【2023】夏のキャップコーデ22選|ただのカジュアルで終わらせない旬スタイル | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ファッション小物
  4. 帽子コーデ
  5. 【2023】夏のキャップコーデ22選|ただのカジュアルで終わらせない旬スタイル

FASHION

2023.08.15

【2023】夏のキャップコーデ22選|ただのカジュアルで終わらせない旬スタイル

夏の強い日差しはキャップでガード! 今回は、夏におすすめのキャップコーデを紹介します。取り入れやすい黒キャップから、一気にこなれ感が出るカラーのキャップなど、30代に似合う大人カジュアルの仕上げ方をチェック。

夏のお洒落を加速させるキャップコーデとは?

強い日差しが打ち付ける夏は、UVケアのためにもキャップの出番が増える季節です。しかし、ただキャップをかぶるだけでは、子どもっぽく見えてしまうことも…。今回は、夏のスタイルに合わせやすい黒キャップや、コーデの幅が広がるカラーのキャップなど、大人カジュアルな合わせ方を紹介します。

◆黒キャップコーデのPOINT

・黒キャップとコーデ・小物の色をリンクさせる
・レディライクなアイテムと合わせて甘辛MIXに
・オールブラックコーデなら、程よい肌見せでコーデに抜け感を

〈お手本コーデ〉

黒キャップ×レディライクな黒ワンピース×黒サンダル

気分を最高潮に引き上げてくれるパワーがある、ドレスのような黒ワンピース。主役をレディライクなものに絞ったら、ほかは辛口のアイテムを意識したり、ボーイッシュな小物をブレンドしたり、甘辛MIXコーデを意識。

あえて気合いを入れない♡ ラフな甘辛MIXコーデ

◆カラーキャップコーデのPOINT

・コーデの色味は3色に抑えて
・きれいめアイテムと合わせて大人きれいコーデ
・ハリのあるシャツやジャケットなどできちんと見え

〈お手本コーデ〉

ベージュキャップ×白カットソー×ネイビーのパンツ×ゴールドのパンプス

キャップやジャケットなどのカジュアルアイテムに、リュクスなゴールドのパンプスが効いた着こなし。コーデ全体をシャープで辛口に仕上げてくれる。

カジュアルコーデは、足元に光沢を加味して辛口に仕上げて

【黒キャップ】でカジュアルを格上げ

黒キャップは帽子初心者さんも取り入れやすく、子どもっぽさを回避できるので30代にもおすすめ。ガーリーからトラッドまで、どんなコーデとも合わせやすく、黒キャップの引き締め効果で都会的な印象も作れます。辛口モードに振って大人かっこいいコーデにチャレンジしてみて。

黒キャップ×黒マキシワンピース×黒ビーサン

黒キャップ×黒マキシワンピース×黒ビーサン

マキシワンピースに、通常のビーサンよりもボリュームのあるサンダルを足元に取り入れた夏のオールブラックコーデ。肌見せとのコントラストで、ヘルシーに仕上がる。

お洒落プロが愛用するサンダル「OOFOS(ウーフォス)®」の魅力とは?

黒キャップ×白ワンピース×ショートブーツ

黒キャップ×白ワンピース×ショートブーツ

生地の切り替えが肩周りとセンターに施されており、ジャケットのようなかっちりとした仕立ての白ワンピ。黒キャップ、ショートブーツを合わせれば、すっきりとした白ワンピを切れ味よく着こなせる。

ワンピースをチェック! 着こなし自在の買うべき一着は…

黒キャップ×ボーダーカットソー×タイトスカート

黒キャップ×ボーダーカットソー×タイトスカート

グレイッシュな淡いグリーンが洒落たタイトスカートは、ランダムにあしらわれたリブのおかげで、自然とほっそり見えるのもうれしいアイテム。トップスはオーバーサイズのボーダーカットソーを選び、裾はあえてアウト。キャップも合わせて、この“スキがあってラフ”な感じが、今っぽいムードに。

休日コーデは「スキがあってラフな感じ」が今っぽい

黒キャップ×黒カットソー×黒レースマキシスカート

黒キャップ×黒カットソー×黒レースマキシスカート

モード感のある黒レーススカートに、スポサンやキャップなどのスポーティなアイテムを投入して旬のカジュアルにトライ。オールブラックの合わせに、ピンクスウェットの肩掛けで可愛げをひとさじ。

脱コンサバ! レーススカートを大人スポーティへ昇華

黒キャップ×ボーダーカットソー×白ワイドパンツ

黒キャップ×ボーダーカットソー×白ワイドパンツ

ほっこりした印象になりがちなボーダーカットソーは、ほかをマニッシュな辛口アイテムでまとめて、キレよく着こなして。キャップやコットンバッグで、夏らしいアクティブな気分をプラス。

ボーダーカットソーさえあれば着こなしが広がる♪〈人気スタイリスト金子 綾が選ぶベーシックアイテム〉

黒キャップ×白ティアードワンピース×黒スポサン

黒キャップ×白ティアードワンピース×黒スポサン

ボリューム感や長めの袖がキュートな、ティアードたっぷりの白ワンピース。キャップとスポサンの黒でロマンティックなスタイルに切れ味を加えて。

一枚でサマになる白ワンピース♡ スタイリスト金子 綾さんが選ぶ7着

▼あわせて読みたい

黒キャップコーデおすすめ20選|大人がお洒落に合わせるコツ&組み合わせ…

【カラーキャップ】で気張らないコーデ

アクティブなキャップコーデは、きちんと感のあるアイテムの堅さをほぐす効果があるのも魅力。ここでは、差し色のカラーキャップを加えた、気張らないカジュアルスタイルの着こなしを紹介します。

グレーキャップ×フレアキャミソール×スラックス×トングサンダル

グレーキャップ×フレアキャミソール×スラックス×トングサンダル

サンダル×キャップでカジュアルなメンズっぽいスタイル。洋服はきれいめなスラックスや甘いフレアキャミソールを合わせてバランスを。

トングサンダルは、きれいめコーデに合わせると好バランス!

白キャップ×ブルゾン×きれい色タイトスカート

白キャップ×ブルゾン×きれい色タイトスカート

ブルゾン×キャップ×スポサンのカジュアルアイテムも、きれい色ロングタイトスカートがあれば臆せず合わせられる。女性らしさも残した大人カジュアルに。

全身スポーティでも“きれいめ”アイテム一点投入で着こなしが大人っぽく!

ベージュキャップ×イエローワンピース×タンクトップ

ベージュキャップ×イエローワンピース×タンクトップ

発色のよいイエロー地×ブルーのパイピングのトロピカル風の配色が、ハッピーな着こなしをアシスト。タンクトップをレイヤードして、華奢ストラップの女性らしさをヘルシーに引き寄せたアレンジ。キャップを被って大人カジュアルに。

華奢ストラップワンピは、レイヤードテクでヘルシーに!

ベージュキャップ×グリーンのブルゾン×黒ワンピース

ベージュキャップ×グリーンのブルゾン×黒ワンピース

ベージュキャップ×グリーンのウインドブレーカーのアースカラーが旬の装いをアシスト。ウォッシャブルの黒ワンピースは、切れ込みがモードなアクセントに。大人のテイストミックスコーデ。

雨でもOKのテイストミックスコーデで快適にお出かけ!

黒キャップ×淡いくすみブルーのワンピース×サングラス

黒キャップ×淡いくすみブルーのワンピース×サングラス

夏の日差しに映える淡いくすみブルーのワンピース。袖口のギャザー使いやラウンド形の裾で、シンプルながら着映えのするデザイン。黒キャップとサングラスでキレを足しつつ、紫外線対策を。

爽やか&涼しげ! ブルー&グリーンの「くすみカラーワンピース」おすすめ10選

黒キャップ×イエロースウェット×イエローパンツ×グルカサンダル

黒キャップ×イエロースウェット×イエローパンツ×グルカサンダル

爽やかなイエローを繋げたワントーンコーデ。サンダルの黒いソール、肩に掛けた黒ニット、黒キャップと色をリンクさせて。イエローグラデの着こなしをシックに締めた大人のリラックスカジュアルが完成。

グルカサンダルコーデお手本。今日はリラックスカジュアルで♡

白キャップ×白シャツ×デニム×ヒール

白キャップ×白シャツ×デニム×ヒール

潔くベーシックなアイテム同士を組み合わせ、ゆったりと立体的なシルエットでデニムスタイルを更新。そのままではややカジュアルなので、エレガントなバッグや華奢なヒール靴でちゃんと女っぽさを盛るのがポイント。

定番コーデを今っぽく更新するなら、シルエットで差をつけて♡

白キャップ×カットワークレースのワンピース×ビーサン

白キャップ×カットワークレースのワンピース×ビーサン

総カットワークレースのロング丈ワンピを、白ではなくニュアンスカラーで選べば、甘すぎず、都会的な印象に仕上げてくれる。キャップや黒バッグ、黒サンダルなど小物で辛口な外しを効かせて。

ベージュのレースや柄ものを「ほっこり」に見せないスタイリストの秘策とは?

ブルーキャップ×白ワンピース×ブラウンのミドル丈ジレ

ブルーキャップ×白ワンピース×ブラウンのミドル丈ジレ

ジェントルマンムードのミドル丈ジレで、スイートな白いワンピースをキレ味よく。異なるテイストを気ままにブレンドしてもまとまるのは、トラッドなジレが着こなしの軸を担っているおかげ。爽やかなブルーキャップは夏にぴったり。

大人のための「サマートラッド」入門! キャッチーなロゴアイテムを取り入れて

深緑キャップ×ネイビーワンピース×ハイテクスニーカー

深緑キャップ×ネイビーワンピース×ハイテクスニーカー

ギャザー入りのフェミニンデザインで、スポーティなシャカシャカ素材のワンピース! スポーティなシーンはもちろん、都心へのショッピングなど幅広い場面で活躍しそう。華があるのにアクティブなミックスバランスが、夏の着こなしを新鮮に。ハイテクスニーカーやキャップとカジュアルに合わせたい。

UVケアや撥水機能ありの「多機能ワンピース」をチェック!

ベージュキャップ×緑黒のボーダーニット×白ロングスカート

ベージュキャップ×緑黒のボーダーニット×白ロングスカート

グレーのTシャツにユニセックスのボーダーニットを重ね、胸元に存在感のあるネックレスをプラス。上品さをキープした大人カジュアルの完成。意外性のある組み合わせで、いつものカジュアルコーデをほどよい落ち感に。

カジュアルコーデ気分の日も、“私らしい輝き”を胸元に!

ベージュキャップ×ベージュカットソー×黒フレアスカート

ベージュキャップ×ベージュカットソー×黒フレアスカート

ギャザーのボリューム感がインパクト大な黒フレアスカートは、スニーカーやキャップをプラス。あえてスポーティな味付けをすることで、スカートの甘さを削いで大人カジュアルなかっこよさを引き出して。

ドラマティックなスカートをデイリースタイルに落とし込むコツは?

ネイビーキャップ×ネイビーシャツ×ネイビーフレアスカート

ネイビーキャップ×ネイビーシャツ×ネイビーフレアスカート

ハリのあるシャツにツヤをまとったスカートを合わせ、素材でメリハリを出したワントーンコーディネート。ネイビーだからこそ、シャツをアウトして着たり、キャップやサンダルを合わせたりしてリラックス感や遊び心を加えたい。

真面目な色だからこそ遊び心が際立つオールネイビースタイル

ベージュキャップ×シャツ×ハーフパンツ

ベージュキャップ×シャツ×ハーフパンツ

ハーフパンツも、マイルドなカーキとしなやかな質感ならとっつきやすい。シャツやキャップのベージュとなじませたドライな配色が素敵。

トレンドアイテムをドライな配色で着こなして

最後に

暑さ対策としてはもちろん、コーデのアップデートにも一役買ってくれるキャップ。カジュアルなスタイルはもちろん、大人可愛いワンピースやスカート、トラッドなジャケットとも好相性です! ぜひ、キャップを取り入れて夏コーデをお洒落にアップデートしてみて。

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.02.28

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。