Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 石井美絵子
  4. 死刑執行中脱獄進行中|石井美絵子の二次元HOLIC!

LIFESTYLE 石井美絵子

2014.10.28

死刑執行中脱獄進行中|石井美絵子の二次元HOLIC!

死刑執行中なのに脱獄進行中?
まずこの正反対な(矛盾した?)事柄が合わさった作品名に心を掴まれました。

死刑宣告をされた主人公が案内されたのはとても牢獄とは思えない、むしろホテルのように小綺麗な部屋。
しかし、そこで次々と不可解極まりないことが彼を襲います。

最初は小さな出来事から…
だんだん大きなことに…
それはどう見ても確実に彼を殺すために起こっている…
“部屋”が彼を処刑しようとしている…
人ではない、”部屋”という想像し難い無言の恐怖…!

そして私がもっとも恐ろしいと感じたのは、
最後の最後に死刑か終身刑か主人公に選ばせる形に至ったことです。

この部屋から脱出する手段を得た主人公、しかしそれはまた自分を処刑する為の罠なのではないか?そんな手に騙されてたまるか。
と、疑心暗鬼になり主人公は部屋を出ることをやめるのです。
私ならこんなところにいたらまた襲われる!と猪突猛進でその脱出手段を使って逃げる気がしますが…。

その脱出手段に罠があるかどうかは定かにはなっていませんが、私はあるものと思って、いつも読んでいます。
人間の心理を利用した処刑方法にとても不気味さを感じて、読めば読むほど仕組んだ人の
心のバックボーンを想像して背筋がぞくりとします…。

私がとても気になるのはこの処刑部屋をつくった人間のこと…
死刑と宣告したにも関わらず、その死刑囚に選択を委ねるような方法…
ただ単に処刑ということだけではなく、何か心理的実験のためにこの部屋をつくったのではないか…と考えていくと、
30ページ弱にまとめられた世界観がとてつもなく広がっていきます。
そして今回は騙すのは好きだが騙されるのは嫌いという性格の主人公だったために、看守たちは彼をこの処刑部屋に入れたのではないか?
実は、それぞれいろいろな性格の死刑囚用にいろいろな処刑部屋が用意されているのではないか……と思うと!
不気味なバックボーン妄想は止まりません…!

心理戦であり、
伸るか反るかの大博打であることが、事柄は違えど、人生でいく度となく訪れる選択肢にも重なって感じられます。

作者・荒木飛呂彦先生の短編作品をぜひもっとたくさん読みたいと思わせられる作品です!!

バックナンバー

Vol.1 ドラゴンボール
Vol.2 ミノタウロスの皿
Vol.3 四畳半神話大系
Vol.4 ヒカルの碁
Vol.5 ふしぎ遊戯
Vol.6 坂本ですが?
Vol.7 美少女戦士セーラームーン
Vol.8 死刑執行中脱獄進行中
Vol.9 魔法少女まどか☆マギカ
Vol.10 みかこさん
Vol.11 ニーチェ先生
Vol.12 ちびまる子ちゃん ーわたしの好きな歌ー
Vol.13 ラブライブ!
Vol.14 クレヨンしんちゃん
Vol.15 ぼくは神様
Vol.16 東のエデン
Vol.17 かくかくしかじか
Vol.18 リメイク
Vol.19 ニューヨークで考え中
Vol.20 コンプレックス・エイジ
Vol.21 パーマン
Vol.22 プリンセスメゾン
Vol.23 鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン!
Vol.24 昨夜のカレー、明日のパン
Vol.25 笑ゥせぇるすまん
Vol.26 こんな私はだめですか?
Vol.27 喪黒福次郎の仕事
Vol.28 東京タラレバ娘
Vol.29 ママはテンパリスト

いしいみかこ

スラリとした手脚でどんな服も着こなしてしまう独自の存在感が人気のモデル。2013年1月号より『Oggi』専属。このWEBオリジナルコラムでは、大好きな漫画&アニメについて書き連ね、二次元にも強いという新たなモデル像を提案。また2014年以降、ミュージカルや舞台に出演するなど女優としての活動も活発に。秋には『美少女戦士セーラームーン~アン ヌーヴォー ヴォヤージュ~』に出演、セーラープルートを演じた。


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature