ジム通いデビュー【ジム用レディースファッション】服装の選び方3つのポイント | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. エクササイズ
  5. ジム通いデビュー【ジム用レディースファッション】服装の選び方3つのポイント

BEAUTY

2020.09.26

ジム通いデビュー【ジム用レディースファッション】服装の選び方3つのポイント

スポーツウェアで「浮きたくない」「出来るだけ隠したい」「失敗したくない」という、特にジム通い初心者さんは分からないことがたくさん。一番気になるウェアは、新たに購入する時のためにも、チェックすべきポイントを知っておきたいですよね。トレーニング時の動きを妨げない、基礎的な【ウェア選びの3つのポイント】をご紹介します。

【目次】
【ウェア・シューズ選び】のポイント
【実際のコーデ】をCHECK!
最後に

【ウェア・シューズ選び】のポイント

「ジムのウェアに決まりはない」と言っても、場違いな格好でデビューするのはイヤですよね。ウエア選びで意識したいのは、“トレーニング”を一番の目的と考えたとき、自分の体にとって最適なウェアを選ぶこと。ヨガやランニングなど複合的に織り交ぜながら、基礎的なウェア選びのポイントをご紹介していきます。

【ウェア選びの基礎3ポイント】
1. トレーニングに集中できること
2. 体にストレスがかからないこと
3. 軽くて吸水速乾性があること

体のラインが気になるときの『パンツ』

体のラインが気になるときの『パンツ』

体のラインが気になる場合は、ゆったりパンツでOK! トップスは、トレーニングの内容に合わせて選びます。

それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

おしゃれでいい感じ♪ な、スポーツウェア&コーデって?

『パンツ』を選ぶ際に気を付けること

『パンツ』を選ぶ際に気を付けること

どのトレーニングでも一番動きやすく、おすすめなのは【レギンス】。レギンス含め、パンツの選び方をご紹介します。

≪パンツの選び方≫
・Oggi世代はロングがおすすめ
・軽くて吸水速乾性があること
・ポケットや縫い目を確認すること
(ヨガなど横になる際、肌に当たることも)

女性達がこぞって買っている「アスレジャースタイル」って?

『スポーツブラ』は必須!

『スポーツブラ』は必須!

目的はトレーニング。体を動かすこと。となると、ブラトップなどスポーツ用のブラは必須です。

≪スポーツブラが必要な理由≫
・多量の汗をかく
・胸をしっかりホールドする
・谷間見えなど気にせず、動きに集中できる

『スポーツブラ』は必須!

スポーツブラにも、ランニング用・ヨガ用など様々なタイプがあります。

上の画像【リーボック|ピュアムーブ ブラ】は、ハードに動く際にも、ゆるやかな動作の際にも、ストレスなくホールドしてくれるブラです。

ランもヨガもあらゆるスポーツの動きに対応するブラ感動体験!

スポーツブラに『レイヤード』

スポーツブラに『レイヤード』

「スポーツブラのままなのはちょっと…」という人は、透け感のあるトップスを重ね着するとおしゃれ。
スポーツ向きのトップスがおすすめです。

≪普通の綿Tシャツはジムに不向き≫
・汗を吸うと重くなる
・速乾性も悪い
・体の動きにストレスがかかる

スポーツブラに『レイヤード』

肩まわりに解放感。トレーニングには“ノースリーブ”がおすすめです◎

女性達がこぞって買っている「アスレジャースタイル」って?

様々なポーズをとる時の『トップス』

様々なポーズをとる時の『トップス』

ヨガなど様々な体勢になるトレーニングには、ピタッとタイトなトップスがおすすめ。画像は【GU|スポーツブラタンクトップ】です。

≪ポージングに最適なトップスの選び方≫
・どんな体勢でも裾がまくれ上がらないこと
・前にかがんでも胸元が気にならないこと
・軽くて伸縮性・吸水速乾性があること

2020年最新【GU】ブラトップ! 即コーデに取り入れたい優秀インナー

フィットネスに最適な『シューズ』

フィットネスに最適な『シューズ』

素足で行うヨガやピラティスなどは、シューズが不要なスクールが多いですが、シューズを履いて行うトレーニングについては、用意する必要があります。

≪フィットネスシューズの選び方≫
・通気性があること
・前後左右の動きに強いこと
・クッション性・ホールド性が高いこと
※行うトレーニングの内容に合うシューズを選びましょう

【ハイテクスニーカー】を徹底解剖! SNAPから最新ラインアップまで

ハードな動きの『シューズ』はしっかり選んで

ハードな動きの『シューズ』はしっかり選んで

エアロビクス・エクササイズ・ランニングなど、ハードな動きに最適なシューズは、足を痛めないようより厳選して選ぶことが必要になります。

≪ハードな動き用シューズの選び方≫
・自分の足にしっかり合うこと
・クッション性・安定性があること
・重すぎないこと
※長距離ランニングの場合は特に、カウンセリングで自分の足に合うシューズを選んでもらうのがおすすめ。

正しいランニングシューズの選び方

【実際のコーデ】をCHECK!

ジムデビューのウェアはベーシックなカラーがおすすめ。シンプルな方がむしろ大人っぽかったり、若く見えたりします。体の変化を感じられるようになったら、ウエストの肌見せにトライ! また、ウェアのバリエーションも楽しんでいきたいですね♪

【INDEX】
・体のラインを“見える化”するススメ
・スポブラはやっぱり必須
・女性に人気のブランドは?

リラックスしたい日のウェアとして

リラックスしたい日のウェアとして

体を緩めるトレーニングなら、クロップド丈のパンツも気負いがなくてかわいい。

【1万人が痩せた】元祖・巻くだけダイエット【ナイスなくびれ】3日間で作れます!

ヒップもカバーするタンクトップ

ヒップもカバーするタンクトップ

肌見せ控えめタイプ。胸元・ウエストまわり・ヒップをカバーするデザインなのに、スタイリッシュ!

ヒップもカバーするタンクトップ

シューズはニューバランス。

おしゃれでいい感じ♪ なランウエア!

スポーツ仕様の上品なデザイン

スポーツ仕様の上品なデザイン

汗のかきやすい胸元を、通気性のいいメッシュで上品にカバー。体のラインを“見える化”すると、変化が目に見えて分かる。

ソロトレを極めたら…人生が変わるんです!

上半身の動きが控えめのトレーニングに

上半身の動きが控えめのトレーニングに

▲(写真右)ブラトップとキャミソールのレイヤードスタイル。

上半身の動きが控えめのトレーニングに

▲サイクリングバイクにぴったり。

燃焼系アラサーダイエット Vol.3|絶叫マシン級の楽しさ!

アクセント的な色づかいのデザイン

アクセント的な色づかいのデザイン

▲シンプル&ベーシックで大人見え。黒のワントーン。

アクセント的な色づかいのデザイン

▲ピンクがアクセントのレギンスも、黒ベースでかっこいい。

アクセント的な色づかいのデザイン

透け感のあるロングタンクトップと重ねて。気になるウエストまわりやヒップをカバー。

モチベアップなウェアと家トレで7キロ痩せ!?

女性に人気のブランドは?

女性に人気のブランドは?

▲ナイキ(Oggiアワード2019【フィットネスウェア部門ランキング】第1位)

「おしゃれで動きやすい」と人気だったのは【ナイキ】。
「JUST DO ITというキャッチコピーが入っていてやる気が出る」(35歳・メーカー)という声も。
上下セットで揃えれば間違いなし!

愛用のフィットネスウェアは? ブランドランキング

最後に

ジムのファッションについて、ウェア選びの基礎から実際のコーデまでご紹介しました。初心者さんにも、なんとなく“選ぶポイント”が見えてきたのではないでしょうか? 普段着慣れていないと迷いますが、ジムには同じ雰囲気のウェアのかたが多いので、あまり気にしすぎず、自分の着心地や動きやすさを重視して選ぶと良さそうです。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi3月号『あまり「塗りたくない日」の程リップ、ちゃんと「塗りたい日」の映えリップ』P.162掲載の商品の価格に誤りがありました。正しくは、カネボウ化粧品 ルナソル シークレットシェイパーフォーリップスが¥3,500(セット価格)、カネボウ化粧品 ルナソル デューイマット リクイドが¥3,800になります。お詫びして訂正いたします。

Feature