Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 「六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊」は何のたとえ? 意味を知ってるとカッコいい!

WORK

2019.05.10

「六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊」は何のたとえ? 意味を知ってるとカッコいい!

小学館の国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識を自己点検!「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性を目指しましょう♡ 今回ピックするのは、「六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊」の意味。

「六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊」の意味は?

ビジネスシーンで「六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊」ということばを耳にしたら、その意味はわかりますか?

【問題】
「六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊」あなたは、どちらの意味で使いますか?

1.役に立つ

2.役に立たない

正解は?

六日の菖蒲(あやめ)、十日の菊
(c)Shutterstock.com

はてな
(c)Shutterstock.com

2.役に立たない

菖蒲や菊が、節句に間に合わないことにちなみ「時機をのがして役に立たないもの」をあらわす日本語です。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では78%が正解していました(2019年5月7日現在)。

菖蒲(あやめ)は現代でいうショウブのことで、5月5日の「端午(たんご)の節句」に用い、菊は9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」に用います。それぞれ5月6日、9月10日に用意したのでは間に合わないことから、「時機をのがして役に立たないもの」という意味になりました。
※    ※
むいかのあやめ【六日の菖蒲】
《5月5日の節句の翌日の菖蒲の意から》時機に後れて役に立たない物事のたとえ。のちのあやめ。むいかのしょうぶ。「六日の菖蒲十日の菊」
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.07.16

編集部のおすすめ Recommended

Feature