Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「レペゼン」の正しい意味と使い方を解説! 話題のアーティストも関係ある?

WORK

2020.05.02

「レペゼン」の正しい意味と使い方を解説! 話題のアーティストも関係ある?

レペゼンとは、「代表する、象徴する」を意味するヒップホップ用語です。元々ヒップホップ、ラップなどで用いられていた言葉でしたが、有名アーティストなどの影響で一般にも浸透してきています。今回はレペゼンの意味や使い方を解説していきます。

【目次】
「レペゼン」の意味とは?
レペゼンの正しい使い方は? 例文をご紹介
レペゼンは海外でも通じる表現?
ちなみに「レペゼン地球」が大人気
最後に

「レペゼン」の意味とは?

(c)Shutterstock.com

あなたは「レペゼン」という言葉を聞いたことはありますか? 特定のジャンルでよく用いられる言葉のため、聞いたことがないという方も多いかと思います。

「レペゼン」は、主にラッパーやMCがマイクパフォーマンスの際に用いる言葉です。ライブの冒頭などで、「レペゼン〇〇!!」と自身の出身地域の前に「レペゼン」とつけてシャウトすることがあります。

「レペゼン」は、「代表する、象徴する」を意味するヒップホップ用語。英単語の「represent」が由来です。本来は「レプリゼント」と読み、ラップ以外の場面でも使われる言葉になります。

しかしながら、ラップをする際に「レプリゼント」という言葉を使うのには大きな問題がありました。それは、「レプリゼント」が6文字のため、「出身や代表を表現する際に語呂が悪い」という理由です。

ラップという文化は、「韻を踏むこと」を重要視します。韻を踏むポイントは単語の母音を合わせること、そして「文字数を合わせること」。このポイントを押さえなければ、きれいに韻を踏むことは難しいのです。

「レプリゼント」は6文字でしたね。ところで、皆さんは日本で6文字の地名をいくつも思い浮かべることができますか?

(c)Shutterstock.com

6文字の地名を挙げるのは難しいと思います。しかしながら4文字だとどうでしょうか。いくつも地名が思い浮かぶと思います。「レプリゼント」という6文字を「レペゼン」という4文字に置き換えるだけで、ラップで使える言葉の幅は大きく広がりますね。

「represent」という単語が長く、使いにくいこと、そして日本人が「represent」と発音をすると「レペゼン」のように聞こえること。こうして「レペゼン」という日本独自の言葉が生まれました。

「レペゼン」という言葉の意味が「代表する、象徴する」であることから、あまり広く使われている言葉ではありません。ラッパーやヒップホップに興味がある人以外には伝わらない可能性が高いため、日常生活で使用する際には注意しましょう。

レペゼン以外によく使われるヒップホップ用語

(c)Shutterstock.com

「レペゼン」のように、ラップバトルをする際によく使われるヒップホップ用語は他にもあります。もしかすると聞いたことがある単語もあるかもしれませんね。

1:ライム

「ライム」は「韻」を意味する言葉です。英語では「rhyme」と書きます。先述の通り、ラップは韻を重要視するため、この「ライム」という言葉はよく使われます。

2:バイブス

「バイブス」の主な意味は、「情熱」や「雰囲気」。さらには「説得力」といった意味でも用いることができます。由来は英語の「Vibe(バイブ)」。「バイブス上げていこう!」といった使い方をします。

3:a.k.a(エイケイエイ)

「レペゼン」のようにライブの冒頭やラップの始まりに用いられることが多いです。意味は「ニックネーム」、「またの名は」であり、使い方は「名前 a.k.a ニックネーム」。元は英語の「also known as」であり、各単語の頭文字をとって「a.k.a」となりました。

レペゼンの正しい使い方は? 例文をご紹介

(c)Shutterstock.com

1:「レペゼン沖縄のラッパーだ!」

最もよく使われる例文です。ラップなどでは大げさに表現をするときに使います。そのため、「出身」ではなく「代表」という意味で用いられることが多いです。この例文の場合だと、「沖縄の代表であるラッパーだ」という意味になります。

2:「レペゼン男子として言いたいことがある」

元がヒップホップ用語のため、1つ目以外の使い方はあまりされません。しかしながら、「レペゼン」は地名以外にも用いることができます。この例文では「男子を代表する」という意味になります。

レペゼンは海外でも通じる表現?

(c)Shutterstock.com

「レペゼン」は海外でも通じるのでしょうか? 「レペゼン」は「represent」という英語が変化した言葉でしたね。「レペゼン」は和製英語のくくりに入ります。そのため、残念ながら海外では通用しません。

外国人に「レペゼンジャパン」と伝えても相手は意味が伝わらず困惑されてしまうでしょう。それでは、海外で出身を伝えるにはどう表現すればよいのでしょか。

英語で出身を表現する際には「from」を用います。そのため、「from Japan」といえば日本出身だと伝えることができますよ。海外で出身を伝えるときに誤って「レペゼン」を用いないように注意しましょう。

また、「レペゼン」のように、日本人には伝わっても海外では通じない言葉は他にも存在します。例えば「バニラ」です。正しい発音は「vanilla(ヴァニラ)」なため、海外のアイスクリームショップで「バニラ」と頼むと、発音が似てる「バナナ」だと思われるそうですよ。

ちなみに「レペゼン地球」が大人気

(c)Shutterstock.com

「レペゼン地球」は2016年に活動を始めた、ネット上で有名なDJの集団です。Twitterをきっかけとして、有名になりました。本業はDJ活動なのですが、YouTubeやTwitterでも活動をおこなっています。そのため、YouTubeやTwitterで「レペゼン地球」を知る人や活動を見る人が多いため、YouTuberだと思われがちです。

「レペゼン地球」は5人集団であり、リーダーの「DJ社長」を筆頭に「DJふぉい」「DJ銀太」「MG脇」「DJまる」とマスコットキャラクターの「卍ジェニファー卍」がいます。2018年に行われた幕張メッセでのワンマンライブのチケットは即完売し、観客1万5千人を動員しました。

現在、YouTubeのチャンネル登録者数は「公式チャンネル」が約208万人、「曲チャンネル」は約96万人もいます。また、「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」といった大物YouTuberや「宮迫博之」や「田村淳」など芸能人とのコラボもおこなっているなど、人気ぶりがうかがえますね。

最後に

(c)Shutterstock.com

ここまで「レペゼン」について説明してきましたが、理解できたでしょうか? あまり日常生活で使う言葉ではありませんね。しかしながら、SNSなどであえて大げさに表現をしたいときなどに使用すると、ちょっと面白いアピールにできることでしょう。

言葉は使い始めると、周りも意味を理解してくれます。あなたも「レペゼン」の発信者になり、周りに「レペゼン」を広めてみませんか?

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature