気温16度の服装おすすめ41選|最高・最低気温別の春・秋コーデ見本帖 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 気温16度の服装おすすめ41選|最高・最低気温別の春・秋コーデ見本帖

FASHION

2023.11.23

気温16度の服装おすすめ41選|最高・最低気温別の春・秋コーデ見本帖

気温16度は、春や秋に多い、過ごしやすい時期。最高気温・最低気温が16度の日におすすめのレディースファッションを春・秋ごとにピックアップ! 季節感を取り入れつつ、ちょうどいい防寒ができる装いを参考にしてみて。

【気温16度の日】最適な服装のポイントは?

朝晩の冷えが続く「最高気温16度」と、日中はほんのり暖かさを感じる「最低気温16度」の日。比較的過ごしやすい、春や秋ごろの気候になります。その反面、季節の変わり目で昼夜の温度差もあり、着こなしに迷うことも多い時期。そんな気温16度の日におすすめのファッションポイントやコーデを紹介します。

〈最高・最低気温別のポイント&お手本コーデ〉

【最高気温16度】しっかりアウターで寒さ対策

白ダウン×グレーデニム×きれい色ストール

しっかり防寒のダウンも白を選び、デニムと合わせて軽快に。きれい色のストールが気分を上げてくれる。

寒い! でもダウンコートを味方につけて軽快に♪

【最高気温16度】インナーはニットで防寒

黒コート×ニット×ブラウンスカート×スニーカー

すっきりとしたきれいめボトムには、軽やかなシンプルローテクが好相性。コートの中はニットで寒さ対策を。

きれいめスカートにシンプルローテクスニーカーが好バランス!

【最低気温16度】軽めのアウターで寒暖差にも対応

きれいめMA-1コーデ

きれいめMA-1で、女っぽい服にちょうどいいかっこよさをプラス。脱いでも嵩張らない薄さがポイント。クールな光沢感が、スカートスタイルをカジュアルに誘導してくれる。

きれいめMA-1で、今秋ひと味違うかっこよさを狙いたい!

【最低気温16度】シャツや薄手のニットだけでも◎

ボリュームシャツ×テーパードパンツコーデ

最低気温16度の日は、ブラウス1枚でOKな薄着の季節。トップスだけで華やぐ〝盛りすぎない〟バランスと今っぽいテーパードパンツ。フェミニンなトップスの甘さをベーシックなパンツで抑えて着てみると、程よくモードにかっこよく着られる。

華のあるシャツはテーパードパンツで程よくモードに着こなしたい♡

【最高気温16度×春】おすすめの服装

最高気温16度の春の日は、徐々に暖かさが増して過ごしやすくなる時期。それでも、朝晩はまだまだ冷えるので、アウターはもちろん少し厚めのトップスで防寒が必要です。ニットやパーカーで温かさをキープしつつ、春色のアウターで季節感を出してみて。

白カットソー×デニムパンツ×ツイードジレ

ツイードジレ×デニムパンツコーデ

ソフトな風合いのツイードジレは、カーディガン感覚で気軽にはおれるのがうれしい。華やかさのあるアイテムだから、デニムを合わせると好感度なきれいめカジュアルに着地。

きれいめツイードジレはデニム合わせで力を抜いて着たい!

イエロースウェット×ベージュパンツ×コート

イエロースウェット×ベージュパンツ×コート

甘いイエローは淡いベージュのアイテムで色をなじませて。きれい色をあまり着ない人でもトライしやすい、ベージュの延長のようなたまごイエローのスウェットは自然に明るい印象がつくれる。ダークトーンのアウターで引き締めて。

【スウェット】で作る、甘さ控えめなパステルワントーン|スタイリスト兵藤千尋さんが伝授

カットソー×ミントグリーンスカート×ミントグリーンジャケット

カットソー×ミントグリーンスカート×ミントグリーンジャケット

胸に大きめのフラップ付きポケットがあしらわれた、CPOタイプのステンカラージャケット。なめらかなコットンメルトンと清涼感のあるミントグリーンが、悩みがちな、季節の変わり目のおしゃれを盛り上げてくれる。

秋ジャケットは「チェック柄&ステンカラー」がトレンド! 旬コーデをチェック♡

ボーダーカットソー×イエロースカート×イエローニット

ボーダーカットソー×イエロースカート×イエローニット

ベージュの延長線上で取り入れられる、淡いイエローに注目。オレンジイエローのボーダーカットソーやアッシュイエローのスカートで、上品で春らしいワントーンに。寒さを感じたら、手持ちのコートをサッと羽織って。

ベージュの延長線上と捉え、淡いイエローを取り入れた着こなしにTRY!

グレーニット×ピンクスカート×カーキブルゾン

グレーニット×ピンクスカート×カーキブルゾン

たっぷり広がるピンクのスカートは、足元をカジュアルに振ることで「お洒落な甘さ」が生きてくる。スカートの甘さと明快な対比になる、硬派かつ辛口な足元でハッとさせて。

甘めスカートこそストリート系スニーカーでカジュアルに着こなしたい

ブルーロゴスウェット×白シャツ×黒パンツ×オフ白ボアコート

ブルーロゴスウェット×白シャツ×黒パンツ×オフ白ボアコート

ワイドパンツで重心をぐっと下げた今どきバランス。カレッジスウェットのようなロゴとスニーカーとを白でリンクすることで統一感が生まれる。オーバーシルエットのかけ合わせも、この「抜け」で野暮ったく見えない。

今どきカジュアルのお手本! メンズライクボトム×白シューズコーデ

黒Gジャン×白ブラウス×グレーパンツ×ピンクコート

黒Gジャン×白ブラウス×グレーパンツ×ピンクコート

黒のGジャンとスウェットトップス、グレーのパンツに、白のブラウスで襟元のボリュームを強調したハンサムなレイヤード。桜ピンクのコートの繊細なニュアンスが、着こなしに奥行きをもたらす。

春が待ち遠しくなる“桜ピンク”は、とことんカッコよく!

グレーロゴニット×白シャツ×グレーパンツ×グレーコート

グレーロゴニット×白シャツ×グレーパンツ×グレーコート

かっちりした着こなし×スニーカーは大人カジュアルの王道。スニーカーの色までそろえることで、グレーのグラデーションのコーディネートの完成度がぐっと高まる。

大人カジュアルの王道スタイルを『グレー』で極める!

ピンクニット&カーデ×ピンクパンツ×グレーブルゾン

ピンクニット&カーデ×ピンクパンツ×グレーブルゾン

愛らしさ満点なピンクのふわっふわモヘアニットにオーバーサイズのブルゾンを。ミリタリー×カジュアルという真逆の要素の凝縮が、センスよく仕上げてくれる。

甘めキャンディピンクを大人っぽく着こなすなら♡

【最高気温16度×秋】おすすめの服装

10月下旬から11月頃の秋本番の時期は、カーキやベージュなど秋っぽいカラーの着こなしがおすすめ。最低気温との差が大きく朝晩の冷え込みが気になるときは、防寒力の高いアウターやストールなどをプラスして寒さ対策をしましょう。

黒ニット×きれい色スカート×ベージュテーラードジャケット

ウールテーラードジャケット×サテンスカートコーデ

ウールテーラード×ウールボトムは、もっさり重たく見える最も危険な組み合わせ。ウールと正反対の素材感――薄手のサテンスカートを合わせれば、素材のコントラストで軽やかなリズムが生まれ、女っぽさも一気に高まる。きれい色を選べば、より華やかに。

最旬ジャケットの“ウールテーラード”の上手な着こなし方

白ブラウス×オールインワン×グレーチェック柄ジャケット

白ブラウス×オールインワン×グレーチェック柄ジャケット

懐の深いチェック柄でおしゃれが進化!薄手でソフトな質感に、ライトグレーのチェック柄のジャケット。晩夏から秋まで大活躍、間違いなし。アノラックデザインのブラウスやオールインワンでひとひねりして。

秋ジャケットは「チェック柄&ステンカラー」がトレンド! 旬コーデをチェック♡

ブルーニット×白スカート×グレーコート

ナロウスカート×エンジニアブーツコーデ

グレーコートをバサッとはおり、ブルーニットで差し色を。女っぷりのいいナロウスカートは、エンジニアブーツで気負わず着こなして。

この秋冬、足元はエンジニアブーツがいい♡

白ニット×黒スカート×黒ブルゾン

白ニット×黒スカート×黒ブルゾン

ビッグサイズのMA-1ブルゾンにボリュームスカート、メンズライクな重×重のシルエットバランスは、女性が着るからこそ可愛い。大ぶりのフープピアスで女っぷりをプラスし、着こなしの引き締め役にも。

ヘルシーなかわいさが好印象♡ 大人のメンズライクコーデ

オフ白プルオーバー×カーキパンツ×カーキコート

オフ白プルオーバー×カーキパンツ×カーキコート

カーキパンツを主役にしたコーデは、オフ白&グレーでクリーンな印象に傾けて。無彩色でまとめてほっこりせず、切れ味よい着こなしに。

無彩色でまとめれば、ほっこりせず切れ味よい着こなしが完成する!

ベージュニット×白スカート×グレーコート

ベージュニット×白スカート×グレーコート

絶妙な色合いのグレーコートは、落ち着いた配色のニットとスカートと合わせて大人の余裕を漂わせて。

絶妙カラー! “イレーヴ”のモカ色コートで大人の余裕を漂わせて

カーキシャツ×ブラウンスカート×ベージュコート

カーキシャツ×ブラウンスカート×ベージュコート

全身がグラデーションでまとまるように、ニュアンスのある色のスカートを合わせて。ドライな質感のブラウンなら、重見えする心配もなく白ブーツが馴染む。

ニュアンスカラーを要にした大人のグラデーションスタイル

グリーンロゴスウェット×黒パンツ×ベージュコート

グリーンロゴスウェット×黒パンツ×ベージュコート

シンプルなコートやパンツに投入するだけで、こなれた雰囲気がつくれるカレッジロゴスウェット。黒ぶちメガネで、カジュアルな遊び心をプラス。

ニット気分じゃない日は♡ ロゴスウェットが今っぽい!

グレーニット&シャツ×パープルパンツ×ラベンダーコート

グレーニット&シャツ×パープルパンツ×ラベンダーコート

トーンの違うパープル、グレーを丁寧に重ね、小物の白でなじませるとハッとするほど奥行きのあるコーディネートに。柔和な配色で辛口パンツルックをアップデート。

ラベンダー×グレーの配色をマスターすれば、おしゃれ上級者♡

【最低気温16度×春】おすすめの服装

最低気温が16度になると、5月頃の初夏が近づく季節の始まり。そんな時期には、春夏らしく軽やかな着こなしを意識してみましょう。トップスはブラウスやシャツなど薄手のものでOK。寒暖差を調節できるようにしておけば、室内外の気温差や、夕方以降の急な冷え込みにも対応できます。

きれい色カーデ×白パンツ×ベージュジャケット

ジャケット×きれい色カーデ×白パンツコーデ

いつものジャケパンコーデを思いきって春っぽく更新。きれい色カーディガンを巻いて、ボトムスは太めの白パンツをチョイスしたら、トレンドとバランスのとれたきれいめ春コーデの完成。

きれいめシンプル派の2023春のお手本コーデ

白ワンピース×ベージュブルゾン

ベージュクロップド丈ブルゾン×白ワンピ

上半身をコンパクトに見せる効果もあるクロップド丈ブルゾン。暖かい日に着たくなるボリュームのあるワンピースやフレアスカートとも相性ばっちり。

キャッチーなクロップド丈ブルゾンで春ワンピを颯爽と!

白シャツ×グリーンパンツ

白シャツ×グリーンパンツ

ドルマンスリーブの白シャツ。ボリュームのあるバックスタイルで角度によって印象がガラッと変わり、体型カバーにもGOODなシルエットが魅力。グリーンのパンツと黒の小物でシックにまとめて。

月初めはドラマティックなシルエットの白シャツを主役に。

ネイビーTシャツ×ブルーシャツ×デニムパンツ

ネイビーTシャツ×ブルーシャツ×デニムパンツ

ネイビーTシャツに、ブルーストライプシャツをパサッと羽織って、こなれ感あるカジュアルコーデ。

チビTにはシャツを重ねて。地元のなじみカフェへGO♡

レモンイエローのボウタイブラウス×白パンツ

薄イエローのボウタイブラウス×白パンツ

全体がのっぺりしやすいので、立体的なボウタイモチーフがいいアクセントに。爽やかなレモンイエロー×ボウタイの華やぎがパンツスタイルを底上げしてくれる。

レモンイエロー × ボウタイの華やぎでパンツスタイルを底上げ!

ピンクシャツ×白デニムパンツ×マルチカラーニット

ピンクシャツ×白デニムパンツ×マルチカラーニット

春らしいピンクシャツに白デニムで軽快なカジュアルな着こなしに。ビーズネックレスできれいめ感と遊び心のバランスがちょうどよく着地する。

ピンクトーンのきれいめカジュアルに夏らしさをトッピング♡

グリーンワンピース×白ブルゾン

グリーンワンピース×白ブルゾン

プレーンなカットソーワンピは、シャカッとした素材のスポーティブルゾンでメリハリを加えると着映え度がアップ。グリーン×白が爽やかさをプラス。

旬のグリーンを爽やかに仕上げるならスポーティブルゾンで!

ピンクシャツ×グレースウェット×ピンクスカート

ピンクシャツ×グレースウェット×ピンクスカート

パリッとしたシャツやスカートに、グレースウェットを合わせて優しいピンクにメリハリを利かせて。媚びない女らしさを連れてくる、張りのあるパウダーピンクを使った春コーデ。

パウダーピンクが新鮮♡ 春気分満開なスカートスタイル

グリーンニット&カーデ×デニムパンツ

グリーンニット&カーデ×デニムパンツ

爽やかなグリーンアンサンブルに、リラクシーなデニムのシルエットをプラスして今っぽさを入手。メンズライクなベルト使いで洒落っ気を添えて。

鮮やかな春色のアンサンブルで全方位からの好印象をGET♡

白Tシャツ×グレージャケット×黒ショートパンツ

白Tシャツ×グレージャケット×黒ショートパンツ

モノトーンコーデも、ショートパンツを採用すれば重たくならず、大人可愛いカジュアルコーデに。かっちりジャケットは腕を通さず、羽織るとこなれ感アップ。

白T×ジャケットで♡ シーンを選ばないきれいめデートスタイル

【最低気温16度×秋】おすすめの服装

夏の暑さが残りつつも秋が近づく気配がしたら、着こなしから秋らしさを表現。足元をブーツやパンプスにチェンジしたり、カーキやブラウンなどくすみカラーのアイテムで秋っぽさを取り入れていきましょう。

透けブラウス×グレースカート×ファーベスト

通勤ファッション モードな白コーデ

旬のファーベストを〝白〟でリュクスに満喫したい。インナーには軽やかな透けブラウスを指名して、素材感をミックス。装いに色っぽい奥行きをもたせ、ホワイトファーを攻略して。

トレンドのファーベスト攻略! 異素材レイヤードで着こなしに奥行きを。

黒ブラウス×ピンクパンツ×手に持ったカーディガン

映えブラウス×カラーパンツコーデ

トップスとのコントラストでメリハリUP!黒で固めた着こなしに、パンツでピンクを1点投入! 甘すぎない、大人かわいい着こなしが叶う。動いた際のシルエットがドラマティックなブラウスとも好バランス。

ピンク×ブラック配色で、大人かわいい♡ もお手のもの

グレーニット×グレーパンツ×グレーのシャギーカーディガン

グレーワントーンコーデ

グレーを取り入れるなら、地味とは無縁のほんの少しの〝華やかさ〟が欲しいところ。フェミニンなシャギーカーデやキレのあるメタリックパンプスなど、合わせるアイテムのテクスチャーにもこだわって。

異素材でこなれた立体感を出す濃淡グレーコーデ

グレーニット×タイプライターワンピース×白ブーツ

ロングシャツワンピースコーデ

高密度のコットンを使用した、立体感のあるタイプライターワンピース。長めのカフスをプッシュアップすると袖のボリュームがアレンジできる!仕事も休日も、シーンを問わずに着こなせる。

タイプライターワンピースで、ONもOFFも着映え効果抜群!

透け感カットソー×白パンツ×カーキブラウンジャケット

透け感カットソー×白パンツ×カーキブラウンジャケット

オーバーサイズとカーキブラウンの色味が今っぽい、マニッシュなジャケットと共布ベスト。その硬派な表情とは真逆の、ふわっと軽やかなチュールカットソーを重ねて。

硬派な印象のカーキブラウンジャケットこそ繊細なアイテムを合わせて

白スウェット×白スカート×カーキジャケット

白スウェット×白スカート×カーキジャケット

白コーデにカーキジャケットで秋らしさをプラス。ロゴとジャケットのカラーをさりげなくリンクさせて。カジュアルコーデにあえてパールネックレスを採用し、センスを感じるコーデに。

スタイリスト兵藤千尋さんのセンスを感じるパール使いが要!

ボーダーニット×黒スカート×ベージュブルゾン

ボーダーニット×黒スカート×ベージュブルゾン

辛口なIラインスカートのストイックさは、ちょこっとヒール靴のほっこり見えを回避し、コンサバさを抑えた軽快なムードに。上半身は、カジュアルさを意識して程よくゆるさを意識した大人コーデ。

程よくゆるく着こなしたい、秋のIラインスカート

白ニット×白スカート×カーキブルゾン

白ニット×白スカート×カーキブルゾン

全身白コーデに、きれい色のバッグとストールがアクセントに。旬のカーキブルゾンで秋らしさを添えて。

“カーキ×白”の新鮮配色でおしゃれを颯爽と!

白Tシャツ×レザースカート×白ジャケット

白Tシャツ×レザースカート×白ジャケット

今っぽさが生まれる、ロング丈×Iラインの組み合わせ。フェイクレザーなら辛口でまとまりスタイリッシュに決まる。トップスはカジュアルアイテムを推奨。

今、ヒール靴に合わせたいのはカジュアル&今っぽいアイテム

最後に

季節の変わり目でもある最高気温・最低気温16度の着こなし。寒暖差の調整ができるアウターや、季節感を楽しめる色合いの小物などをつかって、気候に最適なコーデを楽しみましょう。

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.25

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。