Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 美乳
  4. 西洋人は日本人より乳首が柔らかい!? 下着に対する考え方の違いとは

BEAUTY

2017.12.09

西洋人は日本人より乳首が柔らかい!? 下着に対する考え方の違いとは

日本人と西洋人では下着に対する考え方が違う!? 今話題の下着を作る『NAO LINGERIE(ナオランジェリー)』デザイナー栗原菜緒さんにお話をうかがいます。

14歳でランジェリーの美しさに魅せられ、下着販売や海外留学を経て、3年前にランジェリーデザイナーとして『NAO LINGERIE(ナオランジェリー)』を立ち上げた栗原菜緒さん。

今、話題の下着を作る栗原菜緒さんに日本人と西洋人の下着に対する考え方について伺います。

dsc01883

■西洋人は日本人に比べて乳首が非常に柔らかい

――日本人と西洋人では下着に対する考え方が違うように感じます。栗原さんはどう思われますか?

栗原:私が会社員をしていた頃に調べた事があるのですが、日本人のOLは世界と比較してみても、いちばん通勤時間が長いといわれているんです。例えばヨーロッパでは、働く場所と住まいが近いケースが多いので、仕事終わりにデートの約束があるなら、一度帰宅して、シャワーを浴びて、ランジェリーも付け替えます。

デートには職場にしていかないような派手なものをつけてデートに出かける人も多いようです。しかしながら、日本人の女性が、平日のデート前に一度帰宅するなんて滅多にないし、あまり考えた事がないと思うんです。そのような違いもあって、西洋人はランジェリーで自分を美しくみせることを実感として身に付けていったんだと思います。

――日本人と西洋人の美しくみせる「見せ方」にも違いがありますか?

栗原:あると思います。例えば、海外に行くと、ノーブラなのに体にフィットしたTシャツを着ている方を目にすることはよくあると思うのです。ただ、これが日本の場合、ノーブラにTシャツだと、非常に目立ってしまいすよね。

これは、体型や環境の違いはありますが、そもそも生まれ持った乳首の堅さが違うということが実は大きいのです。西洋人は日本人に比べて乳首が非常に柔らかいんです。なので、寒さなど環境の変化があって縮んでも、東洋人ほど目立たない。なので、西洋人は乳首が透けていても違和感を感じないことが多いと思います。

■女として生まれてきたことと下着は、とても親密な関係にある

――女性にとって、下着とはどのような存在なのでしょうか?

栗原:下着は、体を美しくみせてくるという要素のほかに、肌に直接ふれ、体の中でも大切な生殖器を守る役割を果たしてくれます。洋服と同様にトレンドはありますが、日常を共に過ごす大切なものだと思っています。

私もブランドを立ち上げた頃から心がけているのは、肌に優しく、着心地がよく、品ある美しさを持ちあわせ、オンオフ問わずに使える下着をつくるということです。ブラジャーは本当に繊細なもので、1ミリの差が人を傷つけます。パターンを引く際に、0.03ミリの世界でこだわり、ワイヤーありのブラジャーで、きちんと胸をホールドするのに、1日着ていても疲れない、楽な着け心地を追求しています。

dsc00419

女として生まれてきたことと下着は、とても親密な関係にあると思っています。女性としてこの体で生まれてきたことに自信を持ってほしい、最大限に女性として輝いてほしいという想いから下着作りを続けています。

PROFILE:外務省から下着業界へ転身したランジェリーデザイナー栗原菜緒、33歳。3年前、デザイナー兼経営者として自身のブランドNAO LINGERIE(ナオランジェリー)を立ち上げ、下着業界に新規参入を果たした。締めつけないのに美しい機能性とデザイン性を合わせ持つ下着が業界の注目を集め、今では全国の大手百貨店から毎月のように出店依頼が殺到するほどの人気。

▶︎NAO LINGERIE

文/木村真悠子

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature