Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 「義母が嫌いすぎて辛い!」...悩める嫁たち悲痛な叫び

LOVE & WEDDING

2018.03.17

「義母が嫌いすぎて辛い!」…悩める嫁たち悲痛な叫び

これは、本当にあった怖い話。今回も、嫁・姑問題をえぐりまくりのライター並木まきが、「義母が嫌いすぎて辛い」という悩める嫁の悲痛なエピソードをご紹介。

旦那の母親だけど「義母が嫌い」なお嫁さんが多い!

巷には、「義母が嫌いすぎるのでどうしたらいいですか?」というお嫁さんたちって、結構いるんです。「しごとなでしこ」で人気の過去記事も参考にしつつ、義母が嫌いな嫁たちのエピソードをご紹介します。

【目次】
義母が嫌いすぎて、孫への影響が心配です
義母が嫌いなので、産後は距離を置くつもりです
義母が嫌いなので、離婚を考えています
義母が嫌いなのに、同居の話が出ています

義母が嫌いすぎて、孫への影響が心配です

姑は、お嫁さんの子どもにとっては「おばあちゃま(おばあちゃん)」、つまり義母から見たら「孫」にあたる関係。それだけに、子どもへの悪影響を懸念するお嫁さんの声も!

【CASE_1】
娘の前で家事の文句を言う!

「姑が、娘の前で私の家事に文句を言います。料理の手際が悪いだとか、洗い物が雑だとか掃除がなってないとか、口を開けば文句しか言わないような姑なんです。ついこの前、娘に“ばぁばは、ママが嫌いなの?”って聞かれて、涙をグッと堪えました。情けないです」
(33歳女性/パート勤務)

孫と祖母
(C)Shutterstock.com

【CASE_2】
子育て方針に文句を言う!

「私の子育て方針に意見してくる姑が苦手すぎます。この春から娘は小学校に入りますが、ランドセルの色は娘が選んだピンクにしたんです。そうしたら『ランドセルは昔から赤って決まっているのに、なぜピンクなんて買い与えるんだ』って、チクチク言われ続けています。最近の子育て事情も知らないくせに、細かいところまでうるさくてウンザリです」
(34歳女性/会社員)

その他、以前の記事「私の靴があんなところに!?「玄関」にまつわる義母からのイジメ3」でご紹介した悲劇の嫁は、家族で夫の実家に遊びに行くと、嫁の靴だけがなぜか遠い位置に移動しているというイジメに遭っていました。

(c)Shutterstock.com
(c)Shutterstock.com

こうやって、面と向かっていじめるのではなく、こっそりいじめる姑もいるんですよね。

こういう“おばあちゃま”がいると、孫への影響も気になっちゃいますね…。

義母が嫌いなので、産後は距離を置くつもりです

妊娠中は、義母に会う機会も増えるもの。結婚前より関係性が深くなる傾向もあるので、妊娠前にはうまくいっていた姑と妊娠を機にギクシャクし始める関係も珍しくありません。

また、ちょっと話は逸れますが、“孫の顔見たさ”からまだ妊娠を考えていない新婚夫婦のお嫁さんにデリカシーのない言動をして「あの姑、なんなの!」と嫁の怒り&ショックを呼ぶパターンも……。

以前紹介した記事「嫁って大変! 過干渉な姑が実際にしたトンデモ行動4選」姑は、新築した家に遊びに来て夫婦の寝室にずかずか入り込み「ティッシュがない!」と叫んでいました。

ティッシュ
(c)Shutterstock.com

下品! デリカシーなさすぎる!

このあと妊娠したというこのお嫁さんは「産後には、姑とは距離を置くつもりです」と語っていました。

義母が嫌いなので、離婚を考えています

あまりにひどい場合には、離婚を考え始める嫁もいます。

こちらも以前紹介した記事「嫁はウンザリ! 子離れできていない義母の仰天発言3」では、年下の夫よりも年収も学歴も上のお嫁さんが、「姑からの暴言に、耐えられない!」と語ったエピソードをご紹介しました。

いい加減、子離れしてよ お義母さん!
(c)Shutterstock.com

子離れできていない姑がいると、なにかと息子夫婦や嫁に過干渉しがち。

しかし「結婚」となると、夫婦だけの話ではなく、互いの実家も深く関わってくるのも現実。マザコンタイプな夫だと「愛があれば姑なんて関係ない!」ともなりにくく、夫を愛していても離婚を考えざるをえない妻もいます。

姑と同居をしていて夫婦に子どもがいない場合は、お嫁さんだけが“家族内の異分子”的な扱いを受けやすいこともあって「“姑”が原因で離婚……」のケースにもぶち当たりやすいかもしれません。

義母が嫌いなのに、同居の話が出ています

生活をともにするということは、衣・食・住すべてに姑からの介入があると覚悟しておかないといけないくらい、大変なことです。

マザコン
(C)Shutterstock.com

「まさか自分に同居話が出てくるなんて……」と、今まさに愕然としているS里さん(43歳/専門職)は、次のような話をため息まじりに語ってくれました。

「ウチはずっと子宝に恵まれず、結局、子どもは今年に入ってから諦めました。新婚当初から姑には『子どもができないのは、息子じゃなくてあなたが悪い』と責められ続け、数々の暴言や嫌がらせも受けてきたので姑のことは心底、苦手です。

ところが、そんな姑が、今年に入ってから夫に同居を持ちかけて……。実家の土地で家を建て替えるお金を出してあげるから一緒に住もうと言ったらしく、夫がノリノリに。

私は、あの姑と夫と3人で暮らすなんて、到底考えられないのですが、少々マザコン気質が強い夫なこともあって、私の意見を聞き入れてもらえず困っています」

こんな風に、なんらかの事情によって姑との同居話が突如出ることもあるから、未来のことは誰にもわからない!


義母は家族! ひょんなことから仲良くなれることも!?

「あの人、苦手!」「嫌い!」と一度思ってしまった相手と仲良くなるのって至難のワザです。

しかし“義母”は最愛の夫の母であり、子どもがいる場合には子どもにとって祖母でもあるわけなので、結局は“家族”であることに間違いはありません。

今は「義母が嫌いです!」なお嫁さんでも、何かの拍子に「そこまで嫌いじゃなくなった!」となれば、結果オーライで仲良くなれる可能性だって残されています。義母から嫌がらせを受けているならば、意地でも負けないで♡

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.19

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature