【気温11度の服装】おしゃれに寒さ対策!最高・最低気温別の正解コーデ30選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. 【気温11度の服装】おしゃれに寒さ対策!最高・最低気温別の正解コーデ30選

FASHION

2023.11.27

【気温11度の服装】おしゃれに寒さ対策!最高・最低気温別の正解コーデ30選

気温が11度の日は、どんな服装が正解? かなり寒さを感じる11度の日は、おしゃれもしつつしっかりと防寒対策をしたいところ。アウターは最高気温が11度なら厚手で保温効果の高いものを、最低気温が11度なら脱ぎ着が便利な薄手のはおりものがおすすめ! 最高・最低気温別におすすめコーデを紹介します。

【気温11度の服装】季節の変わり目はアウターで温度調整

気温11度の日は、アウターでしっかり防寒しつつ、さまざまなテイストのおしゃれを楽しみたいですよね。インナーには、タートルネックのハイゲージニットやシャツブラウス、あったか系も取り入れて、おしゃれに暖かく過ごしましょう!

〈POINT〉
・【最高気温11度】徹底した防寒で寒さをしのいで
・【最低気温11度】1枚でもしっかりお洒落に決まるコーデを

お手本コーデ

黒ロングコート×グレーのニット×白パンツ

ウールのロングコート×グレーのタートルネックなら防寒はばっちり。黒・グレー・白のモノトーンコーデで、王道キレイめスタイルのできあがり。

存在感のある“エイトン”のリバー素材コートを主役に!

ネイビーのブルゾン×ベージュのタイトスカート

室内ならトップス1枚でもまとまるカットソーがおすすめ。ロゴ入りならアクティブな印象に。アウターは、中綿入りで軽くて暖かな、ウールのミドル丈が快適。朝晩の温度差を乗り切って。

ジップアップブルゾンはネイビーなら、きれいめの印象♡

【最高気温11度】冬アウターコーデ

コート選びは、とにかく保温性が高くて暖かいものに限る!さまざまな色のダウンやウール、ボアのコートを使ったおすすめコーディネートを厳選。着映えるコートで鮮度の高い着こなしを叶えてみて。

グレーダウンコート×赤ニット×デニム

グレーダウンコート×赤ニット×赤カーディガン×デニム
ダウンとデニムの鉄板コーデに、赤ニットを合わせてカジュアルな装いに。スカートなら胸下をしぼり、パンツでは裾のサイドスリットを開けてオーバーシルエット風になど、アレンジも着こなしも自由自在!

本格的に寒くなる前に手に入れて! ハンサムにきまる「ダウンアイテム」4選

ブラウンチェスターコート×ブラウンワンピ

ブラウンチェスターコート×ブラウンワンピ

ウールのチェスターコートは、シンプルなワンピースにはおって削ぎ落とされたデザインを楽しんで。全身をブラウン系でまとめて、ハットでカジュアルに。

“ブラームス”の軽やかなウールチェスターコートでお出かけ♪

黒ダウンコート×白ニット×イエロースカート

黒ダウンコート×白ニット×イエロースカート

ダウンは「モードな表情」にこだわって選びたい。共布で包まれたバスト下のスピンドルコードでシルエットを微調整して楽しめる。パッと鮮やかなスカートで、寒い冬でも着映えを忘れずに。

やっと【ダウン】の買いどき! 今年は「ダークカラー」のモードなデザインが推し♡

黒コート×黒ニット×グレーパンツ

黒コート×黒ニット×グレーパンツ

かっちりモダンな雰囲気の上質な黒コートは、パンツやニットもモノトーンでまとめて。シャープで都会的な大人の印象に。

働く30代が投資したい「上質ロングコート」3選

アイボリーのコート×ブラウンスカート

アイボリーのコート×ブラウンスカート

アイボリーのミドル丈コートに、ニュアンスカラーのスカートを合わせてグラデーションコーデに! ドライな質感のブラウンなら、重見えする心配もなく着こなせます。

ニュアンスカラーを要にした大人のグラデーションスタイル

ボアコート×ピンクニット×パープルスカート

ボアコート×ピンクニット×パープルスカート

ミルクティ色のボアコートにピンクのニット、紫のとろみスカート。フェミニンなムードを香らせるコーディネートを受け止めるのは、ショートブーツ気分で合わせるハイカットスニーカー!

ふわもこ×スカートは足元で力を抜くのが今っぽい♡

パープルのコート×パープルのパンツ

パープルのコート×グレーのニット×パープルのパンツ

トーンの違うパープル(コート&パンツ)、グレー(シャツ&タートルネック)を丁寧に重ね、小物の白でなじませると奥行きのあるコーディネートに。

「パープルコーデ」は難しくない! お手本コーデ4スタイル

白コート×黒タートルネック×ベージュパンツ

白コート×黒タートルネック×ベージュパンツ

グレーと黒のさりげないグラデーションを白のコートできりっと引き締めた、ハンサムなお仕事コーデ。アクセントのネックレスはシンプルなデザインが◎。

シンプルコーデこそ足元のおしゃれでかっこよく!

暖かさをキープ!【最高気温11度】おすすめコーデ

冬のインナーはやっぱりニットを着たい! グレー、ブラウン、ブルーなどさまざまな色のニットやカーディガンなどを使ったコーディネートをピックアップ。

白カーディガン×カットソー×パンツ

白カーディガン×カットソー×パンツ

スティックパンツで自分らしさは保ちつつ、ふんわりとした起毛感のあるウィンターホワイトのニットカーディガンをオーバーサイズで着て優しげな印象に。

相棒ブランド〝セオリー〟のスティックパンツを優しげに着こなすなら?

ブルーカーディガン×カットソー×デニム

ブルーカーディガン×カットソー×デニム

同素材のストール付きで、寒さが進んでもアウター使いしやすい一着。きれいなアクアブルーの発色も、やわらかなニット素材だから出せる色味。暗くなりがちな秋冬の着こなしに、明るく爽やかな色気を吹き込んで

ダークカラーの服が増える季節、アクアブルーがフレッシュに映える!

グレーニット×ロングワンピース×ブーツ

グレーのニット×ロングワンピース×ブーツ

旬の短め丈トップスと好相性のロングブーツ。ワンピースにコンパクトニットを重ねた脚長効果の高い装いは、ロングブーツでIラインを強調してよりスタイルよく着こなして。

旬の短め丈トップスと相性◎ の足元は… ロングブーツ!

オレンジのニットアップ×白のショートブーツ

オレンジのニットアップ×白のショートブーツ

レイヤードタイプのニットアップなら、リラクシーで女っぽい雰囲気に。オレンジと白の華やかな配色で寒さに負けない!

レイヤードタイプのニットアップが今っぽい! 色はウォーム感を重視♡

ブルーのニット×白サテンパンツ

ブルーのニット×白サテンパンツ

今っぽさ抜群のカラーニットは、とろみのある白パンツでボリューム感を調整。足元のグレーソックス×黒ミュールで大人っぽくきめて。

脱マンネリに【ツヤテロパンツ】投入! 手持ちアイテムとの着回し方は…

デコラ襟ブラウス×ブルーカーディガン×デニム

デコラ襟ブラウス×ブルーニットカーディガン×デニム

デザイン性の高いビッグカラーブラウスは、チャンキーなニットカーディガン×ジーンズでレトロなムードに。甘さのあるトップスは、リラクシー感をミックスすると今っぽくなる!

デコラ襟トップス・Vネックのジャンスカがドラマティック!

【最低気温11度】軽アウターを使ったコーデ

薄手で脱ぎ着しやすく、電車やバスの中など通勤中は手に持ってもわずらわしくないアウターがあると便利。ステンカラーコートやツイードジャケット、ブルゾンなどライトアウターのコーディネートを中心にピックアップ!

ジャケット×グリーンカーディガン×パンツ

ジャケット×グリーンカーディガン×パンツ

ジャケパンスタイルにグリーンのカーディガンで、さりげなく華やぎをプラス。テーラードジャケットはダークグレー、タックワイドパンツは真っ白ではなくアイボリーを。ちょっとくすんだ色味を合わせるのが、明るいグリーンをこなれ感たっぷりに着こなすコツ。

差し色使いがこなれて見えるジャケットの着こなしお手本

チェック柄ジャケット×白ブラウス×黒パンツ

チェック柄ジャケット×白ブラウス×黒パンツ

ベーシックにひとさじのひねりを入れたブラウス&シャツ。フリルの立ち襟ブラウスは、辛口コーデのハズしとして活躍。冬はニットのインにしてもよし。

今、大注目のブランド「カランシエル」で秋の辛口コーデ♡

白コート×ロゴT×ジャケットとパンツのセットアップ

白コート×ロゴT×ジャケットとパンツのセットアップ
白コートのインはブルーのロゴカットソーで遊び心をひとさじ。きれい色を少し差すことで、チャーミングさがプラスされ肩肘張らない印象がつくれます。

セットアップをチャーミングに着こなすコツを金子 綾が伝授!

ベージュブルゾン×ボーダーニット×黒スカート

ベージュブルゾン×ボーダーニット×黒スカート

ベージュのブルゾンできれいめカジュアルを意識。フレアスカートよりも辛口なIラインスカートのストイックさは、ちょこっとヒール靴のほっこり見えを回避するのにも心強い!

程よくゆるく着こなしたい、Iラインスカート

白ジャケット×フェイクレザースカート

白ジャケット×フェイクレザースカート

今っぽさが生まれるのは、ロング丈ジャケット×Iラインスカートの組み合わせ。パテント風のフェイクレザーなど辛口でまとめると、低めヒールの靴でもスタイリッシュに決まる!

今、ヒール靴に合わせたいのはカジュアル&今っぽいアイテム

カーキブルゾン×白ニット×白スカート

カーキブルゾン×白ニット×白スカート

ニット×スカートの白コーデに軽めのカーキブルゾンを羽織ったコーディネート。カーキ×白の新鮮配色で、冬のおしゃれを颯爽と。

“カーキ×白”の新鮮配色で、冬のおしゃれを颯爽と!

グレンチェックのジャケット×白ブラウス×デニム

グレンチェックのジャケット×白ブラウス×デニム

ツイードジャケットは1枚でサマになって、クラシカルなムードがあるからきちんと感もキープできる。デニムパンツでカジュアルダウンして、きれいめカジュアルな休日コーデに。

働く私たちのアウターの選び方! これからは“軽さ”重視で♡

ネイビーのトレンチコート×黒カーデ×カーキのパンツ

ネイビーのトレンチコート×黒カーデ×カーキのパンツ

ベージュをすでに持っているなら、2枚目トレンチは濃紺もおすすめ。カーディガンにフリルブラウスを重ねたレイヤードで鮮度の高い着こなしに。

このアウター! マストバイ2アウターに注目♡

日中はトップス一枚でも!【最低気温11度】おすすめコーデ

日中は思いのほか暖かいため、アウターを脱いで、トップスやワンピ1枚で過ごせる気温11度の日。ニットやカットソーなどを主役にした、キレイめコーデをピックアップ!

ジャンパーワンピース×ベージュブラウス

ジャンパーワンピース×ベージュブラウス

重ね着前提なジャンパーワンピースは今季のマストアイテム! ヴィンテージライクなコクのあるダークブラウンのレザー調のワンピは深Vなので、タートルニットやボウタイブラウスとも合わせやすい◎。

トレンドのジャンパーワンピ。レザー調なら甘さ抑えめ!

ドッキングワンピース×黒ブーツ

ドッキングワンピース×黒ブーツ

甘さを抑えたドライなカーキのタフタ使いが新鮮! 上半身はミニマルな黒のリブニットで自然とメリハリが利いた着こなしに。ジャケットをはおれば通勤にも大活躍。

秋冬ワンピースは「異素材のドッキング」が旬♡ 一枚で映えるアイテム4選

ストライプシャツ×ネイビーパンツ

ストライプシャツ×ネイビーパンツ

ストライプの短丈シャツはマニッシュな太パンツ合わせがベストバランス。ウエストがモタつかず、重心が上がって見えるのが大きな魅力。ベーシックを刷新してくれるシャツのおかげで、メンズライクな洒落感スタイルが実現する。

丈短シャツで今っぽく! メンズライクな洒落感スタイル

ニット×くすみピンクワンピース

ニット×くすみピンクワンピース

バサッとしたフレアが素敵なノースリーブワンピースは、構築的なシルエットのダンボールニットがセット。モカベージュ×くすみピンクの配色で、大人の甘さを存分に楽しんで。

くすみピンクのレイヤードでパワー全開!

グリーンのニット×黒スカート

グリーンのニット×黒のスカート

袖の長めリブでパフスリーブの存在感がよりアップ。黒のスカートも軽い生地感なら重く見えない。

1万円以下で! デイリーコーデに効かせたい上品きれい色ニット9選

グレースウェット×白のレーススカート

グレーのスウェット×白のレーススカート

繊細な白のレーススカートに薄手のスウェットを合わせ、個性的な女らしさをアピール。

足元に個性をひとさじ♡ 今っぽいレーススカートスタイル

最後に

レイヤード&アウターとのバランスも楽しめる「気温11度の日」の着こなし。防寒だけでなく、ちゃんとキレイでカッコイイ、そんな大人コーデが理想です。遊び心を取り入れたMIXテイストで洒落感アップを狙って。

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.04.13

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

Oggi5月号46ページに掲載しているアルアバイルのライトベージュのジャケットの値段に誤りがありました。正しくは¥49,500になります。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。