【秋っていつから?】知っておきたい秋の節目と残暑見舞いの時期について | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 【秋っていつから?】知っておきたい秋の節目と残暑見舞いの時期について

LIFESTYLE

2020.10.18

【秋っていつから?】知っておきたい秋の節目と残暑見舞いの時期について

秋って立秋? 秋分? おしゃれに差がつく、絶対に知っておきたい季節の節目。小難しさナシで解説します。夏の終わりといえば【暑中見舞い】から【残暑見舞い】への切り替え日もあわせてチェック! 暑さがやわらぐと、ちょっぴり寂しさ感じる秋のおとずれ。夏から秋へのシフトを楽しむ【大人の感性を磨くおすすめ】もご紹介します♪

【目次】
カレンダー上での【秋の節目】をおさらい!
【秋のはじまり】は意外と早い
【残暑見舞い】はいつから?
【夏から秋へのシフト】を盛り上げるおすすめ

カレンダー上での【秋の節目】をおさらい!

少し風が涼しく感じたら秋? 赤トンボを見たら秋? 紅葉が始まったら秋? コーデやメイクにも影響を与える季節の節目。小難しい解説はさておき、シンプルに知っておきたい【秋の始まり】についてご紹介します。

『秋』を表す日とは?

「秋のはじまり」と聞いて思い浮かぶ言葉【立秋】と【秋分】。まずはその二十四節気(季節を表す言葉)をおさらいしましょう。

『立秋』っていつからいつまで?

≪立秋とは≫
・毎年8月8日~22日頃まで
・2020年は8月7日~22日
・暦の上で秋がはじまる日
・秋の気配のはじまり

『秋分』ってどんな日?

≪秋分とは≫
・毎年9月23日頃
・2020年は9月22日(2021年は9月23日)
・日にちは前年の2月に決定
・昼と夜の長さがほぼ等しいとされる日

紅葉を目当てに日帰り【京都旅行】へ♪ 秋の嵐山散策

【秋のはじまり】は意外と早い

『秋』をとらえるイメージ

気象学では9~11月が秋。9月の秋分の日が秋なのは納得できますが、暦の上では8月8日頃からもう秋なんですね。体感としては夏真っただ中ですが、「夏至を過ぎている」と考えると分かりやすいかも知れません。

≪夏至とは≫
・毎年6月21~22日
・太陽の位置で決まる
・2020年は6月21日
・昼の時間が一番長い日
・太陽の位置が最も高い『夏の頂点』

6月の夏至こそが『夏の頂点』。夏至を境に日がどんどん短くなっていくので、8月に秋の気配がはじまるのもうなずけます。

夏至の日とはいつ? 由来や日の出・日の入りなども合わせて解説

『立秋』にまつわる豆知識

『立秋』にまつわる豆知識

『土用の丑の日』というのは、立春・立夏・立秋・立冬前の18日間を指します。“土用”とは季節の変わり目のこと。

「丑」の「う」のつく食べ物(うどんや梅干しなど)を食べるといいとされていますが、立秋前の土用の丑の日は、夏バテ解消にぴったりとされる「うなぎ」を食べる習慣が広がりました。

夏の賑わいに感謝しながら食べるのもオツかも知れませんね。

2020年「土用の丑の日」はいつ? うなぎを食べるのはなぜ?

【残暑見舞い】はいつから?

夏の終わりを知って失敗しない残暑見舞い

≪“残暑見舞い”に切り替わる日≫
・『立秋』を過ぎたら残暑見舞い
・2020・2021・2022年は8月7日以降
・いつまでに… という決まりはない
・暑さを感じる8月中が一般的

【暑中見舞い】ビジネスメールで挨拶するべき?

【夏から秋へのシフト】を盛り上げるおすすめ

『自然の法則』に合わせるススメ

漢方の考え方の根幹に「陰陽論」というものがあります。昼と夜、男と女、寒さと暑さなど。

「すべてのものには相反する二面性がある」という考え方ですが、反発するのではなくお互いに作用し合う(影響を与え合う)存在です。漢方の考えでは、秋は『陰』に入る季節。

夜が長くなることで、本来は睡眠時間がやや長くなる傾向にあるとされていて、自然の法則に合わせて体を休めると、体のバランスも整いやすくなります。秋、冬の過ごし方として意識するのもおすすめです。

【陰陽バランス】からくる秋の不眠に効く旬の食材とは?

寂しさ感じる秋の訪れを“楽しさ”にチェンジ!

2020年は自粛を強いられましたが、『夏』は太陽のパワフルさ&気温の高さも手伝って、セミの声や海・お祭り・花火など賑やかな季節。夏の終わりを感じるとちょっぴりおセンチにもなりますが、秋のならではの季節感を楽しんで『大人の品格・感性』を磨きましょう♪

≪秋といえば≫
・スポーツ
・読書
・食欲
・芸術など

≪五感を磨く≫
・紅葉やアート
・虫の声や音楽
・旬の味覚
・キンモクセイや松茸
・肌で感じる風や収穫を楽しむ

気温も心身も落ち着き、好み・興味・感覚・才能など『自分自身』に集中しやすいのが秋の魅力です。

スポーツ、読書など「○○の秋」と言われる由来は?

『重陽の節句』に秋の縁起を祝う

日本にはさまざまな季節の節目『五節句』という行事があります。

≪五節句≫
・1月7日… 人日の節句
・3月3日… 上巳の節句
・5月5日… 端午の節句
・7月7日… 七夕の節句
・9月9日… 重陽の節句

9月9日の『重陽の節句』は『菊の節句』とも呼ばれ、厄祓いや長寿祈願が行われていました。

≪『菊』を楽しむ祝い方≫
・食用菊を酒に浮かべた“菊酒”
・菊風呂(入浴剤など)
・菊料理を味わう

重陽の節句にちなみ、薬草としても親しまれていた菊を使って、秋の訪れを堪能してみませんか?

重陽の節句とはどんな日? 料理や菊のきせわたなど過ごし方も


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.30

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature