既婚なのに他に好きな人ができる理由と考えたいこと | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 既婚なのに他に好きな人ができる理由と考えたいこと

LOVE

2024.06.20

既婚なのに他に好きな人ができる理由と考えたいこと

既婚者なのに他に好きな人ができてしまった… その原因は? 「他に好きな人ができたから離婚したい」と思ったときに考えたいこと5つもあわせてチェック。

既婚者でも他に好きな人ができることはある

結婚をしている立場にいても、配偶者以外に好きな人ができてしまうことはあります。ただし好きな人ができたから、感情のおもむくままに行動をしてしまうのは、危険を伴うこと。
自分の気持ちを冷静に整理して、後悔のない選択をするようにしましょう。

「他に好きな人ができたから離婚したい」と思ったときに考えたいこと5選

離婚を考える女性
(c)Adobe Stock

他に好きな人ができると「離婚をしたい」と考え始める既婚者も少なくありません。そんなときに、考えておきたいことを5つ解説します。

♦︎一時的に自分の感情が高まっているだけではないのか

恋愛感情が高ぶっているときほど、冷静な判断が難しくなります。
既婚の立場である以上は、一時的な衝動に流されず、自分の感情の起伏をじっくりと考える必要があるでしょう。
新しい出会いが本当に長続きするものなのか、それとも一時的な興奮なのかを時間をかけて見極め、衝動的な行動は避けたほうが賢明です。

♦︎離婚したあとの生活はどうするのか

離婚は、生活や経済面で大きな変化をもたらします。
新しい生活を始めるためには、住居や収入源、子どもの養育費など、お金にまつわる課題をしっかりと計画する必要もあります。
「離婚をしたい」という感情ばかりを優先せず、具体的な将来の見通しを立てながら慎重に判断しましょう。

♦︎配偶者に真実を伝えるのかどうか

離婚をするなら、配偶者の合意が必要です。「他に好きな人ができた」という事実を伝えるべきかどうかは、とても悩ましい問題でしょう。
結婚生活における信頼関係を思うと、秘密を抱えることは長期的にはより深刻な問題を引き起こす可能性もありますが、素直に打ち明けたところで相手が受け入れない可能性もあるでしょう。
話し合いをするなら、相手の心情も考慮しながら慎重に進める必要があります。

♦︎今の生活を失うことによるデメリット

離婚によって、現在の生活や絆を失うことに伴うデメリットは多方面にわたります。
相手の実家との関係が断たれたり、世間体や友人関係など、失うものは想像以上に大きいかもしれません。
自分の選択がもたらす影響を、よく考えたうえで結論を出しても遅くないでしょう。

♦︎離婚したあとに再婚を望むのか

離婚をして、好きな人とのお付き合いが始まったとしても、その人と将来にわたってうまくいくとは限りません。
すぐに再婚を望んでも、相手が了承しない場合もあるでしょう。
自分が思ったような未来にならない可能性も考慮して、離婚をすべきかどうか冷静に判断する必要があります。

既婚なのに他に好きな人ができる原因5選

仲が悪い男女
(c)Adobe Stock

既婚の立場でも他に好きな人ができてしまうときには、日常に原因が潜んでいる場合も珍しくありません。代表的な理由を5つ解説します。

♦︎夫婦仲が冷めている

夫婦関係が冷めてしまうと心に隙間ができ、他の異性に対する興味が湧いてくることがあります。
夫婦間での日常のコミュニケーション不足や、感情の距離が広がってしまっているほど、他の人に惹かれる傾向が高まります。
夫婦仲が改善できれば、他の人への興味が薄れる可能性も高いでしょう。

♦︎生活に刺激が足りない

日々の生活が単調で刺激や興奮が足りないと感じてしまうと、新たな刺激を求めて他の人に惹かれる場合があります。
モノトーンな日常からの脱出を求め、新たな出会いや体験を求める心理が働くと、パートナー以外の異性への関心も高まりがちです。
日常に刺激を取り戻すと異性への関心が薄れやすくなるので、新しい趣味を始めてみたり引っ越しをしてみたりすると、再び日常生活への満足度が上がりやすいでしょう。

♦︎自信を取り戻したい

結婚をしたあとは、家庭や子育てに追われる時間が多くなるほど、自分自身を見失いがちです。
こういった状況下では、自分の魅力や価値を再確認したいという欲求も強くなり、婚外恋愛に走ってしまうことも。パートナー以上に自分を恋愛対象として扱ってくれる人が現れると、感情が揺さぶられやすいでしょう。
不満があるときには素直に話し合いをして、気持ちをぶつけてみるのもいいかもしれません。

♦︎理想の相手に出会った

既婚の立場でも配偶者を「理想の相手」と認識して結婚しているとは限りません。特に「妥協」で結婚を決めた人が結婚後に理想の相手に出会ってしまうと、相手への恋愛感情が芽生えるがちに。
自分の価値観や希望に合致する相手に出会うと、既存の夫婦関係に疑問を抱きやすくなります。
パートナーの魅力を再確認できるよう、努力してみるのも有効な対策です。

♦︎相手が自分のことを大事にしてくれるから

夫婦関係に特別な不満がなかったとしても、相手が自分を大切に思ってくれ、その好意に応えるかのように惹かれてしまう場合もあります。
夫や妻との関係が冷めているわけではなくても、新たな相手との出会いは魅力的に映りがちなので、心が動かされやすいシチュエーションです。
自分が既婚者の立場であることを改めて認識することで、自制心が働きやすくなるでしょう。

結婚しているのに好きな人ができたら冷静になって

結婚をしているのに好きな人ができてしまったら、感情的にならずに冷静な自分を取り戻すことが大切です。
恋愛感情をコントロールするのは難しいときもありますが、安易に離婚を選択してしまうと、取り返しのつかない事態へと発展するリスクも伴います。
一時的に配偶者以外の人に惹かれているだけならば、時間をかけることで気持ちは落ち着いてくることもあります。冷静な自分を取り戻すまで結論を急がないことが、後悔を招かないためにも重要でしょう。

TOP画像/(c)Adobe Stock

▼あわせて読みたい

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.07.13

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。