【2023年秋冬トレンド】旬なアイテムや素材は? おすすめコーデ33選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 【2023年秋冬トレンド】旬なアイテムや素材は? おすすめコーデ33選

FASHION

2023.10.06

【2023年秋冬トレンド】旬なアイテムや素材は? おすすめコーデ33選

2023年の最新秋冬トレンドファッション特集! 「普段の装いにどうやってトレンドを取り入れればいい?」という悩みを解消します。今年注目のアイテム、色、素材など、旬の着こなしをピックアップ。ほどよく旬感を取り入れながら、秋冬のお洒落をアップデートしてみてください。

2023年秋冬のトレンドファッションは?

だんだんと秋めいて、装いに変化が出はじめる季節。今年っぽいトレンドアイテムはもうGETしましたか? 旬度の高い着こなしを実現するためには、シーズンごとの流行りを把握することが大切。今回は、2023年秋冬注目のトレンドアイテムを一挙紹介します。

<POINT>

・秋冬は素材感にこだわって
・トップス・アウターは短め丈が旬
・トラッドな着こなしで洗練された印象に

<お手本コーデ>

ジレ×ブラウス×パンツ

きれいめの正統派を狙うならネイビーのジレがおすすめ。秋冬定番のトラッドな着こなしを、ミディアム丈のジレがモダンに全身のバランスをアップデート。

秋コーデにはおるだけで着映える「ジレ」3選♡ ミディアム丈が旬バランス!

2023年秋冬トレンドの【アウター】

秋冬コーデの楽しいところは、アウター選び。その日のスタイルや気分によって、どんな羽織物を合わせようかウキウキしますよね。いつでも使える万能アイテムは捨てがたいですが、今っぽさのあるトレンドアウターも1枚は持っておきたいところ。ここでは今季注目のアウターを紹介します。

◆ツイードジャケット

◆ツイードジャケット

ロゴT×ブルーデニムという、定番スタイルを格段にレベルアップしてくれる、ツイードジャケット。イエロー、ピンク、ブルー…マルチカラーのツイードは、着ているだけで気分がUP。オーバーシルエットも可愛く、肌寒い日は下に着込めるのも優秀。

◆ショートトレンチ

◆ショートトレンチ

着るだけで更新感をアピールできるショートトレンチ。身ごろや袖にゆとりをもたせつつ、クロップド丈でコンパクトに仕立てた一枚は、お洒落のマンネリ打破に有効。ウールのバケットハットや艶やかなシルバーパンプスで、楽しげな味つけを。

◆スポーティブルゾン

◆スポーティブルゾン

ブルゾンの素材は、ハリとしなやかさを併せもつ、シルクナイロン。ベビーピンクにジップ部分の黒がアクセントとなり、スポーティでいてクリーン。裾をブラウジングすると立体感が生まれ、ボリューミィなスカートとも好バランスに。

秋のおしゃれは短め丈の「軽はおり」で♡ 注目の「ツイードジャケット・ショートトレンチ・スポーティブルゾン」をチェック

◆襟付きキルティングジャケット

◆襟付きキルティングジャケット

マスタードイエローと短め丈がチャーミングな襟付きキルティングで、ネイビーのワントーンをメリハリよく。

はおるだけでシティライクな着こなしに♡ 秋トレンドの「襟付きキルティングジャケット」5選

◆ステンカラージャケット

◆ステンカラージャケット

胸に大きめのフラップ付きポケットがあしらわれた、CPOタイプのステンカラージャケット。なめらかなコットンメルトンと清涼感のあるミントグリーンが、悩みがちな、季節の変わり目のおしゃれを盛り上げてくれる。

秋ジャケットは「チェック柄&ステンカラー」がトレンド! 旬コーデをチェック♡

◆ミディアム丈ジレ

◆ミディアム丈ジレ

ジレの辛口なムードは甘めのアイテムを中和してくれる。プラスするだけで着こなしがシックに。

秋のジレは「ミディアム丈」がおしゃれ! オンオフ活躍する着回し力をチェック

◆ベルト付きミディアム丈ジレ

◆ベルト付きミディアム丈ジレ

Aラインで着流しタイプのジレは、サラッと羽織るだけでも、ベルトでマークしても、一枚でさまざまな表情が楽しめる。

「ミディアム丈ジレ」で秋コーデをアップデート♡ ハイ&ロウプライスのおすすめ6選

◆MA-1ブルゾン

◆MA-1ブルゾン

ビッグシルエットのカーキMA-1に、ツイードスカートを合わせて大人可愛く。こなれ感を加速させるオーバーシルエットが決め手。

はおるだけでおしゃれな「MA-1ブルゾン」4選|残暑から秋の気温差をこれ1枚で乗り越える!

◆ウールシャツ

◆ウールシャツ

グリーンがかったニュアンスのある淡いトーンが印象的。なめらかな風合いの上質ウールは、素肌に触れてもゴワつきがなく、むしろ気持ちいいほど。黒タンク&黒パンツの上にゆるっと羽織って、オーバーサイズの抜け感を生かして着たい。

秋コーデに大活躍する「ウールシャツ」4選|軽アウター感覚ではおりたい!

◆ファーベストジレ

◆ファーベストジレ

幸福感が高まるふわもこ感触のファー。トップスで取り入れることが多くなりそうだから、ボトムはパンツですっきりと。リッチでやわらかな風合い、暖かさを手に入れて。

秋の秋冬トレンドの「ラメ」&「ファー」をきれいめシンプル派が取り入れるには? スタイリストはこう選ぶ!

◆薄手カーディガン

◆薄手カーディガン

夏から秋への移行期に大活躍のカーディガン。薄手だとさみしく見えることもあるけれど、ゴールドボタンが効いたデザインなら映える。肌離れのいいシャリッとしたリブニットはしっかりした素材感で、シルエットを美しくキープ。タンクトップにさらっと羽織るだけで大人っぽく決まる。

初秋にさらっと羽織れる「カーディガン」4選|選ぶポイントはボタン使い&素材感!

2023年秋冬トレンドの【トップス】

秋めく時季はこっくりとした秋カラーを、冬になると見ているだけであたたかそうなほっこりアイテムを、着こなしに取り入れたくなりますよね。ここでは、秋冬ファッションにほどよく抜け感とこなれ感を足してくれる今どきトップスを紹介します。

◆ドルマンシャツ

◆ドルマンシャツ

オーバーサイズのドルマンシャツは大人カジュアルの主役に指名。体が入ると立体的なコクーン型に。絶妙なゆったりシルエットが大人の余裕を感じさせる。

◆ベスト付きシャツ

◆ベスト付きシャツ

ワザありのデザインも、シャツならきちんと大人顔。エプロンベストがセットになったネイビーシャツは、ピリッとモダンな新印象を約束。ベストは後ろをベルト金具で留めるエプロン型で、どこから見てもさらりとモードな表情。シャツはシンプルな前開きタイプ。

この秋注目! ベスト付き、新型ドルマン…「シャツ・ブラウス」の旬デザイン3選

◆短丈シャツ

◆短丈シャツ

サックスブルーのシャツにコーデュロイのパンツ、足元はローファー。トラッドな組み合わせも、シャツのシルエットを更新するだけで鮮度がUP。後ろ姿も新しい印象に! パンツはハイウエストで、しっかり太さのあるストレートレッグが好バランス。

秋シャツの楽しみ方は「セットアップ」or「短丈シャツ」で! 最旬コーデ4選

◆シアーシャツ

◆シアーシャツ

マニッシュなツイードジャケットのインが、繊細なシアーシャツというギャップ。透け感素材で女っぽさは十分だから、シャツの襟は上まで留めて。

◆シアーブラウス

◆シアーブラウス

袖口がギャザーで絞られたシアーブラウスは、秋らしいクラシカルなムード。ボトムはあえてメンズライクなカーゴパンツをぶつけて甘辛ミックスに。黒のベアトップが透けている女っぽさも、カーゴパンツが程よく中和してくれる。

秋も人気!「シアー素材のシャツ&ブラウス」4選|異素材レイヤードで奥深いコーデに

◆すっきり涼しげニット

◆すっきり涼しげニット

フロントは極シンプルなクルーネック、振り返ったら背中が大きく開いていて…たった一枚のニットから、洗練されたセンスのよさがにじみ出る。袖が細く長く、手首でくしゅくしゅとたまる様子もお洒落。すっきりニットは量感ボトムと好相性。

秋の始まりは「薄手&コンパクトサイズのニット」がおすすめ♡ 最旬3コーデ

◆ビスチェ

◆ビスチェ

トレンドのビスチェは、端正な白シャツに合わせて大人ならではのスパイスとして活用。ボトムも白でそろえて、ビスチェの存在を潔く際立てて。

定番ベーシックシャツは「旬アイテムとレイヤード」で鮮度アップ♡ おすすめコーデ3選

2023年秋冬トレンドの【ボトムス】

秋冬は、防寒のために着こなしがほっこりとしがちなので、綺麗なシルエットをキープするためには、ボトムス選びが重要になってきます。今季はセンタープレスパンツやペプラムシルエットが注目度高め! エッジの効いたデザインで、周りと差をつけたファッションを楽しみましょう。

◆ペプラムニットスカート

◆ペプラムニットスカート

ひらっと揺れるペプラムスカートの女らしさがあるから、辛口のエコレザージャケットとタートルニット、ラフな小物使いで引き算を。上半身はジェンダーレスなアイテムでまとめて、スカートの立体感がより引き立ったモダンなスタイルに!

秋はミディ丈が気になる♡「ペプラムニットスカート」の最旬3コーデ

◆センタープレス入りパンツ

◆センタープレス入りパンツ

構築的なコクーンシルエットも、ウールのソフトな風合いで洗練された印象に。プレーンなカットソー合わせには、シルバーアクセやパテント靴のように〝照り〟を随所にちりばめることで立体感を演出して。

秋の流行ウールパンツは「センタープレス入り」を選んできれいめに! 旬の4コーデ

◆カラーパンツ

◆カラーパンツ

1点投入で華やぐホットピンクのセンタープレスパンツ。大人はこのピンクの甘さに引っ張られず、ハンサム感を意識したい。パンツの程よい光沢感が装いになじむように、シルバーのツヤ感を投入して。ニュアンスグレーのアンサンブルはそれらを繫ぐブリッジ役として貢献!

秋の「カラーパンツ」はベーシックカラーと合わせて大人っぽく! 最旬コーデ3選

◆ウエストデザインパンツ

◆ウエストデザインパンツ

ウエストにバックルの付いたミリタリーなグルカパンツも、落ち感のあるスラックスならきれいめに。透け感たっぷりのチュールブラウスで大人の色気を引き寄せて。

「ウエストデザインパンツ」は透け感トップスと好相性! 最旬コーデ4選

2023年秋冬トレンドの【シューズ】

「お洒落は足元から」という言葉があるように、ファッション好きな人は靴選びまで抜け目がありません。今年は、モードな着こなしに上品な足元でクラスアップしたり… テイストをMIXするような靴選びが旬度高め。ちょうどいいこなれ感を演出していきましょう。

◆ボリュームローファー

◆ボリュームローファー

光沢のあるブラッシュドレザーにメタルアクセサリーが華やかなローファー。タフな厚底ソールが、秋冬のボリュームある着こなしと好バランス。

◆ビットローファー

◆ビットローファー

フレアスカートや太めのパンツなど、ボリュームのあるボトムには細身のビットローファーが好相性。ヒールがあってスタイルアップできるところも◎。

「トッズ」秋の最新小物でシンプルコーデを格上げ! マストバイなポーチ、バッグ、シューズをチェック♡

2023年秋冬トレンドの【色・素材・柄】

季節ごとに移りゆく人気アイテム。今季はどのような色・素材・柄が流行りなのでしょうか。洗練された印象になるグレーカラーが今年注目で、キラキラ素材やシアー素材の注目度も高いようです。

◆グレー

◆グレー

定番と思われがちなグレーですが、洗練された印象になると今年注目のカラー。流行のグレーでまとめた旬な着こなしにジレを加えれば、お洒落の完成度がさらに高まって。ボリュームのあるプリーツスカートと合わせても重くならないミディアム丈ジレは、着ぶくれしにくくレイヤードしやすいサイドスリット入り。

秋のジレは「ミディアム丈」がおしゃれ! オンオフ活躍する着回し力をチェック

◆レッド

◆レッド

私たち日本人の肌や髪にことのほか美しく映える色、赤。最高にキュートで、カジュアルな赤のボーダー。大人っぽく着るには、チョコレートブラウンのコーデュロイシャツで立体感と深みを足し、ブラウンと赤をつなぐブリックのレザー調スカートでツヤとキレを投入。赤のボーダーならではのハッピー感とヘルシーさが、一気にモードに仕上がる。

秋トレンドの「赤」を大人っぽく着こなすコーデ5選|華やかでパワフルな色を身にまとって

◆キラキラ素材

◆キラキラ素材

’90年代ブームの流れで、ラメやスパンコールなど、光るマテリアルが多く登場しているこの秋。着るだけでスパイシィなスタイリングになるので、この秋1枚は必携! ディテールで魅せたいからモノトーンなど色味を抑えて着るのがベター。流行りのパラシュートパンツと合わせて。

秋の秋冬トレンドの「ラメ」&「ファー」をきれいめシンプル派が取り入れるには? スタイリストはこう選ぶ!

◆シアー素材

◆シアー素材

シャリ感のあるシアー素材のカーディガン。シックなグレーなら、着心地はさらっとしながらも、秋らしさをアピールできる。

初秋にさらっと羽織れる「カーディガン」4選|選ぶポイントはボタン使い&素材感!

◆サステナブル素材

◆サステナブル素材

できるだけエレガントさを抑えて着たい今年のファー。だからこそ、どことなくあどけなさが香る、チャーミングな印象の一枚を。ミニマムにモノトーンでまとめて。サステナ素材を使用しているのも今っぽい!

秋トレンドの「キラキラ&もこもこ」アイテムはこう着る! スタイリスト 兵藤千尋さんが指南♡

◆ウール素材

◆ウール素材

温かみがあって、季節感たっぷりのメランジウールのパンツ。ほんのり暑さの残る秋の入口では、素肌がのぞく半袖カットソーで軽やかに仕上げるのがコツ。気楽さがありながらも、シュッとキレイに上品見え。

秋の流行ウールパンツは「センタープレス入り」を選んできれいめに! 旬の4コーデ

◆チェック柄

◆チェック柄

薄手でソフトな質感に、ライトグレーのチェック柄。軽快なジャケットは、晩夏から秋まで大活躍、間違いなし。アノラックデザインのブラウスやオールインワンでひとひねりして。懐の深いチェック柄でお洒落が進化!

秋ジャケットは「チェック柄&ステンカラー」がトレンド! 旬コーデをチェック♡

◆千鳥格子柄

◆千鳥格子柄

素っ気なく見えやすい黒×白ルックに、品格と動きを添える千鳥格子柄のパンツ。バックル付きシューズや半月形バッグで辛口にまとめて。

秋ムードの「柄パンツ」はこの3スタイルがおすすめ! 小物使いもポイント♪

最後に

2023年最新の秋冬トレンドファッションを紹介しました。アイテム数が増える秋冬だからこそ、レイヤードの仕方も自由自在。シルエットを意識しつつメリハリをつければ、こなれコーデに仕上がります。ぜひこの秋冬のトレンドアイテムで、ファッションを存分に楽しんで。

▼あわせて読みたい

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.06.20

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。