Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. カーキコーデ
  5. カーキ色のおすすめアイテムコーデ26選|カーキのおしゃれを極めるテクニックご紹介♡

FASHION

2020.05.21

カーキ色のおすすめアイテムコーデ26選|カーキのおしゃれを極めるテクニックご紹介♡

カーキ色って、メンズっぽいちょっとハードなイメージがありますが、皆さん上手に使えてますか? カーキ色のイメージはミリタリー系をまずは思い浮かべるかもしれないけれど、実はちょっとした工夫でかなり女子っぽく着こなすことができます。今回はカーキ色に合う色のアイテムとのコーデをまとめました。カーキのジャケットやシャツ、スカートを上手にファッションに取り入れていきましょう!

【目次】
カーキ色のジャケット&アウターをチェック!
カーキ色シャツでオフィスコーデ
カーキ色スカートでつくる女子コーデ

カーキ色のジャケット&アウターをチェック!

【1】カーキ色ジャケット×白ブラウス×白パンツ

カーキ×白の組み合わせは軽やかでぱっと映える好配色コーデ。カーキ色ジャケットできっちり感を出しつつ、タック入りのブラウスが女性らしさを演出。

会って2秒でもっていく! 素敵な先輩の【仕事服】配色ルールとは?

【2】カーキ色ノーカラージャケット×黒ハイネック×赤カラーパンツ

カジュアル感の強いカラーパンツは、ノーカラーですっきりとしたカーキ色ジャケットを合わせてキレも鮮度もアップしたい。

会議の日は、自分を鼓舞するカラーパンツで挑む!

【3】カーキ色ジャケット×白カーディガン×カーキパンツ

カーキ色ベースのニュアンス配色でまとめると、ハンサムスーツもやわらかな雰囲気で好印象に。白のカーディガンのシルバーボタンもコーデのアクセントに。

セットアップで気合いを入れて

【4】カーキ色ノーカラージャケット×ボルドートップス×黒パンツ

肌見せカシュクールトップスは、しゃっきり黒パンツ&カーキ色ジャケットのようなシンプル服に合わせて、女性の色気を引き立てたい。

カシュクール1枚の鎖骨見せスタイルはあえてノーアクセで

【5】カーキ色ジャケット×黄緑パンツ

鮮やかなトーンのカラーパンツを、渋いカーキ色ジャケットとシルバーのローファーでクールに味つけ。絶妙なバランスコーデのお手本にしたい。

今年の選択【カラーパンツ】は濃いめ&鮮やかな色を!|シンプルないい女の新ドレスコード

【6】カーキ色ジャケット×白ワイドパンツ×パイソン柄パンプス

スポーティになりがちなカーキ色のジャケットブルゾンを、あえてコーデに取り入れてみよう。白パンツ、パイソンシューズなどを合わせて大人顔に。

カーキブルゾンをきれいめに! カジュアル過ぎない帰省コーデ

【7】カーキ色ジャケット×ボルドーワンピース×白キャップ

Iラインのワンピースと女っぽいサンダルで、程よく女らしさをプラス。カーキ色ジャケットと白キャップがいい感じに、はずしたコーデを演出します。

一泊二日で旅行♪ 気張らないカジュアルスタイルも女らしさは忘れずに

【8】カーキ色ジャケット×ベージュとろみ素材タイトスカート

ベージュトーンの上品なスタイルに、カーキ色ジャケットで辛口スパイスを投入! ジャケットはノーカラーだから、スポーティすぎずキレイめコーデに。

ベージュの上品トーンにカーキで辛さをプラス!

【9】カーキ色ジャケット×ベージュマキシスカート

ふんわりとしたベージュのマキシスカートに、アースカラーのカーキ色ジャケットを重ねたナチュラルな印象のコーデ。足元もスニーカーにしてカジュアル感をプラス。

【UNIQLO U】のTシャツカジュアルでお花見気分|オッジェンヌ宮本萌のリアル買いブログ

【10】カーキ色ノーカラージャケット×白トップス×ベージュレースタイトスカート

淡い色合いで女性らしさを意識してまとめたコーデ。カーキ色ジャケットとベージュのレースタイトスカートの間に、白トップスを挟むことで清潔感もアップ。

男性の多い得意先へ行くときは「黒を着ない」のがマイルール!

【11】カーキ色ジャケット×白Tシャツ×オレンジタイトスカート

ビビッドなオレンジ×グリーンのカラーMIXも、カジュアルなカーキ色を合わせることで、気張って見えず程よい感じに。抜け感コーデの完成です。

スタイリスト金子 綾さんがオススメする春のモードスタイル

【12】カーキ色ジャケット×黒ノースリーブカットソー×カーキ色タイトスカート

ベルト付きのカーキ色ジャケットは、ウエストをマークすることでロングタイトスカートとバランスがとれてスタイルアップ。ウエストバッグもベルトのように使う上級者コーデ。

【トレンド小物】おしゃれプロが選ぶウエストポーチ10選&レディースコーデ

【13】カーキ色ジャケット×ギンガムチェックスカート

辛口なミリタリーブルゾンに、ギンガムスカートでかわいげをプラスすると、ちょうどいい甘辛バランスの出来上がり。バランス感がなにより大切です。

ギンガムチェックは辛めジャケットでバランスよく

カーキ色シャツでオフィスコーデ

【1】カーキ色シャツ×白パンツ

とろみカーキ色シャツに白のパンツを合わせて清楚感漂うコーデに。シャツの上からサッシュベルトを巻けば、スタイルアップに。

親友とゆっくりお茶。女友達と会う日はトレンドを盛り込みたい気分

【2】カーキ色シャツ×ベージュスカート

からりとしたサファリテイストを感じさせるカーキ色シャツに、とろみ感をプラスして大人の印象に。黒のレザーベルトをプラスすればきちんと感もアップ。

汗ジミ防止シャツでランチはうなぎへ

【3】カーキ色シャツ×カーキスカート

上下カーキ色で色を合わせた、シャツワンピ風のワントーンのフレッシュな着こなしで、女子ウケも◎の好印象コーデ。白のバッグで明るさをプラスして。

社内セミナーの日。シャツワンピ風のワントーンでフレッシュな着こなしに

【4】カーキ色シャツ×白スカート×茶色ジャケット

ツヤ感のあるとろみカーキ色シャツに白のフレアスカートを合わせれば、女らしいのにキリッとした印象に。ライダースジャケットとピンク小物をプラスして甘辛ミックスコーデの完成。

元彼とディナーの約束。逃した魚は大きいと思わせたい…!

【5】カーキ色シャツ×ライトグレーパンツ

黄みのない浅い色味のカーキ色シャツには、ライトグレーのパンツをセレクトして、グレイッシュなトーンにまとめると◎。カーキシャツは、あえて崩さずにかっちり着れば、マニッシュな着こなしに。

カーキシャツはあえて崩さずかっちり着れば、新鮮なマニッシュコーデに

【6】カーキ色シャツ×デニムパンツ

1枚で着映えする厚手のカーキ色シャツは、ボタンをはずしてラフに着るのが正解。濃紺デニムとシンプルに合わせるだけで、浅めのドライカラーとコントラストが効いてかっこいい。

大人カジュアルの強い味方〝マディソンブルー〟のカーキシャツで休日を

【7】カーキ色シャツ×ブラウンスカート

白Tにカーキシャツ色をレイヤードしてベルトでウエストマークすれば、シンプルアイテムも鮮度の高いコーデに仕上がる。カーキは浅めの色を選んで、キレイめに着こなして。

カーキシャツの投入で、媚びない女っぽコーデの完成

【8】カーキ色シャツ×黒パンツ

カジュアルな抜け感のあるカーキ色シャツは、ボタンを上まで留めて、細身の黒パンツを合わせてきちんと感を出すと新鮮な表情に。いつもと違う印象を楽しんで。

カーキ×黒はパパッと支度したい日のテッパン!

カーキ色スカートでつくる女子コーデ

【1】カーキ色ロングスカート×ベージュジャケット×オレンジブラウス

ウエストがシェイプされて、すっきり見えるカーキ色ロングスカートには、ツヤ感のあるベージュジャケットにアースカラーのオレンジブラウスをIN。いつもの配色をアップデート!

秋マストなジャケットは、ベージュ×変形ツヤ感ラペルで人と差のつく配色に!

【2】カーキ色ロングスカート×グレートップス×ターコイズブルーパンプス

ロングフレアスカートに低めヒールのパンプスで脚長効果を狙う。パンプスのターコイズブルーがコーデの差し色になり、シンプルな着こなしに華やかさをプラス!

1cmヒールのフラットシューズでも【脚長】に見せられる5つのコツ

【3】カーキ色ロングスカート×オレンジトップス

ボディフィットなトップスに、ロングタイトスカートのIシルエットがスタイルアップの秘訣! 靴下やローファーで、ファッションのセンスをアップさせて一味違うコーデに。

長め丈スカートはソックス&黒ローファーでさらにセンスアップ!

【4】カーキ色スカート×ピンクベージュニット

ピンクベージュの優しい色合いに黄み寄りのカーキ色スカートを合わせて、あえて外した配色にするとおしゃれ度がグッとアップ。茶系小物だとより女っぽい。

グーコミューン×Oggiのひざ丈スカートで挨拶回りも好印象♪

【5】カーキ色ロングフレアスカート×黒カーディガン

ボリュームのあるフレアスカートには、タイトめなトップスをさらにインするのがスタイルアップのコツ! 女性らしいシルエットの完成です。

Oggi誌面から読み解くHOW TO【フレアスカート】お洒落コーデ術!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.02

編集部のおすすめ Recommended

Feature