Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 9月の最新ファッションコーデおすすめ40選【レディース2020初秋の服装特集】

FASHION

2020.08.24

9月の最新ファッションコーデおすすめ40選【レディース2020初秋の服装特集】

気分は秋に向かっているのに、まだまだ暑い9月。今回はこの季節だからこそ取り入れたいコーデをご紹介します。秋へとつなぐニットやトレンチコート、ボーダーレスに着られるカセット服やネイビーワードローブも。明日試したくなる9月のコーデを見つけてみて。

【目次】
9月に押さえておくべき最新ファッションは?
9月はカセット服で着回し力を高める
9月のニットは色合わせで秋っぽさをプラス
9月はトレンチコートで即秋モードに
9月は秋へとつなぐネイビーを取り入れて
最後に

9月に押さえておくべき最新ファッションは?

残暑が厳しい9月は、秋モードをひとさじプラスする「色」を意識して。ノースリーブなどの夏っぽいコーデも、トップスを秋へとつなぐカラーに替えるだけで印象がグッと変わります。きちんと感のあるカセット服やトレンチの着回しコーデも見逃せません。

・カセット服はコーデに悩む季節も着回せる
・ニットの配色で秋への移り変わりを表現
・秋の気配を感じたらトレンチコートを
・迷ったらネイビーワードローブでクールに

9月はカセット服で着回し力を高める

カセット服とは、同色同素材でそろえることができるバリエーション豊かなセットアップ。忙しい朝も悩まずに選ぶことができるので頼れる存在。ここでは、上下セットで着たベーシックなカセット服から、着回し力の高いアレンジコーデを集めました。

【1】グリーンシャツ×グリーンフレアスカート

グリーンシャツ×グリーンフレアスカート

グリーンの落ち着いたトーン、マニッシュなバンドカラーなどから、絶妙なこなれ感が漂うカセット服。仕上げに黒レザーのシャープなトートを加えてモードに。

鮮度の高いグリーンカラー&リネン素材でこなれ感を

【2】ブラウンカットソー×ベージュタイトスカート

ブラウンカットソーにベージュのタイトスカートを合わせた、日焼け肌になじむニュアンスカラーコーデ。つるっと光る硬めアクセをポイントに、涼しげな落ち着いた色味をまとって。

日焼け肌に、ミラノ配色をまとって

【3】ネイビーボウタイブラウス×ネイビーパンツ

さらりとした光沢ノースリーブ×コットンパンツの涼しさ優先スタイル。上下ネイビーでまとめれば、どんなコーデもきれいめに見える。

上下ネイビーでまとめれば、どんなコーデもきれい見え♡

【4】シースルー茶ブラウス×黒パンツ

シースルーブラウス×黒パンツでモードに装って。ストイックな黒と赤リップの強いコントラストに透け感で抜けを入れると、ほどよく女っぽさも加わる。

シースルーブラウス×黒パンツでモードに装う月曜日

【5】オフ白ジャケット×オフ白タイトスカート

きちんと感のあるノーカラージャケットとスカートで、仕事モードにぴったりなカセット服に。ニュアンスカラーのセットアップに白Tシャツをインして、清潔感のあるワントーンコーデに。

コーデを考えなくてOK! 超多忙な女性たちが活用する【カセット服】の魅力!

【6】ネイビーノースリニット×ネイビーフレアスカート

キリッと見えるダークネイビーのノースリニット×ひざ下フレアのカセット服。ワンピ見えのセットアップに黒ジャケットをはおって、好印象なカセット服に♪ きちんと感をだしながらも、仕事もアフター7の予定がある日にも◎。

アフター7に予定ありの外回りDayはワンピ見えのセットアップで♡

【7】白カットソー×ベージュタイトスカート

女性らしいV開きの【Loungedress】白カットソーで顔周りを自然とトーンアップ。全身を白やベージュを使ったまろやか配色でまとめるときは、靴やバッグに濃い色を取り入れて、引き締めるのがポイント。

語学教育サービス会社 代表取締役 樋口亜希さん(29歳)の仕事服&1日のスケジュールを公開!

【8】ブルーグレージャケット×ベージュパンツ

スタイリストの高橋リタさんが作る、ブルーグレー×ベージュの王道配色コーデ。リネン素材のカセット服を、ジャケットと合わせてシンプルコーデからお出かけスタイルにブラッシュアップ。ワンハンドルバッグで上品リッチなリタ的要素をトッピングして。

スタイリスト高橋リタが作る【セットアップ】×【テーラードジャケット】の洗練モードスタイル

【9】キャメルブラウス×ベージュジャケット×ベージュパンツ

フォーマル感に加えて、ほどよい華やかさも必要なシーンでは、色のグラデーションで華やかに。堅くなりがちなジャケパンスタイルのインナーにキャメルをもってくることで完成する淡いトーンのグラデーションは、抜群の女っぽさが漂う。服で取り入れがちな白はアクセや小物で投入して。

【ベージュ×キャメル】お仕事コーデ5選|職業別2秒でもっていく「先輩配色」のルール

【10】ネイビーデニム×黒ニット

ネイビーデニムとブラックニットの先輩配色コーデ。デニムスタイルも色の効果でデキる女風にスイッチ。仕事相手にばったり、なんてシーンでも大人のきれいめな印象をキープしてくれる。

2秒でもっていく!【ネイビー×ブラック】お仕事コーデ5選|職業別「先輩配色」のルール

9月のニットは色合わせで秋っぽさをプラス

夏から秋へと移り行く季節のニットコーデは、ボーダーレスで着られる配色で着こなしをまとめるのがおすすめ。落ち着いた印象のネイビーやカーキのほか、まろやか配色でまとめるとうまくいきます。夏が戻ってきたような暑い日は、パキッとしたコントラストで遊び心を足すのもおしゃれ。

【1】黒ニット×チェック柄パネルスカート

黒ニット×チェック柄パネルスカート

秋のムードを取り入れたカラフルスカートは、黒ニットで落ち着いた雰囲気に。華やかなスカートにスポサンやスニーカーだと夏っぽくなるので、ここはローファーでシックに更新したい。

鮮やかスカートをローファーでシックにまとめて

【2】カーキニット×ブルースカート

カーキニット×ブルースカート

カーキニット×レーススカートの女っぽコーデは、やわらかい色でカジュアルに着こなして。ボタニカル柄の大ぶりレースに、トップスは明るいカーキ色を合わせて大人の余裕を感じさせる着こなしに。

○○要素が必須! 【タイトスカート】を今っぽく仕上げるキーワードとは?

【3】ネイビーニット×レンガ色のハイウエストパンツ

着心地のよいさらりとしたハイゲージニットは、脚長効果ありのハイウエストにインして。秋の気配を感じさせるブリックカラーパンツ×ネイビーで知的配色コーデに。

秋の気配を感じさせるブリックカラーパンツ×ネイビーで知的コーデ

【4】パープルニット×カジュアルデニム

トップスのシンプルなノースリニットは強めの色をチョイスし、カジュアルデニムもしゃっきりさせて。バッグをナナメがけして、スポーティなアクセントに。

カジュアルな色落ちデニムも強めのきれい色トップスでしゃっきり!

【5】黒ニット×グレープカラーのフレアスカート

黒トップスにきれい色ボトムの組み合わせにバカンススタイルの配色をプラス。ジューシーなグレープカラーのスカート、足元はエメラルドグリーンのトングと、きれい色を大胆にミックスさせて、遊び心のある配色に。

【大人のリゾートスタイル】ビジュートング&ミニかごバッグで華やぎを

【6】くすみグリーンのニット×黒パンツ

ダークトーンとなじみのいいくすみグリーンのカシュクールトップスをはおりとして投入して、コーディネートに奥行きを出して。インナーは黒Tシャツ×黒パンツでオールインワン風に。

くすみグリーンでブラックコーディネートに奥行きを

【7】ネイビーのアンサンブルニット×白のAラインスカート

上半身はキュッとコンパクトなアンサンブルニット、ボトムをふんわり広がる台形スカートを合わせた、フィット&フレアのシルエットにすることで、上品かつ華やかさのある雰囲気に。足元は、あえてヒールではなくフラットシューズをチョイスし、台形スカートの甘さをトーンダウンさせて。

Aラインスカートとアンサンブルニットは最強コンビ!【高橋リタの12 Rules】コーディネート術

【8】グレーのVネックカーディガン×ショートパンツ

プラダのシンプルなVネックのグレーニット。オーバーサイズの身ごろと細身のそでのコントラストにさりげないモード感が。インナーを入れず一枚で着て、ショーパンと合わせておしゃれ上級者の着こなしを楽しんで。

グレーのニットといえば【プラダ|PRADA】の「名色」Vネックカーディガン

【9】ピンクレッドのクロップ丈ニット×チノパン

トレンドニットをシャツにレイヤードしてトラッド仕様に。旬のクロップド丈のニットと合わせて、襟、そで、すそを出すことでこなれ感アップ! サイドの紐をバランスよくたらして、存分にニュアンスをアレンジして。

シャツレイヤードはハッピー色のトレンドニットで|高橋リタの極上のコンサバ

【10】イエローニット×美脚パンツ

忙しい日は色の力でテンションアップを狙って。イエローリブニットなら顔色も3割増しハッピーに見える。九分丈ストレートパンツでヘルシーに足元を見せて。

イエローニットでベーシックコーデもハッピー感アップ♡

9月はトレンチコートで即秋モードに

気分を一気に秋モードへと変えるときは、薄手のトレンチコートなんてどうでしょう? トレンチのハンサム感があれば、シンプルコーデも知的な印象のシルエットで大人っぽく。カジュアルよりも少し上品に着たいシーンで活躍してくれます。

【1】ベージュトレンチコート×グレーロングニット×黒パンツ

ベージュトレンチコート×グレーロングニット×黒パンツ

ロング丈とバックスリットがドラマチックな【アンスクリア】のベージュトレンチコート。サイドにスリットが入ったグレーロングニット×黒パンツとの合わせやすさも、小粋に仕上がるクールなベージュならでは。

今っぽいトレンチはTOKYOブランドで見つかる! 厳選6着をご紹介♡

【2】グリーンのトレンチコート×黒ニット

落ち着きとみずみずしさを兼備した【イレーヴ】のグリーントレンチコートに黒をインに仕込んで、グリーンをかっこよく着こなして。小物まで徹底してグリーン×黒の世界でまとめるとさらにスタイリッシュ。

今、欲しい! 半袖の上からさっと羽織れる【グリーントレンチ】で気温差のお悩みも解決♡

【3】ベージュのトレンチコート×ピンクのパンツ

カーキがかったニュートラルなベージュ。ボトム部分は一段濃いめの女性らしいベージュを、やわらかなドレープ生地で。緻密に塗り上げられた2色のベージュに素材の強弱が加わった「特別感」を存分に味わえる【セリーヌ|CELINE】のトレンチコート。流れるようなボトムシルエットに、すらりとしたストレートパンツを合わせて新鮮なバランスに。

【セリーヌ|CELINE】の憧れトレンチコート|知っておきたいメゾンの「名色」アイテム

【4】ネイビーのトレンチコート×イエロースカート

【BEAMS LIGHTS】トレンチタイプのレインコート。薄手だから、折りたたんで付属のポーチにインしてもかさばらない。イエローのスカートを差して明るく。

雨音が心地いい【BEAMS LIGHTS】トレンチタイプのレインコート|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【5】ベージュのトレンチコート×オールブラック

着くずさず、すっと素直に着たい。そんな気持ちにさせてくれる【ハイク】のトレンチコート。しっかり厚さのある素材とこっくり濃いめのベージュがハンサム感をあと押ししてくれるから奇をてらわず、まずはベーシックなオールブラックコーデでモードな装いを楽しんで。

【HYKE|ハイク】名品トレンチの魅力、徹底解剖!

【6】トレンチ風ステンカラーコート×グレーのワイドパンツ

【スピック&スパン】の長丈スプリングコート×ワイドパンツの重ためバランスなら大人っぽくきまる。上品フェミニンな組み合わせにステンカラーコートをはおって、ほどよくカジュアル感をプラスして。

クライアントとの打ち上げはきれい色コーデにパールで品よく

【7】キャメルトレンチコート×黒のレインシューズ

雨だけど、きちんとオフィスで打ち合わせの日は、撥水加工のきれいめなキャメルコートに黒の「レインシューズ×パンツ」をセットするのが三尋木さん流。そのぶんトップスは明るい色に。

エディター【三尋木奈保】が愛用するコートの選び方&コーデ|My Basic Note 2

【8】トレンチコート×ハイウエストショートパンツ

【マッキントッシュ】のトレンチコートにハイウエストショートパンツ×ロングブーツを合わせて、知的な印象の細身シルエットに。腰の位置が高く見えるタック入りのハイウエストショーパンと相まってスタイルアップ効果も。

【トレンチコート×ロングブーツ】があか抜けのコツ!【ショートパンツ】を今っぽく更新するコツ

【9】ソフトベージュのトレンチコート×シャツワンピース

【デザインワークス】のベージュのソフトトレンチコート。くしゅっと絞れるそで口のベルトデザインで、個性をアピール。ストレスフリーなしなやかワンピース×フラットシューズで、楽チンだけどおしゃれに見える休日コーデに。

【自分メンテナンス日のコーデ】リラックスできて1枚でサマになるワンピが GOOD

【10】ドレストレンチコート×黒のタックパンツ

一般的なトレンチコートより薄手で、しなやかな女らしさをアピールできる【ebure】のドレストレンチコート。ひざより長いロング丈も鮮度高く見えるポイント。脚がすっきりと見えるテーパードシルエットのパンツと合わせて洗練された印象に。

旬なクリアバッグがポイント! シンプルなのにジェニックコーデ

9月は秋へとつなぐネイビーを取り入れて

まだまだ暑い日が続く9月は、コーディネートが悩ましい季節。真夏に着ていたコーデのままだと浮いてしまうので、秋らしさも加えたいけれど、何を着るべきか迷ってしまいますよね。そんなときはワードローブのひとつにネイビーを選んで。シックなカラーで夏から秋へとつないでくれます。

【1】ネイビーTシャツ×黒フレアスカート

ネイビーTシャツ×黒フレアスカート

リブカットソーとセミフレアスカートでつくる、美人なロング&リーンシルエットのコーデ。シックな黒フレアに合わせるネイビートップスがコントラストをまろやかにし、ほんのりやさしいムードに。

【黒アイテム】はこの3つを狙って|スタイリスト金子 綾さん直伝

【2】ネイビーシャツ×小花柄スカート

ネイビーシャツに光沢感のある小花柄スカートを合わせたコーデ。イエローの入った柄スカートは暗い照明のバーでも存在感を発揮。ダークトーンであればシャツとの合わせもこなれる。

夜予定がある日は、トレンド小花柄をダークトーンでシックに!|今どき【スカートの着こなしPOINT】

【3】ネイビーブラウス×ボルドー色のスリッパパンプス

ネイビーのブラウス×細身パンツのシンプルなコーデの日。足元をスリッパパンプスにすれば、たちまち、おしゃれなムードに。通勤シーンにスリッパパンプスを活用するなら、キリリと見えるパンツスタイルが断然おすすめ。休日ならスカート合わせも◎。

初秋に大活躍! トレンドの【スリッパパンプス】コーディネート見本5

【4】ネイビーシャツ×黒のくるぶし丈タックパンツ

どんなシーンでも頼りになるシャツ×パンツのコーディネート。シンプルな組み合わせだからこそ、それぞれをきちんとアップデートしておくことが大事。ネイビー×ブラックなら現代的でクールなイメージに。シルバーバングルやグレーのローファーで、マニッシュなニュアンスをプラスして。

【エディター三尋木奈保】究極シンプル服4枚を着回して自分らしいおしゃれをプロデュース

【5】ネイビーワイドパンツ×黒ジャケット

端正な印象をキープしてくれる黒とネイビーの配色なら、きれいめカジュアルもON仕様にランクアップ。インナーはシンプルな黒カットソーなので、ジャケットを手持ちにすれば、カジュアルなリラックススタイルに。

2秒でもっていく!【ネイビー×ブラック】お仕事コーデ5選|職業別「先輩配色」のルール

【6】ネイビースカート×オレンジのドロストシャツ

ゆったりとした女性らしい襟ぐりのドロストシャツ。今年らしいソリッドな色味を生かしたパリッとしたシャツは、ネイビーのAラインスカートで引き締めて。ウエストマークのベルトとそでのリボンでアクセントを。

1日で2度楽しむ♡【THE IRON】の最旬トップスで着替えずイメチェン!

【7】ネイビージャケット×黒ワンピース

NYのビジネスウーマンみたいな、ネイビージャケット×黒ワンピのミニマムなスタイルに。意志を感じさせるダーク配色に、パンチのあるバッグとゴツめリングで辛口シンプルにまとめて。

ミニマムな黒ワンピ×ネイビージャケットで気分はマンハッタン!

【8】ネイビーのシャツワンピース

一枚でドラマティックな着こなしが実現! 「シャツワンピースは着たときのシルエットが肝心! 襟元のデザイン、そでの長さ、フレアのボリュームに至るまで何度も試着をくり返して調整。大満足のシルエットが完成しました」と、監修したOggi人気スタイリスト・兵藤千尋さんも太鼓判!

editstore NEWS! Oggiスタイリスト×人気セレクトショップがコラボした「4アイテム」その1

【9】ネイビーのハイウエストパンツ×白シャツ

ネイビーのボトムスに辛口の白小物を効かせて凜とした表情を引き出した、大人マリンスタイルに。ウイングチップの白シューズ、かっちりとしたボックスタイプのバッグなど、きりっと着こなしが引き締まる白小物は、白シャツのクリーンな印象と完璧にマッチ。

真っ先に着たい白シャツで大人マリン|高橋リタの極上のコンサバ

【10】ネイビーの細身パンツ×白ブラウス

ノーカラージャケットに、ノースリーブブラウスとネイビーパンツを合わせたスタイル。バッグの赤がアクセントになって、大人トリコロールの配色に! キレよく涼やかに。ジャケットコーデは肩掛けがかっこいい。

お仕事コーデ拝見! IT関連会社勤務・中川歩美さん|働く女性のリアルSNAP

最後に

9月は地域によっては、真夏のように暑い日が続くこともあるので、着こなしに頭を悩ませますよね。秋の空気は夏と違って、ゆっくりと季節が移り変わるので、コーデもゆるやかに秋モードにシフトしていくと、季節感がちぐはぐになるのを防ぎます。9月前半は色合わせで秋らしく、日中の気温も下がってきたらトレンチコートを投入して、秋モードを堪能してくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.30

編集部のおすすめ Recommended

Feature