Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. アクセサリー・バッグ・帽子
  4. 帽子コーデ
  5. 白キャップの春夏レディースコーデ術|美人見えキャップを味方につけるテクニック

FASHION

2020.06.22

白キャップの春夏レディースコーデ術|美人見えキャップを味方につけるテクニック

太陽の光を取り込んで顔まわりを明るく見せてくれる白キャップ。春夏に映える美人見えアイテムは活用しない手はありません! 子どもっぽくならず、ゆるすぎずラフすぎないコーデのポイントをご紹介します。リンクさせるか? ハズすか? おしゃれに取り入れてコーデを楽しんでくださいね♪

【目次】
大人かっこいい夏の白キャップコーデ
春先のコーデに白キャップを合わせるなら
最後に

大人かっこいい夏の白キャップコーデ

日差しをガードして出来る顔まわりの影を明るく見せてくれる白キャップ。暑い季節は特に爽やか&涼しげに見せてくれますよね。表情とともに視界に入る帽子はコーデのアクセントとしても重要なポジション。アクセントになったり、雰囲気をまとめたり。白キャップを大人っぽく取り入れるポイントをご紹介します。

◆白キャップは顔まわりを明るく見せてくれる
◆爽やかな白は涼しげにも見えて夏におすすめ
◆顔まわりの小物は視界に入りやすく、コーデのアクセントとして重要なポジション

シンプルさにこそ宿る品格

シンプルさにこそ宿る品格

シルエットの美しさが際立つクールカジュアル。究極シンプルなコーデに取り入れる小物もさりげなさがポイント。キャップ×ウエストポーチなら大人めスポーティにキマります。

世界基準モデル【国木田彩良】がストレートデニムをまとったら…

アクティブな夏の休日コーデ

アクティブな夏の休日コーデ

日差しに負けない鮮やかなカラーのタンクトップに、涼感をプラスする白キャップ。シャツやカーデを腰巻きしてメリハリをつくって。

ブラトップで涼しげに着回すなら!? 真夏の大人女子コーディネート

ほどよい女性らしさがただようリラックスコーデ

ほどよい女性らしさがただようリラックスコーデ

旬のブラウントーンのワンピに黒カットソーをオン。キャップとスニーカーを白でリンクさせ、ゆるすぎずカジュアルすぎないバランスをキープ。

BBQのアラサー的正解コーデは、女らしいひざ下ワンピスタイル

ストレスフリーで過ごしたい日のコーデ

ストレスフリーで過ごしたい日のコーデ

アクティブに動く日はワイドパンツがらくちん。汚れも目立たずリラックスして過ごせる黒コーデには、白キャップ・カラーサコッシュでアクセントをプラスして。

ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!

春先のコーデに白キャップを合わせるなら

色や素材・テイスト。コーデは「統一しない」のが大人の意志あるスタイル。肌寒い日や気温差がある日のコーデにも白キャップを効かせるテクニックが! 地味にならず、頑張り感が前面に出すぎない着こなしのポイントをご紹介します。キャップもアクセサリーのようになじませていきたいですね♪

◆コーデはあえて統一しないのがおしゃれを貫く大人の意志表示
◆ダークな色味が似合う季節にも白キャップはキレのいいアクセントに
◆無意味でも無理矢理でもなくバランスを見ながら取り入れて、自分コーデになじませて

地味さを払拭するテクニック

地味さを払拭するテクニック

地味コーデに転びがちなモノトーンスタイルには少量の白を効かせて。ちらりとのぞかせる清涼感が地味な印象を払拭します。

【夏のマストアイテム】ATON|エイトンのノースリーブTシャツで着回し

気張らないカジュアルスタイル

Iラインのワンピース+パンプスという女性らしいスタイルを、ブルゾン+白キャップでカジュアルダウン。この気張らなさがかっこいい大人のカジュアルコーデです。

一泊二日で旅行♪ 気張らないカジュアルスタイルも女らしさは忘れずに

最後に

春夏に大活躍する白キャップコーデをご紹介しました。白キャップは顔まわりを明るく「爽やかな印象」を与えてくれる、女性に嬉しいマストアイテム。子どもっぽくなりすぎないよう意識して、大人のカジュアルコーデを楽しみたいですね。シンプルさをいかに活用するか? このポイントを押さえて白キャップをおしゃれに取り入れましょう♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.13

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature