Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ワーキングニュース
  4. 選んでよかったと思える仕事がしたい! 就いてよかったと思える職業ランキング

WORK

2022.08.15

選んでよかったと思える仕事がしたい! 就いてよかったと思える職業ランキング

ライズ・スクウェアは、就業経験のある全国の男女を対象に『就いてよかったと思える仕事に関する意識調査』を行いました。多くの人は「人や社会の役に立つこと」にやりがいを感じるようです。一体どんな職業が選ばれたのでしょうか。

「この仕事にしてよかった」と思う理由は? 男女500人に調査!

(c)Shutterstock.com

今回、ライズ・スクウェアが運営するWebメディア「RS MEDIA」は、就業経験のある全国の男女に『就いてよかったと思える仕事』についてアンケート調査を実施しました。

多くの人が「この職業を選んでよかったと思える仕事に就きたい」と思っているのではないでしょうか。特に、現在の仕事に不満を感じて転職したいと考えている人は、「今度こそ、就いてよかったと思える仕事がしたい」という気持ちが強くなるはず。

仕事にやりがいを感じている人が多い職種とは、一体何なのでしょうか。

女性1位に選ばれたのは「接客・販売」

女性321人に「就いてよかったと思える仕事」を聞いたところ、1位は「接客・販売(86人)」でした。

「接客」「教育」「医療」「福祉」など、対人業務の多い職種が上位にランクインしています。お客様や利用者から直接「ありがとう」「助かったわ」など感謝の言葉をもらえる仕事は、大きなやりがいがもてますよね。「人の役に立っている」「人との関わりの中で、いい仕事ができている」ことに喜びを感じる女性が多いのかもしれません。

なぜその仕事に就いてよかったと思うのか、理由も見ていきましょう。

◆1位:接客・販売

・携帯ショップスタッフ。お客様から「ありがとう」と言われることにやりがいを感じます。契約を受け付けるとアフターフォローも指名して頂けることが多く、嬉しいです(20代)
・職場の年齢層が幅広く、お客様含めて多くの方と関われた。お蕎麦屋さんなので年末年始は忙しく大変だったけど、お客さまの笑顔が嬉しかった(30代)
・ファストフード店のスタッフ。仕事が認められるとどんどん他の仕事も任せてもらえ、給料にも反映されるのでやりがいがありました(40代)

「お客様から感謝されるのが嬉しい」という意見が多数でした。接客・販売職は、人と関わるのが好きな人にピッタリですね。

また「マナーが身につく」「効率的な仕事の進め方がわかった」「トラブルやクレームへの対応に慣れた」など、他の職種でも活かせるスキルが身につくという声も。接客を通じて成長できることに喜びややりがいを感じている人も多いようです。

「まかないや社員販売があるから」という意見もあり、仕事内容とは別に“従業員ならではのオトク感”を楽しんでいる人も多い様子。日々働く中で「ちょっと嬉しい」と感じられることがあるのは大切ですよね。

◆2位:事務

・調剤薬局事務。空調の効いた空間で比較的座って仕事できます。初めは簡単な事務から始まり、慣れたらいろんな仕事を任せてもらえるのでやりがいがあると思います(20代)
・中小企業の一般事務。事務員が少なかったので、細々した仕事を多く兼任していた。そのため仕事の幅が広がり、転職先でも経験を活かせた(30代)
・経理事務。「同じことの繰り返し」と思われがちだが、学び続けられる。数字から見えてくることが興味深く、すべての帳尻があったときの達成感もある(40代)

「一般事務」「経理事務」「医療事務」など、さまざまな事務職が挙がりました。

「仕事で身についた知識やスキルが転職に活きた」「仕事に関連する資格を取得できた」という意見が寄せられ、仕事を通じて成長できる点に魅力を感じている人が多いようです。

また「座ってできる」「エアコンが効いた部屋で働ける」など、体力面での不安が少ないのも事務職のポイント。「立ち仕事だと生理時や妊娠中はツライ」という人も多いため、身体面での心配が少ない環境で働けるのは女性にとって助かりますよね。

◆3位:教師・講師

・塾講師。やりがいは生徒の志望校合格の夢を隣でサポートできること。入試後にお礼を言いに来てくれる生徒さんやご両親を見ると、大きな達成感を得られます(20代)
・教職。子どもたちの成長を身近で感じられる仕事なので、目標達成する姿を見たり、志望校に合格できたりした瞬間にやりがいを感じます(30代)
・ピアノ講師。教えることが最大の学び(40代)

教師や講師は、「生徒の成長にやりがいを感じる」「生徒が目標を達成したとき、一緒に喜べる」という声が多数。自分の働きかけで生徒の成績が伸びたりすると、頑張ってよかったと思いますよね。

また「人の役に立っている」というやりがいはモチベーションにつながり、仕事で苦しいことがあったときに乗り越えるための力にもなることも。教える仕事を通じて、自身の能力やスキルの向上を感じている人もいました。

4位以降の職業を選んだ女性の意見や、男性版のランキングは以下から見られます。
RS MEDIA

* * *

人や社会の役に立っていると実感できる仕事にやりがいを感じている人が多いことがわかりました。また、仕事を通じて自分自身が成長できることも「就いてよかった」と感じる大切な要素になっているようです。

もし希望の職種に就けなかったとしても、その中でやりがいや楽しみを見つけられれば、きっと「この仕事を選んで正解だった」と感じられる日がくるはず。

今の仕事を楽しめていない人や、転職を考えている人は、ぜひ今回の調査結果を参考にしてみてくださいね。

【調査概要】
調査対象:就業経験のある全国の男女
有効回答数:500人(女性321人/男性179人)
調査期間:2022年6月17日~18日
調査機関:ライズ・スクウェア調査

TOP画像/(c)Shutterstock.com

他にもこんな記事が読まれています


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.04

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature