身も心もパサついてない? 男性とうまく行かない原因は自分にあるかも! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 身も心もパサついてない? 男性とうまく行かない原因は自分にあるかも!

LOVE

2022.07.21

身も心もパサついてない? 男性とうまく行かない原因は自分にあるかも!

「身も心も潤いにくい女性」がやってしまいがちな行動と、潤って女性の引力が育つ黄金習慣について紹介します。世界を潤ういい女で埋め尽くすプロジェクト「E-LOVE LEARNING」主宰であり、話題作『潤う女はうまくいく。』の著者、ハートリーアキコが送る連載。

気づかぬうちに進行している「身も心もパサつくループ」

前回の記事で、「身も心も潤いにくい女性」=「幸せを先送りする女性」についてお伝えしました。

今回は、その「身も心も潤いにくい女性」がやってしまいがちな行動と、潤って女性の引力が育つ黄金習慣について紹介します。

いきなりですが、質問です。あなたは、次の5つのうち、当てはまるものはありませんか?

身も心も潤いにくい女性は、日々、無意識のうちに何かにモヤモヤしていたり、空虚感がつきまとったりしています。頑張っているのに、なぜか満たされない感覚になってしまうこともしばしば…。そうした人生が潤いにくい女性には、そもそものあり方に、次のような5つの共通点があります。

1. 過去に受けた心の傷によって、自分の行動を制限してしまう
2. 他人に依存&執着しがちで、人生の主人公を他人に譲ってしまう
3. 男性の求めるものを全許容してしまう
4. 愛への渇望感からクレクレさんになってしまう
5. グレーゾーンが受け入れられず白黒つけたがる

そう、この5つが、「身も心もパサつく砂漠ループ」を引き起こしてしまうのです。

(c)Shutterstock.com

◆なぜ、パサつきがループしてしまうのか

身も心も潤いにくい女性に共通する5つのポイントは、男性の恋心を急激に冷え切らせてしまいます。

特に要注意なのは、[3]の「男性の求めるものを全許容してしまう」こと。

彼に尽くし、言う通りにすれば愛されると信じた結果、「完全に俺のモノになったな」と男性から即飽きられ、都合のいい女と釣った魚にエサをやらない男のできあがり。

結局のところ、ある程度は相手に染まれる純真さもあるけれど、譲れない部分も持っている「自分を生きる女性」のほうが、大切にされるのです。

さらに、[4]の「愛への渇望感からクレクレさんになってしまう」女性は、オーラがどよーんと見えてしまいます。

「愛をくれーくれー」と無意識で叫んでいるので、相手は逃げ出したくなります。よって、人間関係も恋愛も仕事もなかなかうまくいきません。同時に重いエネルギーと類友の人やモノが寄ってきてしまいます。

どよーんよりも軽やかなエネルギーに切り替えて、周りに愛を振りまいていきましょう。

そして、[5]の「グレーゾーンが受け入れられず白黒つけたがる」女性についてです。

身も心も潤いにくい女性は、自信の無さから、曖昧なグレーゾーンを受け入れられず、明確な答えを男性に求めがちです。

つまり、男性にマウントを取りつづけ、逃げ道を与えることができないのです。

逆に、男性に「逃げ道」を与える女性は、一生愛されます。

人間関係は、勝ち負けではありません。あえて負けてあげる、逃げ道を与えてあげるくらいの余裕がある女性は、潤っている証拠。

もちろん、話し合いは必要ですが、WhyとYouで始まる言い方は、相手に尋問&責められていると受け取られてしまいます。

「自分はこう思ったんだよ」と伝えて、あとは考えてもらう「間」を与えましょう。

(c)Shutterstock.com

身も心も潤いにくい女性の「NG」な話し方、「GOOD」な話し方

あり方や考え方とともに、話し方にも、身も心も潤いにくい女性に共通する特徴があります。それぞれGOODな話し方を意識するようにしてみましょう。

◆1. 話の仕方

NG:自分のことを話しすぎる(1人称が多い)

GOOD:聞き上手になる(自分の意見やアドバイスを入れない)

◆2. 話の進め方

NG:相手の質問にあれこれと説明を付け加えてしまう

GOOD:シンプルにYESかNOで答える

◆3. 会話の節々

NG:ねちっこく余計なひと言を言ってしまう

GOOD:さらっと回答を意識する

◆身も心も潤う仕組み

誰かと接する時の基本のあり方は、自分を満たしてから、目の前の人を幸せにすることが大前提です。

目の前の人が笑顔になるためには、私に何ができるかな? というセルフレスのギブで接することが、潤うモテ女の条件です。

ここで大事なことは、女性の幸せとは、モテることではないということ。

複数の男性からモテるよりも、最愛の人から世界一愛されることができてはじめて、身も心も潤う仕組みになっています。

まずは、今の自分がどんな状態なのか、現在地把握の意味でも、今の自分に寄り添ってあげましょう。

◆頑張るよりも丁寧に向き合う♪

もし、あなたの心が今、パサついていたとしても、それに「気づく」ことができれば、もう滝のように潤ったも同然です。

これからお伝えしていくことを継続し、身も心も潤う黄金習慣を身につけましょう。

ただ、「とにかくがむしゃらに頑張ればいいんだ!」と思う女性も多いのですが、女性にとって、がむしゃらに頑張りすぎることは、幸せを遠ざけてしまうことになります。

身も心も潤う女性は、頑張りすぎることはありません。

気をつけることは、心地よくいること。頑張るよりも、丁寧に向き合うこと。

他人軸になって、頑張りすぎて、自分へのダメ出しをし続けると、人生が空回りしはじめてしまいます。

(c)Shutterstock.com

身も心も潤う女性の3つの黄金習慣

あなたが、身も心も潤い、人生が音を立てて変わるためには、女性の引力を育てる3つの黄金習慣が必要です。その3つの黄金習慣を紹介しましょう。

◆1. 自分を知る

あなたの中に眠る2つの人格を知る

◆2. 自分と両思いになる

執着を手放し、世界で一番いい女と思い込む

◆3. とりあえずやってみる

知っているとできているは違う

この3つの黄金習慣を[1]から[3]まで進めたら、再度[1]に戻って、何度も自分に寄り添い、心の潤いケアを定期的に行います。

これを永遠に継続させることで、あなたを取り巻く愛の循環の噴水も潤い続けるのです。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ハートリーアキコ(はーとりー・あきこ)

世界を潤ういい女で埋め尽くすプロジェクト「E-LOVE LEARNING」主宰。2007年に語学留学で滞在していたカナダ・バンクーバーのバス停で出会ったカナダ人男性と電撃結婚。現在は、カナダ・バンクーバーを拠点とし、日本と海外の二重生活を送る。別名「バンクーバーのエロリスト」と呼ばれるほど、行くところすべて、会話が(愛のある)下ネタになってしまうことが特性。これまで延べ約2000人以上の潤う女を生み出している。

『潤う女はうまくいく。』発売中!

『潤う女はうまくいく。』では、最愛のパートナーと巡り会い、結ばれ、一生愛されるために「心」「体」「性」「お金」について潤うための黄金習慣を紹介しています。気になった方はチェックしてみてください。

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.06.21

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。