Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「雲脂」は何と読む? 意味や類語・対義語について解説

WORK

2022.04.02

「雲脂」は何と読む? 意味や類語・対義語について解説

「雲脂」この漢字は何を表す言葉か知っていますか? あまり馴染みのない漢字ですが、誰もが身近にあるものです。本記事では、「雲脂」の読み方や意味、類語・対義語などについて解説します。

【目次】
「雲脂」の読み方をチェック
「雲脂」の意味って?
「雲脂」の類語や対義語にはどのようなものがある?
雲脂取りに役立つケア・シャンプー
最後に

「雲脂」の読み方をチェック

普段なかなか目にしない漢字「雲脂」の読み方はわかりますか? ここでは、「雲脂」の読み方を紹介します。

読み方がわかれば新たな発見があるはず。難解な言葉の意味を覚えて読解力を鍛えてみましょう。

(c)Shutterstock.com

「雲脂」は、「フケ」と読みます。

「雲脂」の意味って?

「雲脂」は普段、「フケ」「ふけ」とひらがなやカタカナで表記されることが多く、漢字があったことに驚いた人も多いはず。

(c)Shutterstock.com

「雲脂」は頭皮から剥がれ落ちた古い角質。大きく乾性と脂性の2種類で、白色や黄色と見た目はさまざまです。

意外に思うかもしれませんが、「雲脂」は誰にでもあるものなんです。ただ、通常なら目立つことはありませんが、さまざまな原因で頭皮にトラブルが起こり、量が増えたり大きな塊になることも。

そうなると頭皮や髪の毛について目立ったり、肩や床に落ちて清潔感を損なうイメージを与えてしまうことがあります。

「雲脂」の類語や対義語にはどのようなものがある?

「雲脂」に類語や対義語はあるのでしょうか?

(c)Shutterstock.com

「雲脂」の類語

「雲脂」の類語には、「頭垢」というものがあります。こちらも読み方は「フケ」。

漢字の通りフケは、頭皮から落ちる古い角質=頭皮の垢なので、「雲脂」よりは「フケ」に結びつきやすい漢字表記ですね。

「雲脂」の対義語

「雲脂」の対義語は特にありませんが、強いていうなら「清潔」でしょうか。

「雲脂」の原因はさまざまですが、ストレスや不規則な食生活・睡眠不足など生活習慣の乱れが頭皮のターンオーバーに影響を与えた結果フケができたり、頭皮環境のトラブルなどでフケができることも。

まずは乾性か脂性かフケの種類を知ることで頭皮の状態に合った対策ができ、それが「清潔」を目指すことに繋がります。

雲脂取りに役立つケア・シャンプー

これから暑い季節になってくると増えるのは「脂性」の雲脂。黄色っぽいことが多く、ベトベトとした大きな塊の雲脂が頭皮や髪の毛にはりつきます。

先ほどお伝えした生活習慣の乱れに加え、頭皮から過剰に皮脂が分泌する、シャンプーのすすぎ不足、頭皮に汚れが残っている、汗や蒸れ、紫外線などが原因になることも。ここではそんな雲脂対策に取り入れたいシャンプーとブラシを紹介します。

ジョンマスターオーガニック|S&Mスキャルプシャンプー N(スペアミント&メドウスイート)

ジョンマスターオーガニック|S&Mスキャルプシャンプー N

余分な皮脂や古くなった角質を除去することで、頭皮の気になるべたつきをケア。セロリ種子エキスがうるおいを与えながらフケを抑えて、頭皮を健やかにキープしてくれます。マッサージしながらシャンプーをすると頭皮が刺激され、ヘッドスパを受けた後のようなみずみずしく柔らかな頭皮へ。

健やか頭皮で美髪を育む【ジョンマスターオーガニック】のスカルプケアシャンプー

ラ・ヴィラ・ヴィータ|リ・ヘア シャンプー

La Villa Vita|リ・ヘア シャンプー

ヘマチンが髪を深層から補修してハリ・コシを与え、健やかで美しい髪を育むベースをつくります。さらに、イノシトールが皮脂分泌をコントロールし、頭皮のベタつき・乾燥のどちらもケア。優しいゼラニウム・シトラスの香りで、頭皮環境を整えてくれるシャンプーです。

乾燥から髪・頭皮を守る! かゆみもフケもさよなら♥ 多忙でもすぐできる髪の乾燥対策3選

ロクシタン|ファイブハーブス ボリューム&ストレングスシャンプー(写真:左)

ロクシタン|ファイブハーブス ボリューム&ストレングスシャンプー

厳選された5つのハーブと植物由来成分配合のシャンプー。髪を補強しながら頭皮環境を整え、健やかで強い髪を育ててくれます。頭皮をすっきりと引き締めてくれるジュニパー、頭皮をさっぱりと整えてくれるレモンなど、ゆらぎがちな頭皮をケア。

根元から立ち上がるボリュームヘアへ【ロクシタン】から強くて太い髪へ導く新ヘアケアシリーズ

KASUI|KASUI シャンプー(写真:左)

KASUI|カスイシャンプー

本来の美しい髪を守るスカルプケアラインのシャンプー。自社基礎研究で厳選した成分配合で頭皮悩みにアプローチし、ボリュームのある仕上がりを実現。余分な皮脂や頭皮汚れ、毛穴汚れにヘアケア残留物まで取り除き、頭皮をスッキリとリセットしてくれます。

頭皮にアプローチしてボリューム感のある髪へ!

エス・ハート・エス|スカルプブラシ ワールドモデル(ショート)

エス・ハート・エス|スカルプブラシ ワールドモデル(ショート)

376個の先玉ピンと段差植毛、頭皮密着設計で毛穴の汚れを除去。指では落とせない汚れをやさしく、しっかり落としてくれます。シャンプー、トリートメントと複数シーンで使えるスカルプブラシ。

お風呂で疲れをリセット! 大人の【頭皮マッサージ】効果とやり方

最後に

(c)Shutterstock.com

「雲脂」は、「フケ」と読むということがわかりました。漢字は難解ですが、一度読み方がわかればあまり難しくありませんでしたね。もし「雲脂」にお悩みの方はここで紹介した対策法をぜひ試してみてください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature