【6月のファッションコーデおすすめ65選】春夏にさらりと着映えるレディースの服装特集 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 夏ファッション
  5. 【6月のファッションコーデおすすめ65選】春夏にさらりと着映えるレディースの服装特集

FASHION

2021.05.26

【6月のファッションコーデおすすめ65選】春夏にさらりと着映えるレディースの服装特集

梅雨の肌寒い日もあれば、初夏のような暑い日差しを感じる日も多い6月。この時季は、湿度が上がるにしたがって、よりリラクシーで着心地のよさがコーデ選びの大事なポイントに。雨の日も安心のコーデから、着映えるジャケットや、さらりと着られるトップスなど、きれいめスタイルにおすすめの6月の着こなしをご紹介します。

【目次】
6月に押さえておくべき最新ファッションは?
6月は【洗える&はっ水加工アイテム】で雨の日もきれいに
6月は冷房対策も兼ねて【ジャケット】をラフにはおって
6月は【カーディガン】でパンツやスカートにアクセントを
6月は【シャツ・シャツワンピ】でのきちんと感をカバー
6月の蒸し暑さは軽やか【ブラウス】で熱をこもらせない
最後に

6月に押さえておくべき最新ファッションは?

梅雨時期の6月はコーデ選びもほかの月とは異なり、湿気、突然の雨、急な冷え込みなど、体の中のことを考えて選びたい。今回は外や室内の気温差を調整しながらも、旬を取り入れたきれいめコーデを多数ピックアップ。

・ウォッシャブル&はっ水加工アイテムで雨の日もきれいに
・汗をかいてもいいようにさらりとした素材を選んで
・風が通りやすいゆったりシルエットで熱をこもらせない

6月は【洗える&はっ水加工アイテム】で雨の日もきれいに

突然の雨に見舞われることも多い6月。不安定な天候の日は、はっ水加工やウォッシャブルな服を選べば、雨や泥はねで汚したくない日も安心。最近はスポーティアウターをはじめ、はっ水加工のフラット靴やスニーカーが豊富なので、トップから足元まで抜かりなく。

【1】黒ナイロンブルゾン×イエローのイージーパンツ

黒ナイロンブルゾン×イエローのイージーパンツ

スポーティなナイロンブルゾンは、雨の日はもちろん普段から使いたいトレンドアイテム。クリーミーなイエローが映える黒との組み合わせで、ラフな着こなしを女らしく演出して。

カジュアル気分な春! 土曜日のコーデなら…

【2】グレーのフーデットコート×ネイビーブラウス×グレーパンツ

グレーのフーデットコート×ネイビーブラウス×グレーパンツ

アウトドア製品におなじみの縫い目の少ないスポーティアウター。インをネイビー×チャコールで落ち着く色でまとめても、アウターの存在感が十分際立つコーデに。

はおるだけでキマる! 万能なロング丈スポーティアウターは着回しも自在

【3】黒スポーティアウター×赤ワンピース

黒スポーティアウター×赤ワンピース

フレアシルエットのピンクワンピースは、スポーティな黒ブルゾンでアクティブでいて華のある着こなしに。雨風をしっかり防ぐ耐久性に優れた機能素材なので、外でのイベントにも◎。

2021春アウターの本命! ショート丈スポーティアウターは着回し力抜群

【4】ウォッシャブル白レザーブルゾン×黒キャミオールインワン

ウォッシャブル白レザーブルゾン×黒キャミオールインワン

トレンドのオールインワンにウォッシャブルブルゾンを合わせた感度高めの雨の日コーデ。スポーティな白ブルゾンは家庭用洗濯機で洗えるので、多少の雨や汚れを気にせずデイリーに使いたい。

おしゃれプロが教える! 雨の日限定のとっておきアイテム4

【5】ベージュレインコート×ベージュフラットシューズ

雨の日はロング丈のレインコートと防水シューズで足取り軽く。レインコート、白ワイドパンツ、フラットシューズの淡い色のまろやかワントーンコーデは、旬のイエローを加えてブラッシュアップ。

ロング丈レインコートで小雨な日も爽やかに♪

【6】黒ロングコート×フラットシューズ

はっ水加工のロングコートに、普通のフラット靴見えする、レインシューズを投入♪ 髪もまとめて、広がり防止!

梅雨の味方、雨対応のフラットシューズを投入|気温25℃

【7】ベージュブラウス×白パンツ×ウォッシャブル白小物

外でのイベント時は、いつ雨に降られてもOKなように準備万端で! はっ水加工の白バッグ&スニーカーできれいめカジュアルを意識。汚れが気になる白やベージュもウォッシャブルタイプを選べば安心。レインコートはポーチにINしてバッグへ。

屋外の音楽イベントへ♪ ゲリラ豪雨予報があったから雨対策もぬかりなく

【8】ノーカラージャケット×白ブラウス×速乾ネイビーフレア

洗えてすぐ乾く! 高機能ノーカラージャケットと、はっ水加工のブラウス&スカート。たとえ濡れても、汚れてもハンカチでぱぱっとふけばOKだから、取引先へ向かう足も軽やか。ストッキングにもはっ水効果のあるものを投入して万全の態勢を。

大雨の翌日の外回りの日は、服から足元まではっ水機能のあるアイテムでそろえよう

【9】黒タイト×フラットシューズ×PVCバッグ

泥はねが気にならない黒タイトに、足元は同じく黒のレインシューズ。濡れてもOKなPVCのバッグは、これから夏にかけて何かと使えそう♪ 暗くなりがちなモノトーンコーデにはカラースカーフで華やぎをプラス。

モノトーンコーデに柄スカーフ&PVCバッグで旬な華やぎを|気温28℃

【10】フリルブラウス×リネン風ワイドパンツ

1枚で着てもサマになるミントグリーンのフリルブラウスに、リネン見えする風合いのハイウエストワイドパンツを合わせて。ゆったりリラックス感のある上下は、ウォッシャブルでシワになりにくく、ウエストが絞られたデザインなのでメリハリもゲット。

デスクワークの日。ゆったりした上下でリラックス感◎

【11】グレーTシャツ×白パンツ×リボン付きレインシューズ

しとしと雨で足元が濡れている日は、レペットのリボン付きレインシューズを投入♪ Tシャツ×白パンツのシンプルコーディネートには、バッグにスカーフをひと巻きしてきれいめに仕上げて。

梅雨の晴れ間の土曜日は小さなギャラリーを散策。そろそろ素敵な絵とか買ってみたいな~

【12】ワイドパンツ×ロングカーディガン×はっ水白スニーカー

ワイドパンツ×ロングカーディガン×はっ水白スニーカーコーデ

ワイドパンツ×ロングカーディガンに真っ白なスニーカーを。雨や水たまりで汚したくないから、はっ水キャンバス地のものを選んでリラックス感のある着こなしに。シャツのボタンをはずして、Tシャツをちらりと見せて、よりカジュアルにシフトして。

車好きな彼につきあって鎌倉方面へ美味しいピザを食べに。雨の日のドライブって悪くない♪

【13】ベージュトレンチ風レインコート×PVC巾着バッグ

ベージュトレンチ風レインコート×PVC巾着バッグ

お気に入りのバンダナ柄の傘、トレンチ風レインコートがあれば気分はアクティブ! 濡れてもOKなPVC素材のバッグはこれから夏にかけて何かと使えそう。傘&レインコートにはきちんと投資して、雨の休日を楽しんで。

雨の中おひとりさまで久しぶりの買い物デー! ボーナスが出たばかりだから財布のひも、ゆるんじゃってます♪

6月は冷房対策も兼ねて【ジャケット】をラフにはおって

端正なジャケットやスーツの着こなしは、冷房が強くなり始める6月のコーデでも活躍中。先輩風のキリっとしたスーツスタイルから、こなれ感のある辛口ジャケット、リラクシーなゆるシルエットのジャケットコーデなどをご紹介。ラフになりすぎない、女っぽさ漂うスタイルを参考にしてみて。

【1】ベージュジャケット×ダンガリーシャツ×黒パンツ

ベージュジャケット×ダンガリーシャツ×黒パンツ

デニムライクなシャツをセンスよく目立たせる、新発想なジャケットレイヤード。ノーカラーのベージュジャケットの存在感で、カジュアルなダンガリーシャツを上品な着こなしにアップデートして。

ダンガリーシャツにジャケットを重ねた新顔レイヤードスタイル

【2】黒カーディガンジャケット×ピンクタイトスカート

黒カーディガンジャケット×ピンクタイトスカート

カーディガンのように薄くて軽い黒ジャケットは、リモートワーク中にきちんと感がほしいときに頼れるアイテム。ツヤありスカートを合わせれば、ハンサムなジャケットを女性らしく着こなせる。

ラクなのにきちんと見えする「カーディガンジャケット」が今っぽい!

【3】黒ジャケット×白ロングシャツ×ベージュワイドパンツ

黒ジャケット×白ロングシャツ×ベージュワイドパンツ

きちんと感のあるジャケット×シャツは、あえてルーズに着ることで映える印象に。どちらも長め丈だから、ジャケットの裾からシャツが見える着こなしも、オーバーシルエットが際立って今どきの雰囲気に。

ジャケットもシャツも長め丈なら、今っぽさが際立つ!

【4】ライトグリーンジャケット×イエローロゴTシャツ×デニム

ライトグリーンジャケット×イエローロゴTシャツ×デニム

ロゴTシャツはシンプルで大人っぽい書体をセレクトすることで、ちょうどいいきれいめ具合に着地。×デニムのラフなコーデに、ライトグリーンのジャケットでスパイスをプラスして。

洗練ジャケットとデニムスタイルのギャップで上級者見え

【5】カーキサファリジャケット×白Tシャツ×イエロータイトスカート

トレンドのカーキジャケットにきれい色スカートを合わせたコーデ。サファリジャケットを折り返した袖からのぞくレオパード柄がアクセントに。足元はボリュームのあるスニーカーを合わせるのが新鮮でかっこいい。

サファリジャケット&スニーカーでも女らしく!【乃木坂46 新内眞衣の1か月コーデ】

【6】ライトグレージャケット×白カットソー×テーパードパンツ

涼しげなライトグレーのジャケット。きれいめな印象が保てるツヤっぽパンツに、さらりとした肌触りのカットソーが頼りになる。

MTG続きの日はきれいめパンツコーデで気合いを|気温29℃

【7】ノーカラージャケット×タンクニット×九分丈パンツ

きちんと見えに欠かせないジャケットは、リネン混の1枚仕立てで夏も活躍! 淡いトーンの掛け合わせのやわらかさはキープしつつ印象がぼやけないよう、シルバーベルトやクリーンな白の靴で引き締め。

ジャケットでちょっぴり気合いを入れて

【8】黒ジャケット×白ボウタイブラウス×白パンツ

ジャケットの素材感に合わせてとろみブラウスを選んで、ジャケットを脱いでも単調に見えない工夫を。中でも今年はボウタイものに注目。キュッと結ぶと野暮ったくなるので、一回結んで垂らすくらいがベスト。

スーツコーデがワンパターンに…【アラサーOLのお悩みファッション】人気スタイリスト&編集長が解決♡

【9】赤ギンガムチェックのジャケット&パンツ×赤ニット

鮮烈な印象を残す赤のワントーンルック。ギンガムチェックの親しみやすさが、モード感を身近に引き寄せてくれる。やや太めのテーパードに、やや透け感のある女っぽニットを合わせてキレのあるスタイルに。

【Scye|サイ】やんちゃにハズす… ギンガムチェックのジャケット&パンツ|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【10】カーキノーカラージャケットスーツ×白カーデ

セットアップを無難な黒やネイビーではなく、カーキにスイッチするだけで余裕漂う先輩感が。ミーティングにデスクワークにと慌ただしい日も、ストレッチのきいたセットアップならスマートかつエフォートレスに過ごせるのがうれしい。

何かとたてこむ年度末。セットアップで気合いを入れて

【11】白ジャケット×グレーニットキャミソール×黒デニム

真っ白なジャケットが映えるマニッシュ×フェミニンなデニムコーデ。メンズライクなダブルのリネンジャケットに、健康的なセクシーさをアピールしてくれるニットキャミソールをイン。ヌーディなヒールのサンダルで、さらにキレのよい女っぽさを加味して。

ジャケットとメリハリ配色でブラックデニムを大人の表情に【高橋リタの極上のコンサバ】

【12】ネイビージャケット×ギンガムチェックシャツ×黒パンツ

ジャケットのインに着るだけで今っぽいこなれ感が出るギンガムチェックシャツ。第一ボタンまでとめてマニッシュに着こなすのが新鮮。シンプル重めになりがちなネイビージャケットに黒パンツをスタイリッシュに。

仕事服に取り入れる甘くない「ギンガムチェック」

【13】テーラードジャケット×フェミニンロングワンピース

かっちりとしたテーラードジャケットに、あえてラフなコットン素材のロングワンピースを合わせてカジュアルに。サフランイエローとインディゴブルーのこなれ配色は、リラクシーなサンダルを合わせて、一層軽やかに。

高橋リタの極上のコンサバ【レリタージュ マルティニーク】のテーラードジャケットで女子会スタイル

6月は【カーディガン】でパンツやスカートにアクセントを

さらりと着られる薄手のカーディガン。合わせるボトムは体のラインを拾いすぎないテーパードやワンピースなど、すとんと着られる服が好相性。カーディガン×タイトなボトムスでまとめるときは、アクセントになるカラーや小物でシャキッと引き締めて。

【1】ブラッドオレンジカーディガン×フォトT×黒デニム

ブラッドオレンジカーディガン×フォトT×黒デニム

色落ち感のあるスミ黒デニムが映える、鮮やかなカーディガンコーデ。ハッピーなブラッドオレンジとフォトTシャツが目を引くので、マニッシュなヴィンテージ風ボトムでかっこいい女らしさを引き立てて。

ビビッドカラー×スミ黒デニムで、今どきのマニッシュスタイル

【2】グリーンカーディガン×ミントカラーパンツ

グリーンカーディガン×ミントカラーパンツ

気楽なウエストゴムとカーディガンを合わせたシンプルコーデ。深みのあるグリーン×ミントカラーのきれい色ワントーンが効いて、軽快さとカジュアル感を意識した今どきの着こなしに。

カーディガンの着こなし方でリモートワーク日もこなれ感を意識

【3】ベージュカーディガン×オレンジニット×黒プリーツスカート

ベージュカーディガン×オレンジニット×黒プリーツスカート

エレガントな裾プリーツの黒スカートは、コントラストの強いパワフルな配色で大人のムードに。夕焼けを思わせるベージュカーディガン×ヴィヴィッドオレンジニットなら、肌なじみがよくまろやかな印象に。

スタイリスト 金子 綾のMy Best Basic♡「CEPIE.の裾プリーツスカート」

【4】ダークグリーンカーディガン×ベージュハーフパンツ

ダークグリーンカーディガン×ベージュハーフパンツ

深いVネックカーディガンを潔く素肌に一枚で着るなら、アースカラー×肌見せで切れ味よく。体のラインを拾わないサイズ感の長袖とショートパンツで、大人だからこそできるヘルシーコーデに。

知ってた? ユニクロメンズ【エアリズムUVカットカーディガン】が女子の最旬コーデにぴったり!

【5】ピンクカーディガン×ピンクニット×白パンツ

きれい色カーディガンを白アイテムでまとめて、大人仕様の装いに。ピンク以外クリーンなホワイトで統一して、明るい色を大人っぽく着こなして。ピンクのアンサンブルニットが品よく映える。

きれい色ニットを白アイテムで品良くまとめて♪

【6】ハイゲージカーディガン×ネイビータンク×グリーンタイト

ほんのりと細かいラメ入りで、シンプルながら華やぎのあるハイゲージのカーディガン。ネイビーをINして、カーディガンの色とのコントラストをつければメリハリが。メガネやベルトをプラスしてきちんと感もUP。

きちんとな昼。そして夜は別の顔【Whim Gazzete|ウィムガゼットの2wayカーディガン】

【7】イエローのロングニットカーデ×白T×デニム

白Tとインディゴデニムのベーシックカラーに、きれいい色のロングカーディガンを一点加えるだけで華やかに。大人のスポーティスタイルの完成。

大人のキャップスタイルに挑戦! 学生時代の友人と映画鑑賞へ

【8】黒カーデ×黒キャミソール×ディープグリーンパンツ

【プラダ】ならではの上質な黒ニットなら、ディープグリーンのパンツとの相性も抜群。ツヤ感のあるキャミ、足元はヒールのヌードサンダルで女らしさを格上げして。

【PRADA|プラダ】のVネックカーディガンを4パターンで着こなす!|スタイリスト金子綾の着回し実況中継

【9】白ロングカーデ×白ブラウス×ネイビーパンツ

リラックス感のあるロングカーディガンは、休日にぴったり。ネイビー×白の定番爽やか配色は、白の面積を増やしてより涼しげに演出。

のんびりおひとりさまショッピングへ。

【10】Vネックカーディガン×レースワンピ×デニム

【メゾン マルジェラ】のVネックカーディガンを、淡色レースに重ねて絶妙ビンテージスタイルに。白キャミとデニムのベーシックなスタイルが、一気に洗練されて◎。

買ってよかった【メゾン マルジェラ】Vネックカーディガンの着回し2パターン|おしゃれプロの私服スナップ

【11】白ロングカーディガン×ワイン色ニット×白パンツ

ひらっとなびく薄手のロング丈カーデが活躍! 初夏にふさわしい、白ベースの大人っぽい涼しげコーディネートに。

ロングカーデを白ベースの装いで大人っぽく|気温22℃

【12】アップルグリーンカーデ×マットブラックパンツ

鮮やかなアップルグリーンカラーの効果で、黒デニムが華やかに。どことなくクラシカルなビーズのバッグでテンションを上げて♪ ブラックデニムならどんな色も受け止めてくれる。

アップルグリーン×マットブラックのモダンコーデ|【高橋リタ】の極上のコンサバ

【13】ワイン色カーデ×赤ブラウス×黒ボトム

赤系でまとめたカラートップス×黒ボトムはシンプルながら着映えする、最強の時短コーデ。スクエアバッグやパイソン靴など辛口小物でシャキッと引き締めて。

時短が叶うカラートップス×黒ボトムの着映えコーデ|気温21℃

6月は【シャツ・シャツワンピ】でのきちんと感をカバー

シャツとシャツワンピースは、レイヤードコーデからきちんと感のある着こなしまでカバーする頼れる存在。しかも6月のように天気が不安定な日は、シャツワンピースをはおりとして使うのもおすすめ。ゆったりサイジングのシャツはトップスインでかっこよく。

【1】Vネックの白シャツ×ベージュパンツ×肩掛けベージュニット

Vネックの白シャツ×ベージュパンツ×肩掛けベージュニット

きれいめな白シャツのパンツコーデは、ざっくりニットの肩掛けでやわらかい雰囲気に。素材感の立つニットの袖口をくるっと返すひと工夫で、こなれ感もアップ。

ざっくり素材ニットを肩がけして白シャツにアクセントを♡

【2】ダークグリーンシャツ×ベージュのマーメイドスカート

ダークグリーンシャツ×ベージュのマーメイドスカート

マニッシュなシャツコーデは、透け感と光沢感のある素材で女らしく。エレガントなシルエットを描くマーメイドスカートを合わせて、すっきりとした縦ラインを強調。足元は目を引く甲深パンプスがベスト。

マーメイドスカートは、足元で女っぽさの引き算を

【3】ネイビーシャツ×ネイビーパンツ×肩掛け白ニット

ネイビーシャツ×ネイビーパンツ×肩掛け白ニット

着心地よし・風合いよし! デニム見え素材のセットアップコーデは、開襟シャツと美脚パンツで大人の雰囲気に。気になるのっぺり感はネイビー×白のボーダーニットを重ねることで抜け感を加えて。

いいとこどりのセットアップでストレスフリーな休日

【4】白シャツ×スモーキーグリーンのフレアスカート

白シャツ×スモーキーグリーンのフレアスカート

ボリューム感のある白シャツに、歩くたびに空気をはらんでバサッと広がるフレアスカートを合わせたコーデ。ほんのりツヤ感のあるナローフレアは、はいただけでセンスのよい雰囲気に。

【サテン調ナローフレア】でリラックス感と女らしさを! 今旬コーデ5選

【5】ベージュシャツワンピース×白Tシャツ×白センタープレスパンツ

アウターにも優れているシャツワンピースに、Tシャツ×パンツを合わせたシンプルコーデ。ホワイト~ベージュの色合わせなら、こなれ感とクリーンな印象を両立してくれる。

ホワイト×ベージュコーデでこなれ感を演出して

【6】花柄シャツワンピ×白カットソー×デニム

ボタンを開けると、はおりにもなるワンピース。小物とアウターで、ベーシックなカットソー×デニムをカジュアルに着こなす。

花柄ワンピでつくる休日カジュアル|気温22℃

【7】花柄シャツワンピ×黒タンクトップ×デニム

キャミソールとデニムのワンツーコーデに、ジェニックな花柄プリントワンピを着てヴィンテージなムードに。ピンクにパープル… と、きれい色で描かれた花柄が印象的なワンピースは、はおるだけなのにおしゃれ見えする手軽さがうれしい。

【ESTNATION|エストネーション】花柄ワンピース|女子会で「いいね」を狙えるアイテム

【8】ネイビーのレースシャツ×黒パンツ

辛口のシャツなのに女らしい【3.1 Phillip Lim】のレースシャツ。モードに寄せたいときは攻め小物を効かせて。黒パンツのほか、フェイクレザーのスカートなど、どのアイテムにも合うのがうれしい。

【3.1 Phillip Lim】レースシャツの着回し2パターン|おしゃれプロの私服スナップ

【9】ブルーストライプシャツワンピ×オリーブカラーパンツ

爽やかなストライプカラーのシャツワンピースには、色味の異なるオリーブ色のカラーパンツが相性抜群。白とオリーブ色をつなぐブルーストライプシャツをはおって、リラックス感が漂う着こなしに。

【ユニクロ|UNIQLO】春夏カラーデニムはこの4本!|ハイライズ シガレットジーンズ

【10】ライムイエローのシャツ×スラックス

クリーンな発色がベーシックアイテムと相性抜群。グリーン寄りのイエローを取り入れて、全体の雰囲気をキリッと引き締めて。清潔感たっぷりの、ストレートパンツ×シャツのコーディネートが、旬のライムイエローでぐっと新しい装いに。

本命トレンドカラー【ライムイエロー】でつくる最旬コーデ3|春の新・きれい色 御三家

【11】ラベンダーピンクのリネンシャツ×デニム

リネンシャツ×デニムの定番コンビも、色の効果で新鮮に。ラベンダーピンクで定番デニムスタイルを更新して。青みのある色味だからほっこり見えないのもうれしい。

リネンシャツを今季着るなら、断然今っぽいラベンダーピンク♡

【12】チェック柄シャツ×ベージュの細身パンツ

トラッドで端正なチェック柄のシャツに、細身のパンツを合わせてマニッシュに。アクセサリーのようにかわいげのある巾着バッグはシルバーを選んで、よりシャープな印象に仕上げて。

これからの私に、「程モード」なバッグ&靴|100のスーパーベーシック

【13】白のスタンドカラーシャツ×ネイビーの細身パンツ

きちんと感のあるスタンドカラーシャツのアイキャッチに、ポップでキャッチーなブローチを取り入れて。大人だからこその遊び感覚でかっこいい系OLスタイルが一気にリフレッシュ。アフター7のお供に。

金曜日の夜に!【シトラス|CITRUS】のブローチ|アフター7に盛る小物

6月の蒸し暑さは軽やか【ブラウス】で熱をこもらせない

この時期は、蒸し暑さにまいりそうな日も多く、ノースリーブやゆるっとブラウスなど熱をため込まないデザインを選ぶのがおすすめ。アクセは控えめにして、ブラウスのディテールやシルエット、鮮度の高いカラーで今どきのきれいを叶えて。

【1】花柄ブラウス×インディゴデニム

花柄ブラウス×インディゴデニム

ゆるっとした花柄ブラウスに、きれいめインディゴデニムを合わせたカジュアルコーデ。センタープレス入りのテーパードシルエットなので、きちんとした印象もさらっと叶えてくれる。夏小物で抜け感を◎。

デニムをフェミニン&涼しげに着こなすテクニック

【2】ノースリーブのネイビーブラウス×黒タンクトップ×ブルーデニム

ノースリーブのネイビーブラウス×黒タンクトップ×ブルーデニム

定番のデニムコーデは、ネイビーのノースリーブブラウスでハンサム感を後押し。ワントーンの色合わせがのっぺり見えないのは、ほどよい色落ちのミディアムブルーデニムが色合いにリズムをつくるおかげ。

ブルーデニムで切れ味のいいワントーンカジュアルを目指す

【3】イエローブラウス×オレンジパンツ

イエローブラウス×オレンジパンツ

シンプルなワンツーコーデは、ペールトーンのカラーミックスで洒落感たっぷりの装いに。ドライなイエローブラウスとオレンジパンツは、重ねるとベージュやキャメルの延長で着られていい感じに落ち着く。

きれい色の組み合わせで今っぽく! 気分が上がる春コーデ

【4】黒ブラウス×イエローフレアスカート

黒ブラウス×イエローフレアスカート

構築的なデザインのブラウスに、とろみ素材のマキシ丈スカートを合わせた鮮度の高いIラインシルエットの着こなし。シックな黒と落ち着いた雰囲気のターメリックイエローでほんのりモードを意識して。

トレンドカラーYELLOWで華やか&ハッピーな春の装いに! コーデ6選

【5】黒ノースリーブブラウス×ベージュリネンパンツ

黒ノースリーブブラウス×ベージュリネンパンツ

女性らしいシルエットのノースリーブブラウスで大人シックなパンツスタイルに。涼しげなワイドクロップドパンツ×きれい色アンクレットサンダルを合わせて、足元から女らしさを演出。

大人シックなパンツスタイルで休日デート【乃木坂46 新内眞衣の1か月コーデ】

【6】ネイビーのドットブラウス×白ジャケット

通勤スーツで大人かわいく&今っぽく見せるなら、白ジャケットを選んで。インナーにネイビーのドットブラウスをもってくることで、メリハリがUP。

【セルフォード】の白ジャケットを今っぽく!|春夏・通勤スーツ&ジャケパンスタイル

【7】白のボウタイブラウス×ベージュタイトスカート

夜は取引先に招かれての会食。暗い室内でも顔色がよく見えるクリーンな白トップスをチョイス。アクセは控えめ、スカートはタイトでシンプルに。会食は顔色が明るく見える白トップスを味方にして。

会食は顔色が明るく見える白トップスを味方に|気温28℃

【8】ギンガムチェックのトップス×黒デニム

ガーリーになりがちなギンガムチェックのトップスは、全身をモノトーンでまとめることでクラシカルに。ふんわりしたトップスとスキニーなボトムでつくるフィット&フレアのシルエットが、上品かつドラマティックなバランスに導いてくれる。

ギンガムチェックのトップスは【RED CARD×glenwood】の黒デニムでクラシカルに導く|【高橋リタの極上のコンサバ】

【9】トマトレッドのリネンブラウス×ライトグレーのジャケパン

クライアントに会う日は、しゃんと背筋が伸びるジャケパンスタイルで。インナーを白シャツではなく、相手の印象に残りやすいトマトレッドに更新。ウォッシャブル素材だから、たくさん汗をかいても全身洗えるのがうれしい。

クライアントに会う日は涼しげグレーのジャケパンスタイル|気温20℃

【10】グレーのスタンドカラーブラウス×ピンクパンツ

グレーのスタンドカラーシャツに甘系のピンクを合わせて、逆にこなれた女っぽさを演出。ボトムスはタック入りテーパードパンツで脚がほっそり見える話題の一枚。

PLSTの美脚パンツで取り入れる大人ペールピンク

【11】エコスウェードVネックブラウス×白タイトスカート

エコスウェードのトレンド感で、いつもの通勤スタイルに理想的な今っぽさを投入。キャメルは配色でメリハリを利かせるのが、老けて見えない秘訣。そで丈やVネックの開き具合も絶妙で今どきのきれいが叶う。洗える素材なので、ワードローブの着回しスタメンに。

【UNITED ARROWSのエコスウェードブラウス】洗える着回しスタメン服

【12】白のVネックブラウス×ライトグレーのデニム

きれいめカジュアルなら、ハリ感ブラウスにお任せ! ハリ感のあるブラウスをデニムでほどよくカジュアルに。淡いグレーの繊細なニュアンスで、おしゃれ慣れして見える。

きれいめカジュアルなら、ハリ感ブラウスにお任せ!

【13】ミモザイエローのブラウス×グレーパンツ

ともすると老けやすい繊細なタイプのレース。鮮やかイエローとエスニックなデザインならヘルシーに。繊細レースもジューシーなミモザイエローなら老けない。

老けないカラー!【THE IRON】ミモザイエローのブラウス|春の新・きれい色 御三家

最後に

肌にまとわりつく湿気に負けてしまいそうな6月ですが、ここ数年でさらりと着られるワードローブがかなり豊富になりました。今年も引き続き人気のリネン素材や、トレンドの透け感のある素材など、見た目にも涼しい着映えするアイテムを取り入れて旬のムードに導いて。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.31

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature