Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 40代ガチ婚活
  4. 老舗会社の四代目社長。フワフワ&キュートなクマさん系♥|40代本気婚活レポート34

LOVE & WEDDING

2018.01.25

老舗会社の四代目社長。フワフワ&キュートなクマさん系♥|40代本気婚活レポート34

結婚はしたいけれど、なんとなく日々を過ごしていた私エディターT。40歳で捨て身の婚活の末、まさかの結婚(!)に至りました。実際にやったこと、リアルに感じたことをくまなくお伝えします。真剣に婚活をお考えの方に、少しでも参考になれば幸いです。今回は、結婚相談所の仲介でこぎつけたお見合い4人目。お相手は絵に描いたような独身おぼっちゃま。

▶前回のレポート33|ゼネコン勤務、海外慣れした年下メガネ君の胸の内

ガチ婚活レポート1はこちら

結婚相談所に登録し、3人とお見合い終了…

初めて、もう一度会いたい! と思ったKさんにあっさりお断りされた前回。大学時代の就職活動を思い出しました。落ちたからって人生すべて決まるわけじゃないし、あくまでひとつのご縁。そう頭じゃわかっているけれど、落ちた/断られたってだけで、自分自身やこれまでの人生を否定された気がしちゃう

40歳にもなって、また再び、誰かに堂々と「NO」を突きつけられるなんて、想像してなかったなぁ。婚活ってタフじゃないとやってけないかも。

凹みまくっていたある日、パソコンを見ると、【お見合い成立】の文字が! おおおーっ! 捨てる神あれば拾う神ありだ。しかも自分で検索して「この人いいかも♥ でも無理かもしんない。だって条件、かなりいいもん」とあきらめかけていたお相手!

所長

「Tさん! でかした! どうしちゃったの、こんなお相手、二度と現れないわよっ! 経営者同士、気が合うわよっ! 素敵じゃない!」と所長は前回よりもハイテンション。

あんだけ所長に「あなたの婚活市場での価値はゼロ以下」レポート21参照)、「検索条件が間違いだらけ」レポート32参照)と怒られたにもかかわらず、うっかりちゃっかり、ときどき、ハイスペック男性を検索してたんですよね。で、ダメもとで40人中2人くらい、所長に内緒でそんな男性たちにお見合いを申し込んでました(笑)。

で、このSさん。経営者で、誰もが知る高級住宅街にご自宅があり、湘南に別荘が。年収も2000万円以上自社ビルあり別途株所有、などと書かれておりました、プロフィールに。ヨットも所有し、釣りが趣味。しかも小学校からA大付属に通うおぼっちゃま! おいおい、どんだけ~(古)。

[caption id=”attachment_155529″ width=”720″ align=”alignnone”>ヨット (c)Shutterstock.com

ま、そういったプロフィールから醸し出されるおぼっちゃま感に興味を示したのは事実ですが、何より、写真がちょっとタイプだったんです。シュッとしたイケメンも好きですが、Sさんは、ふわりとした優しさ漂う、クマさんのような容姿で笑顔もキュート。

私の第一印象は、そう、あの柔軟剤「ファーファ」のクマさん♥

ケーキ
(c)Shutterstock.com

するとSさん、「じゃあ、僕はこれと、これと、これと……」と7個、注文した。

7個って! いやまあ、全然いい。食べない人よりおしいくたくさん食べる人が好き。でもでも、初対面ですよね、てか今日、お見合いですよね…? 担当のお姉さんも、「え、7個?」てな顔してる。でもファーファさんは全然気にしてない様子。

ほどなく、ケーキが7個(ファーファ分)と、チーズケーキ(T分)、紅茶とコーヒーがそれぞれ運ばれてきた。テーブルの上は、見事にパンパン…。

クマのぬいぐるみ
(c)Shutterstock.com

うーんと。えーと…。

【本気婚活メモ】
・こんな絵に描いたような独身おぼっちゃま、おるんかい!
・しかもバツ、ついてません

▶レポート35へつづく。

プロフィールイラスト/小池アミイゴ
トップ画像イラスト、記事内イラスト/(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

エディターT

仕事も遊びも忙しく、40歳までシングルを謳歌。数々の女性誌で、お見合いパーティや合コンなど、婚活企画を担当するも成果はナシ。しかしこのたび、本気の行動でついに結果が出ました(びっくり)。いくつになっても、好きな相手と結婚できるんだなぁ〜と実感中です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature