Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 生理の知識
  5. 生理中も気分アガる♡ ふんわりルームブラと合わせる吸水ショーツ♡ はき心地や機能性、お手入れは!?

BEAUTY

2022.05.01

生理中も気分アガる♡ ふんわりルームブラと合わせる吸水ショーツ♡ はき心地や機能性、お手入れは!?

毎月ある生理は、生理用品お携帯や生理痛など、テンションが下がる原因になりますよね。そこでその問題を解決してくれるかもしれない、近頃話題の吸水型サニタリーショーツについて、OLライターSaccoがレポートします! 今回は、Angellir(アンジェリール)のサニタリーショーツ。

ライター sacco

話題のサニタリーショーツで生理を楽しくしたい。Vol.5(Angellir)

海外でも話題の吸水サニタリーショーツ。日本でも認知度が高くなっているのか、いろんな下着メーカがリリースしているみたい。その証拠(?)として以前にレポートで紹介したユニクロでも発売されて久しい。吸水ショーツ実証実験がちょっとした趣味の筆者が、新しくAngellir(アンジェリール)というブランドのショーツをゲットしたので、久しぶりにレポートします!

◆検証ポイント

1. 穿き心地:長時間穿いていても快適か。きついとかや身体に当たる箇所があるなどないか。
2. 吸水性:十分な吸水性があるか。横モレなどの漏れなどはないか。
3. お手入れの簡単さ:簡単さ。ショーツの汚れはちゃんと落ちるか、衛生面に不安はないか
4. 消臭性:使用時に生理独特のニオイは気にならないか。
5. 価格:手に取りやすい価格か。筆者独自コストパフォーマンス的にいいか。
6. 購入しやすさ:ショッピングサイトの決済種類などの購入のしやすさ。問合せの品質など。

◆アンジェリール|Twinkle Save 吸収ショーツ

Angellirは、新たな吸水ショーツの出合いを求めていたときに知人の紹介で知りました。シンプルでスポーティなものからレースをあしらったフェミニンな雰囲気のものまであり、サイトを眺めているだけでワクワクして目移りしてしまう下着ブランドのショーツです。

吸水型サニタリーショーツのタイプは1つのみで、給水量が約30mlのものとなっています。筆者の経験上、給水量が約30mlという量は、普通の日用ナプキン2枚程度の経血量をカバーできる程度。そのため、多い日などには不向きかなと思います。また、過去のデリケートゾーンのかぶれ体験もあり、衛生面の観点で軽い日でもナプキンなどの使い捨ての生理用品との併用がよいと思います。

こちら商品のサイズはMもしくはLサイズがあり、カラーはブラック・ネイビー・ボルドーの3色展開です。私は、レディな定番カラー“ボルドー”をチョイスしましたよ♪

気分も上がる素敵な吸水型サニタリーショーツだった!

穿いた感じは、浅穿きショーツという感じ。普段、浅穿き派ではない筆者なので、なおそういう感じがしました。なので、夜とか長時間トイレに行けないときは心配かも、と一瞬不安が過りましたが、次の瞬間には大丈夫と気持ちが切り替わりました。

それは… ショーツのホールド感がすごく良かったから! お尻周りのホールド感がしっかりあり、このホールド感が安心感に寄与するみたいで、なんとも頼もしい気持ちが湧いてくるのです!

足回りは程よい締めつけ感はあるものの、鼠径部(そけいぶ)が擦れるみたいなこともなくなんとも穿き心地がいい。しかも、デリケートゾーン部分は2重構造になっているから、羽つきのナプキンも問題なく装着できる工夫がまた嬉しい。

筆者は経血がやや多い3日目に利用しましたが、横モレなどなく安心して1日が過ごせました! あと、サイドにあしらわれているレースがイイっ♡ 個人的には、これがズキュン。私の場合、生理期間のメンタルが厄介。気持ちが落ち込むし、イライラして、テンションはどんより。だけども、このレースが私の乙女心を刺激してくれるのか、オシャレして一日がんばろっ♪ という明るい気持ちが少しくれたのです!

お手入れは?

ブランドサイトにお手入れ方法は記載されています。水洗いで経血を洗い落とした上で、洗濯表記にそった洗濯をしてください。特別なことはなにもしなくてもいいと思います。

◆最終的な結果は…!?

可愛いし、気分も上げてくれるし、横モレもなく、嫌な締めつけ感もない。これは花丸以外に選択肢はないかなと思います! しかもおそろいのブラもあるので、ブラと揃えた見えないオシャレも楽しめちゃいそうです!

Angellir

ライター sacco

IT企業に勤めるお酒ラブ(特にクラフトビールラブ)、毎晩移住を妄想するくらいオージーラブのOLライター。お酒を片手にシュールな人間模様の観察と妄想するのが趣味。最近は国内のブルワリー情報収集も日課になりつつあるビアギーク街道まっしぐら!

ときに紛争や平和などに思いを馳せる真面目な一面を覗かせたりも。モットーは「ビールで世界平和!」


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature