Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 【2022年秋冬】気温13度の服装は?最高・最低気温別のおすすめコーデ40選

FASHION

2022.11.10

【2022年秋冬】気温13度の服装は?最高・最低気温別のおすすめコーデ40選

最高気温13度は初冬・晩冬に多い気温。最低気温13度は春や秋に多い気温です。本格的な寒さを迎える一歩手前の日に真似したい、大人におすすめのきれいめな服装を紹介します。最高気温・最低気温別に押さえておきたい着こなしのポイントも、ぜひ参考にしてみて。

気温13度の服装を最高・最低気温別にチェック

最高気温13度は秋から冬、冬から春の初冬・晩冬の時期。最低気温は桜や紅葉が楽しめる春秋の季節。今回は、この時季ならではの寒さや寒暖差の対策をしながら楽しむ旬のコーデを、アイテム別にご紹介します。まずは最高気温・最低気温別に、コーデに取り入れやすいアイテムの解説から。

◆最高気温13度の服装のポイント

最高気温13度は、3月上旬や12月下旬あたりの気温です。冬の終わりとはじまりの季節で、寒さ対策は必須。朝晩は「冬コート」も必要となってくる気温にまで冷え込むので、防寒を意識しながらコーディネートをしましょう。

1|冬用アウター必須!

冬用アウターは必須!

最高気温が13度だからといって油断は禁物! 朝晩は気温が一桁代になりかなり冷え込むので、冬用のダウンなどをはおるのがおすすめです。

カジュアルコーデをきれいめに見せるシックな足元なら?

2|ニットで防寒

ニットで防寒

アウターの下は暖かく過ごせるようニットがおすすめです。しっかりと防寒対策をして出掛けましょう。

絶妙ピンクのボリュームニットをキャップで軽快に!

◆最低気温13度の服装のポイント

最低気温13度の気候は、4月下旬や10月下旬など、春・秋の日中は過ごしやすい気温。ただし、この時季に注意すべきは朝晩と日中の寒暖差です。最低気温13度の日に意識しておきたいポイントを紹介します。

1|着ぶくれしない薄軽アウターで一日中快適

スポーティコート

白ニット×黒パンツのモノトーンにグレーのスポーティコートを合わせたモードなコーデ。バサっとはおって颯爽と風を切る、そんなかっこよさを手に入れて。着丈は長いほうが断然クール。

色は抑えめでもなぜか地味にならずおしゃれ! その理由は…!?

2|インナーは薄手のトップスがちょうどいい

インナーは薄手のトップスがちょうどいい

朝晩が13度で厚手のニットが快適でも、日中になると暑さを感じてしまう時季。アウターやジャケットをはおるのであれば、中は薄手のニットやブラウスをチョイスするのが無難です。

ストライプシャツでトレンチコートをより颯爽とシャープに♡

▼あわせて読みたい

秋の服装【レディースコーデおすすめ25選】移り変わる季節感を取り入れた9…

【10月のファッションコーデおすすめ48選】かっこいいおしゃれが決め手! …

こなれて見える【秋のアウターおすすめ33選】きれいめ派らしいレディース…

【最高気温13度の服装】パンツコーデ9選

朝晩は真冬のような寒さを感じる気温。冬用コートやニットで防寒対策をしながらも、オシャレを忘れないパンツスタイルコーデを紹介します。


黒ロングコート×グレーニット×白パンツ
黒ロングコート×グレーニット×白パンツ

ロングコート×インパクトスニーカー
ロングコート×インパクトスニーカー

ブラウンコート×白パンツ×白スニーカー
ブラウンコート×白パンツ×白スニーカー

ベージュコート×グリーンロゴスウェット×ネイビーパンツ
ベージュコート×グリーンロゴスウェット×ネイビーパンツ

ブラウンコート×ベージュニットパンツ×スニーカー
ブラウンコート×ベージュニットパンツ×スニーカー

白コート×ブルースウェット×黒ワイドパンツ
白コート×ブルースウェット×黒ワイドパンツ

ボアコート×水色デニム
ボアコート×水色デニム

黒ピーコート×ツヤテロパンツ
黒ピーコート×ツヤテロパンツ

フリースコート×黒パンツ×レオパードパンプス
フリースコート×黒パンツ×レオパードパンプス

【1】黒ロングコート×グレーニット×白パンツ

黒ロングコート×グレーニット×白パンツ

カシミアと同等の繊細なウール繊維を、薄く二重に織り上げたリバー素材のロングコート。ジャージーのような味のある表面感で、一歩抜きん出たラフなニュアンスが手に入る。白パンツと合わせてスタイリッシュに着こなして。

存在感のある“エイトン”のリバー素材コートを主役に!

【2】ロングコート×インパクトスニーカー

ロングコート×インパクトスニーカー

ロングコートもインパクトのあるボリューミーなスニーカーがあればのっぺり見えず、バランスアップ! シンプルな着こなしが立体的に映えるコーディネートに。

シンプルな着こなしをインパクトスニーカーで立体的に!

【3】ブラウンコート×白パンツ×白スニーカー

ブラウンコート×白パンツ×白スニーカー

濃い色のコートコーデは重く見えがちだけど、ボトム&足元を白でつなげれば抜け感たっぷりに! ブラウンロングコートがすっきりとした印象に。

重く見えがちな濃色コートコーデに抜け感を出すなら…

【4】ベージュコート×グリーンロゴスウェット×ネイビーパンツ

ベージュコート×グリーンロゴスウェット×ネイビーパンツ

裏起毛のなめらかな肌触りで、ニットでなくともこなれ感と暖かさをしっかりと兼備するロゴスウェット。シンプルなコートやパンツに投入して、きれいめスタイルに抜け感を。

ニット気分じゃない日は♡ ロゴスウェットが今っぽい!

【5】ブラウンコート×ベージュニットパンツ×スニーカー

ブラウンコート×ベージュニットパンツ×スニーカー

ブラウンコートに、カジュアルに傾きがちなニットパンツとスニーカーの着こなし。全身をニュアンシーで洗練された配色でまとめることできれいめに仕上がります。スニーカーは白すぎないからこそスッとなじんで。

ニットパンツ×スニーカーを上品に仕上げるポイントは?

【6】白コート×ブルースウェット×黒ワイドパンツ

白コート×ブルースウェット×黒ワイドパンツ

ワイドパンツで重心をぐっと下げた今どきバランス。カレッジスウェットのようなロゴとスニーカーとを白でリンクすることで統一感が生まれます。オーバーシルエットのかけ合わせもこの「抜け」で野暮ったく見せないのもポイント。

今どきカジュアルのお手本! メンズライクボトム×白シューズコーデ

【7】ボアコート×水色デニム

ボアコート×水色デニム

ボリューミーなボアコートもハーフ丈を選べば軽やかに。色落ちした水色デニムを合わせて、淡いワントーンコーデのできあがり。

【11/8のコーデ】今旬のボアコートは淡色コーデで、大人かわいく♡

【8】黒ピーコート×ツヤテロパンツ

黒ピーコート×ツヤテロパンツ

定番の黒Pコートを鮮度高めに着こなすなら、しなやかなツヤテロパンツ! カーキを選ぶと、リラクシーな中にも大人のかっこよさが引き立つ。深くたたんだフロントタックが縦線を強調し、ワイドシルエットもすっきりとした印象に。足元は重めブーツで安定感を意識して。

定番Pコートを鮮度高めに着こなす! 好相性ボトムは…

【9】フリースコート×黒パンツ×レオパードパンプス

フリースコート×黒パンツ×レオパードパンプス

軽くて暖かな着心地で防寒バッチリのフリースコート。きれいめに着られるノーカラーコートは、足元にレオパード柄のシューズでアクセントをプラスするのが気分。

外回りの日はあったか防寒スタイルで

【最高気温13度の服装】スカートコーデ9選

最高気温13度の日のスカートコーデは、足元まで防寒対策を忘れずに! 足元~ボトムスをつなぐ靴下やタイツも周りと差をつけるコーディネートのカギ。最高気温13度の日も暖かく過ごせるスカートコーデを紹介します。


クロップド丈サックスブルーコート×黒マキシ丈スカート
クロップド丈サックスブルーコート×黒マキシ丈スカート

ブルゾン×イエローニット×淡色スカート×グレーブーツ
ブルゾン×イエローニット×淡色スカート×グレーブーツ

ウールベージュブルゾン×パープルスカート
ウールベージュブルゾン×パープルスカート

ベージュコート×ブラウンスカート
ベージュコート×ブラウンスカート

ボアコート×ピンクニット×とろみスカート×ハイカットスニーカー
ボアコート×ピンクニット×とろみスカート×ハイカットスニーカー

ブルーダウンコート×グレースカート×マルチカラースニーカー
ブルーダウンコート×グレースカート×マルチカラースニーカー

黒コート×グリーンタイトスカート×黒スニーカー
黒コート×グリーンタイトスカート×黒スニーカー

グレーピーコート×ベージュティアードスカート
グレーピーコート×ベージュティアードスカート

ガウンコート×黒フレアスカート
ガウンコート×黒フレアスカート

【1】クロップド丈サックスブルーコート×黒マキシ丈スカート

クロップド丈サックスブルーコート×黒マキシ丈スカート

クロップド丈のアウターが、その他のアイテムをオールブラックにすることで際立って。ハイウエストのマキシ丈スカートで、思いきりメリハリを利かせて旬のバランスを楽しんで。

今旬のクロップド丈アウターは、マキシスカートと好相性♡

【2】ブルゾン×イエローニット×淡色スカート×グレーブーツ

ブルゾン×イエローニット×淡色スカート×グレーブーツ

存在感のあるグレースエードブーツは、淡色タイトスカートと組み合わせてより今っぽいニュアンシーなテイストに。オーバーサイズのブルゾンで、全身のボリューム感を調整。

タイトスカート×ロングブーツで存在感のあるスタイルを目指して

【3】ウールベージュブルゾン×パープルスカート

ウールベージュブルゾン×パープルスカート

カジュアルなウールブルゾンをさらに重ねても、デニムシャツのハンサムさが全身をキリッと引き締め、都会的な表情に。さらに、軽やかなシアータートルが抜け感を演出。アクセサリー感覚で添えたミニバッグやビビッドパープルのスカートで、フレッシュな着こなしを叶えて。

デニムシャツのハンサムさで全身をキリッと引き締めて!

【4】ベージュコート×ブラウンスカート

ベージュコート×ブラウンスカート

全身がグラデーションでまとまるように、ニュアンスのある色のスカートをチョイス。 ドライな質感のブラウンなら、重見えする心配もなく、晩冬に適度な春めきを感じられます。

ニュアンスカラーを要にした大人のグラデーションスタイル

【5】ボアコート×ピンクニット×とろみスカート×ハイカットスニーカー

ボアコート×ピンクニット×とろみスカート×ハイカットスニーカー

ミルクティー色のボアコートにピンクのニット、パープルのとろみスカートとフェミニンなムードが全開のコーディネート。足元はスカートと同色のハイカットスニーカーで、カジュアルながらもショートブーツ気分で合わせられます。程よいカジュアル感が今っぽい力の抜けた雰囲気に。

ふわもこ×スカートは足元で力を抜くのが今っぽい♡

【6】ブルーダウンコート×グレースカート×マルチカラースニーカー

ブルーダウンコート×グレースカート×マルチカラースニーカー

ブルー×グレーのまろやかな淡い寒色コーデに、マルチカラースニーカーをプラスして大人な配色に。フォルムはぽってりとしつつも「わかってる感」のあるおしゃれ配色のスニーカーだから、ほっこり感はゼロ! ライトな色味のレギンスで繫いで、こなれたスタイルに。

スニーカースタイルをこなれて見せる大人配色コーデ

【7】黒コート×グリーンタイトスカート×黒スニーカー

黒コート×グリーンタイトスカート×黒スニーカー

知的なグリーンのタイトスカートを主役に、足元はオールブラックのスニーカー×黒ソックスでカラーを統一。バサッとしたスポーティアウターとあえてのかごバッグで軽快なスタイリングを楽しんで!

重めスニーカーと相性抜群♡ タイトスカートでカジュアルコーデ

【8】グレーピーコート×ベージュティアードスカート

グレーピーコート×ベージュティアードスカート

遠目でも映えるロマンティックな甘さのティアードスカート。黒タートルやピーコートなど、冬のハンサムアイテムで引き締めると、スカートのフェミニンさがちょうどいいバランスに。

ドラマティックなティアードスカートは辛口アイテムと好相性!

【9】ガウンコート×黒フレアスカート

ガウンコート

たっぷりとしたフレアシルエットで、やわらかな立体感が生まれるガウンコート。一重仕立てだからこそ生まれる軽やかさで、上品な印象に仕上げてくれます。

今年の冬コートは【2つの着丈】で選ぶ|ロング&ミドル丈の注目コート9選

【最低気温13度の服装】パンツコーデ9選

春・秋のおでかけシーズンで、過ごしやすくオシャレもしやすい気温の日。仕事の日もばっちり決まるパンツスタイルや、オフの日はゆったりとした気分で1日を過ごせるパンツコーデを紹介します。


白カーディガン×グレーバレルパンツ
白カーディガン×グレーバレルパンツ

黒カーディガン×白ブラウス×ショートボトム
黒カーディガン×白ブラウス×ショートボトム

薄ブルーカーディガン&ニット×濃ブルーパンツ
薄ブルーカーディガン&ニット×濃ブルーパンツ

白トレンチコート×黒バレルパンツ
白トレンチコート×黒バレルパンツ

ジャケット×ロゴスウェット
ジャケット×ロゴスウェット

テーラードジャケット×パンツセットアップ
テーラードジャケット×パンツセットアップ

ベーシックジャケット×白カーゴパンツ
ベーシックジャケット×白カーゴパンツ

ツイードジャケット×ピンクベージュパンツ×巾着バッグ
ツイードジャケット×ピンクベージュパンツ×巾着バッグ

グレーカーディガン×イエローパンツ
グレーカーディガン×イエローパンツ

【1】白カーディガン×グレーバレルパンツ

白カーディガン×グレーバレルパンツ

カーディガンのボタンを留めてVネックニットのように着るのが今っぽい。グレーのバレルパンツで、色とシルエットで緩急をつけて新鮮なバランスを攻略。カシミア混のカーディガンは、前後で着られる2way仕様でバックシャンなニットとしても活躍する優秀アイテム。

旬のクロップド丈ニット。ボトムは好相性のバレルパンツ♡

【2】黒カーディガン×白ブラウス×ショートボトム

黒カーディガン×白ブラウス×ショートボトム

大人かわいいブラウスにマンネリを感じている人がトライするなら、大きなフリル襟のデザインがおすすめ。甘すぎず、モード香るあしらいが大人の味方になってくれる♡ ゆるっとしたニットやショートボトムもカジュアルになりすぎません。

秋に着たいのは、顔周りがパッと華やぐフリルブラウス♡

【3】薄ブルーカーディガン&ニット×濃ブルーパンツ

薄ブルーカーディガン&ニット×濃ブルーパンツ

秋にブルーグラデを着こなすなら、小物の色は優しげな白を選んで。寒色の冷たさが白のバッグで和らぐコーデに。

秋にブルーグラデを着こなすなら、小物の色は優しげに♡

【4】白トレンチコート×黒バレルパンツ

白トレンチコート×黒バレルパンツ

きれいめ派の定番、トレンチコートの着こなしは、バレルパンツを合わせてメンズライクにアップデート。シャリ感のある生地はカジュアルすぎず、きちんと感をきっちりキープしてくれます。

秋の最旬ボトム「バレルパンツ」の着こなし方♡

【5】ジャケット×ロゴスウェット

ジャケット×ロゴスウェット

ロゴスウェットの絶妙な抜け感がジャケットをこなれて見せてくれます。スウェットはノースリーブタイプなので夏まで活躍できるのもうれしい。

ジャケットをこなれて見せるのは、ロゴスウェットの絶妙な抜け感

【6】テーラードジャケット×パンツセットアップ

テーラードジャケット×パンツセットアップ

テーラード×パンツの都会的なセットアップにトレンドカラーのダークグリーンが、大人のモード感を一層引き立てて。パンツは裾スリット入りで、膝下がさりげなくフレアになるシルエットが新鮮な印象に。

トレンド筆頭カラーのセットアップでシャキッとSTART!

【7】ベーシックジャケット×白カーゴパンツ

ベーシックジャケット×白カーゴパンツ

きれいめ色の白をボトムで取り入れる場合、シルエット選びはカジュアルを意識することが今っぽく着地するためのカギ。たとえば、裾が絞られたカーゴパンツは、ゆるっとしたシルエットで程よいカジュアル感が生まれます。

白ボトムなら、カーゴパンツが熱い!

【8】ツイードジャケット×ピンクベージュパンツ×巾着バッグ

ツイードジャケット×ピンクベージュパンツ×巾着バッグ

小粋なツイードジャケットコーデを盛り上げるなら、巾着バッグをチョイス♡ クラシカルなツイードジャケットの着こなしが、軽やかでアクティブな印象へとシフト。

小粋なツイードジャケットコーデに似合うバッグなら…♡

【9】グレーカーディガン×イエローパンツ

グレーカーディガン×イエローパンツ

ロゴ入りのカットソーは、きれい色のイエローパンツできれいめ感をマーク。ざっくりとしたグレーのカーディガンとやわらかな色合いで大人っぽく着こなして。

秋の色合わせで大人っぽく! カラーパンツ×グレートップス

【最低気温13度の服装】スカートコーデ9選

ふわっとしたスカートでやわらかく、タイトめなスカートでかっこよくきめたりと、軽くはおれるアウターとコーディネートを考えるのが楽しくなるのが最低気温13度の日。テーラード合わせ、ロングシャツ合わせ、ブルゾン合わせ、カーキの薄手アウター合わせetc.、最低気温13度の日におすすめのスカートコーデを紹介します。


白ジャケット×フェイクレザースカート
白ジャケット×フェイクレザースカート

グレージャケット×ミニスカ×ブラウンブーツ
グレージャケット×ミニスカ×ブラウンブーツ

白スウェット×ジャケット×パールネックレス
ジャケット×白スウェット×パールネックレス

レーススカート×デニムジャケット×ワンハンドルバッグ
デニムジャケット×レーススカート×ワンハンドルバッグ

黒サファリジャケット×黒ニット×イエロースカート
黒サファリジャケット×黒ニット×イエロースカート

黒ブルゾン×モノトーントップス×派手色スカート
黒ブルゾン×モノトーントップス×派手色スカート

薄手コート×黒ティアードスカート×黒ブーツ
薄手コート×黒ティアードスカート×黒ブーツ

カーキアウター×ブルーフレアスカート
カーキアウター×ブルーフレアスカート

ジャケット×オレンジシアーニット×レザースカート
ジャケット×オレンジシアーニット×レザースカート

【1】白ジャケット×フェイクレザースカート

白ジャケット×フェイクレザースカート

今っぽさが生まれる、ロング丈×Iラインのスカート。パテント風のフェイクレザーなど辛口でまとめると、白ジャケットとの効果も相まってスタイリッシュに決まります。トップスはカジュアル推奨!

今、ヒール靴に合わせたいのはカジュアル&今っぽいアイテム

【2】グレージャケット×ミニスカ×ブラウンブーツ

グレージャケット×ミニスカ×ブラウンブーツ

ビッグサイズのジャケットと太めヒールのロングブーツはコンパクトなニットタイトミニで繫いで。トレンドのミニ丈も、肌見せ面積をブーツで調整すれば大人かわいく取り入れられて、寸胴に見えずスタイルアップが叶います。

ハンサムに着こなすミニ丈スカートとロングブーツが今季旬

【3】ジャケット×白スウェット×パールネックレス

白スウェット×ジャケット×パールネックレス

白スウェットに小粒のパールネックレスを合わせたセンスが光るコーデ。近寄って見たときに初めてわかるくらいのさりげなさが好印象。

スタイリスト兵藤千尋さんのセンスを感じるパール使いが要!

【4】デニムジャケット×レーススカート×ワンハンドルバッグ

レーススカート×デニムジャケット×ワンハンドルバッグ

きれいめシンプルな着こなしには、端正な型押しバッグを選んでクラシカルなコーディネートに。’90年代からインスパイアされたワンハンドルバッグのレトロライクな風格は、オケージョンにも最適。

きれいめシンプルな着こなしに、端正な型押しバッグを。

【5】黒サファリジャケット×黒ニット×イエロースカート

黒サファリジャケット×黒ニット×イエロースカート

コントラストの強いイエロー×黒の切れ味抜群コーデは、上品なブラウン小物でやわらかさを加えて。カーディガンではなくパリッとした黒のサファリジャケットで、辛口を意識するのがきれいめシンプル流。

春のイエローは、×ブラックでキレよく! 

【6】黒ブルゾン×モノトーントップス×派手色スカート

モノトーントップス×派手色スカート

モノトーンのボーダーなら、派手色も簡単にフレンチシックな着こなしに。白小物で抜けを出して軽やかなスタイルに仕上げて。

フレンチシックな着こなしを、鮮やかピンクで小粋に!

【7】薄手コート×黒ティアードスカート×黒ブーツ

薄手コート×黒ティアードスカート×黒ブーツ

フェミニンスカートに相反するゴツめのコンバットブーツ。異なるテイストをぶつけることで生まれる新バランスを楽しんで。

量感のあるブーツにバランス良くスカートを合わせるなら?

【8】カーキアウター×ブルーフレアスカート

カーキアウター×ブルーフレアスカート

しなやかにゆれるハリ感が凛とシャープな印象を与えるブルースカート。ラフなカーキアウターに深みのあるブルーが映えて、ちょっぴりきれいめな印象に。

色んなテイストに着こなせる【きれい色フレアスカート】が大活躍|3コーデで着回し

【9】ジャケット×オレンジシアーニット×レザースカート

ジャケット×オレンジシアーニット×レザースカート

抜け感のあるシアーニットに、レザーボトムの強さをぶつけたメリハリコーデ。異素材の組み合わせで、きれい色のワントーンがかっこよくスタイリッシュな印象に。差し色のグレージャケットは防寒もかねて。

透け感ニット×レザーでスタイリッシュに

最後に

厳しい寒さを感じる最高気温13度の日は、アウターや厚手のトップスなどでしっかりと防寒対策を。アウターなしでは肌寒い最低気温気温13度の日は、朝晩にグッと冷え込んでも対応できるレイヤードコーデや、どこかにあったか素材のある服装を選ぶのがコツです。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.12.06

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature