どこか違う!「世の中の動向から見れば、流れに棹(さお)さすことになりますが」の間違いは? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. どこか違う!「世の中の動向から見れば、流れに棹(さお)さすことになりますが」の間違いは?

WORK

2020.11.07

どこか違う!「世の中の動向から見れば、流れに棹(さお)さすことになりますが」の間違いは?

人に何か伝えるとき、正しい言葉で伝えるために! 文章に間違いはないか、チェックしましょう。今回は間違えやすい言い回しをチェック。

この文章はどこが間違い?

保守的な考え方で知られている上司からのメールに、社内改革案について「世の中の動向から見れば、流れに棹(さお)さすことになりますが、旧態依然の制度と言われても、この制度は残していきたい」と書かれていました。革新的な考え方を受け入れられない上司がいると、従来の制度を変えるのに苦労しがちですよね。

ところで、このメールの文章には誤りがあります。あなたは何が間違いかわかりますか。

【問題】
「世の中の動向から見れば、流れに棹(さお)さすことになりますが、旧態依然の制度と言われても、この制度は残していきたい」の間違いはどこ?

1. 世の中の動向

2. 流れに棹(さお)さす

正解は?

2. 流れに棹(さお)さす

流れに棹さす」は、水の勢いに乗るように、物事が思いどおりに進行するという意味です。

例文のように、時流・大勢に逆らって何かをするという意味で使うのは誤りです。

流れに棹さす(読み:ナガレニサオサス)
流れに棹をさして水の勢いに乗るように、物事が思いどおりに進行する。誤って、時流・大勢に逆らう意に用いることがある。
(小学館デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ 知識の泉「賢くなること請け合い! 言葉力クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.16

編集部のおすすめ Recommended

Feature