知ってた?「鉄道の日」の意味や由来、2021年のイベント・記念きっぷも紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 知ってた?「鉄道の日」の意味や由来、2021年のイベント・記念きっぷも紹介

WORK

2021.10.10

知ってた?「鉄道の日」の意味や由来、2021年のイベント・記念きっぷも紹介

10月14日は「鉄道の日」です。ご存じない方も多いことと思いますが、大正時代に「鉄道記念日」として制定されたことに始まり、現在「鉄道の日」では、全国各地でさまざまなイベントが開催されています。ここでは、「鉄道の日」の意味や由来、2021年のイベント情報などについて紹介していきます。

【目次】
「鉄道の日」とは?
「鉄道の日」ってどんな日なの?
「鉄道の日」のキャラクターは?
第1回の「鉄道の日」には、どんなことが行われたの?
「鉄道の日」の取り組みとは
鉄道に関する「記念きっぷ」が発売される?
最後に

「今日は何の日」と調べると、記念日は結構たくさんあるものです。では、10月14日は何の日か知っていますか?

「鉄道の日」とは?

(c)Shutterstock.com

10月14日は「鉄道の日」。1922(大正11)年に「鉄道記念日」として制定されたことに始まります。

この日が記念日になった理由は2つ。ひとつは、日本最初の鉄道が1872(明治5)年の9月12日に開業したため。1872年当時は旧暦で、この日を新暦にすると10月14日になります。ちなみに、日本最初の鉄道が走ったのは、後に汐留貨物駅になる「新橋駅」と、現在の根岸線桜木町駅である「横浜駅」の間です。

もうひとつの理由は、1921(大正10)年の10月14日に鉄道開業50周年を記念して、東京駅の丸の内北口に初代の「鉄道博物館」が開館したこと。この2つの理由から、1922(大正11)年に10月14日が「鉄道記念日」に制定されたのです。

のちに、「鉄道記念日」から「鉄道の日」という名称になったのは1994(平成6)年のことです。運輸省(現在の国土交通省)の提案でした。

「鉄道の日」ってどんな日なの?

「鉄道の日」は、鉄道が広く愛され、その役割についての理解と関心がより深まることを願う日で、鉄道事業者や関係団体、国などが「鉄道の日」実行委員会を組織し、全国各地でさまざまなイベントを開催しています。

「鉄道の日」のキャラクターは?

日本には多くの“ゆるキャラ”が存在しますが、「鉄道の日」の“ゆるキャラ”はいるのでしょうか? 「鉄道の日」には“ゆるキャラ”ではなく、『テッピー』と『テッピーナ(テッピーの恋人)』という“シンボルキャラクター”があります。

第1回の「鉄道の日」には、どんなことが行われたの?

1994(平成6)年の「鉄道の日」には、長寿姉妹として知られていた“成田きんさん”と“蟹江ぎんさん”が、一日東京駅長を務めました。ふたりは当時102歳。東北・上越新幹線ホームで、新潟行「Maxあさひ309号」の出発指示合図を行った後、『銀の鈴』の横に並べられた、その日だけの『金の鈴』コーナーの除幕式にも出席したそうです。

「鉄道の日」の取り組みとは

(c)Shutterstock.com

では、「鉄道の日」の取り組みを具体的に紹介しましょう。

1:鉄道フェスティバル

1995(平成7)年以降、東京都千代田区にある日比谷公園で行われており、シンボルキャラクターの『テッピー&テッピーナ』によるグリーティングや、鉄道事業各社によるブースの出店、コンサート、ファミリーゲームなど多彩な催しがあります。

鉄道ファンはもちろん、そうでない人もたくさん訪れる人気イベントですが、2019(令和元)年は台風の影響で、2020(令和2)年と2021(令和3)年は新型コロナウイルス感染症の拡大によって中止になっています。2022(令和4)年は開催されるといいですね!

2:日本鉄道賞の表彰

鉄道に関する施設設備やサービス、映画、楽曲、アート、写真集、テレビ番組など、さまざまな取り組みの中から、特に優れたものが表彰されます。

2020(令和2)年の「第19回 日本鉄道賞大賞」では、東日本旅客鉄道株式会社による『常磐線の全線運転再開』が選ばれました。東日本大震災から9年を経て見事に全線復活した姿に、多くの人々が感銘を受けました。

また、「日本鉄道賞表彰選考委員会による特別賞」として設けられた「四国に“愛と勇気と笑顔”を届ける救世主! 地域創生特別賞」では、四国旅客鉄道株式会社の『アンパンマン列車』が受賞。

今では多くの人に知られている『アンパンマン列車』ですが、スタート時はキャラクタービジネスに関する知識もなく、また予算的にも苦しい、マイナスからのスタートだったそう。運行開始から20年間をかけて、四国全体が『アンパンマンワールド』になるくらいにブランディングが大成功しています。

3:鉄道のある風景写真コンテストの実施

「鉄道の日」実行委員会と鉄道・運輸機構が、国土交通省の後援を受けて行っているフォトコンテストです。日本の財産ともいえる四季と鉄道が共に作り出す風景写真を、広く一般から募集しています。

このコンテストでグランプリを受賞すると、鉄道フェスティバルのオープニングセレモニーで作品紹介と表彰があるのが通例ですが、残念ながら本年は中止。ウェブサイト上での発表になっています。

今年の募集はすでに締め切られていますが、我こそはという方は、ぜひ来年チャレンジしてみてくださいね。

鉄道に関する「記念きっぷ」が発売される?

(c)Shutterstock.com

「鉄道の日」に合わせて、記念きっぷを発行する鉄道事業者もあります。

1:JR全線:秋の乗り放題パス

以前は「JR全線乗り放題きっぷ」という名称でしたが、JR発足25周年を記念して、2012 年からは「秋の乗り放題パス」という名前になりました。

今年の発売期間は2021(令和3)年9月11日(土)から10月22日(金)まで。10月2日(土)から24日(日)のうち連続する3日間、JR線の普通・快速列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに乗り放題です。

2:熊本電鉄:2021年鉄道の日記念切符

熊本電鉄では18駅全駅の入場券18枚がセットになっている記念きっぷが販売されました。昔懐かしいB型硬券で、かっこいい台紙もついています。有効期限は2023(令和5)年3月31日までで、限定400セット。今年買いそびれたという人は来年の情報をチェックしてくださいね!

3:湘南モノレール・黒部峡谷鉄道 50周年記念入場券セット

湘南モノレールと黒部峡谷鉄道は今年開業50周年。これを記念して、さまざまなコラボレーション企画を行っていますが、これもそのひとつ。「黒部峡谷鉄道・湘南モノレール50周年メモリアル・記念入場券セット」として、D型硬券入場券8枚が台紙にセットされたものが販売されました。周年記念を迎える鉄道会社は要チェックですね。

4:近鉄 12200系引退記念グッズ 販売

近畿日本鉄道で1969年から運行されてきた12200系車両。新スナックカーと親しまれてきましたが、今年2月に引退しました。そこで近鉄では、引退を記念した12200系グッズのひとつとして記念入場券を販売しました。すでに販売は終了していますが、「鉄道の日」周辺にはこんなチャンスもあるのですね! 興味のある方は、各社のホームページをチェックするのを忘れずに。

最後に

(c)Shutterstock.com

新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で、さまざまなイベントが中止になっていますが、鉄道関連イベントもそのひとつ。特に「鉄道の日」周辺は、全国的に各社で車庫の見学会やレアな部品の販売会など、いろいろなイベントが行われる時期なので、熱心な鉄道ファンにとっては熱の入る時期ですね。各社で少しずつ開催できるよう工夫もなされているようなので、来年に期待しましょう!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature