Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マネー
  4. 資産拡大のしすぎに注意! それよりも大切なものは? 貯金ゼロから資産4000万にしたゆみにゃん発#10

WORK

2023.01.28

資産拡大のしすぎに注意! それよりも大切なものは? 貯金ゼロから資産4000万にしたゆみにゃん発#10

老後の資金繰り、養育費、物価上昇… 生きているとお金がかかるし、漠然とした将来への不安が襲ってきます。どうお金を節約する? 離婚して貯金ゼロから5年で1000万円貯め、8年で4000万円まで資産を増やした、ミニマリストゆみにゃんのコラム。今回は資産の増やした後の自由と幸せについて。

ミニマリストゆみにゃん

これまでの記事はこちら

自分に必要なお金を見定める

お金が貯まってきても、無限にお金を増やすマネーゲームにハマってはいけません。

それはドーパミンによるギャンブル、依存症の世界です。

年収800万円、資産1億円まではお金自体で幸福感が味わえるという研究結果があります。

一方、それ以上になるとなんと、幸福度は下がっていくとか……!

しかしサラリーマンでも起業家でも、幸福度は下がっていくのに、年収や資産拡大のマネーゲームにハマって抜け出せなくなる人が一定数います。

そうならないようにするためにも、自分の「必要なお金と必要な幸せ」について考えなければいけません!

まずは#5でも少しお伝えしたように、お金を何のために貯めるのかをはっきりさせることから始めましょう。

多くの人は、「老後資金を貯める」ということを不安の解消のために真っ先に考えますよね。でも、そもそも老後にいくら年金がもらえるのか、いくらお金が足りなくなるのかを把握していない人が多いのです。

なので、ねんきん定期便でもらえる年金を確認し、家計簿と比較して自分の生活費との不足分を計算しましょう。老後資金が溜まってしまえば選択肢が一気に拡大します! それ以上の節約はせずに遊興費を増やすのも良いですね。

注意点として、#8でも話したようにモノを買っても幸福度は上がらないので、健康や家族・友人との時間を作って、質の良い幸福度を感じられる習慣を作り、継続的な幸せを手にするのが大事です。

そうしないとお金をドブに捨てるだけでなく、買い物依存という不幸への階段を登り始めてしまうのです。

海を見て手を広げる女性
(c)Shutterstock.com

自由のパスポートの行き先

死ぬまで働くのが嫌な人は、セミリタイアやFIRE(経済的自立と早期リタイア)を目指すのが良いでしょう。

セミリタイアでは、仕事を業務委託に切り替えたり、自分の事業を作ったりすることで、労働時間を半分にして旅行やワーケーションを楽しめます。一気に働いて40歳前後でFIREして世界中を放浪するのもいいでしょう。

私もセミリタイアして、今は南国フィリピンのセブ島のプールサイドで、この記事を書いています。

「仕事を辞めて楽しいの?」と疑問に思う方もいますが、控えめに言って最高です。満員電車で会社に通う必要も、リモートワークでも8時間は家にいないといけない生活ももうありません。

現在は留学中なので平日は英語学習をし、夜はヨガかZUMBAでリフレッシュし、ジムで体を鍛え、休日はプールでのんびり過ごすか、外国人の友達と一緒にアイランドホッピングへ行っています。最近は年末年始にどこへ行こうかと旅行計画を立てて友人と盛り上がりました。

健康的な肉体づくりと知識の拡大、リゾートでのバカンスは、仕事をしていると同時にはできません。

しかし今はその全てが実現できています。

あなたの夢は何ですか?

もしあなたがやりたいことがないなら、それはまだ何もやっていないからかもしれません。

バイト経験の少ない大学生が、働きたい業界や職種を見出せないのと同様に、会社員生活が長い人ほど、やりたいことを見失いがちです。

まずは何かを始めてみると世界が一気に広がり、興味がどんどん湯水のように湧いてきます。

もしまだ何も興味がなく、ただ日々が過ぎているならしっかり有給を使って休日に予定を入れましょう!

多くの人は老後にその時間ができて、自分のやりたいことに気づきますが、肉体的にももうできないということも多々。それが後悔となり、もっと資産形成を真面目に考えて早く自由を手に入れていればよかったと思うのです。

人生は一度きりなので、あなたの本当の人生を実現するために、私が紹介してきた資産形成の5ステップを実現し、自由のパスポートを手に入れましょう!

■ミニマリストゆみにゃんの書籍が好評発売中です!

お金のつくりかた 書影

▲ミニマリストゆみにゃん著「ミニマリストゆみにゃんのお金のつくりかた」(すばる舎)1,540円

TOP画像/(c)Shutterstock.com

こちらの記事も読まれています

ミニマリストゆみにゃん

ミニマリストゆみにゃん

普段はゲームディレクターとして会社員をしつつ、YouTubeブログを運営。20代で結婚して離婚、その後、ものを増やしたり減らしたりを繰り返し、現在はミニマリストとして暮らしやすい生活を手に入れました。また、時短を徹底することで、時間の余裕も生まれ、YouTubeを始めて今では登録者10万人を突破。ミニマリストになって時間にもお金にも余裕ができた今では、セミリタイアを実現し世界中を旅しています。


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.03.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi4月号で掲載した商品に誤りがありました。P.38「3/6」のメガネは、正しくは¥80,300(アイヴァン PR〈10 アイヴァン〉)、P.40「3/13」のメガネは、正しくは¥41,800(アイヴァン 東京ギャラリー〈アイヴァン〉)です。お詫びして訂正いたします。

Oggi4月号P.24の表記の誤りがありました。正しくはTシャツ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム〈デウス エクス マキナ〉)です。訂正いたします。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。