ビジネスなら正しく使いたい!「拝見する」の意味・使い方・類語などをまとめてご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. ビジネスなら正しく使いたい!「拝見する」の意味・使い方・類語などをまとめてご紹介

WORK

2021.02.22

ビジネスなら正しく使いたい!「拝見する」の意味・使い方・類語などをまとめてご紹介

ビジネスシーンで「拝見いたします」と言ってしまっている方、多いのではないでしょうか? 実は誤った表現で使っている人は少なくありません。本記事では、「拝見する」という言葉の正しい意味や使い方、類語について解説します。

【目次】
「拝見する」の意味や注意点とは?
「拝見する」の使い方を例文でチェック
「拝見する」の類語にはどのようなものがある?
最後に

「拝見する」の意味や注意点とは?

ビジネスシーンで「拝見いたします」と言ってしまっている方、多いのではないでしょうか? 実は、「拝見いたします」は誤った表現なんです。本記事で、「拝見する」という言葉について解説していますので、しっかり覚えて正しい表現を使えるビジネスパーソンになりましょう!

(c)Shutterstock.com

まずは、「拝見する」の意味や注意点について解説します。

◆「拝見する」の意味

「拝見」は、「はいけん」と読み、「見る」の謙譲語です。謙譲語とは、「自分の行為を下げることによって、相手を立てる表現、つまり、「見る」事をへりくだった意味で使われます。謙譲語の主語は「私」や「身内」になると覚えておくと理解しやすいですよ!

◆「拝見」をビジネスなどで使う時の注意点

会社などで、「拝見させていただきます」と言っている人を意外と多く見かけますよね。実は、これは二重敬語となり、誤った表現です。なぜなら、「拝見する」という言葉だけで、すでに「見せていただく」という意味になるから。謙譲語の「拝見する」に、謙譲語の「させていただく」がプラスされているので、「二重敬語」になってしまうのです。このような場合は、「拝見します」「拝見しました」と言いましょう。

先述したとおり、謙譲語の主語は「私」になります。ですので、目上の人に「拝見してください」というのは誤りですよね? 目上の人の行為に謙譲語を使う事になるので間違いになります。書類や資料などを目上の人に見てもらう場合は、「ご覧ください」を使います。

「拝見する」の使い方を例文でチェック

(c)Shutterstock.com

実際の例文で「拝見する」の使い方をチェックしていきましょう。

1:「企画書を拝見しましたが、いくつか質問がございます」

企画書を持ち込んできた人に対して、資料に一度目を通したことを伝えた上で、質問をする場面。このとき、自分が営業される立場で、相手が営業をしてきた側、つまり自分が相手より立場が上であったとしても、社外の人には基本的に謙譲語を用います。

2:「そちらの資料を拝見してもよろしいでしょうか?」

ビジネスシーンでよく使うフレーズなのではないでしょうか?「資料を見てもいいですか?」という意味で、社外の人や目上の人には「拝見してもよろしいでしょうか?」と言いましょう。また、このときも「拝見させていただいてもよろしいでしょうか?」と言ってしまうと、二重敬語になりますので、注意してくださいね!

3:「御社で新商品が発売されるという事で、早速ホームページを拝見しました」

「拝見しました」はメールでも使えるフレーズです。「ホームページで記事を見た」ことを伝える際にも「見ました」ではなく、「拝見しました」というと良いですね。また、「記事を見てほしい」とお願いする場合は「拝見してください」ではなく、「ご覧ください」などが適切ですよ!

「拝見する」の類語にはどのようなものがある?

(c)Shutterstock.com

「拝見する」の類語をご紹介します。

1:「拝読する」

「拝読」は、「はいどく」と読みます。「読む」の謙譲語。「拝見する」と同様に、自分自身が読むという行為を謙って使う言葉ですので、自分自身の行為にのみ使いましょう。

また、「拝読」は書いた本人に敬意を払う言葉です。自分自身をへりくだるだけではなく、その読み物を書いた本人に対して敬意を払った表現になります。たとえば、上司からのメールを「拝読しました」と言った場合は自分自身をへりくだるとともに、メールを作成した上司に敬意を払ったことなります。

では、上司から借りた本を「拝読しました」と言った場合はどうでしょうか? この場合は、敬意を払った相手はその本の著者になり、上司には敬意を払っていないことになってしまいます。そのため、上司に借りた本を読んだことを伝える場合は貸してくれたことに敬意を払い「拝借した本を読ませていただきました」などとするとよいでしょう。

【こちらの記事もチェック】「拝読させていただきます」は誤り?「拝読」の意味や使い方の例文とは? 拝見との違いや使う時の注意点などもご紹介

2:「拝受する」

「拝受」は、「はいじゅ」と読みます。「拝受」も謙譲語で、何か受け取ったことを相手にへりくだって伝える表現。ビジネスシーンではメールや資料を受け取ったときに用いることができます。

【こちらの記事もチェック】「拝受」「拝受いたしました」の意味とビジネスでの正しい使い方は? 御礼と連絡の仕方をチェック! 文例・類語・英語表現も

3:「査収」

「査収」は、「さしゅう」と読みます。「査収」の「査」はよく確認する、調べる、という意味。「収」は収める、受け取るという意味があります。したがって「査収」はよく確認した上で受け取る、検収するという意味になります。

ビジネスシーンでは、敬語の接頭語の「ご」をつけて「ご査収」にし、相手によく確認した上で受け取って欲しい、という気持ちをこめて「ご査収ください」という使い方をします。「拝見」は何かを見ることに対して使われますが、「査収」はメールや書類、手紙など見る、確認する対象が受け取れるものであるのが前提です。

【こちらの記事もチェック】「ご査収下さい」とはどんな意味? ビジネスでの使い方を例文でご紹介

最後に

(c)Shutterstock.com

いかがでしたか? 丁寧な言葉を使おうと意識するあまり、間違って使いやすいのが「二重敬語」ですよね。「拝見します」で、十分に丁寧な表現です。誤った表現を使わないように気を付けていきましょう!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi3月号『あまり「塗りたくない日」の程リップ、ちゃんと「塗りたい日」の映えリップ』P.162掲載の商品の価格に誤りがありました。正しくは、カネボウ化粧品 ルナソル シークレットシェイパーフォーリップスが¥3,500(セット価格)、カネボウ化粧品 ルナソル デューイマット リクイドが¥3,800になります。お詫びして訂正いたします。

Feature