「勤労感謝の日」の由来や過ごし方は? おすすめのプレゼントもご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 「勤労感謝の日」の由来や過ごし方は? おすすめのプレゼントもご紹介

LIFESTYLE

2020.09.23

「勤労感謝の日」の由来や過ごし方は? おすすめのプレゼントもご紹介

勤労感謝の日は、毎年11月23日に制定されている国民の祝日の1つです。働く人や仕事に励むことを尊ぶ日として認識されていますが、その由来については意外と知らない人も多いはず。本記事では、勤労感謝の日の意外な由来から、当日の過ごし方やおすすめのプレゼントを合わせてご紹介します。

【目次】
「勤労感謝の日」の意味や由来とは
「勤労感謝の日」は手作り品や温泉などのプレゼントもおすすめ
最後に

「勤労感謝の日」の意味や由来とは

(c)Shutterstock.com

◆勤労感謝の日の意味と由来

「勤労感謝の日」とは、毎年11月23日にある国民の祝日です。1948年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律(「祝日法」、昭和23年法律第178号)」によって制定されました。

「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」として定められた国民の祝日ですが、もともとは「新嘗祭(にいなめさい)」という宮中行事の1つが、この祝日の由来といわれています

「新嘗祭」は農作物の恵みを感じ、天皇が神々に新穀を供え、自らも食して収穫を感謝する祭事です。古くは陰暦11月の第2の卯の日に行われていましたが、1873年(明治6)からは11月23日に行われ祭日とされました。

つまり「勤労感謝の日」の由来は、もともと働いている方に感謝することを目的としたものではなく、農作物の恩恵に感謝するという日だったのです。

◆勤労感謝の日は2020年も11月23日

天皇御即位後、最初の新嘗祭を「大嘗祭(だいじょうさい)」といいます。大嘗祭は、即位の時期が7月までならばその年に、8月以降では翌年に行われます。

5月に御世替りを迎えた2019年は、11月14、15日に大嘗祭の中心的となる「大嘗宮の儀」が行われました。「勤労感謝の日」は国民の祝日として11月23日のままで、20年も同じです。

◆日本の「勤労感謝」の日とアメリカの「Labor Day」について

(c)Shutterstock.com

「勤労感謝の日」という呼び方になった理由については、アメリカの祝日が関係しているという説があります。

【Labor Day】
アメリカの9月第1月曜日は労働者の法定休日になっています。日本でいう5月1日の「メーデー」にあたります。

【Thanksgiving Day】
アメリカで11月の第4木曜日に行われる感謝祭。開拓者が初めての収穫を神に感謝したことを記念したのが始まりだそうです。この2つを合わせて作られた「Labor Thanksgiving Day」を日本語訳し、「勤労感謝の日」となったといわれています。

「勤労感謝の日」は手作り品や温泉などのプレゼントもおすすめ

(c)Shutterstock.com

「勤労感謝の日」は「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」とされていますから、各地でイベントなども行われます。本来の意味が「新嘗祭」なので、「新嘗祭」関連の神社のイベントもたくさん行われています。

また、いつも頑張っている方に勤労を感謝するプレゼントや労いのメッセージを贈ることも一般的ですが、おすすめのプレゼントといえば…。

1:自宅でのんびり過ごす

勤労感謝の日は、自宅でゆっくり過ごすのが何よりの幸せです。仕事をしている人も、家事をしている人も、この日だけは何もせずに過ごしてみましょう。掃除も洗濯もしないで、食事もデリバリー。そんな1日があってもいいのでは?

また子どもたちが、いつも働いているパパ、ママに「肩たたき券」「お手伝いチケット」などオリジナルのプレゼントをする家庭もあるそうです。

2:日帰り温泉旅行

連休が取れなくても、日帰りで行ける温泉は全国にありますし、最近は趣向を凝らしたスーパー銭湯もあります。疲れをねぎらうには、いつもとは違うお風呂で、ゆったりしてもらいましょう。

3:お花や記念品

感謝の気持ちを込めて、お花をプレゼントしてみましょう。贈り物にお花は最適です。もちろん、お気に入りのスイーツやアロマ、ワインやアクセサリーなども素敵です。最近は企業でも、いつも働いてくれている従業員に対して、感謝の気持ちを表すために商品券やギフトなどをプレゼントすることもあります。

最後に

(c)Shutterstock.com

「勤労感謝の日」は「新嘗祭」に由来して作られた国民の祝日ですが、現在では農作物の収穫を祝うだけでなく、様々な労働・勤労に対して感謝する日となっています。

アメリカの「Thanksgiving Day(感謝祭)」やスコットランドの「聖アンドリューの日」(11月30日はスコットランドの守護聖人を祝うための日とされています)など海外でも労働者や労働に対して感謝を示すための日が定められています。

身近にいる人に感謝するだけでなく、さまざまなものが収穫できたことに感謝するという考え方もできますね。そんな労いの気持ちを改めてかみしめる1日にできたらいいかもしれません。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.30

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature