Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「社交性」とは?「社交性」が高い人の特徴や「社会性」を高める方法を紹介

WORK

2022.08.10

「社交性」とは?「社交性」が高い人の特徴や「社会性」を高める方法を紹介

他者とコミュニケーションをとることに長けていたり、協調性のある人のことを「社交性」のある人といいます。しかし、中には人付き合いが苦手だという方もいるでしょう。今回は、そんな人のために、「社交性」のある人の特徴や類語、「社交性」の高め方を紹介します。

「社交性」とは?

人間関係において「社交性」は重要だということを耳にする人も多いのではないでしょうか。プライベートだけでなく、ビジネスシーンにおいても必要とされる「社交性」。まずは、そもそも「社交性」とはどういう性質のことを指すのか、その意味について解説します。

「社交性」の意味

「社交性」は英語で「sociable(社交的な)」などと言うことがありますが、社会と交わること、つまり、人との付き合いを上手にできる性質のことを指します。

「社交性が高い人」や「社交的な人」と使われるときは、他者とコミュニケーションをとることに長けている人、協調性のある人という意味です。

「社交性」の類語を紹介

複数人のディスカッション
(c)Shutterstock.com

「人と関わること」というニュアンスを含んだ言葉は、他にもいくつか存在します。言葉のバリエーションを増やして、場面に応じた正しい使い方ができるように、いくつか「社交性」の類義語を紹介します。

1:社会性

社会に適応しながら生きていくための特性のことを「社会性」といいます。「社会性」は英語で「sociality」と訳されることが多いですが、「社交性」も同様に「sociality」と訳されることがあるため、ほぼ同義語といえるでしょう。

友好的で円滑な対人関係をつくる能力や、他者に対する理解を指すこともあります。

2:懇ろ

日常会話で使われる機会はあまりありませんが、「懇ろ(ねんごろ)」という言葉があります。「懇ろ」は、「親密であること」を意味する言葉です。特に、男女の仲を表すときに使われることが多い傾向にあります。

例えば、「高校の同級生だった二人は、いまかなり懇ろな関係にあるらしい」などといった使い方が可能です。

「社交性」や「社会性」が他者全般と親しくできる能力を指すのに対し、「懇ろ」は特定の誰かとの特に親しい様子を指すときに使われます。

3:顔が広い

「顔が広い」は、「交友関係が広く、知り合いが多い」人に対して使われる慣用句です。「顔」は、自分を表す象徴としての知名度のような意味が含まれています。

例えば、自分の携わっている業界だけでなく、様々な業界で知り合いが多い人に対して「あの人は顔が広いから、分野の違う取り組みにも積極的に携わることができる」と言うことが可能です。

「社交性」のある人の特徴とは?

糸電話をする子どもたち
(c)Shutterstock.com

続いては、「社交性」が具体的にどのようなものなのか、「社交性」のある人の特徴を実際に見ていきましょう。「社交性」を身につけたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1:笑顔が多い

「社交性」が高い人は、いつも笑顔でいることが多いです。にこにこしている相手には「話しやすい」だとか「優しそう」という印象を抱きやすいといわれています。そのため、気軽に話しかけられたり、相手から受け入れられやすくなるのです。

2:人怖じしない

人怖じせずに積極的に人とコミュニケーションをとることができるのも、「社交性」が高い人の特徴といえるでしょう。人怖じしないため積極的な活動を企画するなど、他者と出会うことに抵抗感がない人が多いです。

3:ポジティブ

「社会性」の高い人は、良い意味で楽観的な人が多い傾向があります。コミュニケーションをとるなかで失敗したり、自分の短所をさらけ出すこともあるでしょう。しかし、「社会性」の高い人は、「失敗は自分の糧になる」と受け入れるポジティブさを持っているため、失敗を恐れないのです。

4:挨拶ができる

他者とコミュニケーションをとるなかで大切なポイントは「挨拶」。相手の目を見ながらしっかり挨拶のできる人は、「社交性」があるという印象を与えます。

特にビジネスシーンにおいては、自分や自分の勤めている会社の評価そのものに繋がることも。返事や挨拶がきびきびできる人は、仕事もきびきにこなせることが多いようです。

5:連絡がマメ

繰り返しになりますが、「社交性」が高い人は、他者とのコミュニケーションを大切にする人です。そのため、連絡をマメに返す人が多く、スケジュールのすり合わせや企画の話し合いなどをスムーズに行うことができます。

「社交性」のある人になるにはどうしたら良い?

仲睦まじい四人組
(c)Shutterstock.com

「社交性」がある人の特徴から分かるように、「社交性」がある人は肯定的に受け入れられます。そこで、最後に「社交性」のある人になるためにはどうしたら良いのか、具体的な方法について紹介しましょう。

1:相手に質問する

「社交性」を高めるには、相手に質問をするのが効果的です。質問をすることで、相手への理解が深まりますし、相手に合ったコミュニケーションをとることができます。また、何を話したらいいか分からないという問題も、相手へ質問することで解消できるのはないでしょうか? 身近な質問をしながら、会話を広げていきましょう。

2:「聞くこと」を意識する

質問をしたり、自分の話をしたりすることも大切ですが、同じくらい大切なのが、「聞くこと」です。人は、誰かに話を聞いてもらうと嬉しいもの。相手が楽しく話せるように、相槌をうったり、話を遮らずに「聞くこと」を意識することで、「社会性」の高い人に一歩近づけるのではないでしょうか。

3:最近の流行りやニュースを知る

話のネタを増やして、会話の幅を広げてみるのもおすすめです。人によって興味や好みが異なるため、流行りやニュースなど誰もが分かるような話題を仕入れておくと役立ちます。

4:目線を合わせる

「目は口ほどに物を言う」という慣用句があるように、アイコンタクトはコミュニケーションをとる上で非常に重要な要素といえるでしょう。相槌を打っていても別の方向を見ていたり、うつむいていたりしてはどういう気持ちでいるのか相手に伝わりづらいです。相手の目を見ながら、会話をすることで心のこもったやり取りができるのではないでしょうか。

最後に

「社交性」とは、「社会と関わり、人との付き合いを上手にできる性質」のことを指します。すぐに「社交性」を身につけることは難しいですが、日頃から人との繋がりを大切にしていくことで、少しずつ成長していけるのではないでしょうか。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.06

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature