Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 脱毛
  4. 【25歳OLの初体験】人生初の脱毛体験をした結果…

BEAUTY

2017.10.17

【25歳OLの初体験】人生初の脱毛体験をした結果…

この夏、電車の中や取材中、腕やワキのムダ毛を気にして思う存分夏を満喫できなかったライター・サワダです。「痛い」「コワい」ものを避けてきて早25年、今年に入ってやっとコンタクトデビューすることができたビビリです。そんな私がついに…脱毛デビューすることを決意!

25年間避けていた脱毛施術、ついにデビュー! 選ぶときのポイントはここにあった

「痛い」「コワい」を避けて通れるならばそれに越したことはないので、「脱毛サロン」とももちろん無縁でした。いつからでしょう、「脱毛=痛い」の認識になってしまったのは…(遠い目)。

しかーし! この夏、私の腕やらワキやらのムダ毛によって、色々な人のお目汚しになっていたのではないかと思い、ついに脱毛へ行くことを決意。

さて一言に「脱毛」と言っても、いろんな脱毛がありますよね。今回脱毛をするにあたり色々調べていくうちに、「医療脱毛」と「エステ脱毛」にはそれぞれ効果や期間、そのほかの点で大きく違いがあることが分かりました。

脱毛
(c)Shutterstock.com

そもそも脱毛とは、毛根細胞にダメージを与えることによって効果を得ることができる行為。現在日本では、医師がいないエステサロンで毛根を破壊する(=脱毛効果)行為は、医師法によって禁止されていて、「エステ脱毛」などのサロンでは脱毛処理はできず、一時的な減毛処理をする施術を行っているそうなのです。

そこで今回私が選んだのが「医療脱毛」。


■「医療脱毛」を選んだポイントは、「医師がいる安心感」と「通う回数」!

私が「医療脱毛」を選んだポイントは、大きく2つありました。

ひとつ目は、医師が施術してくれることの「安心感」

医療脱毛を行うクリニックは医療機関になるので、医師がきちんと肌の状態を診てカウンセリングをし、適切なレーザーの照射パワーを決定。脱毛の施術は有資格者である医師や看護師が行うので、気持ち的にも安心感が大きいですし、万が一のときには、クリニックに在籍する医師が迅速かつ正確に診断・治療を行ってくれるという点も、痛がり&恐がりな私にとっては重要な点でした。

そして、ふたつ目が、「脱毛に通う回数」です。

ズボラ女子の私にとって、何回も通わないといけないというのが面倒でしょうがない…。一般的な医療脱毛とエステ脱毛の施術回数は、医療脱毛が約5回、エステ脱毛がおよそ18回と言われています。働く女性にとって、時間はとても大切。「医療脱毛は高い」と言う意見を耳にしますが、脱毛完了までの価格で考えると、一回の単価が安くても多くの回数がかかるエステ脱毛より安く収まるケースも。

医療機関なので、高額コースなどへの勧誘もないですしね! ということで、さっそく痛がり&ビビリの私の医療脱毛デビューをレポートしていきたいと思います。

え、もう終わり!? もっとはやく脱毛すれば良かった…と後悔。

お伺いしたのは、北海道から福岡まで19か所のクリニックを展開している、医療レーザー脱毛専用の「リゼクリニック」。

■カウンセリングは、メソメソしても大丈夫な個室!

はじめにシートを記入したあと、担当医師とのカウンセリング。リゼクリニックでは、施術前のカウンセリングは医師が、医学的な説明はもちろん、脱毛を行う上で不安な点や、肌状態などを確認しサポートしてくれます。

診察室のような個室になっていて、

「先生、本当に痛くないんですか!」
「脱毛が終わった後に肌が荒れたらどうしたらいいですか!」

などの泣き言も話しやすい環境で、ビビリの私からしたらかなり助かりましたし(笑)、施術前の不安がだいぶ軽減されました。

カウンセリングの際には、毛の生え変わる周期やレーザー脱毛機の種類などを画像付きで分かりやすく説明してくれます!

診察
(c)Shutterstock.com

■レーザー脱毛機は3種類! その人の肌に合わせて医師が選びます

リゼクリニックでは「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNEXT」「ジェントルYAG」の3種類の医療レーザー脱毛機が完備されていて、その人の肌の性質に合わせて医師が脱毛機を選択。そうすることで、より高い効果を得ることができるのだそう。

個室に入ったあと、腕と肩が露出する形のワンピースに着替え、さっそく施術開始! 私は今回、夏に一番気になったワキと、ひじ下の2か所の脱毛をお願いしました。

ジェルを塗ったあと、レーザーをワキに当てます。ちょっぴりチクっとして、肌に小さいものがパチっと当たる感覚はあるものの、無理!! という感じではない。

これはいける!!!

脱毛

担当してくれた看護師さんと、「毎日どれくらいの人数の脱毛をなさっていらっしゃるんですか?」なーんてたわいもない会話をしているうちに、片方のワキの脱毛が終了。その時間、わずか2分程度!(個人差があります)

想像していたよりもあまりに早い施術に唖然。

もう片方も、ワキにジェルを塗り、レーザー脱毛機を滑らせて同じくらいの時間でフィニッシュ。ひじ下はワキよりもチクっとした感覚をおぼえませんでした。

そうしているうちに、施術が終了。両ワキと両ひじ下の2か所で15分未満といったところでしょうか。

美容院に行ってカラーをするのと同じくらい時間を費やすのかと思っていた私、あまりの負担の少なさに、「これなら脱毛のあと、ご飯の予定を入れられたな…」と思ってしまったほど。

ベッド 診察室

個人差・部位にもよりますが、毛周期は最短8週間くらいなので、次に来院する目安は最短8週間になるとのこと。全5回終了するまでに期間は要するものの、美容脱毛に比べたら通う回数が少なく済むのが、働く女性にとってはやっぱり嬉しいポイントです。


今回の取材で、脱毛=痛い・コワいというイメージで今まで脱毛をしてこなかったことを後悔。今となっては、また8週間後が待ち遠しいです♥︎ 今から毛の処理をしておけば、もうワキ見せキャミソールだって着れるし、電車のつり革もなんなく掴める!! まだこれから冬ですが、早く夏が来ないかな、という気持ちで胸いっぱいの私でした。

リゼクリニック

取材・文/サワダユキコ

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.19

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature