どう合わせる? 夏キャップコーデ25選【2020】ただのカジュアルで終わらせないキャップスタイル | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. アクセサリー・バッグ・帽子
  4. 帽子コーデ
  5. どう合わせる? 夏キャップコーデ25選【2020】ただのカジュアルで終わらせないキャップスタイル

FASHION

2020.07.08

どう合わせる? 夏キャップコーデ25選【2020】ただのカジュアルで終わらせないキャップスタイル

夏の強い日差しはキャップでガード! 今回はおすすめの夏のキャップコーデをご紹介します。取り入れやすい黒キャップから、鮮度の高いニュアンスカラーのキャップなど、カジュアルなキャップコーデをOggi世代らしい大人カジュアルに仕上げる方法を確認。

【目次】
夏のおしゃれを加速するキャップコーデとは?
クールな黒キャップコーデでカジュアルを格上げ
気張らないキャップコーデにはニュアンスカラーを選んで
最後に

夏のおしゃれを加速するキャップコーデとは?

なんとなくで合わせていたキャップコーデから卒業! 今回は夏のスタイルに合わせやすい黒キャップや、ニュアンスカラーのキャップを中心に、大人カジュアルな合わせ方を確認してみましょう。

□ キャップは野球帽タイプとキャスケットがある
□ 野球帽タイプはツバが長いものを選ぶと大人っぽい
□ こなれ見えを狙うなら「黒キャップ」がおすすめ
□ 気張らないカジュアルにはニュアンスカラーを選んで

クールな黒キャップコーデでカジュアルを格上げ

黒キャップはキャップ初心者も取り入れやすく、子供っぽさを回避できるのでOggi世代におすすめ。ガーリーからトラッドまで、どんなコーデとも合わせやすく、黒キャップの引き締め効果で都会的な印象もつくれます。辛口モードに振って大人かっこいいコーデにチャレンジしてみて。

【1】黒キャップ×黒Tシャツ×ツヤ感スカート

黒キャップ×黒Tシャツ×ツヤ感スカート

女っぽさ漂うツヤ感スカートを主役に黒Tシャツ×黒キャップでほどよくカジュアルダウン。シンプルな黒なら大人っぽいコーデにも取り入れやすい。

【スポーティ小物】は女っぽアイテムと合わせると断然あか抜ける!

【2】黒キャップ×黒ニット×小花柄スカート

黒キャップ×黒ニット×小花柄スカート

バックシャンの黒リブニットとヴィンテージ調の小花柄スカートのワンツーコーデ。ビッグシルエットのGジャン×黒キャップで、相反するボーイッシュな要素が、ぐっと女っぷり高めてくれる。

祝! Oggi新専属モデル【飯豊まりえ】インタビュー&こなれた「モードカジュアル」コーデ5選

【3】黒キャップ×ネイビーニット×黒ショートパンツ

ショートパンツ、キャップ、スニーカーのカジュアルコーデは、黒×ネイビーでシックに。ニットのゆるさやスニーカーのボリューム感が今どきに見せる秘訣。地味にならないようバッグで色を足して。

アクティブに過ごす休日は、ショートパンツで軽快に【乃木坂46 新内眞衣の1か月コーデ】

【4】黒キャップ×グレーTシャツ×ピンクパープルスカート

黒キャップ×グレーTシャツ×ピンクパープルスカート

太陽が似合うピンクパープルのスカート×カジュアルアイテムのコーデ。黒キャップ、グレーのロゴTシャツ、黒スニーカーのダークカラーアイテムでアクティブに。

天気のいい日はロゴT×スニーカーでアクティブに!

【5】黒キャップ×ストライプ柄シャツワンピース×ミントフーディー

ワンピースとフーディーのカジュアルコーデは、ミントカラーのフーディーをニット感覚でシャツワンピースにON。キャップ×サンダルの黒で引き締めて、こなれ見えを狙って。

ワンピーススタイルにフーディーを肩がけ! 簡単なのにこなれて見える♡

【6】黒キャップ×白カットソー×イエローロングカーディガン×デニムパンツ

ロゴ入り黒キャップとスニーカーで、キャッチーな大人のスポーティコーデ。ベーシックカラーを基調に、華やかカラーを一点加えるだけにして、カジュアルに寄りすぎない上品さを。

大人のキャップスタイルに挑戦! 学生時代の友人と映画鑑賞へ

【7】黒キャップ×白カーディガン×ピンクロングスカート

フレアスカートを甘く着ないのが今旬のポイント。黒キャップ、バングル、レオパード柄バッグなどの辛口アイテムをプラスして、白×モーヴピンクを大人に着こなして。

気ままに過ごす休日は、辛口アイテムでつくるオフ仕様のスカートコーデ

【8】黒キャップ×ネイビーニット×ブラウングレーチェックパンツ

きちんと上品でほんのり華やぐチェックパンツをメインに、小物を黒色で引き締めて都会的な印象に。キレのいいコーデで、カジュアルな黒キャップもきちんとかっこよくキマる。

早起きしてフラワーショップへ♡ 最近キャップがお気に入り

【9】黒キャップ×ストライプシャツ×黒パンツ

ゆるっとしたシャツを、ハイウエストパンツ、スリッパローファー、黒キャップで辛口モードに、大人かっこいいコーデ。黒を多めにし、シックな印象を。

働くアラサーによく似合う!【ワイドパンツ】コーディネート見本6

【10】黒キャップ×黒ワンピース×グレーニット

フェミニンな黒ワンピースに、淡色ニットのレイヤードと黒キャップでほどよくカジュアルダウン。旬のクリアバッグをプラスして、コーデの鮮度をアップさせて。

街を散策♪ フェミニンなきれいめワンピをカジュアルダウンさせて

【11】黒キャップ×黒ジャケット×ボーダーカットソー×黒パンツ

黒キャップとスニーカーで、かっちりイメージのジャケットコーデを身軽でアクティブな印象に。モノトーンでまとめて、スタイリッシュにキメて。

【バーニーズ ニューヨーク】のキャップ|Oggi的名品File

【12】黒キャップ×黒ジャケット×ボーダーカットソー×ベージュパンツ

ボーダーカットソー×チノパンのマリンファッションに、黒キャップとノーカラージャケットがクールにはまる。ゴールドのバングルやチェーンバッグでカジュアルを格上げ!

意外? キャスケットにジャケットがクールにハマる

【13】黒キャップ×モスグリーンニット×デニムパンツ

ベーシックなデニムスタイルに、キャップや大きめトートで遊び心を効かせて。きれいめデニムと上品パンプスで大人カジュアルな仕上がりに。

初めての落語鑑賞。休日ならではの小物使いで遊び心を!

【14】黒キャップ×黒ニット×ピンクパンツ

キャップ、ボートネックニット、エスパドリーユの王道フレンチアイテムをシックな黒でまとめて、モードな大人のフレンチカジュアルに。ホットピンクのパンツで外しを効かせて。

デート、フェスetc.【スタイリスト金子 綾】が提案する〝かわいげドライ〟実践編/パンツの場合

【15】黒キャップ×ボーダーカットソー×黒パンツ

全体をモノトーンでまとめたすっきりマリンコーデ。背中が開いたカットソーは、キャップとふわっとまとめた髪で露出を調整し、ヘルシーな女らしさをアピール。

連休最終日。ボーダートップス×パンツで軽快に

気張らないキャップコーデにはニュアンスカラーを選んで

アクティブなキャップコーデは、きちんと感のあるアウター合わせも堅さをほぐす効果があるのが魅力。ここでは差し色にニュアンスカラーのキャップを加えたり、気張らないカジュアルスタイルに、ほどよいアクセントを加えた着こなしをご紹介します。

【1】グレーキャップ×グレーマキシワンピース

グレーキャップ×グレーマキシワンピース

奥行きのあるマキシワンピにチェックキャップを合わせたグレーコーデで、アクティブかつスタイリッシュに。トラッドなチェック柄ならスポーティになりすぎず、無造作ヘアでもおしゃれに決まる。

全身【7,559円コーデ】身軽にソロ旅ガール|1万円以下コスパ最強のセットを発表!

【2】オフ白キャップ×黒ニット×白Tシャツ×黒パンツ

オフ白キャップ×黒ニット×白Tシャツ×黒パンツ

上下を黒でまとめるときは、少量の「白」を効かせて、こなれたモノトーンスタイルに。ニットの襟ぐりと裾から、キャップはオフ白を選んで、ちらりとのぞかせた白Tシャツの清涼感をリフレインさせて。

【夏のマストアイテム】ATON|エイトンのノースリーブTシャツで着回し6コーデ

【3】カーキキャップ×ブラウンワンピース

カーキキャップ×ブラウンワンピース

ブラウンのフレアワンピースは一枚で鮮度の高い着こなしが手に入るから、カーキのキャップやカラフルなウエストポーチをON。アスレジャーな味付けがプレイフルな着こなしに導いてくれる。

トレンドカラーを着こなしてカジュアルモードに【旬ブラウンの着こなし3選】

【4】ベージュキャップ×白パーカー×白Tシャツ×カーキタイトスカート

ベージュ~白のなごみ配色でつくるホリデーコーデはタイトスカートで女らしさをプラスして。キャップ、リネンパーカー、Tシャツー、スニーカーで休日らしい動きやすさを重視した装いに。

スポーティコーデにタイトスカートで女らしさを♡

【5】カーキキャップ×黒ロング丈ワンピース×白パーカー

裾が大きく広がるロング丈の黒ワンピースに、UV対策の白リネンパーカーとカーキキャップを合わせたカジュアルコーデ。リゾート見えしないように、シルバーアクセを重ね付けして辛口に。

カジュアルなリネンパーカーコーデをシルバーアクセで辛口仕上げ

【6】ベージュキャップ×黒ジャケット×グレーTシャツ×ベージュパンツ

きちんと感のあるジャケット×パンツの組み合わせは、キャップ&ビーサンのお気楽なモード感で黒ジャケットの堅さをほぐして。

リネン混ノーカラー×ストリートカジュアル小物|ジャケパンと小物でこなれ感を

【7】ライトグレーキャップ×黒カットソー×黒パンツ

ゆったりシルエットで休日のオールブラックコーデ。キャップやスニーカーでアクティブさをプラス。ストラップバッグを効きよくアクセントに。

ストラップバッグをお供に休日ワークアウト♪

【8】ライトグレーキャップ×ブラウンワンピース×カーキジャケット

女らしいIラインのワンピースとサンダルに、キャップとカーキブルゾンでボーイッシュ要素をプラス。気張らないカジュアルスタイルのできあがり。

一泊二日で旅行♪ 気張らないカジュアルスタイルも女らしさは忘れずに

【9】ライトグレーキャップ×ブラウンワンピース×黒カットソー

ナチュラルなブラウンワンピースに黒カットソーのレイヤードで引き締めて、ゆるすぎないバランスをキープ。キャップとスニーカーは明るいカラーで軽やかに。

BBQのアラサー的正解コーデは、女らしいひざ下ワンピスタイル♡

【10】ベージュキャップ×黒カットソー×黒パンツ

アクティブに動き回りたい日には、ゆったりシルエット&楽チンさを追求したリラックスコーデを。オール黒コーデにはキャップやバッグのカラーでアクセントをプラスして。

ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!

最後に

夏ほどキャップが似合う季節はあるのでしょうか? …と思うほど、夏はキャップの出番が本当に多くなりますね。大人カジュアルなスタイルはもちろん、トラッドなジャケットとの合わせ方や、クールビューティーなコーデはぜひトライしてみて。暑くて汗だくになるのが気になる人も、ジャブジャブ洗えるタイプならすっきり!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature