Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 生理の知識
  5. イライラ解消!! つらい生理週間を穏やかに過ごすための方法は…【医師監修】

BEAUTY

2020.06.16

イライラ解消!! つらい生理週間を穏やかに過ごすための方法は…【医師監修】

女性ならでは悩み「生理週間中のイライラや不安」の解消方法について。婦人科系の悩みをテーマとした不妊治療の名医・杉山力一医師によるカラダの不調解決コラム。

つらい生理週間がちょっぴり穏やかに!

生理週間は生理痛や頭痛、イライラや不安など、カラダ・ココロの両方がいつもとは違うコンディションになってしまうので、穏やかに過ごすための方法がとても気になりますよね。

ここでは、月経前後の不安定な時期も、明るく笑顔で、デリケートなカラダとココロをいたわりながら過ごすことができるよう、おすすめの温活や服装、便利なアイテムを使った対処法をまとめてお伝えしていきます♪

◆生理週間のイライラや不安、生理痛の原因とは?

(c)Shutterstock.com

1ヶ月1回の生理週間であっても、イライラや不安、生理痛などのトラブルに、この期間を過ごすことがとても憂鬱に感じてしまう女性は多いのではないでしょうか?

生理週間に起こりやすいイライラや不安、生理痛の原因をここでチェックしながら、自分らしく快適な時期を過ごすためのきっかけにしてみましょう。

プロスタグランジンの分泌によるもの

生理中は子宮を収縮し、剥がれ落ちた子宮内膜が経血となってカラダの外に押し出され、痛みを強める作用のあるプロスタグランジンの分泌が活性化します。

プロスタグランジンの分泌がホルモンバランスや生活習慣の乱れで過剰になると、子宮の収縮運動も過剰になり、下腹部や腰、頭痛につながりやすくなります。

カラダの冷えによるもの

生理期間はいつもよりもホルモンバランス・自律神経が乱れやすくなります。

特に自律神経は、体温を一定に保つ働きがあるので、生理期間の乱れによって体温調節が不安定になり、カラダが長時間冷えることも…。

カラダの冷えは、血液のめぐりが不安定になり、痛みの原因となるプロスタグランジンが骨盤の内部で滞ってしまうので、このトラブルばかりではなくむくみや痛みが並行して起こりやすくなるのです。

◆生理週間を豊かに過ごすためのお守り♪ おすすめの対策は?

(c)Shutterstock.com

どんな女性にとってもツラく憂鬱な生理期間を健やかな日々に変えるためには、前項にてお伝えした原因にダイレクトにアプローチできる方法がいくつもあるんです。

それでは早速、少しでも気持ちが明るくラクになれるような、生理期間をいたわりながら過ごせるおすすめの対策を参考にしてみましょう。

スパイス白湯で温活

生理期間に冷たい飲み物の摂取がNGなことは、多くの女性が把握しているのではないでしょうか?

カラダを冷やさないことが生理期間を心地よく過ごせるポイントになりますので、体内の余分な老廃物・毒素をデトックスする作用もある、スパイス白湯で温活を始めてみましょう。

スパイス白湯とはそもそも、白湯にスパイスをブレンドした飲み物のことで、白湯を飲むよりもスパイスによる保温・温感作用が高まり、生理期間の下腹部の痛みや頭痛、カラダのこわばりを穏やかに解きほぐしてくれる効果が期待できます。

白湯にブレンドする特におすすめのスパイスは…

・シナモン→血行を促進し、各臓器の機能を高める
・クミン→胃腸のはたらきを整え、生理期間に感じやすいむかむかや不快感を緩和する
・サフラン→妊活や生理期間を穏やかに過ごすため、世界各国の女性が愛用し、眠りの質を高める効果が期待できる

などの種類がおすすめ◎

スパイスは身近なマーケットでも数百円程度で気軽に買えるメリットがあるので、カラダの内側からも自分自身をいたわる意識を持ってみましょう。

(c)Shutterstock.com

癒しの時間を多めに作る

生理期間は、今までアクティブに・エネルギッシュに過ごしてきた自分をいたわるタイミング。

ココロがホッとするようなハーブティーやアロマでリラックスしたり、好みの香りの入浴剤などを活用して、癒しの時間を多めに作るようにしましょう。

生理期間はマキシスカートがおすすめ

生理中の痛みや経血のモレが気になるときは、いつもよりも身につけるファッションアイテム選びも慎重になりますよね。

女性らしく、ふんわりした印象が魅力のマキシスカートは、ウエスト部分がゴムになっている商品が多く、カラダを必要以上に締め付けず、足元までをやさしく包み込んでくれるので、保温効果も期待できます。

特にコットンやインド綿、シルクなどの素材でできたマキシスカートは、通気性も良くお肌にもやさしいので、デリケートな生理期間の皮膚とカラダに負担をかけないメリットがありますよ◎

痛みがひどいようならクリニックへ

生理痛だけでは婦人科などの受診をためらってしまう女性も多いかもしれません。

ただ、あまりにも長く生理痛が続き、メンタル面も安定しない場合は、何らかの病気の可能性も考えられるため、クリニックで診察を受けるようにしましょう。

クリニックでは、体質に合わせた漢方薬や鎮痛剤の処方が受けられたり、生理期間を快適に過ごすためのアドバイスをもらうこともできるので、セルフでのケアよりも確実・安心ですよ。

~おわりに~

(c)Shutterstock.com

カラダもココロも敏感になっている生理期間は…

・自分をいたわる
・自分に優しくする

という意識を忘れずに、「この方法・アイテムがあると安心♪」というお守りを持っておくことがベスト!

生理期間に頼もしい味方を持ちながら、生理期間に起こりやすいトラブルと上手に付き合っていってくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

医師 杉山力一

杉山産婦人科院長。不妊治療の名医。日本における生み分け法の権威・杉山四郎医師の孫。

東京医科大学産科婦人科医局では不妊治療・体外受精を専門に研究。その後、1999年より杉山産婦人科勤務。

監修する女性向けアプリ「eggs LAB」では、独自ロジックにより、アプリでの問診で自身の情報を入力することで、これまでにない高い精度での生理日・排卵日予測を実現。不安定な生理周期にも対応した適切なアドバイスや、妊活に関する情報まで、個々の身体の状態にフィットした「あなただけの/あなたのための/今欲しい情報」を発信中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.06

編集部のおすすめ Recommended

Feature