【2023年】9月のおすすめコーデ41選|上旬・中旬・下旬の大人の着こなし | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 【2023年】9月のおすすめコーデ41選|上旬・中旬・下旬の大人の着こなし

FASHION

2023.08.21

【2023年】9月のおすすめコーデ41選|上旬・中旬・下旬の大人の着こなし

まだまだ残暑の厳しい日が続く9月。昼と夜で気温差が大きい日も多く、どんな服装がいいのか迷いますよね。今回は、そんな悩みがちな9月におすすめのコーデを、上旬・中旬・下旬別に紹介。秋らしい季節感を取り入れつつ、大人の洒落感を感じさせるコーデを探してみてください。

9月の気温は? 上旬・中旬・下旬のコーデを組む時のポイント

9月の平均気温は、上旬は25℃前後、中旬は23℃前後、下旬は20℃前後。9月上旬は、最高気温が30℃以上とまだまだ真夏のような厳しい暑さが続きますが、日が経つにつれ少しずつ秋めいた気候に変化していきます。9月下旬は、朝晩は肌寒く感じられる日も。

気温差の激しい9月は、コーデを組むのも一苦労です。ここでは、上旬・中旬・下旬別でコーデを組む時のポイントを解説。気温に適した服装を選びつつ、秋らしさを感じさせるコーデのコツを見ていきましょう。

◆9月上旬コーデのポイント

・残暑に備えて涼しげな素材を
・秋カラーの夏服
・小物から秋感を取り入れて

〈お手本コーデ〉
白ブラウス×ベージュベスト×カーキパンツ

トラッドな品のよさが光る、ベージュのツイードベスト。すっきりしたシルエットを生かし、ボリュームスリーブのブラウスにON。ナチュラルな可愛さの引き締め役はカーキのミリタリーパンツに託して。

サマーツイードで、着こなしを今っぽく&小粋に盛り上げて♡

◆9月中旬コーデのポイント

・半端丈のトップスが活躍
・春服の着回しもOK
・レイヤードコーデで快適さとこなれ感を

〈お手本コーデ〉
ショート丈アウター×ロングワンピース×キャップ

1枚だとのっぺりしてしまうことも多いロングワンピースを、バランスよく見せてくれるショート丈アウター。スポーティに振りすぎないように、あえてスニーカーを避けてきれいめな足元に。

絶妙な甘辛バランスで! 1DAYトリップのワンピーススタイル

◆9月下旬コーデのポイント

・素材も秋テイストを取り入れて
・昼夜の気温差には薄手アウターで対応
・ブーツや厚手靴下が大活躍

〈お手本コーデ〉
カーキのブルゾン×ブルーのチェックスカート×黒ブーツ

ミニスカ×ロングブーツの黄金コンビをゆるっとアウターで今っぽく。サンダルは軽く、タイツはやや重く感じられる秋口こそ、素肌とロングブーツの組み合わせがちょうどいい。

この秋は、ロングブーツと好相性ボトムの黄金コンビで軽快に!

【9月上旬】おすすめコーデ12選

9月上旬はまだまだ残暑が厳しく、体感的には夏の服装で過ごしていたい気温の高い日が続く時期。素材は涼しげなものを選びつつ、季節感を感じさせるアイテムを取り入れていくことが、9月上旬を快適にお洒落に乗り切るポイントです。

ロゴT×ツイードパンツ×ミュール

ロゴT×ツイードパンツ×ミュール

クールな印象のパンツも、ツイード素材&ハイウエストなら洗練された甘さ。ロゴTやミュールで抜け感を作ると今っぽい。

主役級のツイードパンツで『大人可愛い』に挑戦!

カーキのジャケット×白ロゴT×ピンクスカート

カーキのジャケット×白ロゴT×ピンクスカート

ふんわりボリュームのあるティアードスカートは、シンプルなTシャツと合わせてもコーデを華やかに仕上げてくれる。カーキのジャケットや華奢なサンダルを合わせれば、甘いピンクも照れずに着こなせる。

甘めピンクのスカートスタイルをカーキ色が大人の印象へ導いて

ツイードジレ×ジョガーパンツ

ツイードジレ×ジョガーパンツ

モードな着こなしがサマになるツイードのジレは、ジョガーパンツを合わせて大人のカジュアルに。スタイリッシュに仕上げるコツは肉厚の素材を選ぶこと。足元はフラット靴で肩の力を抜くと好バランス。

きれいめモードなジョガーパンツに“こなれ感”を加えるなら…

ニュアンスカラーTシャツ×ドレススカート

ニュアンスカラーTシャツ×ドレススカート

量感のあるドレススカートには、とろみTでこなれた洒落感を。プレーンでこなれ感のあるTシャツを軸にすれば、ドラマティックなボリュームスカートが等身大の華やかさに着地する。

今っぽさ&女性らしさ全開♡ こなれ見えドレススカートコーデ

ネイビージャケット×白タンクトップ×ネイビーパンツ

ネイビージャケット×白タンクトップ×ネイビーパンツ

王道なネイビージャケットスタイルは、抜け感がカギ。やわらかなウールのジャケットにあえて白のタンクトップを合わせたり、リラックス感のあるパンツを選んで、程よくラフな要素を取り入れて。シンプルな着こなしがグッと今っぽく洗練された印象に。

30代からの働く私たちが、夏の終わりから秋に頼れる色はネイビーとカーキ!

ウールのシャツワンピース×黒パンツ

ウールのシャツワンピース×黒パンツ

まろやかなアイボリーのシャツワンピースとリラクシーパンツのレイヤード。爽やかな白ワンピは、上質なウールを選んで秋らしく。

秋の気配を感じたら…『SACRA』の名品・シャツワンピース!

ボーダーカットソー×シャツワンピース×白ブーツ

ボーダーカットソー×シャツワンピース×白ブーツ

ネイビー×グレーのタートルカットソーは薄手でやわらか、ストレスフリーで着られる一枚。バサッとしたシャツワンピースの襟元からのぞかせれば、小粋な雰囲気にまとまる。

秋を意識した配色。でもまだ暑いからバサッしたシャツワンピで軽やかに!

オフ白アイレットニット×ベージュカットソー×カーキパンツ

オフ白アイレットニット×ベージュカットソー×カーキパンツ

ベージュのカットソーは、オフ白のニットとカーキパンツの配色を中和する役割も。エッジィなパイソン柄バッグやストラップサンダルで引き締めて、媚びない女っぽさを表現。

“ロンハーマン”のアイレットニットどう着る…? 人気スタイリスト金子綾さんのおすすめ♡

グリーンスカートのセットアップ

グリーンスカートのセットアップ

今の注目カラー・グリーンのセットアップ。リネン混素材のざっくり凹凸のある風合いや落ち着いたトーン、マニッシュなバンドカラーなど「こなれ感」のバランスが絶妙。黒レザーのシャープなトートでモードに仕上げて。

鮮度の高いグリーンカラー&リネン素材でこなれ感を

ベージュジレ×白シアーニット×ブルーデニム

ベージュジレ×白シアーニット×ブルーデニム

ほどよく透け感のあるニットとジレのきれいめの着こなしを軸に、デニムでカジュアルダウン。白ニットとブルーデニムの間をつなぐ、ベージュのジレがコーデをまろやかにしてくれる。

きれいめに着こなすデニムスタイルに今すぐトライ

黒ニット×カラフルスカート×ローファー

黒ニット×カラフルスカート×ローファー

秋のムードを取り入れたカラフルスカートは、黒ニットで落ち着いた雰囲気に。華やかなスカートにスポサンやスニーカーだと夏っぽくなるので、ここはローファーでシックに更新したい。

鮮やかスカートをローファーでシックにまとめて

ベージュシャツ×白ロングスカート

ベージュシャツ×白ロングスカート

透け感がありながら、同時にかすかな光沢もある素材のスカート。まろやかなハニーベージュなら品よく、透けがさりげなくなじむ。

定番シャツも透け感素材にすれば一気に旬ムードに

【9月中旬】おすすめコーデ13選

9月中旬はまだ昼に暑さが残りつつも、そろそろ昼夜の気温の変化が大きくなる頃です。レイヤードコーデや羽織りものを取り入れて、体温調節しやすい服装で快適さを意識して。

ジャケット×ニット×パンツ×サンダル

ジャケット×ニット×パンツ×サンダル

夏の後半は少しだけ重ために、ダークカラーファッションが気分! ノースリーブニットにジャケットを羽織ってハンサムにキメて。アクセやシューズでハズして地味見え回避。

ダークトーンコーデの日。アイメイクは「透けグレージュ」が気分です♡

白カットソー×グレーパンツ×マドラスチェックのバッグ

白カットソー×グレーパンツ×マドラスチェックのバッグ

マドラスチェックのバッグやレザーの華奢時計が甘くならないのは、硬派なグレーパンツのおかげ。ほんのりレディが香る、品のいい可愛げが好印象。

クラシカルなパンツコーデで少しだけ季節を先取り♡

白の半袖シャツ×ベージュのカーゴパンツ

白の半袖シャツ×ベージュのカーゴパンツ

ボリュームが出がちなカーゴパンツには、短め丈のトップスを合わせることでメリハリをつけて。カジュアルな組み合わせだけど、全体を白〜ブラウンのグラデーションでまとめれば品のある雰囲気に仕上がる。

短丈シャツ×カーゴパンツで好バランスな大人カジュアル♡

ロンT×フレアスカート×ヒールサンダル

ロンT×フレアスカート×ヒールサンダル

小物を女っぽいテイストに振り切ると、ロンTも上品スタイルに着地。さらに靴とバッグの色味をそろえると、よりまとまりが出て大人っぽい印象が叶う。ブラウンカーキのロンTは、ほんのりシアーな薄手素材が繊細なムード。

靴&バッグがきれいめだと、全身がぐっと女っぽく♡

デニムジャケット×デニムパンツ

デニムジャケット×デニムパンツ

難易度が高そうなGジャン&デニムのセットアップは、シルエットを吟味すれば最旬のきれいめコーデが叶う。アウターはほどよいオーバーサイズのノーカラーですっきりと、デニムはフレアシルエットで今っぽく。

旬のセットアップ、デニム素材ならさらに新鮮に映える♡

黒ワンピース×シースルートップス×白バッグ

黒ワンピース×シースルートップス×白バッグ

シースルーやレザーなど、黒を重ねる際は異素材の組み合わせを楽しんで。仕上げにモードな白バッグで清涼感と遊び心を!

コワく見えない「モノトーンコーデ」着こなし3… 甘さをほんのり加えるのがいい!

ジレ×ストライプスカート×ショートブーツ

ジレ×ストライプスカート×ショートブーツ

この季節だからこそトライできる、素足にショートブーツの着こなし。温かみのある素材のスカートに、サマートラッドに活躍したミドル丈のジレを組み合わせて、秋素材のアイテムを軽やかに。

そろそろ「素脚にショートブーツ」の出番です♡

デニムジャケット×ボーダーカットソー×フレアスカート

デニムジャケット×ボーダーカットソー×フレアスカート

肩が隠れるボックス風シルエットのトップスを、ボーダーニットで取り入れて。クリーンな白シャツにレイヤードしたら、カーキのフリルスカートでキャッチー&ちょっとモードに。

秋風を感じたら、パリジェンヌ気分でボーダートップスを着こなそう

オフ白コート×白シャツ×フリンジスカート

オフ白コート×白シャツ×フリンジスカート

あせた黒のようなグレーは、知性と信頼感が漂う色で、働く女性の強い味方。表情豊かなエコスウェードに揺れるフリンジと、存在感のあるデザインなので、白シャツやオフ白のコートでクリーンに振るといいバランスに。

ニュアンスカラーがお洒落に見える! 注目ブランド&コーデ7選

グレージャケット×グレーベスト×ブルーデニム×サンダル

グレージャケット×グレーベスト×ブルーデニム×サンダル

ベストとのセットアップで即洒落る、オーバーサイズのスーチングで新鮮なルックスに。素肌にベストを着ることで、女らしさもグッとアップ。デニムパンツでカジュアルダウンして着るのがちょうどいい。

新鮮なハンサムさに釘付け! いつもより「2割派手め」なジャケット&ベストスタイル

ガウンコート×白Tシャツ×パンツ×サンダル

ガウンコート×白Tシャツ×パンツ×サンダル

着映えるガウンコートとセンタープレスパンツのコーデ。きれいめをキープしながら、ドロップショルダーやゴムウエストなどリラクシーな印象も両立してくれる。インナーは白Tで抜け感をプラス。

きれいめカジュアルを格上げする、リラクシーセットアップ!

ピンクニットポロ×黒タイトスカート×黒小物

ピンクニットポロ×黒タイトスカート×黒小物

秋らしいくすみ感と甘さを兼ね備えたラベンダーピンクのニットは、黒の着こなしに合わせてほどよく辛口に。甘い色のニットなので、ロングタイトスカートで黒の配分を多めにすると好バランス。

アイテムで秋コーデ|フェミニンと辛口な大人っぽさを両立して♡

グレーのスリーブジャケット×グレーワンピース

グレーのスリーブジャケット×グレーワンピース

仕立てのいいジャケットとエレガントなボリュームのワンピース。こんなツーピースなら、きちんと感とこなれた佇まいを両方叶えてくれる。

こなれ感あるリアルクローズがそろう! 知っておきたい【日本発ブランド】

【9月下旬】おすすめコーデ13選

朝晩は肌寒い日も増え、秋の深まりを感じ始める9月下旬。秋アイテムを多く取り入れつつ、薄手のアウターやブーツで気温の変化に対応できる服装選びをして、お洒落な秋コーデへシフトしましょう。

パープルニット×黒パンツ

パープルニット×黒パンツ

ブラックのコットンバギーパンツに、パープルのニット。余裕のあるシルエットとこっくりした色合わせが、センスのいいお洒落コーデへと導いてくれる。通勤スタイルにも活躍。

今っぽく動きやすい! ユニクロのコットンバギーパンツ

トレンチコート×オレンジのカーディガン×バレルパンツ

トレンチコート×オレンジのカーディガン×バレルパンツ

センタープレスが立体感ときちんと感を引き立てるバレルパンツ。リネンライクな織りの表情も品よく、トレンチやボストンバッグなどきれいめなトラッドアイテムと好相性。足元はメッシュのパンプスで女っぽい抜け感を。

トラッドに今っぽい空気感を加味するバレルパンツ

ジャケット×ドット柄スカート

ジャケット×ドット柄スカート

気分のアガるドットスカートを仕事で着るなら、ジャケットのような落ち着いた相棒が必要。肩のデザインがソリッドなものを選ぶと「お洒落な甘さ」が叶う。

ソリッドなジャケット×フレアスカートでお洒落に甘く気分を上げて!

薄グリーンのMA-1×白ワイドパンツ

薄グリーンのMA-1×白ワイドパンツ

グリーンがかったアイボリーと袖のギャザーが女っぽいブルゾン。白パンツで淡いワントーンにまとめれば、男前すぎずきれいめにまとまる。

ニュアンスカラーのMA-1なら男前過ぎずキレイにまとまる!

黒モヘアカーディガン×水色ストライプシャツ×スウェットパンツ

黒モヘアカーディガン×水色ストライプシャツ×スウェットパンツ

知的なストライプシャツを、モヘアカーデやスウェットパンツであえてくずすのがお洒落。白の小物で抜けを作って。

旬のモヘアカーデは端正なシャツに合わせればより新鮮!

黒ロングジレ×きれい色パンツ

黒ロングジレ×きれい色パンツ

ジャケットやトレンチよりも軽快で、+1するだけでお洒落偏差値がグッとアップする「ジレ」。小柄な人はミドル丈、よりハンサムを目指したいならロング丈をセレクトしてみて。

この秋はジレを取り入れるだけでセンス良く見える!

テーラードジレ×デニムフレアスカート

テーラードジレ×デニムフレアスカート

フレアスカートに合わせられるのもミドル丈ジレ。ロゴニット×デニムスカートのカジュアルコーデが、テーラードジレで瞬時にきれいめにシフトできるので汎用性が高い。ボタンは開けてラフに着こなして。

ハンサムにミドル丈ジレを着こなしたい!

ロングジレ×プリーツスカート×ショートブーツ

ロングジレ×プリーツスカート×ショートブーツ

スカートの裾からさりげなく見える素脚が、秋の装いにちょうどいい抜け感を与えて軽さを出してくれる。暑すぎず寒すぎない、今の時期ならではの着こなし。

スカート×ショートブーツが生む“絶対領域”が抜け感のカギ!

ベージュジレ×ベージュカットソー×ツヤ素材カラーパンツ

ベージュジレ×ベージュカットソー×ツヤ素材カラーパンツ

トレンドのジレはパンツの面積を減らすので、カラーパンツのハードルを下げてくれる。ぐっとエレガントさが増すツヤ素材は実はウォッシャブル。よりきれいめに着られるツヤ素材のカラーパンツが秋の狙い目!

Oggi発! ヴィヴィッドカラーパンツを辛口に着こなすテクニック6

トレンチ×ヴィヴィットカラーパンツ

トレンチ×ヴィヴィットカラーパンツ

秋風を感じたら、安定のトレンチコートの出番! ボトムはあえて冒険して、鮮やかなレッドカラーのパンツを選択。トラッド感のある着こなしに取り入れるからこそ、より新鮮味も増す。

定番トレンチは、カラーパンツで鮮度UP&マンネリ回避!

ボーダーニット×フリルスカート

ボーダーニット×フリルスカート

パリジェンヌ気分で楽しむ秋のボーダーコーデ。大きく開いたネックラインと細いピッチで、カジュアルさをトーンダウン。厚みのあるメルトン地のフレアスカートを合わせてドラマティックに着こなして。

秋風を感じたら、パリジェンヌ気分でボーダートップスを着こなそう

白セットアップ×ハイテクスニーカー

白セットアップ×ハイテクスニーカー

マニッシュなジャケパンスタイルは、ニュアンスのある白を重ねて大人のこなれ感を出して。中に着たTシャツや小物のブラウンを添えて秋らしく。

白ベースの洗練された今っぽカジュアル

ベージュトレンチコート×ブラウンタイトスカート

ベージュトレンチコート×ブラウンタイトスカート

長め丈スカートにバサッとはおれば即旬顔に。ラフな着こなしをトレンチが受け止めて、大人なムードに。

今っぽいトレンチはTOKYOブランドで見つかる! 厳選6着をご紹介♡

最後に

9月は気温の変化が著しい季節。上旬はまだまだ残暑が厳しく、中旬になると昼夜の気温差が気になり始め、下旬は朝晩は肌寒さを感じます。素材・色・柄など、それぞれの気温に合った服装を選びつつ、秋らしさを感じるアイテムを取り入れてみて。9月のコーデは快適にお洒落に、秋モードを堪能してくださいね。

▼あわせて読みたい

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.07.16

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。