生理になったからコレ使ってみた… ユニクロ 吸水型ショーツ♡ 履き心地や機能性、お手入れは!? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 生理の知識
  5. 生理になったからコレ使ってみた… ユニクロ 吸水型ショーツ♡ 履き心地や機能性、お手入れは!?

BEAUTY

2021.10.02

生理になったからコレ使ってみた… ユニクロ 吸水型ショーツ♡ 履き心地や機能性、お手入れは!?

毎月ある生理は、生理用品お携帯や生理痛など、テンションが下がる原因になりますよね。そこでその問題を解決してくれるかもしれない、近頃話題の吸水型サニタリーショーツについて、OLライターSaccoがレポートします!

ライター sacco

話題のサニタリーショーツで生理を楽しくしたい。Vol4(ユニクロAIRism)

ユニクロのAIRismから吸水型サニタリーショーツ出た! ということで、いち早くゲットして生理ライフを体感しました!!(吸水型サニタリーショーツの基本情報は過去記事で確認してみてください!)

検証ポイントはいつもと一緒となります。

◆検証ポイント

1. 履き心地:長時間履いていても快適か。きつさを感じないか、身体に当たる箇所があるなどないか。
2. 吸水性:十分な吸水性があるか。横モレなどの漏れなどはないか。
3. お手入れの簡単さ:簡単さ。ショーツの汚れはちゃんと落ちるか、衛生面に不安はないか。
4. 消臭性:使用時に生理独特のニオイは気にならないか。
5. 価格:手に取りやすい価格か。筆者独自コストパフォーマンス的にいいか。
6. 購入しやすさ:ショッピングサイトの決済種類などの購入のしやすさ。問合せの品質など。

◆商品紹介

ユニクロのAIRismと言えば、夏の定番アイテムで、かつ優秀アイテムですよね。だからこそ、その吸水型サニタリーショーツは夏季の生理特有のムレとの戦いになる不快感の軽減に期待が膨らむ製品です。

サイズはXS〜3XLまで取り揃えられており、またカラー展開はブラック・ブラウン・ダークグリーン・パープルの4色展開となっています。

▲今回着用したショーツ:パープルのMサイズ

明るすぎない肌なじみしやすいちょうどよい色です。

給水量は30~40mlのため、普通の日用ナプキン2~3枚分の経血量をカバーができるショーツ。そのため、3日目などの経血量が少なくなってきたタイミングが着用タイミングかと思いますが、2日目など経血量が多いタイミングでもナプキンやタンポンなどを併用すれば問題なく着用できると思います!

ユニクロ屈指の人気アイテムAIRismのはき心地はいかに!?

まだ8月の暑さが残っている日に着用。今回は3日目に履いてみました。

生地も薄く履き心地はバッチリ気持ちいい。しかも、これまでに試してきたショーツにはなかった嬉しいポイントが!

なんと、デリケート部分が吸水部分と外側生地に分かれて、2層構造になっており羽つきナプキンをつけやすい対応がされているのです!!

なんだかんだで、かぶれ防止などで就寝時は夜用ナプキンを利用したりと、ナプキンの併用は必須の筆者。そのため、この工夫は欲しかったアイデアだったんです!

ただ、残念ポイントもありました。生地全体は柔らかいのですが、吸水する部分の生地が少し硬くごわつく印象。鼠径部が生地摩擦で少し肌荒れが…(汗)。ここは、使い込んでいくうちに、生地が馴染んで柔らかくなることを期待したいです。

お手入れは?

ショーツを梱包している袋にお手入れ方法が記載されています

・30度以下の水でオリモノなどを丁寧に落とす
・30分程度つけ置き洗い
・ネットに入れて普通に洗濯機でお洗濯

他ブランドと同じようなお手入れ方法です。多少違う部分は「水洗い」としているところ。私が試した他商品は全て「ぬるま湯」だったけれともAIRismは水でOKというのは、少しの差ではありますが毎度生理のたびに洗うことを考えると利便性ポイントになるなと思いました。

最後にまとめ

ちょっとだけ吸水部分の生地が私の肌との相性が悪かった要素もありましたが、ショーツそのものにナプキンが装着しやすい工夫がされていたり、全体的にサラッとした生地で、触ったときにヒヤッとする感覚があったりと、さすがAIRismと思うポイントが多かった!

しかもユニクロなので、誰にでも手に入りやすく・手に届きやすい商品! ファースト吸水型サニタリーショーツには最適だなと思いますよ♪

※記事内の表示価格は全て税込価格です。

ユニクロ

ライター sacco

IT企業に勤めるお酒ラブ(特にクラフトビールラブ)、毎晩移住を妄想するくらいオージーラブのOLライター。お酒を片手にシュールな人間模様の観察と妄想するのが趣味。最近は国内のブルワリー情報収集も日課になりつつあるビアギーク街道まっしぐら!

ときに紛争や平和などに思いを馳せる真面目な一面を覗かせたりも。モットーは「ビールで世界平和!」


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.28

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature