Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. アクセサリー・バッグ・帽子
  4. 帽子コーデ
  5. 人気&おすすめのキャップ24選|定番ブランドや人気色をチェック! かわいいレディースキャップをご紹介

FASHION

2020.10.14

人気&おすすめのキャップ24選|定番ブランドや人気色をチェック! かわいいレディースキャップをご紹介

日焼け防止やコーディネートのアクセントになるキャップ。今回はコンバースやチャンピオンといった定番スポーツブランドのキャップや、人気色ごとのキャップを使ったコーデのお手本をご紹介します。いつものコーデにキャップを取り入れてみませんか?

【目次】
人気のキャップブランドや色は?
定番ブランドのキャップをチェック!
ダントツ人気色は黒! どんなコーデとも合わせやすい
白色のキャップで爽やかな印象をプラス
ベージュやグレーなどのカラーも注目!
最後に

人気のキャップブランドや色は?

普段は帽子をかぶらない人も、これを機にコーディネートのアクセントになるキャップをチェックしてみては? まずは人気のブランドや人気色のキャップをひとつ持っておくと、コーデに即使えます。ここではおすすめのブランドやカラーをご紹介します。

【POINT】
・スポーツブランドだけじゃない! ブランドもののキャップもチェック
・人気色はの黒はコーデ全体を引き締めてくれる
・白やベージュといった明るめカラーはおしゃれ見えする

定番ブランドのキャップをチェック!

ここでは、定番ブランドから出ているキャップを使ったコーディネート例をご紹介します。コンバースやノースフェイス、チャンピオンといった誰もが知っているスポーツブランドから、人気のレディースブランドまで、幅広くラインナップしています。

【1】コンバースの黒キャップ

コンバースの黒キャップ

ショートパンツにコンバースの黒キャップ、カジュアルなコーデもシックに黒×ネイビーでまとめると子供っぽくならない。

アクティブに過ごす休日は、ショートパンツで軽快に【乃木坂46 新内眞衣の1ヶ月コーデ】

【2】ザ・ノース・フェイスの黒キャップ

ザ・ノース・フェイスの黒キャップ

キャップもロゴ使いでキャッチーに。案外簡単に叶う大人のスポーティコーデ!

大人のキャップスタイルに挑戦! 学生時代の友人と映画鑑賞へ

【3】チャンピオンの白キャップ

チャンピオンの白キャップ

クールでカジュアル! 年齢に関係なく、デイリーに着こなせそうなスタイル。シルエットの美しさが際立つコクのある配色で大人めスポーティに。

世界基準モデル【国木田彩良】がストレートデニムをまとったら…

【4】バーニーズ ニューヨークの黒キャップ

バーニーズ ニューヨークの黒キャップ

キャップとスニーカーを投入することで、かっちりとしたジャケットのセットアップが途端に身軽でアクティブな印象に。効かせの白スニーカー、なじませの黒キャップ… モノトーンでまとめてしまえば即スタイリッシュに。

【バーニーズ ニューヨーク】のキャップ|Oggi的名品File

【5】NATURAL BEAUTY BASICのグレーキャップ

NATURAL BEAUTY BASICのグレーキャップ

トラッドなチェック柄ならスポーティになりすぎず、無造作ヘアでもおしゃれにきまる!

全身【7,559円コーデ】身軽にソロ旅ガール|1万円以下コスパ最強のセットを発表!

【6】アーバンリサーチのベージュキャップ

アーバンリサーチのベージュキャップ

タイトスカートに女らしさを託して、リネンパーカー×スニーカー×キャップで休日らしく動きやすさを重視。

スポーティコーデにタイトスカートで女らしさを♡

【7】CA4LAの黒キャップ

CA4LAの黒キャップ

キャップはトレンド感&UV対策としても取り入れたいアイテム! 今どきスポーティをヘアアレンジで投入して、こなれ見え「キャップアレンジ」に挑戦。

【乃木坂46 新内眞衣の、簡単ヘアアレンジ5DAYS】|DAY3:こなれ見え「キャップアレンジ」

ダントツの人気色は黒! どんなコーデとも合わせやすい

ラフな印象の黒キャップは、コーデの引き締め役として使えるアイテムです。今回はほどよい大人カジュアルをつくる、レディース向けの黒キャップスタイルをご紹介します。お気に入りの黒キャップコーデを確認してみて。

【1】黒キャップ × アップヘア

ボーイッシュな黒キャップとGジャンに、ヴィンテージ調スカートを合わせたキャッチーなコーデ。バックシャンのリブニット×アップヘアで抜け感をプラスして、ぐっと女っぷり高めて。

Oggi専属モデル【飯豊まりえ】インタビュー&こなれた「モードカジュアル」コーデ5選

【2】黒キャップ × おでこ見せのダウンスタイル

黒キャップ×おでこ見せのダウンスタイル

カットソーライクなワンピース×レギンスのレイヤードコーデは、キャップやハイテクなどスポーティ小物を上手に取り入れてヘルシーに。おでこを出せばナチュラル感もさらにアップ。

スポーティな今どきコーデに、ヘルシーな抜け感を! こなれて見える秘訣とは?

【3】黒キャップ × 黒Tシャツ × グリーンタイトスカート

黒キャップ×黒Tシャツ×グリーンタイトスカート

女っぽさ漂うツヤ感スカートを主役に、黒T&黒キャップでほどよくカジュアルダウン。ほかの小物もシンプルな黒を選んで大人っぽく仕上げて。

【スポーティ小物】は女っぽアイテムと合わせると断然あか抜ける!

【4】黒キャップ × ラフなひとつ結び

黒ワンピースはレオパード柄パンプスをはじめ、キャップやラフに束ねた髪でこなれ感を強調して。たっぷりしたシルエットのワンピースは、動きのあるラップデザインが今っぽく、どこから見ても絵になる。

シンプル黒ワンピースにはカジュアル小物でこなれ感を!

【5】黒キャップ × ロゴグレーTシャツ × ピンクパープルスカート

キャップやスニーカーなどカジュアルアイテムに、きれい色スカートを合わせたコーデ。太陽の下で映えるピンクパープルのスカートを主役に、グレーのロゴTシャツでカジュアルに。

天気のいい日はロゴT×スニーカーでアクティブに!

【6】黒キャップ × ストライプ柄シャツワンピース × ミントフーディー

ミントカラーのフーディーを、ニット感覚でシャツワンピースに肩掛けしたコーデ。女らしい黒サンダルに、カジュアルな黒キャップを合わせれば、簡単なのにこなれて見える。

ワンピーススタイルにフーディーを肩掛け! 簡単なのにこなれて見える♡

【7】黒キャップ × 黒ニット × グレーパンツ

黒キャップ×黒ニット×グレーパンツ

休日のリラックスコーデが手抜きに見えないのは、小物使いのおかげ。チェックパンツでほどよく品のよさもアピールできます。

パンツでもスカートでも!【スニーカーを履く日】のコーディネート見本帳5

白色のキャップで爽やかな印象をプラス!

白キャップは顔周りを明るく「爽やかな印象」を与えてくれる、女性のためのマストアイテムと言っても過言ではありません。子どもっぽくなりすぎないよう意識して、白キャップをつかった大人のカジュアルコーデを楽しんでいきましょう。

白キャップ × 赤ノースリーブ × ベージュショーパン

アクティブな夏の休日コーデ

日差しに負けない鮮やかなカラーのタンクトップに、涼感をプラスする白キャップ。シャツやカーデを腰巻きしてメリハリをつくって。

ブラトップで着回すなら!? 大人女子コーディネート

ベージュやグレーなどのカラーも注目!

ベージュやグレーのキャップは、カジュアルすぎず肌馴染みも良く、大人女子こそ取り入れたいおしゃれアイテム。ここではベージュやグレーのキャップを使ったおすすめのレディースのファッションコーディネートをご紹介します。

【1】ベージュキャップ × ダメージデニム

動きやすさ重視のアウトドアコーデ

動きのあるアウトドアの日は、日差しをカットして髪もホールドしてくれるキャップがマストアイテム。ブラトップにさらりとカーデを羽織って女らしさもぬかりなく。

コーディネートの幅が広がる♪

【2】ベージュキャップ × ピンクパンツ

キャップで小粋にまとめて

ジェントルマンなブラウン+レディなベビーピンクのギャップが小粋なコーデ。そのどちらにも偏らないベージュカラーでキャップとバッグをリンクさせ、まとまりのある着こなしに。

トレンドカラーを着こなしてカジュアルモードに

【3】ベージュキャップ × 黒パンツ

ほんのり女らしい軽やかピンク。そのパステルな淡みを細身の黒パンツで引き締めたコーデ。ベージュキャップでニュアンスをキープしつつスポーティにまとめて。

スポーティな日もピンクを投入して女らしさをひとさじ!

【4】ベージュキャップ × サンドベージュスカート

リラックス感たっぷりのパーカー+キャップのスポーティコーデに、タイトスカートで女らしさを託して。

スポーティコーデにタイトスカートで女らしさを

【5】ベージュキャップ × ベージュパンツ

キャップ&ビーサンの攻めた小物でジャケパンのきちんと感をはずし、黒ジャケットの堅さをほぐしたお気楽モードコーデ。

リネン混ノーカラー×ストリートカジュアル小物

【6】ベージュキャップ × ブラウンスカート

ギンガム=かわいいの概念を裏切った、ストリートカジュアルスタイル。ボーイッシュなキャップやスウェットと合わせることで、甘いだけにならないハイブリッドなコーデに。

ギンガムチェックのコート|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【7】ライトグレーキャップ × ブラウンワンピース × 黒カットソー

ナチュラルなブラウンワンピースに黒カットソーのレイヤードで引き締めて、ゆるすぎないバランスをキープ。キャップとスニーカーは明るいカラーで軽やかに。

BBQのアラサー的正解コーデは、女らしいひざ下ワンピスタイル♡

【8】ライトグレーキャップ × 黒カットソー × 黒パンツ

ゆったりシルエットで休日のオールブラックコーデ。キャップやスニーカーでアクティブさをプラス。ストラップバッグを効きよくアクセントに。

ストラップバッグをお供に休日ワークアウト♪

【9】ライトグレーキャップ × ブラウンワンピース × カーキジャケット

女らしいIラインのワンピースに、キャップとカーキブルゾンで、ボーイッシュ要素を。気張らないカジュアルスタイルのできあがり。

一泊二日で旅行♪ 気張らないカジュアルスタイルも女らしさは忘れずに

最後に

キャップを使ったファッションは、カジュアルに寄り過ぎてしまいそうですが、さりげない肌見せや、ボディラインにフィットするシルエットのアイテムをプラスするなど、女性らしく見えるポイントを取り入れることで、今っぽい大人カジュアルコーデにできます。キャップをもっと活用して、ファッションの幅を広げていきましょう!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature