知らなかった… 生理前にイライラするなら、アレを食べて! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 知らなかった… 生理前にイライラするなら、アレを食べて!

BEAUTY

2020.09.23

知らなかった… 生理前にイライラするなら、アレを食べて!

今回ピックアップするのは、生理のときの栄養対策。書籍『からだにおいしい キッチン栄養学』(監修:宗像伸子/高橋書店)の中から、栄養素を効率よく摂取する方法をお届け!

生理前は、神経を鎮める作用があるビタミンやミネラルの摂取を!

月経前症候群(PMS)とは、排卵日から月経が始まるまでの間にさまざまな不快症状が起こること。頭痛や腹痛、腰痛、乳房の張りのほか、情緒不安定や集中力低下などの辛い症状に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

それらを防ぐためには、まずはふだんからバランスのよい食事を心がけることが大切。そして特にイライラしやすいPMSや月経の期間には、神経を鎮める働きのあるカルシウムやマグネシウム、糖質やたんぱく質の代謝に関わるビタミンB1・B6、血行を促進するビタミンEなどを含む食品を積極的に摂りましょう!

カルシウムは、牛乳・乳製品、小魚、海藻などに多く含まれます。また、神経の興奮を鎮め精神を安定させるためには、カルシウムと同時にマグネシウムも摂取すると効果的。

(c)shutterstock.com

小魚や大豆製品、海藻やごまなど、古くから日本で親しまれてきた食材を活用すれば、不足しにくくなります。ひじきは、10g(乾)の中に100mgとミネラルの宝庫で、マグネシウムなども多く含まれます。

(c)shutterstock.com

ビタミンB1は、魚介や肉、豆から摂取できます。また、鎮痛・精神安定作用のある神経伝達物質セロトニンの代謝合成に関与するビタミンB6も、魚介や肉に多く含まれますさらに魚介や植物油、ナッツなどに多いビタミンEは血行も改善するので、これらを多く含む魚介を1日1食取り入れるとベストです!

* * *

からだの不調は、食事で予防・解消できるものもたくさんあります。書籍『からだにおいしい キッチン栄養学』では、この他にも気になる症状に効果的な食べ合わせや調理法が詳しく紹介されています。ぜひあわせてチェックしてみてくださいね!

トップ画像/(c)shutterstock.com

『からだにおいしい キッチン栄養学』(監修:宗像伸子/高橋書店)

虫歯予防にはカルシウム、貧血には鉄、もの忘れには葉酸など、からだの不調にはそれを予防・解消してくれる栄養素があります。そして、それらの栄養素は食材の組み合わせや調理法次第で効果的に摂れます。本書では、51もの気になる症状の栄養対策と、その栄養素を効率よく摂取する方法を紹介しています。かしこく食べて、健康なからだをつくりましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.30

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature