは?

神経質な人の言動にはどういった特徴があるのでしょうか? 自分がどれだけ当てはまるかどうかを診断してみてもいいかもしれませんね。

1:自意識過剰で周囲からの評判を気にかける

神経質な人は完璧主義な傾向があるため、何事に対しても徹底して出来ているというプライドがあります。そのため、「周囲から完璧だと見られているはず」と評判を気にしてしまいがちです。

2:相手の反応をすばやくキャッチするため、細かい気配りができる

高いプライドと自意識過剰な性格は、周囲に細やかな目を向けさせます。自分が周囲からどんな風に見られているのか、評判はどうなのかを気になるためですが、目の前の相手の反応を上手にくみ取ることもできます。周囲をよく観察していることと、もともとの細やかな性質であることが組み合わさって、気配り上手になります。

3:行動はすべて計画的に

神経質な人は、無計画な、いきあたりばったりな行動が苦手。何が起きるかわからないという状況に、不安を抱きます。そのため、基本的に予定が決まったら、何時に起きて何時のバスに乗る… など細かく計画します。そうじゃないと、もし道に迷ったら? など不安で仕方なくなってしまいます。

「神経質」を直す方法とは?

(c)Shutterstock.com

日本人には「神経質」に悩んでいる人が多いと言われています。神経質を直す方法はあるのでしょうか? 主な3つの方法をご紹介していきます。

1:人の粗探しではなく、長所を見つける癖をつける

神経質な人は人の長所を探す癖をつけましょう。細やかなところまで目が向くため、人の粗探しをしてしまいます。それは同時に他の人より、その人がよく見えているということ。この長所を生かして、相手の良い点をたくさん見つけるようにしましょう。

2:「ま、いいか」と思うことも大切であるということを知る

完璧を求め過ぎず、時には「ま、いいか」と妥協することを知るべきです。そうすることで生きやすくなるはず。もちろん、妥協するべきではないという時もあります。「ここは妥協してもいいな」という加減を知るということが大切であると言えるでしょう。

3:こまめにストレス発散をする

神経質すぎる人は、体を休めることを忘れてしまいがちです。例えば、「休みの日は仕事のことを考えない」というように、生活の中できちんとメリハリをつけることを意識しましょう。趣味に没頭する時間などを作り、上手にストレスを発散することが大切です。

「神経質」な人との接し方とは?

(c)Shutterstock.com

反対に、「神経質」な人と接する場合はどのような点に気をつければよいのでしょうか? ポイントを押さえて、お互い苦しくならないように、上手に接しましょう。

1:否定をするような言い方をしない

「それはダメだよ」など否定をするような言い方をするのは、よくありません。打たれ弱い人も多いので、「否定された」ということが、精神的に追い込んでしまうという可能性も。まずは相手の意見や気持ちを受け入れてあげることが大切です。

2:相手を褒めて自尊心を満たし、上手に伸ばしてあげる

神経質な人ほど自尊心が高く、周囲の目を気にしがちです。そこを逆手にとって、わざと相手によく見える場所から上手に褒めてあげましょう。例えば、「よく気づくよね」といったちょっとした声掛けでも、神経質な人にとっては大きな意味を持ってきます。

3:放っておきすぎない・こまめに気にかける

神経質な人はつい自分の考えで物事に没頭してしまいます。そのため、適度に声をかけて様子をみて、間違いがあれば軌道修正してあげる必要があります。最後の最後に指摘するよりも、神経質な人のプライドを傷つけずに済むはずです。

「神経質」の類語や言い換え

ここで、「神経質」の類語や言い換え表現を見て、理解を深めましょう。

1:「繊細」

「繊細」の意味は、「感情・感覚が細やかでデリケートなこと」です。「神経質」な人が自意識過剰な人が多い反面、傷つくのを恐れる繊細さも抱えています。

2:「センシティブ」

「センシティブ」は「感じやすい様子、微妙で慎重を要する様」という意味の言葉です。物事の変化に過敏であったり、慎重に気を配ったりする神経質な人の特徴が、「センシティブ」という言葉で表現できますね。

「神経質」の英語表現とは?

「神経質」は英語で「nervous」です。形容詞ですので、「a nervous person」(神経質な人)という風に用います。他にも「very sensitive」「highly-strung」などが挙げられます。

最後に

(c)Shutterstock.com

いかがだったでしょうか? 「神経質」という言葉を取り上げて、その意味や特徴、そうした性格の直し方などをみてきました。「神経質」な人とそうでない人とは、価値観やモットーが大きく異なるため、生活にズレが生じてしまいやすいです。そのため、性格特徴をしっかり押さえて寄り添うことが大切になってきます。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature