Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 働く女性がしている“7つのこと” 〜離島でお年寄りの命を支える看護師〜

WORK

2019.09.08

働く女性がしている“7つのこと” 〜離島でお年寄りの命を支える看護師〜

紹介するのは、看護師・小澤詠子さん。人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

小澤詠子さんってどんな人?

香川県高松市からフェリーで30分の場所にある瀬戸内海に浮かぶ離島、豊島(てしま)。人口約800人のうち半数以上が高齢者という、過疎化が進む島である。

この島にある唯一の診療所で、たった一人の常勤看護師として働くのが、今回紹介する小澤詠子さん(39)。「うたちゃん」の愛称で親しまれ、島のお年寄りの命を支えている。

−−看護師になった理由は?

大阪で生まれ育った小澤さんにとって、元々、豊島は縁もゆかりもない土地だった。そんな小澤さんの幼い頃からの夢は、看護師になること。

高校生のとき、父が癌に侵されて亡くなった。そしてその闘病中に担当看護師から受けた言動に「父を助けてくれるのだろうか」と疑念を抱き、一旦は看護師になる夢を閉ざしてしまった。

将来の道を決められぬまま、大学では環境学を専攻。そんななか、産業廃棄物の調査で訪れた豊島で、高齢者と真摯に向き合う看護師を見て、看護師になる夢が再燃。大学卒業後に豊島に移住し看護師免許を取得した。

小澤詠子さんの「7つのルール」

さて、そんな小澤さんが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…?

■1.毎日、患者と世間話をする

診療所に訪れる患者の多くは、免疫力が低下しているお年寄り。そのため、少しでも早く異変を察知できるように患者との日々のコミュニケーションを大切にしている。

■2.島民に24時間対応の携帯番号を教える

島では24時間の救急体制が整っていないため、小澤さんは、島民に24時間対応の携帯番号を教えている。緊急時はすべて小澤さんに連絡がくるシステム。

■3.夕飯は、週3日チャーハン

夫と2人の子どもと共に高松で暮らす一方、豊島にも居を構え、状況により帰る家を選択する生活を送る小澤さん。そんな多忙な小澤さんにとって、手軽につくれて、子どもが好きなチャーハンは強い味方だとか

■4.移動のときはリュックサック

小澤さんは、どこかへ移動する際はリュックサックを背負うのがお約束。何かあったときのために、両手をフリーハンドにしておきたいという理由から。

■5.オリジナルの住民MAPを作る

小澤さんが目指すのは、高齢者が住みやすい島。そのため、島の居住状況を把握する目的で自ら島を巡り住民マップを作成。看護や福祉の現場で活用されている。

■6.月に2回、東京に行く

月に2回は東京に行っているという小澤さん。「死ぬときは、島がいい」という島の人たちの願いを叶えるため、福祉の充実やそのための勉強に東京で熱心に取り組んでいる

■7.机の上に父のはがきを飾る

小澤さんの机には、30年前、海外出張中の父親から届いた1枚のはがきが……。はがきを見るたびに思い出すのは、父との思い出、そして、看護師の夢を諦めるきっかけとなった看護師の姿。「もっと親身になってほしかった」「寄り添ってほしかった」という当時の記憶が、いまの小澤さんを突き動かしている。そんな小澤さんの目標は、島のみんなの最期を見届けること。

次回の「7ルール」の放送は、9月9日(火)よる11時00分~。主人公は、南アルプスで登山客をもてなす山小屋番・星美知子さん。

Oggi.jpでは、番組を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけていきます! 次回もぜひチェックしてみてくださいね♡

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、若林正恭さんに加え、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんが縦横無尽な人生観トークを繰り広げます。

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature