【気温13度の日に着たい服装】秋が深まる時季に最適な大人シックコーデ44選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 【気温13度の日に着たい服装】秋が深まる時季に最適な大人シックコーデ44選

FASHION

2021.09.18

【気温13度の日に着たい服装】秋が深まる時季に最適な大人シックコーデ44選

気温13度というと秋から初冬へと移り行く季節。本格的な寒さを前に、今回は今っぽさと新しさの中にクラシカルな雰囲気を併せ持つ服装を紹介します。日中と夜の気温差が激しい季節だからこそ、押さえておきたい着こなしのポイントも、ぜひ参考にしてみて。

【目次】
気温が13度の日の服装はどうする?
気温13度の肌寒い日は【薄軽アウター】が活躍
大人シックな配色で魅せる【パンツスタイル】
秋冬気分を満喫する【こっくり色のスカート】
旬感を引き立てる【トップス】でシンプルに
昼と夜の気温差が激しい日は【あったかアウター】を
最後に

気温が13度の日の服装はどうする?

気温13度は、紅葉が色づき秋が深まる季節。秋から初冬へと移りゆく頃なので、夜はグッと冷え込む日も多くなります。今回はこの時季ならではの寒さも楽しむ旬のコーデを紹介します。

〈POINT〉
・着ぶくれしない薄軽アウターで一日中快適
・知的配色で洗練されたパンツスタイルに
・スカートはクラシカルな配色が気分
・トップスを主役にして旬感を引き出す
・冷え込む夜に備えて暖かなアウターも準備

気温13度の肌寒い日は【薄軽アウター】が活躍

秋が深まってくると、そろそろアウターが恋しくなる季節。あれこれと目移りするぐらいに、さまざまなアウターが出揃います。ここでは、肌寒い日に頼れる薄軽アウターをピックアップ。バサッとかっこよく着たいジャケットや、ラフにはおっておしゃれにキマる着こなし方を紹介します。

【1】スポーティブルゾン

スポーティブルゾン

やわらかなニットワンピースに、構築的なシルエットを加えてくれるブルゾン。形がしっかりとしたスポーティアウターと相性のいいスニーカーで、トレンド感のあるカジュアルに。

【乃木坂46新内眞衣】ワニのアイコンが♡ ニットワンピースをキレよく魅せてくれるLACOSTEスニーカー

【2】CPOジャケット

CPOジャケット

丸みのあるヘムラインとオーバーサイズなシルエットで存在感のあるCPOジャケット。淡いピンクジャケットが黒コーデの辛口さを中和し、ラフでかっこいい着こなしに仕上げてくれる。

淡いピンク×黒でチャーミングなコーデに♪

【3】カシミアニットカーディガン

カシミアニットカーディガン

ゆるっとはおるだけで、秋気分が盛り上がるカシミアニットカーディガン。着るだけで今っぽさを感じさせてくれるシルエットだから、なにげない白T×デニムも旬度の高い装いに。

ひとくせ素材服で秋コーデを盛り上げて♪ スタイリスト川上さやかさんの秋コーデ

【4】スポーティコート

スポーティコート

白ニット×黒パンツのモノトーンにグレーのスポーティコートを合わせたモードなコーデ。バサっとはおって颯爽と風を切る、そんなかっこよさを手に入れて。着丈は長いほうが断然クール。

色は抑えめでもなぜか地味にならずおしゃれ! その理由は…!?

【5】ライダースジャケット

ライダースジャケット

こだわりが詰まったキルトスカートにライダースや厚底のウイングチップシューズでハズしたトラッドスタイルを。

寒い! トレンチ、ライダーズ、ロングカーデ… をはおって美人コーデを完成させて!【秋冬】

【6】ロングコート

ロングコート

淡グレー&カーキのニュアンス配色で手抜き感のないエフォートレスなスタイルに。インナーにシャツをさらりと合わせることで、着ぶくれ感もなし。

あっという間の出張を終えて東京駅からオフィスへ直行――記憶がフレッシュなうちにまとめるべし… という先輩からの教えを守ります!

【7】カーディガン

カーディガン

くすんだ色調の「ジェイドグリーン」は、実は着る人を選ばない万能カラー。秋冬だからこそアウターとして着たい、カーディガンカラーとして取り入れてみて。淡ジェイドグリーンはやさしげな雰囲気に。

おしゃれプロが注目! グリーンでもカーキでもない「ジェイドグリーン」って、どんな色?

【8】チェスターコート

チェスターコート

都会的な魅力を引き出してくれる、モードなデザインや美シルエットのチェスターコートはマストアイテム。グレーカラーで知的で洗練された印象に。

あなたはどのタイプ!? Oggi的【4大OL診断】であなたに必要なアウターコートが分かる!

【9】レザーブルゾン

レザーブルゾン

黒のレザーブルゾンに黒のロングスカートを合わせてモノトーン調のシックなスタイルに。インナーにタートルネックを合わせることで暖かさも叶えます。

【M-PREMIER】名古屋でポップアップ開催

【10】シャツワンピをアウター使い

シャツワンピをアウター使い

ニットワンピにお気に入りのシャツワンピをトレンチ風にさらりとはおってアウター代わりに。使い勝手のよい万能コーデです。

【トレンド感をアピールしたい日のコーデ】ワンピONワンピでスタイリッシュに

【11】グレンチェック柄ジャケット

グレンチェック柄ジャケット

はおるだけで旬顔になるグレンチェック柄ジャケットはマストバイアイテム。クラッシックな柄がトラッドな印象を作り上げます。

【H&M】4ケタプライスのグレンチェック柄ジャケットで若々しく|小林文の賢いプチプラ買い

【12】ローゲージカーディガン

ローゲージカーディガン

ボリューミィなローゲージカーディガンに、ラムファー付きのカシミアストール。ピュアな白ニットは、ほかをボーイッシュにまとめて甘さを引き算。クリーンなホワイトニットコーデにはやんちゃなスパイスを効かせて。

クリーンなホワイトニットにやんちゃなスパイスを効かせて

【13】レオパード柄パーカー

レオパード柄パーカー

スポーティアウターを大胆レイヤード! トレンチのインナーにナイロンパーカー、アウターにダウンケープを重ねて、高度なレイヤードスタイルに挑戦。ベージュ系カラーでまとめれば異素材ミックスも唐突にならず、絶妙に女らしいグラデーションに。

【秋冬】トレンドのアニマル柄、大人はどう取り入れる!?|レオパード派orパイソン派? おすすめコーデ16選

大人シックな配色で魅せる【パンツスタイル】

ここでは、秋冬ならではのトレンド素材やカラーパンツを主役にした着こなしを紹介します。おしゃれに敏感な女性が注目するのは知的配色のコーデ。王道のアースカラーや、ニュアンスのあるグレー、旬の果実色のパンツなどで、王道スタイルを大人っぽく更新しましょう。

【1】グレイッシュデニム

グレイッシュデニム

ベージュ~グレーでつくる彩度低めのワントーンコーデ。くすんだベージュのレイヤードに、グレイッシュのデニムパンツがほどよいキレを足して、大人のカジュアルに洒落感を。

滝沢カレンが着こなす今冬トレンド【ニュアンスカラーのワントーン】でかっこよく!

【2】サスペンダー付きパンツ

サスペンダー付きパンツ

マニッシュなワイドパンツも、ツヤのあるドット柄パンツに細サスペンダー付きで一変! シンプル&ベーシックなワンツーコーデを新鮮にしてくれる。ミニマルなドットだから、さりげなく取り入りたいときに◎。

ドット柄をさりげなく取り入れるシンプルコーデ♪

【3】プラム色パンツ

プラム色パンツ

秋色になじむ深みのある色合いのカラーパンツ。赤みブラウンニットとの色の掛け合わせで、気楽なワンツーコーデに遊びを加えて。さらりと斜めがけしたマイクロミニバッグが、キャッチーなアクセントに◎。

鮮やかカラーで秋コーデに深みを!【果実色のパンツ】着回しコーデ

【4】グレーパンツ

グレーパンツ

ニット×パンツのアイシーなグレーのワントーンコーデ。パリッとした白シャツをほんの少しのぞかせるだけでメリハリがつき、ぐっと洗練された着こなしに。眼鏡や靴でトラッドテイストを取り入れて。

【NYグレー】の着こなし5TIPS|スポーティなニューヨーカーをお手本に♪

【5】ホワイトパンツ

ホワイトパンツ

オールホワイトコーデは冬だからこそ映えるスタイル。上がゆるっと、下が細身の着やせバランスならいっそう安心。寒さはグレーのストールで対策。おしゃれな差し色機能としても◎。

パンツアップで辛口にいけば大丈夫。適度な肌見せでメリハリをつくって

【6】クロップドパンツ

クロップドパンツ

グレイッシュカーキのVネックブラウスに同系色のクロップドパンツを合わせれば、こなれたコーデに。白~グレージュの淡い上品カラーを合わせるとさらに上品で洗練された印象に。

プロジェクトチームで高級鉄板焼き店にて打ち上げディナー。こっくり深い色×マットな素材感で冬の会食トップスをスタイリッシュにアップデート

【7】デニム

デニム

きれいめストレートデニムと白のリブニットを合わせればハンサムなカジュアルコーデに。このタイプのデニムがワードローブに一本あると、カジュアルがぐっと大人顔に進化します。

【この秋、絶対欲しいリブニット】白・黒・ブラウン色別コーデ見本6

【8】バーガンディーパンツ

バーガンディーパンツ

王道のパンツスタイルを今年らしくアップデートするなら、こんな着こなしを。トラッドな印象を与えるダブルのチェックジャケットにバーガーディーのパンツを合わせると女っぷりのあるスタイルに。

チェック柄ジャケット×ボルドーパンツで最旬オフィススタイル

【9】細身パンツ

細身パンツ

“Theory”の細身パンツを黒ジャケットで合わせてセットアップ風に! ロングジャケットもすっきり軽快に決まる美脚シルエット。

Theoryの細身パンツを黒ジャケットで合わせてセットアップ風に!

【10】オールインワン

オールインワン

気張った感じではなく適度にラフなドレスアップが叶うブラックのオールインワン。ベロアの艶やかな素材感でオールインワンを女らしく。深めのデコルテライン&レースが十分女らしいから、トレンチをバサッとはおってカジュアルダウンするくらいの気持ちで◎。

【秋冬】トレンドのアニマル柄、大人はどう取り入れる!?|レオパード派orパイソン派? おすすめコーデ16選

秋冬気分を満喫する【こっくり色のスカート】

落ち着いた色合いに惹かれる秋冬は、選ぶ服もどことなくクラシカルな装いが気分。ここでは、ハリ感のあるスカートや、ほどよく体にフィットしたリブニットなど、全体のトーンをシックにまとめたスカートコーデを紹介します。

【1】フレアスカート

フレアスカート

しなやかにゆれるハリ感が凛とシャープな印象を与えるブルースカート。ラフなカーキアウターに深みのあるブルーが映えて、ちょっぴりきれいめな印象に。

色んなテイストに着こなせる【きれい色フレアスカート】が大活躍|3コーデで着回し

【2】ロングタイトスカート

ロングタイトスカート

媚びないドライな色気が漂う、赤みブラウンのIラインスカート。まろやかな黒ニットに辛口なエコレザーストールを加えることで、シックな女らしさとおしゃれ心を満たしてくれる。

スタイリスト金子 綾さん直伝【ユニクロのメンズ黒ニット】着回し10コーデ

【3】エコレザースカート

エコレザースカート

漆黒のような深みのあるグリーンにセンスのよさが光るエコレザースカート。トレンドのスウェットと合わせた鉄板コーデでぐっと大人なムードに。裾見せしたインナーや足元の白で抜け感をつくるのがポイント。

モードに決まる万能ボトム!【エコレザースカート】着回しコーデ

【4】ラップスカート

ラップスカート

グリーンニット×こっくり色スカートのワンツーコーデは、ラップスカートと色味を合わせてブラウンのタイツを選択。ヴィンテージ風の黒の靴でマニッシュに引き締めて。

【フレアスカート×トラッドシューズ】で辛さをON|「ボトム×靴」の正解コーディネート

【5】プリーツスカート

プリーツスカート

細プリーツの光沢ロングスカート。深いサイドスリットの攻めたデザインこそ、ネイビーの安定感でバランスをとって。オールネイビーに白を一点効かせてコーデを品よくまとめて。

オールネイビーに白の一点効かせで、コーデがまとまる!

旬感を引き立てる【トップス】でシンプルに

もはや冬の入り口の気温13度の日。トップス選びは映えることも大事だけど、素材感にも注目を。あたたかみのあるウール素材のシャツや温かみのあるニット、重ね着を念頭に置いた薄手トップスなど。ここでは、着るだけでさりげないおしゃれに仕上がるシンプルコーデを紹介します。

【1】シアーニット

シアーニット

抜け感のあるシアーニットに、レザーボトムの強さをぶつけたメリハリコーデ。異素材の組み合わせで、きれい色のワントーンがかっこよくスタイリッシュな印象に。差し色のグレージャケットは防寒もかねて。

透け感ニット×レザーでスタイリッシュに

【2】ビッグシルエットのシャツ

ビッグシルエットのシャツ

とろみシャツときれい見えデザインのドロストジョガーパンツで、肩の力が抜けた通勤スタイルに。シャツの身頃は半分だけインして、ゆるっと感をほどよくアピール。

“女っぽカジュアル”の秋トレンドは? この3アイテムに注目!

【3】フォルム袖ブラウス

フォルム袖ブラウス

ボクシーなシルエットのブラウスを主役に、ボーイッシュなデニムや遊び心あるカラーシューズ、柄バッグで時代の空気感をまとって。ブラウスとデニムの濃度を合わせるのが大人シックにまとめるコツ。

秋へのシフトに大活躍!【フォルム袖ブラウス】着回しコーデ

【4】カーディガン

カーディガン

リッチなファーカーディガンにフロッキー加工されたベロアスカートを合わせたコーデ。デコルテや素足を出した肌見せも、オールネイビーの落ち着き感ならちょうどいい。

シーン別【飲み会スタイル】|どんな場でもスマートに、でも心は弾けて♡

【5】ニット

ニット

ワイドなそでや短め丈が今っぽいオーセンティックなニットでモードっぽい旬コーデに。チェック柄の膝丈スカートでセンスのよいコーデを。

【秋のデートファッション】手がつなぎたくなるコーディネート♥5

【6】タートルネック

タートルネック

オフホワイトのタートルネックにチョコレートカラーパンツを合わせれば、洗練された余裕のあるスタイルのできあがり。スニーカーと合わせることで抜け感のある、大人カジュアルな装いに。

【コスパ抜群の税抜8,990円】Oggiコラボの“PLST”スティックパンツのおすすめポイント3

【7】ワンピース

ワンピース

ニットワンピースに、大判ストールをアウター代わりにまとえば、洗練された大人可愛いコーデに。デザインや柄で秋冬らしさを表現でき、防寒も叶える鉄板スタイルです。

【愛されカジュアルコーデ】ワンピをチェック柄ストールでアレンジ

【8】チェック柄ネルシャツ

チェック柄ネルシャツ

旬のチェック柄シャツはコンパクトなサイズを選び、ハイウエストの黒パンツで下半身をキュッと締めて辛口モードを目指して。このシャープなIシルエットがチェックシャツをほっこり見せてくれる。

【秋冬】は本格ブーツトレンド再来?|おすすめショートブーツ&ブーツコーデPICK UP!

昼と夜の気温差が激しい日は【あったかアウター】を

最高気温が13度というと、アウターは必須なものの、晴れている日は心地よく過ごせるくらいの気温。夜になると冷え込むので、暖かいアウターがあるといいですね。日中は肩掛けや手持ちにしやすい、軽やかな素材のアウターを使ったコーデを紹介します。

【1】ガウンコート

ガウンコート

たっぷりとしたフレアシルエットで、やわらかな立体感が生まれるガウンコート。一重仕立てだからこそ生まれる軽やかさで、上品な印象に仕上げてくれる。

【2】ジャケットコート

ジャケットコート

ベーシックな印象ながら、はおるだけできれいめに仕上がるジャケットライクなコート。プリーツスカートやロングブーツなど、下半身にボリュームのある着こなしとも相性抜群。

今年の冬コートは【2つの着丈】で選ぶ|ロング&ミドル丈の注目コート9選

【3】フリースコート

フリースコート

軽くて暖かな着心地で防寒バッチリのフリースコート。きれいめに着られるノーカラーコートは、足元にレオパード柄のシューズでアクセントをプラスするのが気分。

外回りの日はあったか防寒スタイルで

【4】エコファーコート

エコファーコート

エコファーコート×レースブラウスの辛口モノトーンコーデ。ボリューミィなアウターだからこそ、ボトムスは細身の黒パンツでキレよく仕上げて。小ぶりなバッグを添えてエレガントにまとめて。

噂の【エコファー】ひとつ買ってみるならどれ?|ミンク風・テディベア風・カラーファーetc.

【5】ダッフルコート

ダッフルコート

トラッドスタイルに欠かせないダッフルコート。オフィススタイルにも合わせやすいトラディショナルなスタイルに。カラーで遊んで今っぽい雰囲気を上乗せして。

【今欲しい定番コート】本物を知る大人のための新ダッフル

【6】ふわもこブルゾン

ふわもこブルゾン

ふわもこの「やさしげ淡色コート」で、大人かわいい華やかさを演出。明るい色のコートを味方に、甘すぎないフリルやきれい色で大人のかわいげを意識するのがポイント。

あなたはどのタイプ!? Oggi的【4大OL診断】であなたに必要なアウターコートが分かる!

【7】グレンチェックのコート

グレンチェックのコート

今っぽいゆったりシルエットとチェックの組み合わせは、野暮ったく見えないように、今季注目のジェイドグリーンをプラスして、女っぽスタイルに仕上げよう!

【発見! 4万円以下コート】グレンチェックコートの実力

【8】ダウンコート

ダウンコート

シルエットの美しさに加えて保温性が高い、希少なカナディアンコロニアルダウンのコートは、着ているのを忘れるくらい軽いのが◎。フードのファーは着たときに顔の近くにくるようにデザインされていて、顔まわりに華やぎを添えてくれる。

クリスマスの夜は細身ダウンで女らしく温かく

最後に

アウターなしでは肌寒い、気温13度の日。紅葉が深まる時季は日中と夜の気温差が激しい証拠なので、グッと冷え込んでも対応できるレイヤードコーデや、あったか素材から服装を選ぶのがおすすめです。ちょっと雰囲気を変えたいときは、きれいめカラーにもぜひ挑戦を。季節を先取りするくらいの気持ちで旬の配色を取り入れることで、いつものコーデを新鮮な気持ちで楽しんで。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.28

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature