女っぽさと季節感を両立させる秘訣は?【ヘビロテしたい秋冬のワンピースコーデ31選】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワンピース
  4. ワンピースコーデ
  5. 女っぽさと季節感を両立させる秘訣は?【ヘビロテしたい秋冬のワンピースコーデ31選】

FASHION

2020.10.25

女っぽさと季節感を両立させる秘訣は?【ヘビロテしたい秋冬のワンピースコーデ31選】

「かわいいけど大人っぽく」「女らしいけどヘルシーに」… 理想のワンピースコーデのイメージはあるけれど、秋冬らしく着るなら何をどう合わせたらいいの? 秋冬ならではのシックな配色や素材で季節感を出しつつ、パーティー向けのドレッシーなワンピースコーデや、これから活躍するアウターもまとめてご紹介します。

【目次】
秋冬に取り入れたいワンピース選びのポイントは?
大人コーデにまとめる秋冬ワンピースの着こなし方
デザイン性の高いワンピースでパーティーへ
アウター選びはワンピースのシルエットが映えるものを
最後に

秋冬に取り入れたいワンピース選びのポイントは?

女らしさと洗練された印象を叶えてくれるワンピース。日常着からフォーマルまで活躍するワンピースに秋冬らしさを取り込むなら、「素材」「シルエット」「レイヤード」の3つをポイントに着こなしてみましょう。

・カジュアルなニットやサテン生地などトレンド素材をプラス
・フォーマルな場ではクラシカルなたっぷり素材を選んで
・コートやジャケットで細見えシルエットに
・シャツやニット、レギンスで立体感を演出

大人コーデにまとめる秋冬ワンピースの着こなし方

ニット、ツイード、ベロア調などのほっこりする素材や、重ね着しやすいシャツタイプやVネックなど…。秋冬のワンピースコーデは、「あたたかみのある素材」や「レイヤード」で季節感を出しましょう。シーンを選ばないシックな配色や、こなれ感の柄物もおすすめです。

【1】襟付ワンピース

襟付ワンピース

ボリューム感のあるワンピースも襟付きなら大人っぽく。ワンピース×パンツのブラウングラデーションに、白ニットをインして抜け感をプラスして。

シンプルモードな休日おしゃれは【ニットワンピース】で

【2】キャミソールワンピース

キャミソールワンピース

トレンドのサテン生地のキャミワンピは、薄手のタートルニットをレイヤードして女っぽさと季節感を。足元はロングブーツでつなげば、今年らしい重さのあるシルエットを叶えてくれる。

秋らしいレイヤードを楽しんで♪

【3】黒シャツワンピース

シャツワンピース、ニット帽、ファーバッグなど、異素材を重ねて作るオールブラックコーデ。印象が重くなりがちなブラックも、淡いベージュのレギンスで軽やかさと今っぽさをプラスした着こなしに。

【レギンス】コーディネート13選|シンプルにモードに着こなして

【4】Vネックワンピース

デートに着たいニット×黒ワンピースの大人見えコーデ。胸が開いたVネックデザインの黒ワンピースなら、タートルネックニットを合わせて重ね着アレンジも可能。

一着は持っていたい!【ミディ黒ワンピース】コーディネート7選

【5】カーキのワンピース

カーキのワンピースをカーキのタートルネックにレイヤードてライダースジャケットをはおったコーディネート。辛口配色の着こなしには、トレンドのふわふわエコファーバッグで茶目っ気をプラスするのが◎。

ドライな配色のコーデには、ふわふわファーバッグでかわいげをプラス♪

【6】チェック柄のワンピース

トレンドのチェック柄のワンピース以外を黒で統一したミニマムコーデ。アクセを最小限に、落ち着いた雰囲気のレザーの時計を合わせるのが着こなしのポイント。知的美人なコーディネートに仕上がります!

ここぞという日は、Iラインワンピースで女っぷりよく♪

【7】ネイビーのワンピース

黒×ネイビーの洗練配色には、シルバー小物を着こなしのポイントに使うのが◎。メンズライクでちょっぴりモードなコーディネートに仕上がります。

黒×ネイビーの洗練配色には、シルバー小物がよく映える!

【8】黒のワンピース

黒のワンピース×グレーのロングカーディガン×ヴィンテージグレーのタイツの同系色グラデーションコーデには、白いストールやバッグを合わせて洗練感をプラスするのがポイント。

Oggi付録タイツで、モカ色グラデーション

【9】グレーのワンピース

冬に着たいグレーのシンプルなワンピース。カジュアルさは控えめにシックな色味でまとめて、デキる雰囲気を漂わせて。オフィスコーデにも会食にも適したコーディネートです。

ボランティアに活きそうなIT系のセミナーへGO! 人を惹きつけるこの講師の話し方はなんでだろう?

【10】グレーのボックスワンピース

グレーのボックスワンピース

ダブルフェースのコートを脱ぐと、同素材のボックスワンピース。オフィスで浮かないシンプルさがおしゃれ上級者のイメージを作り上げます。

イルミネーションからのホテルディナーデート。トップグレーと裏地のホワイトが夜の街でもレストランでも優しく映える

【11】ネイビーのコクーンワンピース

きちんとした印象をもたせつつムードのある雰囲気で着られるコクーンワンピ。合わせるのはシンプルなテーラードジャケットが便利。ややビッグシルエットだから、コクーンワンピの上にはおっても、もたつかずバランスがとれます。

【会議の日のコーデ】きちんとしているのに今っぽムードを加えるなら

【12】アシメトリーワンピース

素材はウール調のネイビーストライプ、シルエットはアシメトリーなタック入りで女っぽい。着心地ラクなのにデキる先輩感を上げてくれるデザインワンピース。クラシカルとモードが絶妙に融合した一枚。

デキる先輩感を上げてくれるデザインワンピースでデスクワークの日

【13】花柄ワンピース

子供っぽくなりがちな花柄ワンピースは、ダークトーンの花柄にロング丈を選んでヴィンテージ調に。もこもこプルオーバーと合わせて、小花柄のカシュクールワンピースを女性らしいコーディネートにまとめて。

バレンタインは大人かわいいワンピースを着て出かけよう

【14】ブラウンのマキシ丈ニットワンピ

ひざ下の両サイドから深めにスリットが入った、キレのあるニットワンピ。デニムを重ねてもスマート。ベルトでメリハリをつけて、スタイルよく着こなして。

ワンピとデニムの重ね着でリラックス帰省コーデ

デザイン性の高いワンピースでパーティーへ

大人になるほど活躍する場面が増えるフォーマルなワンピース。たっぷりの生地を使ったすとんとしたシルエットや、ドレッシーなデザインワンピースは、結婚式や大事な取引先のパーティーを華やかに彩ります。なんでもない日には、上質なワンピースにラフなアウターを合わせてもすてき。

【1】変則プリーツにワンピース

レディな印象を盛り上がる変則プリーツのワンピース。すとんとしたシルエットとウエスト部分の切り替えで1枚で着てもドラマティックだけど、端正なベージュジャケットと合わせてキレよく着たい。

今買うべきはヘビロテ必至の【すとんと系ワンピ】おすすめ&着回しコーデ

【2】大胆に背中が開いたブラックワンピース

華やかな黒ワンピースにスタイリッシュなシルバーバッグを合わせたコーデ。メタリックレザーのグラマラス感と、くたっとしたフォルムの抜け感が今どきのムード。

働く30歳からの名品小物12選|自分を鼓舞してくれる、素敵な投資

【3】シャープな印象を引き立てるスタンドカラーワンピース

マニッシュな風を感じる、シャツ風のスタンドカラーワンピースにストイックなブーティを合わせたコーデ。Aラインのフレアシルエットと前後差のあるすそでドラマチックに。

会社帰りに何かある日には♪【シック見えワンピース】|Oggi的鉄板アイテム!

【4】イヴァンカ的コンサバワンピ

華やかなカラーリングが印象的な花柄のワンピースに、細ヒールとポイントトゥの靴を合わせてシャープな美人コーデのできあがり。男前時計で、手元とワンピの印象のギャップを演出するのが着こなしのポイントです。

お呼ばれの日はイヴァンカ的コンサバワンピで

【5】総レースワンピース

総レースワンピに、ステンレスのブレスレット時計を合わせて、甘モードな方向にコーディネートするのが着こなしのポイント。大胆な脚の透け感も、セクシーすぎない雰囲気で◎。

彼とパーティへ。周りと一線を画すのは、甘く見せない総レースワンピース!

【6】知性を感じるブラックワンピース

レセプションパーティにお呼ばれした日は、知性を感じさせるブラックワンピースで。ロングワンピース×ジャケットのオールブラックで、辛口かつ華やかに。赤いリップや小物使いでさりげなくインパクトを加えて。

ブラックドレスを知的&華やかに昇華させて

【7】すそティアードワンピース

ワンディテールのスカートで一気に華やか見えが叶うブラックワンピース。一見、シンプルなタンクワンピースだけれど、すそにだけさりげなくデザインを効かせて華やかに。仕事でイベントがある日や休日のお出かけにも対応できる。

市場調査も兼ねて、休日は新オープンのレストランへ

【8】シルクサテンのキャミソールワンピース

キャミワンピにワイドパンツを重ねたレイヤードスタイル。ジャケット×ロング丈のレイヤードが重くならないよう胸元の肌見せで抜け感をつくるのがポイント。

【女友達とおしゃれ対決の日】ジャケット×ロングワンピがかっこいい

アウター選びはワンピースのシルエットが映えるものを

ワンピースに合わせるアウターは暖かさだけでなく、ワンピースをより映えるアシストをしてくれるものを選びたいですよね。アウター選びに迷ったときは、「Iライン」「コントラスト」「異素材ミックス」のいずれかにポイントを置いて選ぶのがおすすめです。では早速お手本コーデを見ていきましょう。

【1】ダウンベスト

ダウンベスト

Iラインを強調するリブニットワンピースは、ダウンベストとのレイヤードで立体感を。大人カジュアルなワントーンコーデにアスリートな黒スニーカーを合わせれば、ニットワンピをより奥深く仕上げてくれる。

ニットワンピはハイテクスニーカーで辛口に! おすすコーデまとめ

【2】エコファーコート

クリーンなニットワンピースに軽やかなエコファーを合わせた、大人で粋なホワイトコーデ。レイヤードしたブラウンレギンス、アニマルフラットシューズなど、茶系のアクセントカラーで引き締めて。

トレンド【コート】コーディネート21選|きれい色・チェック・Yライン・Aライン

【3】チェック柄ジャケット

グレーのAラインワンピース×チェック柄ジャケットの辛口コーデ。ダークカラーのノースリーブのワンピースなら、ジャケットを着てもそでのおさまりがよくすっきり着られる。

「何かある日」の【ワンピース】コーデ12選|仕事にプライベートに大活躍!

【4】ソフトトレンチコート

モカ色のシャツワンピに、赤系のフラットシューズを合わせて上品だけどリラックスできる休日コーデのできあがり。アウターもベージュのソフトトレンチコートを選べば、今年の秋っぽい印象に。

【自分メンテナンス日のコーデ】リラックスできて1枚でサマになるワンピがGOOD

【5】トレンチコート

上品なベーシックなトレンチコートは、しなやかさと女性らしさを表現。ワンピースとの丈感もマッチして相性は抜群。

名品トレンチコート【Aquascutumアクアスキュータム】の魅力、徹底解剖!

【6】やさしげ淡色もふもふコート

ネイビーのニットワンピースの上に今年トレンドの淡色のもふもふコートをはおったコーディネート。大人かわいい華やかさが◎。

あなたはどのタイプ!? Oggi的【4大OL診断】であなたに必要なアウターコートが分かる!

【7】ダブルボタン テーラードジャケット

黒ワンピ×ネイビージャケットのミニマムなスタイルで、NYのビジネスウーマンのような意志を感じさせるダーク配色に。パンチのあるバッグとゴツめリングで辛口シンプルにまとめて。

ミニマムな黒ワンピ×ネイビージャケットで気分はマンハッタン!

【8】ライダースジャケット

ニットワンピ×ライダースジャケットでキレのいいシンプルスタイルに。ダークトーンでそろえて、カジュアルすぎないバランスに。バッグはモダンなデザインのカゴバッグをチョイスして、重×軽バランスの妙を楽しんで。

かごバッグで冬コーデを春へ繋ぐ! 重×軽のバランスが洒落見えポイント

【9】ペールグレーのウールコート

上品でやさしいペールグレーのロング丈ウールコート。やわらかなカラーは男女問わず打ち解けやすい印象にまとめてくれる。ダークトーンの花柄ワンピースと合わせて上質感があふれるコーデに。

マストハブはヴィンテージ調花柄ロングワンピース!

最後に

慣れ親しんだワンピースコーデも、秋冬らしいアウターと合わせたり、素材で季節感を出すとグッと深みが増しましたね。ワンピースは形も素材もさまざまですが、レイヤードで目線を替えることでスタイルアップも叶えてくれるので、いろいろと着こなしの幅が広がりそうですね。今回のお手本コーデを参考に、慣れ親しんだワンピースも大人の余裕を感じる着こなしに更新しましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature