Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 浮気
  4. 12歳上の不倫彼氏。毎月15万の金銭援助沼から抜け出せず3年…【私たちのリアル不倫】

LOVE

2022.12.05

12歳上の不倫彼氏。毎月15万の金銭援助沼から抜け出せず3年…【私たちのリアル不倫】

不倫はしてはいけないこと… とわかっていたはずなのに、気がついたら足を踏み入れてしまっていたという人もいます。そしてその多くは、関係を終えたあとに深い後悔を口にします。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、不倫を経験した女性からリアルな話を聞いていきます。

並木まき

【35歳・お金のある彼と縁を切るのが怖かった女性のケース】

東京の夜景をバックに見つめ合う男女
(c)Shutterstock.com

美里さん(仮名)は、30歳目前から34歳まで12歳年上の男性・佐藤さん(仮名)と不倫。交際が長くなるにつれて、生活費の援助をもらう関係になり、不倫をなかなかやめることができずに苦しんだそうです。

「生活水準はなかなか落とせないというのは本当だなと痛感しました。私はなんのスキルもなく、昇給を見込んだ転職もままならない。そんなとき佐藤さんと出会い、贅沢な体験をさせてくれた彼から『離婚をする気はないけれど俺と付き合わないか』と言われ、承諾してしまったんです」

もともと佐藤さんは、仲間うちではお金持ちとして知られていた人で、さらには顔も良いので女性からは憧れの存在だったそう。その佐藤さんから交際を提案されたことで「私、勝ち組じゃん! しかもお金も援助してもらえるかも…!」と、内心浮かれてしまったと美里さんは言います。

「今思えば、なんて浅はかなんだろうと思いますけど…。お金のある生活に憧れていた私は、佐藤さんと不倫をすることへの罪悪感よりも、自由になるお金が増えることへの期待のほうが勝ってしまったんです」

不倫開始から半年… 生活費の援助を受けることに

ショッピングをする女性
(c)Shutterstock.com

「最初のうちはさすがに佐藤さんも生活費はくれませんでした。半年間くらいは食事やホテルに行くだけの関係で、たまに服やコスメを買ってもらうくらいでした。でも佐藤さんが連れて行ってくれる店やホテルはどこも高級で、とても私のお給料では行けない場所だったので、それでも私はかなり舞い上がっていました。

不倫をして半年くらいで、私から佐藤さんに『実は生活がカツカツだから、生活費を出してほしい』という話をしてみたら、あっさりOKしてくれて…。それから毎月15万円が佐藤さんから私の口座に振り込まれるようになりました」

本格的な援助不倫がスタートして以降、美里さんは佐藤さんの「2番目の妻」になったつもりで生活を送ってきたと振り返ります。

「男性がいる飲み会には行かないようにしていましたし、男友だちとも縁を切りました。女友だちともなるべく会わないようにして、不倫の話が外に漏れないように気を付けてきました。私が浮気相手と突き止められ、佐藤さんから援助を切られるのが怖かったんです。

でも…、不倫をして3年ほど経ったある日、佐藤さんは別の女性と付き合うからと言い出して」

いきなり佐藤さんから「もう終わりにしよう。ごめんね」と言われ、手切金として100万円を渡されたという美里さん。呆気に取られているうちに佐藤さんはその場から去り、手元には封筒に入った100万円だけが残って、美里さんは呆然としたとのこと。

「あれだけ“佐藤さんに切られないように”と生活の全てを佐藤さんに注いできたのに、捨てられるときは一瞬でした。手切金はきっと新生活資金という意味もあったんでしょうが、贅沢が身に染みていた私には少なすぎましたね。今思えば本当に馬鹿な話ですが、佐藤さんに振られた“うっぷん”を晴らすために散財し、一瞬にして使い切ってしまいました。

手元にお金もなく佐藤さんもいなくなって…、私はもとの生活に逆戻り。不倫をしている間は友人との付き合いも最小限にしてきていたので、悩みを相談できる人も周りにいなくて。3年間という時間を無駄遣いしてしまったと思います。今、私の手元にはキャリアもお金も友だちも…、何も残っていません。後のことはなんとかなるさと軽く考えていた当時の私は、本当に馬鹿だったと思います」

TOP画像/(c)Shutterstock.com
※画像はすべてイメージです。

他にもこんな記事が読まれています

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.02.05

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。99ページ、107ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。