2020~21年秋冬【トレンドファッション35選】色・素材・形ひとつで洒落感UP♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. 2020~21年秋冬【トレンドファッション35選】色・素材・形ひとつで洒落感UP♡

FASHION

2020.11.21

2020~21年秋冬【トレンドファッション35選】色・素材・形ひとつで洒落感UP♡

「きれいめだけじゃ物足りない」… 時代とともにアップデートする女性の意識。洋服の選び方も変わりつつある今、“力みを感じさせないきれいめコーデ”が注目を集めています。ほどよくトレンドを取り入れながら、ナチュラルな“自分色”にコーデして。

【目次】
今っぽさが効く【スカート・パンツ】
フォルムとレイヤードが効く【ブラウスやニット】
きれいorかわいく効く【パンプス・ブーツ】
最後に

今っぽさが効く【スカート・パンツ】

2020年秋冬は『きれいめカジュアル』なスタイルがトレンド。“今年らしいエッセンス”を取り入れながら、洒落感ある大人コーデを叶えましょう。まずはボトムからご紹介していきます。

【POINT】
・リラックス感のあるきれいめコーデで、センスUP!
・無理なく洒落て、旬なムードに
・「意志あるセレクト」で映えの一枚を

【1】光沢素材の『ツヤスカート』

光沢素材の『ツヤスカート』

▲ツヤスカート01
秋冬は「素材感」で差をつけたい! 光沢感のあるツヤスカートなら、カジュアルな日のスカートコーデも“きれいめ”にきまる。

光沢素材の『ツヤスカート』

▲ツヤスカート02
広がりすぎないプリーツで大人っぽく。さらにツヤ素材を選べば、ぐっと今年らしいコーデに。

光沢素材の『ツヤスカート』

▲ツヤスカート03
秋冬らしい色味のサテンスカートで、ブライトアップ。ばさっとはおった大きめのシャツジャケットで、メリハリをプラス。

女っぽいカジュアルコーデは【ツヤスカート】で上手くいく!

【2】モードに決まる『エコレザースカート』

モードに決まる『エコレザースカート』

≪エコレザースカート≫
しなやかでタフ。ツヤ感の今っぽさと、媚びない女っぽさが手に入る。

モードに決まる『エコレザースカート』

▲エコレザースカート01
重厚感のあるエコレザーと、ボリューム袖ブラウスの『重×軽』コーデ。足元はフラットシューズで抜け感を。

モードに決まる『エコレザースカート』

▲エコレザースカート02
クリーンな白ブラウスとのモノトーン配色。ボーダーやローファーでカジュアルダウンして、旬のムードに。

モードに決まる『エコレザースカート』

▲エコレザースカート03
スウェット+スニーカーの鉄板コーデも、エコレザースカートなら大人っぽく。

モードに決まる万能ボトム!【エコレザースカート】着回しコーデ

【3】光沢素材の『ツヤパンツ』

光沢素材の『ツヤパンツ』

▲ツヤパンツ
ツヤ感のあるサテンパンツは、投入するだけでおしゃれ度UP! ビッグシャツと合わせて素材のメリハリも意識。

【マットトップス×光沢パンツ】で旬の着こなしに

【4】『果実色のパンツ』でコーデに深みを

『果実色のパンツ』でコーデに深みを

≪果実色パンツ≫
秋冬になじむ深みのある色合い。ドロストタイプでリラクシーな雰囲気に。ツヤ素材を選んで、トレンド感をプラスしても◎

『果実色のパンツ』でコーデに深みを

▲果実色パンツ01
シャツワンピとのレイヤードで個性を発揮。コントラストをつけた配色で、こなれを感UPして。

『果実色のパンツ』でコーデに深みを

▲果実色パンツ02
赤みブラウンのニットでトーンを合わせて、鮮度を上げたコーデ。ミニショルダーバッグが、キャッチーなアクセントに。

『果実色のパンツ』でコーデに深みを

▲果実色パンツ03
ジャケットのきちんと感×存在感のあるカラーパンツを、フォトTでセンスよく繋いで。

鮮やかカラーで秋コーデに深みを!【果実色のパンツ】

【5】女らしさが新鮮『コーデュロイパンツ』

女らしさが新鮮『コーデュロイパンツ』

▲コーデュロイパンツ01
タイトなインナーとゆるっとしたカーデで、こなれ感をプラス。肌見せトップスで女らしく。

女らしさが新鮮『コーデュロイパンツ』

▲コーデュロイパンツ02
肌見せニットは、タンクトップをインしてナチュラルに。色っぽさ+腹巻シャツで、“やんちゃさ”を加算。

女らしさが新鮮『コーデュロイパンツ』

▲コーデュロイパンツ03
ツヤ感のあるサテンキャミに、ドライな質感のGジャンが好バランス。ベリーカラーの足元でレディに仕上げて。

女らしさが新鮮『コーデュロイパンツ』

▲コーデュロイパンツ04
大胆な背中見せトップスで、カジュアルなパンツも女らしく。ニュアンスカラーだから、やわらかい雰囲気に。

新鮮&旬な【コーデュロイパンツコーデ】

【6】『黒デニム』は脱マンネリで今っぽく

『黒デニム』は脱マンネリで今っぽく

▲黒デニム
チュニック丈のレイヤードで確実に今っぽく。リラックス感を意識した“ゆるカーデ”で、マンネリ打破を。

※『黒デニム』コーデは、あとの章でも登場します。

マンネリしない【黒デニム】コーデの秘訣!

フォルムとレイヤードが効く【ブラウスやニット】

秋に活躍の『ブラウス』や『シャツ』。そして、冬の定番『ニット』も今どきに更新。今季選びたいのは、どこかリラクシーで、しっかり女らしさもただようデザイン。トレンドのボトムと合わせると、さらに新鮮ですね。これまでのおさらいもチェックしつつ、押さえるべきトップスを見ていきましょう。

【POINT】
・“女らしさ”をかっこよく着こなす
・スタイルアップ叶うバランス
・リラックス感のある“ラフさ”も大切

【1】フェミニンな雰囲気の『ボリューム袖ブラウス』

フェミニンな雰囲気の『ボリューム袖ブラウス』

▲ボリューム袖ブラウス
ボリューミーなブラウスとタイトスカートの、メリハリコーデ。カラースカートを臆せずトライできるのは、端正な黒のトップスだからこそ。長め丈タイトでスタイルアップも狙える。今季「買い」のショートブーツにも注目を!

立体感のある縦長Iラインでスタイルアップ!

【2】即メリハリが叶う『ボリューム袖ニット』

即メリハリが叶う『ボリューム袖ニット』

▲ボリューム袖ニット01
甘見えしがちな白ニットを、こっくり色パンツのコントラストで回避。ハイウエストで着こなしに強弱を。

即メリハリが叶う『ボリューム袖ニット』

▲ボリューム袖ニット02
ブラウス感覚で着られるハリのあるニット。きちんと見えするので「ツヤスカート」と合わせて、キレのいい華やぎをプラス。黒のショートブーツでちょっぴりクールに。

即メリハリが叶う『ボリューム袖ニット』

▲ボリューム袖ニット03
やわらかな膨らみのパワーショルダーデザインは、黒だから色っぽくてモードな印象に。タフなワイドデニムと合わせて、女らしくなりすぎないバランスがちょうどいい。

ほんのりモードで存在感抜群【ボリューム袖ニット】コーデ

【3】『透けニット』で女らしさを簡単に上乗せ

『透けニット』で女らしさを簡単に上乗せ

≪透けニット≫
ほどよい起毛感とニュアンスの出る透け感が、奥行きと表情を引き出す。

『透けニット』で女らしさを簡単に上乗せ

▲透けニット01
インした白ロンTをのぞかせた抜け感で、カジュアルを更新。

『透けニット』で女らしさを簡単に上乗せ

▲透けニット02
甘めのフレアスカートを、キャッチーな印象にシフトチェンジ。アニマル柄バッグで、季節感をひとさじ添えて。

秋の始まりに頼りたい♡【透けニット】着回しコーデ

【4】デニムと合わせたい『ショート丈ニット』

デニムと合わせたい『ショート丈ニット』

▲ショート丈ニット01
マンネリになりがちな黒デニムは、ショート丈ニットと合わせれば今どきに。レイヤードのロングシャツは、ニットと同色なら気負いなくトライできる。

デニムと合わせたい『ショート丈ニット』

▲ショート丈ニット02
トレンドアイテムを等身大に見せてくれる黒デニム。カラーニット×ハンサムボトムは、白やベージュで和らげて。

マンネリしない【黒デニム】コーデの秘訣!

【5】ラフなのに女らしい『ざっくりニットカーデ』

ラフなのに女らしい『ざっくりニットカーデ』

▲ざっくりニットカーデ01
立体的なざっくりカーデは、装いに奥行きを生んでくれる。表情豊かな質感で自然なあたたかみが。マットなコーデには、レザー小物で光沢を。

ラフなのに女らしい『ざっくりニットカーデ』

▲ざっくりニットカーデ02
ゆるっとしたニットカーデからただよう、大人の余裕。辛口なアースカラーを優しく包んで。

ラフなのに女らしい『ざっくりニットカーデ』

▲ざっくりニットカーデ03
メンズライクなリラックス感はそのままに、気負いのない女性らしさをアップ。

ほど良いラフさと女らしさが叶う♡【ざっくりニットカーディガン】

きれいorかわいく効く【パンプス・ブーツ】

秋冬コーデに合わせたいパンプスやブーツはこちら! 旬の長め丈スカートや、ゆったりパンツに好バランスな靴をご紹介します。コーデの印象を決める足元。今季のイチオシをチェックして。

【POINT】
・赤みブラウンやVカットで女らしく
・大きめバックルでアクセントを
・大人かわいいショート丈ブーツ

【1】シンプル服のアクセントに『赤みブラウン』パンプス

シンプル服のアクセントに『赤みブラウン』パンプス

≪赤みブラウンパンプス≫
「きれいめカジュアル」なコーデは、足元の装いが大切。赤みのアクセントで、ほんのり女っぽさをプラスして。

シンプル服のアクセントに『赤みブラウン』パンプス

▲赤みブラウンパンプス01
グレー~ピンクのグラデーションをつなぐ、赤みパンプス。スウェードの質感は、見た目にもあたたか。

シンプル服のアクセントに『赤みブラウン』パンプス

▲赤みブラウンパンプス02
履き口のベージュのパイピングが、足元にほどよい抜け感を演出。赤みパンプスが映える、ドライなパンツスタイル。

コーデのポイントには【赤みブラウン】パンプスが一押し

【2】シンプル&レトロな『甲深Vカット』パンプス

シンプル&レトロな『甲深Vカット』パンプス

≪甲深Vカットパンプス≫
女っぽさとともにシャープな印象に。深めカッティングのホールド感も嬉しい。トゥはポインテッドを選んで。

シンプル&レトロな『甲深Vカット』パンプス

▲甲深Vカットパンプス
今季の秋冬に多いゆるっとしたアイテムや、ハンサムなコーデも品よく着地。

【女っぽパンプス】3大キーワードを発表!

【3】絶妙なクラシカル感『大きめバックル』パンプス

絶妙なクラシカル感『大きめバックル』パンプス

≪大きめバックルパンプス≫
大人っぽいシンプルなコーデは、足元までベーシックだと、ぼんやりした印象におさまりがち。大きめバックルのパンプスを投入して、脱・無難!

絶妙なクラシカル感『大きめバックル』パンプス

▲大きめバックル01
アッパーと異なる色のバックルなら目立ち度UP! いつものデニムスタイルが見違える。

絶妙なクラシカル感『大きめバックル』パンプス

▲大きめバックル02
クラシック感ただよう着こなしと、足元のテンションがマッチ。太ヒールで、季節に合った重みのある足元がつくれる。

絶妙なクラシカル感『大きめバックル』パンプス

▲大きめバックル03
上品な雰囲気の丸バックルが、ニットフーディーをきれいめに導く。

ハンサム派にもレディ派にもおすすめ! 秋の【大きめバックル】パンプス

【4】エレガントさを加味する『ショート丈』ブーツ

エレガントさを加味する『ショート丈』ブーツ

≪ショートブーツ≫
足首まわりがくびれる「ストレッチタイプ」が美人シルエットに。中でも旬の「白ブーツ」は、女性らしい華やかさが手に入る。太ヒールの足元重めバランスが正解◎

エレガントさを加味する『ショート丈』ブーツ

▲ショートブーツ01
女性らしいタイトな着こなしに、ボリューミーなブーツがタフな魅力をプラス。

エレガントさを加味する『ショート丈』ブーツ

▲ショートブーツ02
ニュアンスグリーンのきれいめシャツワンピを、カジュアルダウン。ホワイトを合わせて優しげな印象に。

エレガントさを加味する『ショート丈』ブーツ

▲ショートブーツ03
ドット柄のナローフレアスカートの“パリシックな甘さ”を、ショートブーツでキレよく更新。

【スカート×ショートブーツ】のベストバランスコーデ

最後に

2020~2021年秋冬の、トレンドアイテムとコーデをご紹介しました。きれいめだけどリラクシー。ハンサムなのに女っぽい。そんな掛け合わせのほか、異素材ミックス、軽×重、タフ×華奢… といったメリハリが、今っぽいコーデのポイント。統一しない“自由度”が、自分らしい表現を楽しませてくれそう♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature