【マットトップス×光沢スカート】で秋らしくお洒落をアップデート♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 【マットトップス×光沢スカート】で秋らしくお洒落をアップデート♡

FASHION

2020.09.29

【マットトップス×光沢スカート】で秋らしくお洒落をアップデート♡

この秋は、ベーシックなトップスに光沢あるスカートを合わせてこなれ感を演出したい! おすすめの光沢ボトムのコーデをご紹介します♪

【マットトップス × 光沢スカート】着こなし4選

1|カーキのリブカーディガン × レオパード柄のフレアスカート

コットンのリブカーディガン×レオパード柄のサテンフレアという意外性のある組み合わせが、おしゃれを新しく!

カーディガン¥16,800(Shinzone OMOTESANDO〈ザ シンゾーン〉) Tシャツ¥6,000(メゾンスペシャル 青山店〈メゾンスペシャル〉) スカート¥39,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店〈ザ・ニューハウス〉) バッグ¥28,000(ヴァジックジャパン〈VASIC〉) 靴¥11,000(ナイキ カスタマーサービス〈ナイキ スポーツウェア〉) ピアス¥28,000(エナソルーナ) ネックレス¥180,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)

2|霜降りグレーのスウェット × エコレザーのタイトスカート

ボーイッシュなスウェットから、今シーズン話題の丸襟ブラウスをのぞかせて。ボトムは辛口な光沢が魅力のエコレザータイトを選び、ミックス&マッチなスタイルを堪能。

スウェット¥12,000・ブラウス¥23,000(Shinzone OMOTESANDO〈ザ シンゾーン〉) スカート¥28,000(ビームス ハウス 丸の内〈ルームエイト〉) ショッパーバッグ¥6,000(エスケーパーズオンライン〈OPEN EDITIONS〉) ショルダーバッグ¥55,000(ショールーム セッション〈MODERN WEAVING〉) 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉) サングラス¥34,000(BLANC) イヤリング¥7,610・ブレスレット¥8,591(アビステ)

3|ビッグシルエットのデニムジャケット × サーモンピンクのシルクスカート

絶妙なピンクの光沢スカートはシルク素材。上品かつ繊細なテクスチャーなので、トップスはタフなビッグGジャンとドライな肌触りのタンクトップでカジュアルダウンするのがベター。また、ここでヒールパンプスを合わせると古く見えてしまうので、フラットなトングサンダルを。ヘルシーで抜け感のある、今どきの着こなしにまとまる。

ジャケット¥34,000(アマン〈アンスクリア〉) タンクトップ¥6,800(アンクレイヴ) スカート¥29,000(RHC ロンハーマン〈スーベニア〉) バッグ¥69,000(ロンハーマン〈ア バケーション〉) 靴¥19,000(PIPPICHIC)

4|男前なロングジャケット × アイスグレーのプリーツスカート

歩くたびドラマティックに広がる、アイスグレーの光沢プリーツ。こんなテンションの上がるアイテムこそ、デイリーに攻略したいもの。そこでトップスは、ハンサムなロングジャケットとグレーカットソーをチョイス。マット×光沢の新しいバランスが、毎日のおしゃれをブラッシュアップしてくれる。

ジャケット¥89,000(コロネット〈エアロン〉) カットソー¥8,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉) スカート¥62,000(アイクエスト ショールーム〈ハーヴェル スタジオ〉) バッグ¥110,000(イーストランド〈オフ‐ホワイト c/o ヴァージル アブロー™〉) 靴¥45,000(ロンハーマン〈マリサ レイ フォー ロンハーマン〉) ネックレス¥52,000・リング[薬指]¥38,000・[人差し指]¥300,000(エナソルーナ) ブレスレット¥23,000(ホワイトオフィス〈GIGI〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2020年Oggi10月号「『マット × 光沢』が新しいおしゃれのバランス」より
撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/石関靖子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/有末麻祐子 撮影協力/テラススクエア 構成/今村紗代子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature