Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 【後輩社員が言ってた】「バイブス」の正しい意味と使い方を解説! 具体的な使用シーンもご紹介

WORK

2020.01.15

【後輩社員が言ってた】「バイブス」の正しい意味と使い方を解説! 具体的な使用シーンもご紹介

後輩社員がまた「バイブス」って言ってた…。なんとなく意味はわかるけど「バイブス」って、そもそもどういう意味でしょうか? 似たような言葉(類義語)があるのかや使用時の正しい例について、こっそりと教えます。

【目次】
「バイブス」の意味とは?
バイブスの正しい使い方は? 例文をご紹介
「バイブス上がってる」の類義語は
「バイブス下がってる」の類義語は
最後に

「バイブス」の意味とは?

(c)Shutterstock.com

「バイブス高い!」「バイブスやばい!」

ごく当たり前のように使われている「バイブス」は、もともとはアメリカをはじめとする海外のヒップホップ音楽やラップ音楽、レゲエ音楽などで、「ノリ」「フィーリング」「気合」を意味する表現として使われていました。

日本でも、2000年代から音楽業界でレゲエ用語、HIPHOP用語として使われはじめ、雰囲気やテンション、ノリや気合いを「上がる・下がる」「高い・低い」「良い・悪い」で表現しています。

英語のバイブス(vibes)は直訳すると、気持ち、(言葉がなくても伝わってくる)雰囲気、心の中、考え方、バイブレーションと言ったことを意味します。

本来の語源について

(c)Shutterstock.com

Vibes(バイブス)という単語はもともとVibration(バイブレーション)の略語です。

Vibrationとは、振動、ふるえること、音を細かくふるわせる、という意味で用いられますが、バイブスとして使う時は、気持ちがぞくぞくする、ワクワクする、といった、感情の揺れ動きを表します。

一般的に使われる場合の意味は

(c)Shutterstock.com

基本的には若者言葉なので時と場所を選んで使いましょう。ビジネスシーンやなどではNGです。クラブやカラオケなどで、盛り上がった時はOKです。

バイブスの正しい使い方は? 例文をご紹介

(c)Shutterstock.com

例文1「バイブス上がってきた!」

いわゆるギャル語でいうと、バイブス=テンションの意味で使われます。気分が上がる、下がるという意味に近いですね。

例文2「初対面だけどバイブス合うね」

ノリが同じで気が合う、という意味で使われます。同様に「~いい」「~悪い」もノリ、雰囲気に置き換えると分かりやすいかもしれません。

例文3「バイブス高めでいこう」「バイブス高すぎ」

感情が高まっている時、「萌え~」というニュアンスで使われます。

「バイブス上がってる」の類義語は

気分、ノリ、雰囲気、感情が高ぶってる、などを意味する言葉なので、「テンション」や「フィーリング」といった言葉が当てはまります。

ただし「テンション」は物事に対する緊張感、不安という意味ですが、「不安が高まる→気持ちが高まる」という誤用から、高揚する・興奮するという意味でも用いられるようになってきました。

「バイブスが下がっている」の類義語は

(c)Shutterstock.com

「チケットが取れなくて、バイブス下がる」といった使い方をされますが、気分が萎える、テンション下がるという意味と同じです。

最後に

音楽やダンス業界などで使われていたバイブスという言葉が、広く一般に認知されるようになったのは、2011年にギャル雑誌「egg」がきっかけでした。

この雑誌のカリスマモデルだった今井華さんです。フジテレビで放送されていた『テラスハウス』や『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ)などに出演した際に、番組内で「バイブスやばい」「バイブス高い」と発言したことで、広く使われるようになり、今はSNSなどでも、よく目にするようになりました。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.08.13

編集部のおすすめ Recommended

Feature