Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 【イースターの意味を簡単に教えて】海外で広く祝われる記念日についてご紹介

WORK

2020.02.25

【イースターの意味を簡単に教えて】海外で広く祝われる記念日についてご紹介

「イースター」の意味を知っていますか? 「イースター」とは西洋でなじみ深い、復活祭のことです。十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが、3日後に復活したことを祝うお祭りで、いまでもいろんな形でお祝いされています。言葉の意味や由来から、イベントまでチェックしていきましょう。

【目次】
イースターとは? 意味や由来を解説
イースターは西方教会と東方教会で日づけが異なる
最後に

イースターとは? 意味や由来を解説

イースターとは「復活祭」のこと

(c)Shutterstock.com

ここ最近では日本でもイースターを楽しむ人が増えてきたようで、東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、イースター関連のイベントやパレードをしていますね。

イベントごとが好きな方なら既にチェック済みかも知れませんが、そもそも「イースター」って何の日か知っていますか? 「イースター」とは日本語で言うと「復活祭」のことです。十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが、3日後に復活したことを祝うお祭りで、キリスト教における最も重要な行事なんです。

ちなみに、キリスト教の行事といえばクリスマスですよね。ちなみにクリスマスはイエス・キリストが誕生したことを祝う日です。あくまでも誕生を祝った日であり誕生日ではないそう。知らなかった方も多いのではないでしょうか。

日本では「イースター」はクリスマスよりもマイナーな行事と思われがちですが、実はキリスト教においてはクリスマスよりも「イースター」の方が重要視されているんです。イエス・キリストが復活した日を最も重要な祭日として扱っているんですね。

イースターが「復活祭」という意味なのはなぜか

(c)Shutterstock.com

復活祭を英語で表した「easter(イースター)」は、春の豊作をもたらす女神「eoster(エオストレ)」や、春の月の名前「eostremonat(エオストレモナト)」に由来すると言われています。

イエス・キリストの復活と春を象徴する女神を重ね合わせ融合し「easter」と呼ぶようになったそうです。キリスト教は世界に広まっていく中で、その土地、土地に伝わる習わしや言い伝えを取り込み変化していきました。復活祭のことを「イースター」と呼ぶようになったのも、その背景からでしょう。

イースターはイベントやパーティーも行われる

(c)Shutterstock.com

「イースター」といえば、卵をカラフルにペイントした「イースターエッグ」が欠かせませんよね。可愛くデコレートしたものや、卵型の可愛いチョコレートを見たことはありませんか?

キリスト教において卵は生命の始まりを意味し、命を生み出す卵は復活の象徴とされています。またイエス・キリストは「死」という殻を破り復活されたと考えられています。そのため「イースター」には復活の象徴である卵料理を食べ、卵をカラフルにペイントしたイースターエッグを飾り祝うようになったそうです。

そして、もう一つ欠かせないのが「イースターバニー」、うさぎです。ヨーロッパには「イースター」の日にうさぎがチョコレートで出来た卵を運んでくるという、なんとも可愛らしい言い伝えがあるそうです。

うさぎは古代から多産と豊作のシンボルでした。多産のうさぎは繁栄の象徴となり、歴史の中で卵と並ぶイースターのシンボルとなったのです。また、うさぎがピョンピョンと飛び跳ねる姿が生命の躍動感を感じさせるため、復活祭にふさわしいとされました。

日本でも人気のイベントになりつつある「イースター」ですが、まだクリスマスやハロウィンのように広く浸透していないため、実際どんな風に祝えば良いのかイマイチ分からないですよね? 以下を参考にして、今年はあなたもイースターデビューしてみては?

デコレーションを楽しむカップケーキパーティー

家族や友達同士でカップケーキを作って、オリジナルのデコレーションで盛り上がろう! 材料となる卵の殻を捨てずに置いておいて、ペイントをして飾ったり写真を撮ったりしても良いですね。春なので、可愛いお花を飾ったりパステルカラーのドレスコードを決めたりして、海外のハウスパーティーっぽく楽しむのもアリですよ。

◆うさぎの仮装やカチューシャで可愛く女子会

卵をメインに使う料理を並べて、みんなでテーブルを囲んでガールズトークなんていうのも良いかも知れませんね。キッシュやオムレツ、卵サンドなどなど、みんなで卵料理を持ち寄って、日本らしくお花見をしながらお祝いしても盛り上がりそうです。

イースターは西方教会と東方教会で日づけが異なる

(c)Shutterstock.com

「イースター」の日の定義は「春分の日の直後の満月の翌日曜日」とされています。それにもかかわらず、なぜ西方教会と東方教会で日にちがズレるのでしょうか。

それは暦法の違いに起因します。西方教会では私たちが日常使用しているグレゴリオ暦(西暦)を使用していますが、東方教会ではユリウス暦を使用しています。

この暦法の違いによって、2つの教会で「イースター」の日にちがズレてしまったんですね。また、「イースター」だけでなくクリスマスや他の祝祭日の日にちも違うそうです。

最後に

(c)Shutterstock.com

いかがでしたか? 「イースター」の意味や由来は分かりましたか? 日本では、あまり馴染みのなかった「イースター」ですが、近年では少しずつ祝う習慣が出てきているようです。意味や祝い方などを知って興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

イベント行事として、ただ楽しむのはもちろんですが、歴史を学んでみて、意味を知っていると、より一層楽しめるはず。「イースター」が歴史とともに変化してきたように、もしかすると日本ならではの新しい祝い方が出てくるかも知れませんね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.05.29

編集部のおすすめ Recommended

Feature