交際しやすいカップルの身長差は? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 交際しやすいカップルの身長差は?

LOVE

2024.06.11

交際しやすいカップルの身長差は?

カップルの「身長差」は何センチが理想? 定番「15cm差」のメリットから、身長差が大きいカップルのメリット、身長差が小さいカップルのメリットまでご紹介!

カップルの身長差は交際に影響する?

カップルにおいて、理想の身長差とされているのは「15cm」。この身長差は、恋人関係にあるふたりがスキンシップや一緒に行動をするにあたってバランスが良く、お付き合いをしやすい身長差として定説になっています。
一方、身長差が15cmよりも大きいカップルや、反対に、ほとんど身長差がないカップルもいますよね。
身長差によって幸福度やラブラブ度に直接的な影響が出るわけではありませんが、極端な身長差があると、スキンシップなどで影響が出るパターンもあると言えるでしょう。

「15cm」の身長差が理想とされる5つの理由

15cm定規
(c)Adobe Stock

まずは一般的に「15cm」の身長差がカップルにとって理想とされる理由のうち、代表的なものを5つ見ていきましょう。

♦︎並んで歩いたときにバランスがいい

15cmくらいの身長差があると並んで歩いているときにバランスが良く、お互いが自然な姿勢で歩けます。
片方が前かがみにならなくても歩きながら会話がしやすいため、一緒に歩いているときに双方の負担が少ないのは、交際中のふたりにとって大きなメリットです。

♦︎自撮りをしやすい

カップルで自撮りをするときに15cmくらいの身長差であれば、顔の位置がバランスよく収まります。
自撮りで撮影をするときには片方が手を伸ばして撮影する場面が少なくありませんが、15cmくらいの身長差なら自然に腕を伸ばすだけでバランスのいい構図になり、ラブラブな写真も撮影しやすいでしょう。

♦︎無理をせずにキスができる

15cmくらいの身長差だと、キスをするときに無理をすることなく自然なポジションでキスができます。
キスをするたびに片方が首を伸ばしたりしゃがんだりする必要がないので、気負うことなく自然にキスをしやすい雰囲気に恵まれます。

♦︎腕や肩を組みやすい

腕や肩を組むときに適度な身長差があることによって、自然なポジションでスキンシップを取りやすいのもメリットです。
日常的にスキンシップを取りやすい身長差だと、デートのたびに親密な雰囲気を楽しみやすくなるでしょう。

♦︎歩くペースを合わせやすい

15cmくらいの身長差だとふたりで歩くときのペースを合わせやすいので、デートの際に疲れにくいこともメリットです。
長い距離を歩く場合や休日に散歩を楽しむシーンでも、お互いがストレスを感じずに歩幅を合わせられればリラックスしながら歩けます。

身長差が大きいカップルのメリット3選

手を繋ぐカップル
(c)Adobe Stock

理想とされる「15cm」の身長差ではないカップルにもメリットはあります。「身長差が大きい」と言われるカップルは、30cmかそれ以上の身長差がある場合も。
身長差の大きなカップルにおける代表的なメリットを3つ解説します。

♦︎話すときに自然と上目遣いになる

身長差が大きいカップルだと、会話をするときに身長が低い側が自然と上目遣いになるので、かわいらしい雰囲気を醸しやすくなります。
カップルにとって、デート中のコミュニケーションは愛情を育む時間であることから、常に上目遣いでかわいらしい雰囲気を出せるシチュエーションに恵まれているのはふたりの関係を盛り上げる大切な要素です。

♦︎甘えやすい

身長差が大きいカップルは、身長の低い側が高いパートナーに対して自然と甘えやすい環境に恵まれています。
また身長差があることで、身長が低い側から高いパートナーへの相手に対する信頼感や安心感も心情的に高まりやすく、心地よく甘えやすい関係が築きやすいでしょう。

♦︎ヒールや厚底で身長差を調整できる

身長差が大きいカップルは、低い側がヒールや厚底の靴を履くことで身長差を調整することもできます。
特別な場面やイベントでの身長差は気にならない程度にまで縮めることも簡単で、その日の気分や予定次第で身長差をアレンジできるのもメリットでしょう。

身長差が小さいカップルのメリット3選

手を繋ぐカップル
(c)Adobe Stock

身長差がほとんどなくてほぼ同じ身長、またはあっても10cm未満といった「身長差が小さいカップル」にもメリットが存在します。典型的なメリットを3選解説します。

♦︎いつもお互いの顔が近い

身長差が小さいカップルは、一緒に過ごしているときや並んで歩いているときに常にお互いの顔が近い距離にあるため、コミュニケーションが密接になりやすいでしょう。
顔が近くにあると表情が見えやすいことから相手の感情も読み取りやすく、親密な雰囲気を保ちやすいほか、目線が同じ高さなので会話をするときにも自然と目を合わせやすい関係性です。

♦︎洋服の貸し借りがしやすい

身長差が小さいカップルだと、お互いの体型やサイズが似ている場合も多いため洋服の貸し借りがしやすいのはメリットです。
パートナーの服を借りて着たりお揃いのものを買って一緒にコーディネートを楽しんだりしやすいでしょう。

♦︎対等な雰囲気で付き合いやすい

身長差が小さいカップルは近くにいるときに身長による威圧感を感じにくいことから、お互いがリラックスした対等な雰囲気で付き合いやすいのもメリットです。
また周りから見たときにも、身長差がほとんどないことが影響して対等なカップルに見えやすいメリットがあります。

理想の身長差には個人差がある

カップルの身長差は一般的には「15cm」が理想とされているものの、心地よい関係性を築けるのあれば身長差にこだわる必要はありません。
また、理想とする身長差には個人差もあります。相手探しの段階から身長差にこだわりすぎてしまうと、相性のいい人を見逃してしまう結果にもなりかねないことから、こだわりすぎることのないように心がけることも大切です♡

TOP画像/(c)Adobe Stock

▼あわせて読みたい

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.06.21

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。