Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「ポテンシャル」とは?「ポテンシャル」が高い人の特徴や引き出し方を紹介

WORK

2022.05.11

「ポテンシャル」とは?「ポテンシャル」が高い人の特徴や引き出し方を紹介

「ポテンシャル」とは、「潜在能力や可能性」のこと。自分や周囲がまだ気付いていない秘めた才能を表します。そこで今回は「ポテンシャル」の意味や「ポテンシャルが高い」人の特徴、能力を引き出す方法などを紹介します。

「ポテンシャル」の意味とは?

ビジネスシーンで時折耳にする「ポテンシャル」という言葉。正しい意味は理解できていますか? 上司との会話や採用の現場で使われることもあるので、押さえておきたい表現です。そこで今回は、「ポテンシャル」の意味や使い方、「ポテンシャル」を引き出す方法などを紹介します。「ポテンシャル」を高めて、デキるビジネスパーソンを目指しましょう。

(c)Shutterstock.com

意味

「ポテンシャル」とは、「潜在能力や可能性」のこと。仕事やスポーツなどで「あの人はポテンシャルが高いね」というように、将来良い方向に進む期待や可能性が込められた言葉です。

「潜在能力(せんざいのうりょく)」とは「本人の中に潜んでいる隠れた才能・能力」のこと。普段はなかなかみられないものの、いざという時に発揮する能力のことを言います。一般的に、職場や学校で「ポテンシャルが高いね」と言われる人は、「ビジネスシーンや学問で成長できる・伸びしろがある人」と解釈できるでしょう。

語源

「ポテンシャル」は、英語の「potential」をカタカナ読みした言葉で、ラテン語の「potent(力・可能性)」に由来しているとされています。このことから「目に見えない力」という意味に派生して、「potential」「possible」「power」などの言葉が生まれました。

使い方を例文でチェック!

「ポテンシャル」は、ビジネスの場面などで使われることがあるため、正しい使い方を理解しておきましょう。主な使い方を例文で紹介します。

(c)Shutterstock.com

1:彼女はポテンシャルが高いので、新しいプロジェクトを任せることにした。

日常生活で一番よく使われるのが「ポテンシャルが高い」という表現です。基本的に才能があると感じる人への褒め言葉として使います。「将来にとても期待ができる」「任せた仕事はきっとやり遂げてくれるだろう」というイメージです。反対に、「ポテンシャルが低い」場合は、「彼のポテンシャルの低さではこの仕事は難しい」ということもあります。

2:周囲の人たちの支えで、予想以上のポテンシャルを発揮することができた。

「ポテンシャル」は、まだ自分や他人が知らない能力のこと。場合によっては、人間関係や置かれた環境によって、才能が開花していくこともあるでしょう。自分でも思ってもみなかったような能力が表に出てきたことを「ポテンシャルを発揮する」と表現します。

3:企業の待遇面を改善して社員のポテンシャルを引き出した。

「ポテンシャルを引き出す」は、他者がその人の元々持っている能力を活かすために行うことことを言います。企業が社員の士気を上げるために、雇用形態や待遇面を改善することや教師が生徒を褒めてやる気を出させることもこれにあたるでしょう。

「ポテンシャル」が高い人の特徴とは?

周囲から信頼されている「ポテンシャル」が高い人にはどのような特徴があるのでしょうか? その特徴をチェックしてみましょう。

(c)Shutterstock.com

1:積極性がある

「ポテンシャル」が高い人は、何事にも興味を持って新しい知識を学ぶ積極性があります。物事に対して、受け身ではなく「こうしてみたらどうだろう?」と常に向上心を持っています。人から言われたことや情報を素直に受け入れることができるので、成長し続けることができるのです。

2:行動力がある

「行動力」も「ポテンシャル」が高い人が持っている能力の一つ。仕事で学んだことや自分で立てた計画をすぐに実行することができます。どれだけ本を読んでインプットしても、それを行動に移さなければなにも始まりません。実際に経験や失敗を積むことによって、スキルアップにつながるのです。

3:自己分析ができる

「ポテンシャル」が高い人は、自己分析ができるため、自分の強みや弱みを理解して能力を発揮することができます。自分にできることをしっかりとわかっているので、向上心を持って仕事に取り組むことができるのです。また、失敗したときにも原因を分析できるため、ミスを繰り返さないという特徴もあります。

「ポテンシャル」を引き出す方法とは?

どうせなら職場や学校で自分の能力を発揮して、活躍していきたいですよね。自分の中に隠れている才能を引き出すにはどのような方法があるのでしょうか? 今すぐ実践できる方法を3つ紹介します。

(c)Shutterstock.com

1:目標を設定する

「ポテンシャル」を引き出すためには、具体的な目標を設定することが大切です。将来どのようになりたいのか、どんな働き方がしたいのかなど、具体的なビジョンを思い描いてみましょう。具体的に目標が定まることで、自分が何をすればいいのか優先順位が明確になり、効率的に自分の能力を発揮することができるでしょう。

2:自分を振り返る時間を作る

「ポテンシャル」を引き出すためには、何事も経験して成長し続ける必要があります。客観的に自分の長所や課題を見つけるためにも、振り返る時間を持つようにしてみましょう。一つ一つの作業や業務を振り返り、改善点や目標などを紙に書き出していくのです。文字にして書き出していくことで、頭の中を整理し、自分を客観視できるようになるはず。

3:時間を有効に使う

「ポテンシャル」を引き出すためには、日々の時間の使い方も重要です。もし、朝の方が仕事が捗るのであれば、生活を朝型にチェンジしてみてはいかがでしょうか。午前中に集中して仕事を終わらせるなど、ルーティン化することで生活にメリハリが生まれます。自分の調子のいい習慣に整えることで、より効率的にパフォーマンスを高めることができます。

最後に

潜在能力や才能は、限られた人が持っている能力ではなく、誰しもが持っているもの。今、自分の長所や才能がわからないという方は、周囲の人からアドバイスをもらうのもいいでしょう。「ポテンシャル」が高くなると、自分の夢や目標が実現しやすく、また上司や同僚からの賛同も得やすくなります。また、確実にスキルアップすることもできるはずです。積極的に行動に移して、秘めた才能を発揮できるといいですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature