何から始める?【秋冬のコーディネート】こなれ感のヒントが見つかる今どきレディースコーデ71選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 何から始める?【秋冬のコーディネート】こなれ感のヒントが見つかる今どきレディースコーデ71選

FASHION

2021.09.17

何から始める?【秋冬のコーディネート】こなれ感のヒントが見つかる今どきレディースコーデ71選

おしゃれセンスが問われる秋冬のコーディネート。新調するなら何を買うべき? 今あるアウターやジャケットは今年も着ていいの? 旬のアウター、スカート、ワンピース、ニットなどアイテム別の着こなし。そのほか、ZARAアイテムを使ったコーデや着やせするスタイリングまでラインナップ。旬のシルエットのつくり方を紹介します。

【目次】
30代女性のコーディネート、秋冬はどう着る?
大人は【アウター】をシーンに合わせて使い分けている
今選ぶべき【ニット】は女らしさを引き立てるシルエット
【ジャケット】があれば秋冬コーデはもっとこなれる!
旬顔【スカート】でコーディネートを今っぽく更新
【ワンピース】は映えを意識したレイヤードコーデに
【ZARA】で見つかる! 洒落感のあるトレンドアイテム
【メリハリ感】○○を強調させた着ぶくれしないコーデ
最後に

30代女性のコーディネート、秋冬はどう着る?

見るだけでワクワクするきれいめシルエット、着心地のいい素材感…。寒さは苦手でも秋冬のコーディネートは大好きというOggi世代が着たくなる、こなれコーデのポイントを紹介します。

〈POINT〉
・オーバーシルエットで華奢見えを狙おう
・旬カラー、ツヤ感、上質素材、柄で大人っぽく
・ジャケットは抜け感のあるアイテムと合わせて
・ワンピースはIラインシルエットを強調して
・トレンドアイテムはZARAでゲット

大人は【アウター】をシーンに合わせて使い分けている

秋冬の間コーディネートの主役を張るアウター。着こなしの面積を多くを占める分、コーデの引き締め役を任せたり、おしゃれにワントーンライクで合わせたり… コーデの印象を大きく変える役目も担っています。ここでは、きちんと感のあるスタイルからきれいめカジュアルまで、旬をまとう着こなし方を紹介します。

【1】ネイビーのジップアップブルゾン

ネイビーのジップアップブルゾン

これからの季節、ブルゾンの軽さを働く日のアウターに選択するのが今どき。辛口なネイビーなら、ジャケットライクに合わせてもかっこいいから、パンツにもスカートにも合うコーディネート力を発揮。

冷房対策にもひと役! ジップアップブルゾンで出社日も快適

【2】ベージュのロングジレ

ベージュのロングジレ

さらりとはおるだけで旬顔がつくれるロングジレとワイドパンツでつくる、どこかにゆるさを感じるIラインシルエット。かっこいいお姉さんの雰囲気はそのままにリラクシーな佇まいを実現。

ロングジレでゆるさを感じる“セミIライン”をつくって

【3】フィールドコート

フィールドコート

ロング丈のアクティブなフィールドコートに、トレンドのカラーパンツを合わせたコーデ。鮮やかすぎないこっくりとしたベリーでカジュアルな着こなしも洗練。トートバッグと足元の「白」が爽やかな抜け感に。

【秋のトレンドTOPICS】をおさらい! 今買うべきアイテム・旬の着こなし総まとめ

【4】ツイードコート

ツイードコート

オフホワイトのセットアップ×ツイードコートでコントラストをつけたメリハリコーデ。すそが斜めにカットされたトップスやパイソン柄パンプスを合わせてキレのいい印象に。

オフ白セットアップ|冬から春へつないでくれる服♪

【5】グレーのロングコート

グレーのロングコート

大きめの襟や、しっかりとウエストマークすることで、女らしいニュアンスがちりばめられた存在感のあるグレーのロングコート。チェック柄を引き立てるために、ニットやパンツは黒でまとめるが◎。

メンズライクなコートを主役にドラマティックな着こなしを

【6】カーキのダウンジャケット

カーキのダウンジャケット

トレンチ型のデザインダウンなら、寝坊した日でもシンプルコーデできちんときまる! ほっこり見えがちなダウンも、トレンチデザインとカーキ色なら、洗練されたニュアンスにコーディネートが仕上がります。

あなたのコーデただの防寒着に見えてない!? 今年こそ洗練ダウン手に入れて!

【7】白のフーディーコート

白のフーディーコート

フーディーコートはフードの立体感をキープする肉厚なリッチ見え素材のものを選ぶのが正解! グレーニットと黒のミニスカート、ショートブーツでシックにまとめて、フードの甘さをほどよく大人な雰囲気にコーディネートするのが着こなしのポイントです。

彼にもっと愛されちゃう♡ 白のフーディーコートコーデ

【8】黒のガウンコート

黒のガウンコート

ロングガウンコートは、地厚なウール生地とビッグサイズを選べば華奢見えが叶う優秀アウター。大きめの襟なら小顔効果も◎。鮮やかなパープルのニットやカジュアルなトートバッグを着こなしのスパイスに使うのがおすすめです。

ロング丈ガウンコートならどんなコーデも大人の余裕を演出できる

【9】淡色のノーカラーコート

淡色のノーカラーコート

淡色コートで美人見えするコーディネート。小物を同系色の赤にすれば、女度アップ! フェミニンシックな印象に仕上がります。デートコーデにもぴったり。

袖コンシャスな淡色コートでフェミニンシックなデート服

【10】キャメルの細身チェスターコート

キャメルの細身チェスターコート

トレンド柄だけどほっこりしがちなチェックのパンツも、同系色のストイックな細身チェスターならきりっと引き締めてくれます。キャメルベースでやさしげな印象にコーディネートをまとめるのが◎。

【4万円以下で発見!】細身チェスターコートはスマート見え確実!

【11】エコファー&エコムートンコート

エコファー&エコムートンコート

白のタートルニット×黒のとろみテーパードパンツの定番モノトーンコーデも、今年はアウターにムートンを選んでスペシャルに格上げ! 同系色のキャメル小物でトーンをそろえて、洗練された着こなしに仕上がります。

【¥26,000以下】キャッチーで今っぽい! エコファー&エコムートンコート

【12】ダウンベスト

ダウンベスト

オフホワイトのダウンベストは、白のカットソー、ベージュのパンツと合わせれば、カジュアルすぎずクリーンにまとまって◎。

ダウンベストなのに女っぽい! 休日におすすめな【タトラス×Oggiダウンベスト】

【13】名品トレンチコート

名品トレンチコート

しっかり厚さのある素材とこっくり濃いめのベージュがハンサム感を後押し! まずはブラウス+パンツにはおるといったベーシックな着こなしでモードな装いを楽しもう。

【HYKEハイク】名品トレンチの魅力、徹底解剖!

【14】カラートレンチ

カラートレンチ

着こなしが一気にあか抜けるカラートレンチ。今秋のトレンドカラー、バーガンディを選んだら、デニム+ベージュニットのようなシンプルコーデに合わせるのが正解!

【秋のデートファッション】手がつなぎたくなるコーディネート

今選ぶべき【ニット】は女らしさを引き立てるシルエット

ニットの実力を思う存分味わえる秋冬シーズン。この時季は、上質なカシミアやデザインニットなど、女らしい空気感をまとってくれる素材やシルエットが人気、新たに1枚買い足しするなら、体のラインを拾いすぎないオーバーニットをぜひ! 今年らしいお手本コーデを楽しみましょう。

【1】ブルーのクルーネックニット

ブルーのクルーネックニット

どんなシーンにも合わせられるクルーネックニットは、落ちた肩とゆったりとした身幅にアップデートして品よくモダンなシルエットに。カジュアルなデニムと合わせたワントーンライクな配色がおしゃれ。

リラクシーなフィット感が今どき! ベーシックを新調しよう

【2】ピンクタートルニット

ピンクタートルニット

立体感のあるシルエットが魅力のタートルニットは、ハイウエストのパンツに裾をインしてマニッシュに。小物で端正な黒をちりばめても、フェミニンなパウダーピンクが女っぽいムードを香らせてくれる。

ADAWAS【ピンクタートルニット】を大人っぽく着回し! 金子 綾さんおすすめ♡

【3】白タートルネックニット

白タートルネックニット

トレンドのオーバーニットは、スカートのスリットや靴の形で直線的なラインを意識してシュッとしたシルエットに。腰巻きにしたきれい色ニットでさりげなく、旬のニットonニットの完成。

タイトスカートとシャープな足元でクールで知的に

【4】オリーブグリーンニット

オリーブグリーンニット

ゆるっと感のあるオリーブグリーンニット×ネイビーパンツのシックな配色コーデ。ブラウスや靴で「小さな白」を散らすことで抜け感をもたらす着こなしに。

おしゃれな人が始めてる【オリーブグリーン】29選|上品な新顔カラーに注目!

【5】Vネックニット

Vネックニット

インナーが見えない絶妙な開きのVネックニットは1枚で着て、華奢な鎖骨を印象的に見せ、デコルテから顔周りがすっきり見えるのが◎。旬のチェックパンツを合わせて、女らしく今っぽい空気感のコーディネートのできあがり!

【6】ニットカーディガン

ニットカーディガン

オフホワイトのざっくりニットのカーディガンは、今年旬の白のコットンレースに、ボーイッシュなチノパン、オフホワイトのコンバースのハイカットをあわせて、ベージュと白の高感度なグラデでまとめるのが◎。

【ニットの秋】着るなら今でしょ! ニット6

【7】ラメニット

ラメニット

ラメニットは、キャミワンピをレイヤードして、ショートブーツ+ゴツめのアクセサリーを選べば、フェミニンになりすぎないデートコーデのできあがり。

【デートコーデ】彼との接近戦♡ キャミワンピにラメニットを重ねて

【8】背中魅せニット

背中魅せニット

とどまるところを知らない「背中魅せ」トップスが今季も人気! ガーリームードな白レースアップのニットは、黒パンツをあわせてシンプルにまとめるのが◎。

大人の秋冬肌見せは【背中魅せニット】で! 今買って冬まで使える旬トップス

【9】赤系ニット

赤系ニット

赤のニットを、グレーのパンツとベージュのシャツワンピに合わせて、着こなしのアクセントに! 女っぽさのあるコーディネートのできあがり。

【気になる彼とドライブデートコーデ】あえてパンツでどこでも行きますアピール

【10】タートルネック

タートルネック

白のタートルネックにグレーのパンツとカーディガンを合わせて、グレーのワントーンコーデに。ブルーのクラッチバッグや、シルバーのフラットシューズで着こなしにアクセントを。

オンラインミーティング。タートルネックトップスで知的な雰囲気を演出

【11】デザインニット

デザインニット

ワイドなそでや短め丈が今っぽいオーセンティックなデザインニットは、チェック柄のひざ下タイトスカートと合わせて、シルエットが新しいトラッドコーデに仕上げるのが◎。

【秋のデートファッション】手がつなぎたくなるコーディネート♥5

【12】黒のカシミアニット

黒のカシミアニット

上質なカシミアの黒ニットとストール。なめらかな肌触りに自分をすっぽり預けると、心の中がおだやかに満たされていくのを感じるはず。大柄のチェックパンツと合わせてキュートに。

愛嬌のあるチェックパンツにはニットもストールもシンプルな黒を

【ジャケット】があれば秋冬コーデはもっとこなれる!

秋冬のコーディネートに洗練された印象を呼び込むのがジャケットの役目。ツイード素材のジャケットや、ロング丈、ライダースなど、ここでは秋冬らしい表情をつくる旬のスタイリングを紹介します。ちょうどいいこなれ感をつくるインナー選びにも注目です。

【1】きれい色ロングジャケット

きれい色ロングジャケット

ゆったりと体の泳ぐジャケットを軸にするなら、きれい色を選ぶのが今どきの洒落感のポイント。シャープな黒インナーで、シルエットだけでなく色味にもメリハリをつけて大人の着こなしに。

お洒落もきちんと感も叶える【ジャケットコーデ】旬の着こなし7DAYS

【2】金ボタンジャケット

金ボタンジャケット

美シルエットが際立つ王道のネイビージャケットは、マットな金ボタンでアップデートを。ネイビー~ブルーのワントーン気分でひと味違うデニムスタイルに。足元には辛口なレオパード柄をON。

初秋コーデの要! 洗練カジュアルが叶う【ネイビー】着回し5コーデ

【3】チェック柄ダブルジャケット

チェック柄ダブルジャケット

人気のロゴTシャツはジャケットを活用すれば「大人のカジュアル」上手! 秋冬ならではのチェック柄やツイード素材で旬の表情に。女らしさは大ぶりピアスやバングルを加味して。

ロゴTはジャケットで大人仕上げに

【4】ノーボタンジャケット

ノーボタンジャケット

チェック柄ノーボタンジャケット×ベージュロングフレアスカートのコーデ。肩パッド入りのメンズライクなシルエットと、前ボタンのないすっきりとしたデザインで肩の力を抜いたスタイリッシュな雰囲気に。

ノーボタンジャケットなら肩の力を抜いたスタイリッシュな雰囲気に

【5】チェック柄ジャケット

チェック柄ジャケット

今年トレンドのアウターといえば、トラッドなダブルのチェック柄ジャケット。女っぷりのいいバーガンディーのパンツを合わせれば、きちんと感とトレンド感のあるいいとこ取りコーデのできあがり!

チェック柄ジャケット×ボルドーパンツで最旬オフィススタイル

【6】ライダースジャケット

ライダースジャケット

黒のライダース+黒ニットのいつもの黒コーデも、旬のキルトスカートを合わせれば、辛口トラッドに仕上がって、今年の気分にアップデート!

【7】ロングジャケット

ロングジャケット

「シュッと見え効果」を期待できるグレーのロングジャケットは、黒のクロップドパンツ+チャコールグレーのタートルネックと合わせて、全体をグラデ配色でコーディネート。洗練された秋冬コーデに仕上がります。

寒い! トレンチ、ライダーズ、ロングカーデ… をはおって美人コーデを完成させて!【秋冬】

【8】テーラードジャケット

テーラードジャケット

きちんと見せたい日のアウターにぴったりなテーラードジャケット。ややビッグシルエットのものを選んで、コクーンワンピの上にはおって、そでを無造作にたくし上げれば、抜け感のあるコーデに仕上がります!

【会議の日のコーデ】きちんとしているのに今っぽムードを加えるなら

【9】ノーカラーツイードジャケット

ノーカラーツイードジャケット

この秋着たい、ノーカラーツイードでマニッシュな雰囲気が今っぽくあか抜ける。Tシャツ合わせでカジュアル感をたっぷり出しつつ、ハイウエストの黒テーパード、シルバーのバッグと、こなれアイテムでほどよく辛口に引き寄せて。

この秋着たい! ノーカラーツイードは程よく辛口に引き寄せて

旬顔【スカート】でコーディネートを今っぽく更新

秋冬のスカート選びはセンスが問われるので、シルエットや色・素材でトレンド感を積極的に取り入れるのが正解。今年らしいツヤ感やチェック柄、コーデュロイなどで、一気に旬顔に引き込むスカートコーデを紹介します。ベーシックなスカートは丈感を長めにするとぐんと今っぽくなりますよ。

【1】カーキのフリルスカート

カーキのフリルスカート

ゴージャスなフリルのティアードスカート。肩が隠れるくらいのボクシーなボーダーニット×白シャツのレイヤードで、存在感のあるカーキスカートをキャッチー&ちょっとモードに。

この秋の注目株、肩が隠れるボックス風シルエットのトップスをいち早く!

【2】ベージュのボリュームスカート

ベージュのボリュームスカート

生地のボリューム感が着こなしをドラマティックにするベージュフレアスカートは、締まりのいい黒が好バランス。トップスもショートブーツもスカートの存在感に負けないモード感で大人っぽく。

素脚のチラ見えが今っぽさの要。フレアスカート×ショートブーツコーデ

【3】レオパード柄のフレアスカート

レオパード柄のフレアスカート

レオパード柄のサテンフレアという存在感のあるスカートは、コットンのリブカーディガンをあわせて旬の光沢×マットな装いに。意外性のある組み合わせが、おしゃれを新しくしてくれる。

【マットトップス×光沢スカート】で秋らしくお洒落をアップデート♡

【4】コーデュロイスカートのブラウンスカート

コーデュロイスカートのブラウンスカート

フェミニンすぎないコーデュロイスカートのスタイリッシュコーデ。重量感のある素材でAラインシルエットのロングスカートにふわふわニットを合わせて、フレンチトラッドな雰囲気に仕上げて。

フェミニンすぎないコーデュロイスカートで気負わず、スタイリッシュに!

【5】ベージュスカート×白シャツ

ベージュスカート×白シャツ

秋冬らしいベージュのスカートには、白のボウタイブラウスをコーディネートして、清潔感のある大人の女性の着こなしができあがり!

ボウタイブラウスでつくる好印象コーデ

【6】赤のフレアスカート

赤のフレアスカート

注目カラーの赤をボトムで取り入れるなら、フレアスカートが◎。黒やグレーのトップスに合わせて、甘さを払拭したかっこいいコーディネートのできあがり!

秋はとにかく赤が気になる♡ 旬カラー「赤」投入のコーデ集

【7】ピンクのフェイクスウェードスカート

ピンクのフェイクスウェードスカート

ちょっと気分を変えたい日にぴったりな、ピンクのフェイクスウェードスカート。ボーダートップスを合わせて、パリっぽく仕上げるのがコツ。おしゃれもかわいいも手に入るコーデのできあがり!

【ボーダーのおしゃれコーデ】×カラースカートでパリジェンヌのように♪

【8】チェック柄スカート

チェック柄スカート

旬のチェック柄をスカートで取り入れたら、茶系のタートルネック+ベージュのトレンチコートでクラシックにまとめるのが◎。足元にショートブーツを合わせれば、秋冬の旬な雰囲気に!

寒い! トレンチ、ライダーズ、ロングカーデ… をはおって美人コーデを完成させて!【秋冬】

【9】タイトスカート

タイトスカート

今季のタイトスカートは、ほどゆるシルエット×ミディ丈を着こなすのがポイント! トラッドなペンシルシルエットのタイトを、オーバーロングベルトで締めて縦ラインを強調して今っぽシンプルスタイルに。

【タイトスカート】スタイルアップ×シンプル着こなし最強FILE

【10】ロングタイトスカート

ロングタイトスカート

タイトスカートとのセットアップが今、新鮮! 着丈の長いジャケット×ロングタイトスカートの組み合わせは、きちんとしつつ、今っぽさも叶えてくれるので大人のカジュアルにぴったり。Iラインシルエットでほっそり見えるのもうれしい。

【秋冬】トレンドのチェック柄ジャケットのコーデだけを選りすぐり13選!!

【ワンピース】は映えを意識したレイヤードコーデに

バサッと着られて、女らしいシルエットを約束してくれるワンピース。何を着たらいいか迷う日もワンピースを主役にすれば、その日の予定に合わせてレイヤードの組み立てがしやすくなります。異なるテイストや素材感のミックスを軸に、今っぽい着こなしを紹介します。

【1】ブラウンのシャツワンピース

ブラウンのシャツワンピース

バサッと着られるシャツワンピースをシャキッと引き締める、襟元から小さく効かせるボーダートップス。足元はルーズなシルエットの白ブーツを合わせたボリューム感のあるスタイリングで、さらに小粋な雰囲気に。

この秋、ボーダーコーデをもっと可愛く! 着こなしをブラッシュアップするコツは…

【2】Vネックのジャンスカ

Vネックのジャンスカ

この秋冬、レイヤード上手になれるVネックのジャンスカ。ボリューム袖ニットがすっきり見える深いVネックとサイドスリットを生かし、プリーツスカートを重ねて縦ラインにドラマティックな動きを加えて。

2021秋旬ファッションは、デコラ襟トップス・Vネックのジャンスカがドラマティック!

【3】黒ロングワンピース

黒ロングワンピース

ジャケット×ワンピースの定番コーデは、Iラインを強調するロング丈でエレガントな表情に。ジャケットはボタンを留めずに着れば、品よくかわいらしい休日コーデの完成。

秋らしいカーキの【リラクシージャケット】は季節スライドで着回しできる!

【4】ドット柄ネイビーワンピース

ドット柄ネイビーワンピース

ドット柄のフレンチワンピースはネイビーベースで大人っぽく。ワンピースで甘い分、ベージュジャケットやパンプスでパリジェンヌっぽい小粋な印象に仕上げて。

「何かある日」の【ワンピース】コーデ12選|仕事にプライベートに大活躍!

【5】キャミワンピ

キャミワンピ

ロングのキャミワンピにはジャケットを合わせれば、かっこいい大人コーデのできあがり! ワンピのロング丈のレイヤードが重くならないように、胸元の肌見せで抜け感をつくるのが◎。

【女友達とおしゃれ対決の日】ジャケット×ロングワンピがかっこいい

【6】花柄ワンピース

花柄ワンピース

ニット+パンツのいつものコーデに、今年旬の花柄のワンピをアウターとして投入! ワンピースとパンツのレイヤードは今季トライしたいトレンドのひとつです。

【男友達と飲む日のコーデ】女のコっぽさをどこかに残したトレンドスタイルが吉

【7】シャツワンピ

シャツワンピ

シャツワンピをボタンを外してアウター使いに! インナーは、キャミワンピ。ワンピonワンピはトライしてみたい旬のコーデ。トレンチより気軽にはおれて着回し便利なアイテムです。

【トレンド感をアピールしたい日のコーデ】ワンピONワンピでスタイリッシュに

【8】ブラックワンピース

黒のロングワンピースに、黒のジャケットをあわせた、オールブラックのコーディネートは辛口で華やかだけど知性を感じさせる着こなし。パーティーのコーディネートとしても◎。

ブラックドレスを知的&華やかに昇華させて

【9】グレンチェックのワンピース

ブラックワンピース

グレンチェック柄のワンピースは、グレーのカーディガンをはおって、華やかだけど落ち着いた印象に仕上げるのが◎。

彼宅へお邪魔する日は清楚なワンピで。彼ママの大好物を持って行こう♪

【10】コクーンワンピ

コクーンワンピ

黒のコクーンワンピ+ヴィンテージ風スカーフで、休日のお出かけコーデのできあがり! コクーンワンピならランチでたくさん食べてても安心?

【話題のカフェに行く日のコーデ】たくさん食べても安心なコクーンワンピにしちゃった♪

【11】ニットワンピ

ニットワンピ

タイトめニットワンピースはジャケットを肩がけしてIラインシルエットコーデに。シルエットを引き締めてあげれば、女らしさも上品さも欲張れる。

ニットワンピのIラインシルエットでレディなジャケットコーデの完成

【ZARA】で見つかる! 洒落感のあるトレンドアイテム

数ある秋冬アイテムの中から、トレンドど真ん中のものを選びたいときに頼りなるZARA。旬を押さえたアイテムがあるだけでなく、靴ひとつとっても種類が豊富で、お値段も手頃なのがうれしい。ここでは、旬感をさらっとまえとえるZARAコーデを紹介します。

【1】ベージュのプリーツスカート

ベージュのプリーツスカート

プリーツが取れにくく、変な折り目がつきくいエコスウェードのプリーツスカート。コンサバな装いはもちろん、フラットシューズやスニーカーなど、足元次第できれいめにもカジュアルにも思いのまま。

【ZARA】上品見えベージュプリーツスカートなら気分が上がる!<Oggi専属読者モデル大枝千鶴>

【2】ボーダートップス

ボーダートップス

ボディラインを拾わないボックス風シルエットのボーダートップス。細見えも叶うリラクシーなフレアデニムと合わせれば、ほどよいメリハリが効いて大人っぽいカジュアルスタイルの完成。

スニーカーと相性抜群! 旬のフレアデニムはくすみカラーが今っぽい

【3】ソフトレザーのアンクルブーツ

ソフトレザーのアンクルブーツ

どんなボトムスとも相性のいいアンクルブーツは、この秋冬に活躍するアイテム。足首がきゅっとタイトめの太めヒールは、カットオフデニムと合わせればスタイルアップ効果も狙える。

今【ZARA】で買うべきはコレ! トレンドど真ん中♡ なんでも合っちゃう優秀ブーツ

【4】トレンチコート

トレンチコート

ZARAのトレンチは、Aラインシルエットで、角のとれた襟、ラグランスリーブ、シングルボタンで、正統派トレンチと比べると、まあるい雰囲気。黒タートル+黒レザーフレアのようなきれいめシンプルコーデをドラマティックに際立たせてくれます!

【ZARA】トレンチ苦手を克服できた奇跡の1着|小林文の賢いプチプラ買い

【5】カジュアルコート

カジュアルコート

「いっそ今年は着まわさない、NOTベーシックなコートを投入してみようと発想を変えてみました」とはエディターの小林文さん。このZARAのコートは、エクリュのボアに裏地がピンクスウェード調のノーカラーコートで存在感抜群! コートをコーディネートの主役にできる1枚!

【ZARA】主役級コートは今年が買いです|小林文の賢いプチプラ買い

【6】ブロンズの靴

ブロンズの靴

ブロンズの靴とイエローゴールドのリングたちで、今年らしいヴィンテージ感のあるコーディネートが完成。メタリック感をリンクさせるのがポイントです。

エディター小林 文さんは【ZARA】の靴とジュエリーをリンク|働く女性の手元コーデ

【7】コットンレースのブラウス

コットンレースのブラウス

今年旬のコットンレースのブラウスは、ZARAならプチプラで手に入る! 「お気に入りのハイウエストデニムに合わせて、シンプルに味わっています」とエディターの小林文さん。

【ZARA】のコットンレースがヴィンテージかわいい♡|小林文の賢いプチプラ買い

【8】ベルト付きスウェード風ジャケット

ベルト付きスウェード風ジャケット

スウェードのような素材感のジャケットは、付属のベルトをウエストで結ぶと立体感のあるアウターに。冬になったら厚手のニットと合わせても◎。

きっと売れ筋じゃない。けど絶対買いな【ZARA】の秋アウター|ベルト付きスウェード風ジャケットがお洒落!

【メリハリ感】○○を強調させた着ぶくれしないコーデ

レイヤードコーデ多くなる秋冬だからこそ、着やせコーデの秘訣をマスターしたいところ。基本は「メリハリ」をつけることから始めましょう。ハイウエストでくびれを強調したり、オーバーサイジングなトップス×スキニーや、カーブラインのシルエットなど、さまざまなスタイルアップコーデを集めました。

【1】ボリュームブラウスには細身パンツが好相性

ボリュームブラウスには細身パンツが好相性

シワになりにくく耐久性に優れた加工を施した、タスランツイル素材のブラウス。やさしい曲線のフォルムでモード感漂うトップスは、裾アウトで着てスリット入りレギンスパンツを合わせるのが今っぽい。

〝ハイク〟のブラウスで秋の香り漂う着こなしを完成させて

【2】腰巻きデニムジャケットでウエストマーク

腰巻きデニムジャケットでウエストマーク

オープンネックと細いピッチのボーダーが、コケティッシュさを醸し出すカットソー。ボトムは厚みのあるフレアスカートとデニムジャケットのウエストマークで、フレンチシックに仕上げて。

秋風を感じたら、パリジェンヌ気分でボーダートップスを着こなそう

【3】カーキワークパンツ×パープルブラウンニット

カーキワークパンツ×パープルブラウンニット

今押さえておきたいワイドレッグのワークパンツ。ハイウエストでベルト付きならよりモード感高く、「カジュアルなのに女っぽい」を叶えてくれる。渋めのカーキ×パープルがかったブラウンの色合わせもおしゃれ。

今季注目のワークパンツにタイトニットを合わせて

【4】ロングスカート×ライダースジャケットのメリハリコーデ

ロングスカート×ライダースジャケットのメリハリコーデ

スリット入りロングニットスカート×ライダースジャケットのオールブラックコーデ。引き締めブラックの効果も相まって、スタイルアップは完璧。足元をバレエシューズにすることで、引き算も忘れずに。

ロングでタイトなニットスカート×ライダースでクールな女っぷりをUP

【5】黒のスキニーパンツで黒コーデ

黒のスキニーパンツで黒コーデ

「はいていると、痩せました? と、必ず聞かれるパンツ」とスタイリストの金子綾さん。黒のスキニーやブラックデニムは、合わせる靴もスニーカー、フラットシューズ、ヒールどれもバランスがとりやすい万能アイテムとのこと。

金子綾の “It…”|黒のスキニーパンツ

【6】上はゆるっと下は細身!

上はゆるっと下は細身!

トップスは白のゆるっとしたカットソー、ボトムスは細身のグレーパンツの組み合わせが着やせバランスを作り出します! Vネックやセンタープレスが今どきのシャープ感をプラス!

パンツアップで辛口にいけば大丈夫。適度な肌見せでメリハリをつくって

【7】レギンスパンツのスキニーシルエットコーデ

レギンスパンツのスキニーシルエットコーデ

この秋大ブレイクのレギンス。休日の冒険アイテムは、黒で取り入れるのがやっぱり正解。ゆるりとしたカットソーを重ねて、パンツのスキニーシルエットを強調して。裾に深いスリットが入ったサイドジップ付き。

この秋大ブレイクのレギンスはTheoryの美脚ライン&サイドジップで

最後に

秋冬は合わせるワードローブが春夏に比べて多くなるので、見せ方の基本を押さえておくとコーディネートがグッと楽になります。こうしてアイテム別に「見せ方を知る」と、なんとなくで着ていたコーデから一歩前進。旬アイテムのシルエットを引き立たせるようにコーディネートを組み立てれば、気負いなく今どきにアップデートできるはずです。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature